• 疑惑

    『婚活イベントを3回開催する』 これは 雅ちゃんの“課題” 一回り近く年上の。 独身の雅ちゃんは。 他人の“良縁”を結ぶことで。 雅ちゃん自身の。 “婚期”がやってくると。 F氏は言う。 そして私は。 それをサポートすることで。 私の この癌が。 治ると言うけれど。 本当にそうなのだろうか。。。 失礼ながら。 F氏に尋ねてみると。 『消えるか もしくは 治してくれる人が見つかるか』 軽くそう言った

  • 余命

    F氏を頼ってくる人の中に。 『余命3ヶ月』 宣告された人がいた。 2年前のこと。 そして。 その余命宣告をされた人は。 2年経った今でも。 『余命3ヶ月』 のままなのだそうだ。 きっと。 『余命3ヶ月』をぶら下げたまま。 普通に寿命を全うする。 もしくは。 余命が延びていく。。。 おそらく。 “何か”をしているから。 “課題”をこなしているから。 私のおじいちゃんも。 『あと3ヶ月』 医者に告げら

  • 課題

    『雅さんをサポートする』 私に下された課題。 そもそも。 私はなぜ。 『目上の人を助ける』ことを しなくてはならないのか。 それは。 主人の先代のどなたかが。 目上の人を陥れたから。 騙して土地を奪ったとか。 大事なお金を横領したとか。 そんなニュアンス。 人の罪は。 犯した本人だけでなく。 子供に。そのまた子供に。 課題としてつきまとう。 想いが浄化されるまで。 F氏はそう言う。 例えば。 動物

1 2 3