カスタムのムラゴンブログ

  • 塗装準備&改良

    ステムの純正フェンダー用の6ミリボルト穴を利用して浮かして塗装できるようにしました。 で、フレームのヘッドパイプのアイボルトを塩ビ管のT型ジョイントに変えました。 ええ感じで持ちやすいです〜 後ろのアイボルトも塩ビ管に変更 底のアルミアングルも内側にオフセットして下に木の角材をタイラップで固定 少し斜めにすると隙間ができるので塗装しやすくなりました。 ひっくり返しても塗装面に触れることなく移動でき

  • 塗装の準備

    と、言ってもまだ下地できていません。 午後にリューターを使う作業が殆ど終わったので下地もすぐに出来上がる状態ですが先に狭い場所なので塗装する時にフレームをひっくり返したり向きを変えないといけませんね〜 言うことで先に作り物をやっつけてしまいます。 モトモト編集長のFacebookでサフを吹いたモトラのフレームのステムの入る穴にアイボルトを固定している画像を発見! 「これや!」絶妙なタイミングで画像

  • 長期戦突入っぽいです。

    いや〜しかし、レストアしてる人って凄い忍耐やね〜 私フレームだけで結構手こずっています。 実は現状のフレームでツーリング行ってからゴールデンウィーク中にサクッとフレーム交換しようと企んでいましたが考えが甘かったです。 早めに作業に取り掛かって正解ですね〜 フレームの加工にサンダーを使えればもっと早かったはずですがそれ以前に錆を除去するのに結構な時間がかかっています。 塗装が浮き上がっている部分を探

  • 我が家にフレームが来ました!

    いきなりですが中古のエイプ100フレームと純正ステムを落札しました。 シートレールも水平でフレームの歪による塗装の剥がれも見当たりません。 警察で車体番号を照会してもらいましたが盗難届けは出てませんでした。 言う事で晴れてフレームを加工できますね〜 先ず塩ビ管ツールボックス取り付けにあたり邪魔な一番上の赤丸と スイングアームに干渉する下の2つの赤丸を消します! 下の2つは現状のフレームがシートレー

  • 塩ビ管で激安パーツ自作

    塩ビ管は企画でサイズが決まってます。 呼び径(パイプは内径)が16ミリの塩ビ管の外径は22ミリ... へへへ...いい事思いついた〜 ハーレー以外のバイクのハンドル径は殆ど22.2ミリ...外径が0.2ミリの差しかありません。 ハンドルに取り付けるミラークランプがピッタリ! で、エイプのフレームにはシートレール等は17ミリのパイプが使われています。 内径の差1ミリ...塩ビやし行けるんちゃう〜 内

  • 走行可能になりましたよ〜

    昨日クラッチカバーのシール届いたので早速組みました。 さて、テストランです。 結論から言いますとクラッチスプリングのシム1セットで十分でした。 ウチのエイプキタコの1◯5ccでヘッドもSE-proで結構トルクフルでキタコでこれ以上はDOHCしかありません。 このボアアップセットでシム1セットでクラッチ滑り出すってどんなチューニングしたらええの? で、クラッチカバーを取り付けるついでにクラッチレバー

  • とりあえず

    クラッチカバーがシール待ちで取り付けできませんがスリッパークラッチキットだけでも組んでいきます。 洗浄もしてないのにフリクションディスクの油分がなくなっていたのでスーパーゾイルスプレーで潤してから組み込みました。 リフタープレートの見た目がカッコええ〜 純正のフランジボルトからボタンボルトに変わったのでクラッチカバーとボルト頭が干渉ギリギリかも 説明書では干渉したらケース内部を削ってくれと言う事で

  • やってもうた!

    今日も昼前に作業開始! クラッチカバーの方に細かいキズが目立つので新品の研磨用スポンジを2つに切って2種類のコンパウンドで磨きましたがやっぱり専用スポンジを使ったら仕上がりが綺麗ですわ〜 とりあえず外部の部品とキックスピンドルのシールを取り付けて 塗料の入り込んだネジ穴にタップで清掃しましたが クラッチカバー側のレバーのシールが斜めに入ってしまい強引にプラハンで叩いたらご覧の有り様です。 古いシー

  • アレンネスの作業靴...嘘

    ダラダラと昼から作業開始です。 ホコリの付着した塗装表面を研いで磨いていきます。 補修箇所の少ないジェネレーターカバーは直ぐに仕上がりましたがクラッチカバーは途中で中断です。 作業用の靴底に穴が空いたのでコーキングで補修しましたが乾きません! 薄い夏用の靴を履いていたんですが足首から下が冷える〜 言うことで今日は作業終了です。 作業終了してから注文していた新しい靴が届いたので明日は作業再開しますよ

  • スマートミラー装着

    もう年を越してしまいそうなので、忘れる前にブログの更新に取りかかったカズです。 今年の初めに納車されたエスティマも、今ではすっかり我が家の一員として大活躍する毎日を過ごしております。 そんなエスティマ君も、時代の流れに乗ってドラレコを装着しました! 物の写真撮り忘れましたが、商品はこちら JADO ドライブレコーダー ミラー型 GPS 12インチ大画面 前後カメラ Sony IMX335センサー

  • フロントスタンドが届き塗装準備開始!

    やっと届きました〜 極太で見た目も厳ついですね〜 最初はライトとオイルクーラーが干渉してましたが若干位置をズラしたら問題ありません。 前後で同じメーカーなので統一感バッチリですね。 ミニバイク限定ですが一生使えそうな気がします。 画像の状態で一番伸ばした設定ですので12インチより大きいバイクには使えません。 新品の時にグリスアップしていれば後々錆びにくいので薄めに塗り塗り〜 画像の穴の内側なんかは

  • うちの姫です。

    性格はどちらかと言えば大人しく優しい子です。公園が好きです。

  • 機材をカスタム化する時

     週末なので毛色の違った内容を書いてみます。  機材を自分の求める形にカスタム化する話です。  全ての人にお勧めする内容では無いですが、興味の有る人の為に・・・。 参考画像:ペダルベアリングの交換過程  普通のドラマーには「どういう事?」でしょうが今はペダルやスネアなどにカスタムパーツも販売されていたりします。  楽器パーツを多くそろえるショップ(店舗・通販共)を覗くと色々発見できますよ(^^)

  • 突起にアレを被せてみましたが...

    古い画像ですが赤いフロントスタンドと この手の安っぽいステムの穴に差し込むタイプのフロントスタンドを持っているんですがこちらの安っぽい方をよく使います。 赤い方がしっかりしているんですがフロントフォーク内のエアー(戻し)の調整はフロントフォークを伸ばした状態でないとできませんよね〜 で、このライトの時は問題無くこのスタンドを使えたんですが LEDライトに変えてからライトとステーが干渉する様になりま

  • ミルフィーユでステーを自作

    1000円チョイで落札した約4ミリ厚のドライカーボンの板 タイトル通りこのカーボンのミルフィーユでライトのステーを作ります。 ステーは一度5ミリ厚のアルミで作っているので同じ寸法の物を作るだけ いつものように金ノコで切断しましたが ノコ歯の寿命手前だったのかカーボンが硬いのかノコ歯1枚終了しました。 穴あけも安物のドリルスタンドだとカーボンやFRPなんかは簡単にキリのセンターがずれるので慎重に細い

  • ライトをLED化

    自賠責の更新しに行った時にバイク屋さんに頂いた自賠責ステッカーのステー 本来の目的で使う予定でしたが気が変わりました。 綺麗なゴールドのステーですがステッカーを貼っていた表面の退色が酷かったので 耐水ペーパーで研磨しました。 で、フロントフォークのヘッドライトステーに取り付けて 新調したミニレギュレーターのステーになりました。 以前の物には貼ってなかったステッカーがオモチャぽいですね〜 まぁ、殆ど

  • プロジェクターライト移設

    先週バカになったオイルクーラーのステーを作り直しました。 古いステーのボルト穴ピッチが35ミリで短かったので新しいステーは50ミリピッチで作りました。 8ミリボルトの穴がセンターからズレていますが組んだらわかりません フロントフォークのストローク量を調べてフェンダーに当たらない位置に低めに設定します。 ついでにプロジェクターライトの位置も変更 上のライトが外側 下のライトが内側 ネジ穴がバカになっ

  • ASウオタニのブラケットを自作 其の2

    昨日の続きですが今年の盆は殆どリペア&自作でしたね〜 またクソ暑い外で5ミリ厚の板を人力で切る、削る、磨くの作業汗だくですわ〜 暑すぎてこの画像以降は撮影忘れました。 いきなり完成画像ですがカーボンのステーは加工に失敗したのでボツ! アルミだけで作りました。 塗装なしのアルミなので白いタイラップで締めてみましたが見た目が安っぽいので 黒に変更 自作感ありますがまだ黒の方がましか〜 全体像を見たら白

  • ASウオタニのブラケットを自作

    長い盆休み土日のどちらかでソロツー行こうかと企んでいましたがどうやら度重なるmyエイプのトラブルで無理っぽいですな〜 金属疲労でポキッっと折れた純正の鉄板の代わりを作らないとコイルがエライことになるので自作します。 今回はるぶ汚さんを見習って簡単な図面を書いてみました。 頭で絵を描くよりアイデアが膨らみそうですね〜 さて自作する前にタンクを外して折れたブラケットの残骸が邪魔なので削ります... と

  • 簡易マフラーステーを自作

    シリンダーヘッドとサイレンサーの2点で固定されているマフラーですが結構前からジョイント部がグラグラになって2点を締めなおしても直ぐにブラブラするようになりまして...扱いが悪いんでしょうか? 先週マフラージョイントを利用して0.9Фのステンレスでフレームに固定したらガッチリしたんですがハッキリ言いまして見た目がクソです! 言うことでアルミのフラットバーとアングルでステーを自作します〜 先ずはクラン

  • クリスマス

    クリスマスイブに近所のアップガレージ偵察してたら 先輩に拉致られ(笑) 先輩の通勤に使うクルマの車高調取り付け頼まれたから クリスマスイブなのに〜 ギリギリまで攻めて 寒いから早く帰宅したい一心でアライメントもほぼ一発で決めるという神業で ペッタペタにしてきた 車高調前後3時間半で取り付けた疲れた 帰宅して いつもお世話になってるYBRのシートが傷んでたのでクリスマスプレゼント 手芸のトーカイでフ

  • 走行可能になりました

    昨日早めに帰れたのでキャリパーサポートを少し微調整しました。 水平器をあてた角材に耐水ペーパーを巻いて面を出してみました 職人っぽく上手くやってるように見えますが... 差し金を当てると素人丸出しでしたね〜 もうここらへんで妥協しないと底無し沼にハマってしまいます.. 今日とりあえず組んでみました。 前回より多少削ったので下のパッドがええ感じの位置に来ました。 ボルトで締め付けると特に隙間もないの

  • G20のお陰で

    スピードメータケーブルとその他諸々の部品が届きません。 我が家は集合住宅なので宅配ボックスはあるのですがタイヤと他の部品を一緒に注文したのが失敗でした。 梱包がデカすぎて宅配ボックスに入らないらしいです。 そこへ丁度G20と重なり再配達できない常態に... 各首脳の嫁はええモン食って遊びに来てるだけやないかい! これはタイヤも注文した自分の自爆なんか? いや、12インチのタイヤ1本とケーブルと小さ

  • 誤作動を回避するための(デジ→アナ)退化

    と、小難しいタイトルですが極簡単な内容です。 原因を解明してしまうととてもアホくさい内容ですので悪しからず 先週の続きですがスピードメーターの磁気センサーが色んなものに反応しているとわかって作業中断してました。 メーターの磁気センサーに反応すると言う事は対象物が磁石に引っ付くかどうかで簡単にわかりますね〜 と、言うことをステンレスボルトを買ってから思いつきました あっ、インナーにマグネットツールが

  • ダラダラやってます〜

    毎週日曜が雨やったり微妙な天気なんで自分の中では完全に梅雨入りですが そろそろ「ごめんなさい、もう梅雨入りしてました」と言うてもエエんちゃいますか〜 言うことでダラダラと先週の続きをやります。 シリコン詰めのブラックボックスはナンバー灯ステーの裏側に強力両面テープで引っ付けました。 ナンバー側から見るとこんな感じです。 下から覗き込まないと配線も見えないのでこれで完成...なんですがこの画像を撮影

  • 正直に「梅雨入り」って宣言しなさいよ〜

    言うことでこっちは勝手に梅雨入りモードに入っているので弄っとります〜 さてmyエイプ、何か変わっていますがお分かりでしょうか? ディスクローターがキタコからBREAKINGになりました〜 ヤフオクで落とした中古ですがアウターの磨耗も少なく洗浄したらメチャ綺麗になりました。 派手ではありませんがキタコのローターより見た目もしっくり来ていますね〜 ついでにパッドをゴールデンパッドの新品に交換しましたが

  • マニホールドアダプターを自作 其の三

    さて昨日のエポキシも硬化したので綺麗に研ぎました。 キタコのマニ用ガスケットを何枚か持ってるので流用します。 1枚はボルト穴が48ピッチのガスケットを流用できるんですが もう1枚は58ピッチなので自作になります。 切りましたが穴の形はイビツです。 イビツなガスケットは削って混合気がスムーズに流れるようにしてますがただの自己満足です。 ポートやラバーマニホールドに段差があるので手直しできる箇所は一応

  • マニホールドアダプターを自作 其の二

    さぁ〜この状態から作業再開です。 上の画像ではラバーマニホールドの中にドリルで開けた小さい穴が見えますね〜 この状態から ドリルのキリを貫通させず何箇所か削りリューターでここまで孔を拡大しました。 昨日のカーボンステーを自作した後にここまでやりましたが案外時間がかかりませんでした。 反対側は調子に乗ってラバーマニホールドの内径より少し大きく削りすぎてしまいました... 純正もこれくらいの段差はある

  • ASウオタニ SP2のカーボンステー自作

    昨日見つけたコイルのステーのクラック 外してみると真っ二つ 言うことで自作します〜 アルミ板で作るとまた真っ二つになりそうなので残材から見つけたカーボン板で自作します。 ん〜、でもカーボン言うてもウエットカーボンやし頼りないな〜 言うことで少し寸法が足りませんがアルミ板を裏に付け足してハイブリッドなステーにしてみます。 重ねたアルミとカーボンに穴を開けノコで切断しましたがノコ刃の入らないコの字の部

  • マニホールドアダプターを自作

    今現在の嫁エイプのキャブ事情 PE28からラバーマニホールド→NSF100やNSRフレームに縦型エンジンを載せた車両用のマニホールド→エイプ100の純正マニホールドと3点の部品で結構ロングなインマニになっています。 しかも純正マニ(画像右上)は元々Ф16かФ18だったか忘れましたがかなり小さく軽いキャブの設定なのでФ28のキャブを取り付けると重さでブランブランしてしまいます。 これはマニホールドの

  • 復活!

    先日タケガワのクラッチケーブルが長すぎると記事にしましたが どうやらアダプターを忘れていました。 まぁ、このアダプター納得できない値段なんですが... こんな風に被せて取り付けたらケース側のアジャスターが調節出来る位置になりました。 純正長のインナーケーブルが切れた時は応急用のタイコを付けようにもワイヤーが短すぎて無理なんですがタケガワ製ならアダプターとアウターの金具の外径が一緒なのでアダプターを

  • スロットルケーブル加工&スワップ...撃沈!

    myエイプが不動車の時に気になることは出来るだけやろう〜 と、言うことでアクティブのメッシュタイプのスロットルケーブルが経年劣化で表面のコーティングが変色してきたしクラッチケーブルはブラックなんで色を統一したい! 画像下のブラックのアウター(昔のCBR250RR)なら見た目の劣化はあまりないのでブラックにしたいのですがエルボー(L字のパイプ)の質感がアクティブのステンレスに比べて安っぽいし...

  • 夏タイヤに履き替え!

    なんだか目がかゆい… 先週の土曜くらいから明らかに目がかゆい… 花はもともと悪いので、特に花粉症だとは今まで考えたこと無かったですが、この目の痒さは明らかに花粉症の気がします。 ついに僕も花粉症リミッターを超えちゃったんですかね。。 とはいえ少しずつ暖かくなってきて、もうスタッドレスはいらないだろうと言う事で、点検を兼ねてディーラーへ夏タイヤの履き替えに行ってきました! スタッドレスは社外の17イ

  • L175 ムーヴ スピードメーター LED打ち替え

    今月はLED打ち替え問い合わせ施工の多い感じです。 車外のカスタムも勿論かっこよくなるのでお薦めですが 室内のイメージが変わると運転中でも自分自身が感じやすいので 人気の施工なのかもしれません。(^^) 多いのは純正がオレンジ→ホワイトまたはブルーです。 今回はスピードメーターのみの御依頼でしたが 他の部分も基本的には大丈夫ですのでご相談ください。

  • エンジンを載せましたが...

    シートカットとガイド入れ替えたシリンダーヘッドとフェイス研磨されたバルブが帰ってきたので擦り合わせしました。 吸気バルブはバッチリ! 排気バルブは位置が... 井上ボーリングに問い合わせてみましたが新品のガイドに入れ替えたのでこんな位置になったそうです。 使用に関しては問題ないとの事なのでヘッドを載せて エンジン完成です。 早速車体に載せましたが色々仕様変更があるので即走行可能と言うわけには行きま

  • TVキットとドアミラー自動格納

    バイクブログのはずですが、車に乗り出してから、車ネタが多くなっているカズです。 基本的にDIYが好きなんですが、少し心配性なため、はじめての作業はいつもショップに頼もうとしてしまうんです。。。 でもだいたい作業始めると、案外すんなり出来ちゃうのがほとんどなんですよね。 という事で、とりあえず商品を先に買っちゃえと言う事で、2点ほど購入! まず最初はTVキットです。 caroze トヨタ・ダイハツ純

  • 不完全燃焼...

    カムシャフトとカムホルダーのクリアランス測定の為プラチスゲージを購入しました。 が、しかしシートカットとバルブ研磨されて今週届く予定だったシリンダーヘッドの排気バルブガイドの内径が使用限度を超えていると井上ボーリングから連絡がありまして... またエンジンの完成が延び延びになります。 しかし素人が手でガイドのガタを確認したくらいではわからないもんですね〜 キタコの説明書をコピーして送っといて正解で

  • 高っ! (其の2)

    今日も昼前からのんびりマフラーを磨いていました。 布ヤスリ#240 → #400.→ ピカールでヘアーラインが残る程度に仕上げました。 傷跡も最初に比べれば目立たなくなりました... まぁ〜一応これで磨き終了です。 そうこうしているうちに注文していた部品が到着しました。 下のメッキのやつなんですが上の黒い純正が300円くらいなのに対して10倍の値段! 何が違うんやろ?? 鉄板をプレスして曲げてカラ

  • 凡ミス祭り

    ただ今ヘッドを内燃機屋さんに預けているのでのんびり作業を進めています。 寒さも寒さやしゆっくり起きて昼前から作業開始です。 一応ここまで組んだんですが... 先ずは最初の凡ミス 実はこの画像を撮影する前にのほほんと呑気に作業していたのが悪かったのかクラッチのサークリップを飛ばして大捜索してました。 安い部品で何個かストックもあるので作業続行できるのですがエンジン内部に入り込んでいたらえらい事になる

  • マグネシウムクラッチカバーをゲット!

    あ〜金ないのにクラッチカバーを買ってもうた〜しかもタケガワ廃盤のマグネシウムやで〜 メルカリで20000円で即買い! 私メルカリは1回しかやった事なくて評価も0なんで出品者の方が結構不安がっていました。 そらそうですね〜ヤフオクで出品して0評価の落札者でも不安になるわな〜 言う事で信用第一! 即日入金で2日後には届きました。 目立たない小傷はあるものの20000円にしては結構な上玉ですぜ〜 欠品は

  • 嫁エイプ完成(公道走行不可やけどね〜)

    塗装した嫁エイプのシートカウル 鼻を近づけてもシンナーの臭いがしなくなったのでシートラバーを貼り付け車体に取り付けました。 画像では綺麗に見えますが細かい磨き傷はいっぱいありますね〜 工具箱の中身も充実! myエイプより機能的かも これで走行可能になりました! でも自賠責が切れたままなので敷地内限定なんですね〜 暖かくなる少し前に公道を走れるようにしますわ〜

  • 大晦日にクランクケースを小細工

    中古で落札した右クランクケースは無加工なので必要な加工をやりました。 先ずはオイルポンプを社外の物に変更したら各メーカーで指定されたオリフィス径に拡大するんですがウチのはデイトナなんで2.5ミリまで拡大しました。 で、オイルジェット加工(ピストンクーラー)です。 初代クランクケースはオートボーイで加工してもらいましたが今回は自分でやってみますよ〜 下の画像はオートボーイで加工してもらった物です。

  • ワーゲンバスの恥ずかしいトコロを見てやった件

    こんなに仲良し。ヨメさえいなければ。 ヨメがいればオレなんてまったくいらない所存のチロル。かわいいのう…。 さて、 わざわざタイヤを履き替えてまで山に来たのもバスをいじるため。 いじるったってまだ具体的にどうするって決まっていないが、まずは外せるところは外してサビの具合なんかを確認して計画を立てたい。 軽トラとかこの年代の車は(特にウチのバスは元が貨物車だし)色々バラすのは簡単。 現代の車なんてキ

  • 嫁エイプのシートカウル変更計画 其の20(最終回?)

    「嫁エイプのシートカウル変更計画」シリーズを今回で最終回にするつもりでシートカウルを鏡面化しましたが... やらかしましたね〜 今回は2液ウレタンクリアーを吹いてないのでブラックを綿棒でタッチアップして更にピンポイントでクリアーを吹いて乾燥後磨けば全然大丈夫です。 そしてもう一つ問題発生です! 先週スポンジとゴム板を貼り合わせてシートラバーを自作してこのように上に乗せたまま1週間放置していたら ゴ

  • タンクバッグカスタム

    iPadをバイクにつけたいため タブレットホルダーを買おうと思いましたが あまりにも高いので 自作(笑) iPadケースの蓋を切り取り ケースをタンクバッグに取り付け 見えなくなるので 気にしない気にしない(笑) 取り付けるとこんな感じ 落ちないことを祈る( ̄▽ ̄;)

  • 嫁エイプのシートカウル変更計画 其の19

    先週やったかな? 1杯ひっかけて捨てクリアーを水研ぎしたので散々やらかしていました... やっぱりアルコールが入るとテキトー&勢いがついてやり過ぎますな〜 またタッチアップして捨てクリアー... 何回同じことを繰り返しているのやら... 乾燥待ちの時間に中華オイルキャッチタンクのステーを ショート化しました。 また塩ビ管を塗装してステーにして こんな感じになりましたがいずれはこのステー金属疲労でポ

  • 嫁エイプのシートカウル変更計画 其の18

    さてオイルキャッチタンク風小物入れの塗装も済ませナンバー灯のLEDもステーに貼り付け仮組みしてみました。 6ミリボルトに内径13ミリの塩ビ管カラーではスカスカなので外径8、10、12ミリのアルミパイプをカットして ビニールテープとマスキングテープでアルミの外径を微調整してずり落ちないようにしたのでカラーのほぼセンターにボルトを差し込めるようになりました。 長ナットの方もゴム板を巻きつけ圧入したので

  • 嫁エイプのシートカウル変更計画 其の17

    一昨日失敗に終わったナンバー灯... 今度は小物入れにステーを直付けしました。 問題はナンバーをちゃんと照らしてくれる角度なのか? 照明を落として照らしてみましたがバッチリですな〜 これでナンバー灯は一件落着! 次はナンバーステーのリフレクターの角度が浅いのでトーチで炙って曲げようとした途端ご覧の通りバラバラになりました... 以前トーチを使用せず常温で無理矢理曲げたのが原因かと思われますが今バラ

  • スマホホルダーを交換しました。

    みなさま、いかがお過ごしでしょうか? 何やらインフルエンザも流行の兆しが見え始めており、年末を迎えるにあたり体調にはご注意ください。 さて、今回の記事はスマホホルダーを交換しましたので、記事にさせていただきます。 バイクに乗っておられる方のほとんどはスマホホルダーを利用して、スマホをマウントしてナビや音楽再生などの目的で利用されておられると思います。 なかには、インカムのブルートゥースの接続数が1

  • 嫁エイプのシートカウル変更計画 其の16

    オイルキャッチタンク風な塩ビ管の小物入れの取り付け位置...どないしよ〜...と思案中... 下の画像の位置に取り付けようと思っていましたがここに取り付けると後続車からウインカーが見えなくなりますね〜 言う事でナンバーの上に取り付けました! ナンバープレートステーにボルトで固定 見た目は良いんですがシートカウルを外さないと小物が取り出せませんね〜 でも、いいんです! 小物入れと言っても予備のヘッド

1 2 3 4 5