• 篠崎浅間神社

    東京都江戸川区上篠崎1-22-31 篠崎浅間神社 にお参りしてきました。 天慶元年(938)5月15日に創建された江戸川区内でもっとも古い神社であり、承平2年(932)に下総国弥山からこの地に移住してきた弥山左那比神人(ややまさなひしんと)が初代宮司として仕えました。 当社には、村上天皇の御守剣、後花園天皇の連歌、熾仁親王の神額、三條内大臣藤原朝臣の神額、犬養毅の額などが奉納されています。 毎年6

  • 黒船稲荷神社

    東京都江東区牡丹1丁目12-9 黒船稲荷神社にお参りしてきました。 応徳3年(1087年)に浅草黒船町(現在の藏前)に創建され、享保17年(1733年)、当地へ遷座しました。 四世鶴屋南北宅跡で、御祭神は宇迦魂命(ウカノミタマ)である。 四世鶴屋南北の狂言作品は『天竺徳兵衛韓話』『心謎解色糸』『謎帯一寸徳兵衛』『東海道四谷怪談』など。 宇迦魂命は、日本神話に登場する神で、『古事記』では宇迦之御魂神

  • 志摩スタート(2日目)

    貸し切り状態の駐車場で朝日 朝早くから釣り人が集まってて起こされた 道の駅マンボウでマンボウ食べようと思ったら売り切れだった~💧残念 途中の砂浜で鳥でも捕まえようかと 近づくと距離を置いて逃げたり寄ってきたり お城マニアなら必ず行く鬼が城(城跡じゃないけどね) ヤバいのんびりしすぎた~💧 今度はちゃんとした?新宮城跡に 日本最古の神社にお参り 本日のお風呂見っけたが、、、 離れた所で長風呂 本

  • 文化?

    10月10日の体育の日も過ぎ、次の祝日は「文化の日」 文化って? あらためて問われると、答えに窮します。 漠然としている。 国宝とか文化財とかの名称があるけれど、よくわかりません。 なんとなくだけど、古い建築物だったり、美術品だったりが文化? ウィキペディアによれば、 「総じていうと人間が社会の成員として獲得する振る舞いの複合された総体のこと」とある。 難しすぎて理解できない。 ブリタニカ国際大百

  • 上一色天祖神社

    東京都江戸川区西小岩2-2-8 (小岩駅北口より徒歩11分) 上一色天祖神社 にお参りしてきました。 旧上一色村の鎮守で、もとは神明社と称しました。 祭神は天照大神、経津主命、武甕槌命を祀っています。 この神社では昔、盛大な裸祭りが行われていました。 天保年間(1830-1843)江戸に疫病が流行した時、病気退散のために始められたと言われています。 その様子を伝える板絵額が神社内に奉納されています

  • 限りなく続く神社仏閣参拝

    一度や二度の参拝では御利益はないかのごとく、既に参拝した神社仏閣を何度も参拝することになりそうです。 というのも、 神社仏閣巡りのきっかけは、四国遍路を車で巡拝しはじめたことでした。 そのうち、歩きで参拝することに。合計すると、車で4巡、歩きで2巡していました。 さらに、秩父遍路を歩きで1巡。 神社を参拝し始めたきっかけは狛犬でした。 途中から、参拝の証として御朱印をいただきたくなり、全国260以

  • 西小松川天祖神社

    東京都江戸川区西小松川町1-3 西小松川天祖神社 にお参りして来ました。 旧西小松川村草創の鎮守として、明治初頭までは神明社と称していたが、明治5年11月に村社の社格に列せられる。 詳細なる創立年代は、水害の為の書類流失により不詳であるが、神職家の祖先刑部左衛門橘瀧次が仕えていた下総国千葉家より康正二丙年(1456年、室町時代)に当所に引き移り神職を務め、子孫代々奉仕し、現在に至る。 御祭神は天照

  • 洲崎神社

    東京都江東区木場6-13-13 洲崎神社 にお参りしてきました。 洲崎神社は、桂昌院(徳川五大将軍綱吉公の生母)が崇敬した江戸城中紅葉山の弁財天を、護持院(護国寺)隆力の進言により元禄13(1700)当地に遷座して創建、当地が海岸に浮かぶ弁財天であったことから、文人墨客の参詣を集めていたといいます。 明治5年に村社に列格、昭和43年い現社殿を造営しています。 また、寛政3年(1791)に押し寄せた

  • 東新小岩(上平井)天祖神社

    東京都葛飾区東新小岩8-6-20 (新小岩駅の北口より徒歩15分) 東新小岩(上平井)天祖神社にお参りしてきました。 江戸時代には「皇太神宮社」「葛西神明」とも尊称されたが、明治四年に天祖神社と改称されました。 創建は鎌倉時代の源頼朝の家臣壱岐守平清重(葛西三郎)が勧請したと伝えられる。 御祭神は、大日女霎尊、天児屋根命、誉田別命で、ご利益は所願成就、出世開運など。

  • 繁栄稲荷神社

    東京都江東区木場2-18-12(地下鉄東西線木場駅徒歩3分) 繁栄稲荷神社 にお参りしてきました。 大丸百貨店の業祖である下村彦右衛門正啓が、宝暦7年(1757年)、深川木場4丁目、現在の繁栄橋のほとりに貯木場を備うる別墅を営み、その一廓に社殿を造り伏見稲荷大社の御分霊を祀り繁栄稲荷と称したのが創祀だそうです。 その後、明治末年に大丸東京店(江戸店)の閉店と同時に木場の別墅も廃したとき、社殿は根津

  • 富士山本宮浅間大社

    富士山本宮浅間大社 駿河国一宮 御祭神:木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやびめのみこと) 相殿神:大山祇神、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと) 木花之佐久夜毘売命は大山祇神の娘で、瓊瓊杵尊の妻です。 瓊瓊杵尊が日向に降臨されたときに出会い、求婚されました。 大山祇神がそれを喜び、木花之佐久夜毘売命とその姉の岩長姫(いわながひめ)の二人の娘を差し出しました。 しかし、瓊瓊杵尊は醜かった岩長姫を送り返してし

  • 氷川神社(喜多見)

    氷川神社(喜多見) 御祭神:素戔嗚尊 配祀神:天照大神、稲田姫命 八岐大蛇を退治された素戔嗚尊です。稲田姫命は奥さんです。 こちらは参道。石鳥居があります。 都区内での鳥居としては最古の部類に入るそうです。 参道を進んでいくと、社殿が見えてきました。 左手に手水舎と、立石大神が祀られています。 社殿です。 伝承によると740年の創建とされています。 1300年代の天災や、多摩川洪水などで古縁起・古

  • 京都旅行1日目

    今回はツーリングではないのですが、 京都に旅行に来たので記事にします(^_^;) 母娘で久々に旅行! 今回は新幹線で京都へ! 台風が心配でしたが、 本日はなんとか雨も持ってくれました(^o^) 天気はどんよりですが、 無事京都駅に到着! 駅で御朱印帳を購入しました! 可愛いのが見つかってよかった!😁 奈良線に乗り、宇治へ! 最初は平等院鳳凰堂へ!\(^o^)/ とても綺麗でしたが、混雑もあり 中

  • 今回のメイン伊勢神宮(4日目)

    どうしても行ってみたかった お伊勢さん参り 神様がお出迎えしてくれた 雨がスゴいので神楽殿にて雨宿り 小雨になってダッシュ 赤福食べた 伊勢うどん食べた 猿田彦神社へ

  • 平井諏訪神社

    東京都江戸川区平井6-17-36 平井諏訪神社にお参りしてきました。 燈明寺(東京都江戸川区平井6-17-30)の惠祐法印が、出身地である信州の諏訪大社から神霊を勧請して享保年間(1716-1735)創建、下平井村の鎮守社で、明治5年村社に列格、昭和8年四所神社・稲荷神社を合祀した。 御祭神は建御名方命で、御利益は武勇掲揚、勝利祈願、五穀豊穣です。 参拝形式/二拝二拍一拝 アクセス/平井駅北口徒歩

  • 温泉神社             訪問日2016年6月26日

    最近記事が長くなりつつある豚耳です。 前回の記事、実は今回の記事と合わせても、前々回よりも短い記事になる予定でしたが、説明文に思いのほかチカラが入りすぎて泣く泣く二つに分ける羽目になってしまいました。 今回の記事は、できる限り短くまとめたいと思います。 話を強引に変えますが、ポケモンGO、とうとう日本で配信スタートになりましたね。 豚耳もさっそくコンビニの駐車場で、スマホに夢中な若者を何人か車でゲ

  • 日光二荒山神社          訪問日2016年6月8日

    輪王寺参拝の次は、日光二荒山神社へ向かいます。 宇都宮の二荒山神社との関係はなく宇都宮は『ふたあらやま』で、こちらの日光にあるのは『ふたらさん』と、読み方にも違いがあります。 ちなみにこの日光二荒山神社の境内の広さは3,400haもあり、伊勢神宮に次ぐ2番目の広さがあり、もはや豚耳の部屋何個分では表せないほどです。 『なんだ豚耳!その程度の計算も出来ないのか?もう一度小学校からやり直して来い!』

  • 今日の天気は。

    おはようございます。 今日は日曜日なのに曇り空☁(-_-;) あんまりぱっとしませんね…。 朝一番で嫁さんの車の定期点検に行ってきました。 嫁さんは日曜仕事なので、自分が運転して行きました。 やはり自分以外の車乗りにくいですね~(T_T) まず💺シートポジションが合わない、これが一番大事ですね! 話は変わりまして私の町は一応観光地と日本最大の朝市で少しだけ知られています。 町の有名な神社は、少し

  • 夏越の祓で健康祈願

    ■ここ数か月…いや、金運に至ってはここ二年強、あまりにも出費が激しい…(-_-;) 二年前、郷里のおばあの状態が悪いという事で急遽島へ帰った。 そのひと月後、父の受勲があって母も連れて東京へ行く事になり、3日間だけだったけど娘なりの親孝行を努めた。 その直後、妙ちゃんが千代治君に喉元を強く噛まれて手術になり、貫九郎→鈴→小太郎→梅→妙→貫九郎→鈴→千代治→小太郎…と、現在に至って代わる代わる手術と

  • 四国一周~番外編~ 淡路島

    四国一周の旅でしたが、四国ではない兵庫県の淡路島に寄ってきました。 1番のお目当ては「伊弉諾神宮」ですが、こちらは別ページにまた紹介します。 徳島から「伊弉諾神宮」を回り、次に訪れたのがこちら。 「岩上神社」です。アップダウンの激しい林道を、「マイクロバスも通れます」の看板を信じ、アメリカンバイクで上がっていく・・・結構つらい・・・ 結構登っていくと、広場とういうかいきなり境内。 境内には「岩上寺

1 ... 32 33 34 35 36