アップルのムラゴンブログ

  • ベアードさんの林檎麦酒!

    使用割合超えるからか発泡酒扱い 【Second Strike Apple Ale 600円】 2撃目に非ず野球の 2ストライクな模様 開栓時結構な炭酸煙に 油断せず正解な泡立ち 注げば仄かに果実酒香 色合靄り勝ちな淡黄金 しかし初っ端の口当たり からもっ超軽いぃぃ!! 味わえば林檎の風味ソレなり シッカリ醸造されつつも 酸っぱさ控え目は好印象 ただ同じ長野産リンゴで比べりゃ 南信州ビールさんに一日

  • 常に死ぬときを意識して今日を生きる

    久しぶりにアップル創業者のスティーブ・ジョブズの、スタンフォード大学でのスピーチを聞いた。 “Stay hungry, stay foolish”はあまりにも有名だ。 「既存の権威や常識に惑わされることなく、曇りなき目で未来の価値を追い求めろ。いや、渇望しろ。」ということだろう。 同時に彼は、「死を意識して切実に生きれば」と言っている。切実に生きることの必要を説いている。自らの死のまえには、いかな

  • 【iPhone7と専用合皮ケース】

    iPhoneSEを現在も問題なく使っているので、サブとして中古iPhone7と専用ケースを購入。傷、汚れなし、ほとんど新品状態、付属品(コード、イヤホン等も新品)。バッテリーも劣化なしの100%。但し、32GBなので主にネット検索、SNS用。27800円(税込み)でんでんタウン日本橋で購入。ケースは、合皮の899円+税。 昨年の秋とくらべて、中古のiPhone6,6s,7あたりが全体的に1万円程度

  • レビュー:アイポッドタッチ / iPodtouch 3世代

    いつ買ったか忘れましたが、iPodtouch 3世代がまた使用できてます。画面が割れて、ホームボタンも壊れてAssistiveTouchです。この機能は慣れると楽。現在、この古い 3世代でもWIFIは使用できてYoutubeも観れます。さすがに電池の減りは早いですが。。今、見るとものすごくコンパクトに感じてしまいます。この機種は64GBですが、もしこの状態でネット販売されているとしたら、1000円

  • レビュー:Bluetooth式キーボード

    日本橋のでんでんタウンで新品で2000円程度(税込み)で購入。三電池2本使用。アップル社の純正ではありません。純正は4000~6000円くらいだと思います。見た目はかなり似ています。単キーボートのいくつかのキーで、押したとき少し重いと感じることがあります。Bluetooth式なのでアップル社のiPhone,ipad, ipodtouchに使っています。 その後1年くらい使って、左端の一番上のボタン

  • iWatch2

    iWatch2を日本で買いました。アメリカの方がほんの少しやすく買えて、機能も基本は同じなのですが、スイカなどのクレジット機能が使えないので、日本製です 箱と梱包はこんな感じです サイズは、38mmと42mmがあります 会社の人は、絶対、大きいほうが良いと言ってましたが そんなに操作することは無いと思ったので、小さい38mmにしました 100% 正解でした 購入の一番の目的は GPS機能とハートレ

  • バフェットは何故アップルに投資したのか?

    ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ社が、iPhoneでお馴染みのアップル社の株式を約2.5%、170億ドル相当を購入したことを発表しました(2017年1月末)。"Big 4"と呼ばれるウェルズ・ファーゴ、コカ・コーラ等への投資と同等の金額を投じたことになります。 巷では、 『あのIT銘柄嫌いのバフェットがアップルに投資したということは、彼の投資方針が180°変わったことを示すので

  • 自分は、いつも結構。酔っている。なので酔っぱらいの話。その話の信憑性は疑わしい

    結構。真面目に間違った事も書いている事も多々ある。 なので、全てを真実と受け止めないでほしいとおもいます。 でも、こんな記事を見ると、ちょっとは、信憑性が増すよね? 首を掛けた開発秘話。 ソニー、ジョブズにカスと呼ばれる日まで もちろん、他にも探せば同様な記事があると思うのだけれど

  • Apple Watch(アップル・ウォッチ)を予約してみました。42mmシルバーアルミニウムケースとブルースポーツバンド

    僕が予約した Apple Watch(WATCH SPORT) 42mmシルバーアルミニウムケースとブルースポーツバンド Apple Watch マグネット式充電ケーブル(1m)も買ってみました スカイブルーのカッコイイ腕時計を予約しました。 そうです、その名は「Apple Watch」。 腕時計を外してからもう 20年近く経つんですが、 まさか再び腕時計をする日が来るとは思いませんでした。 アッ