• モスクワ2018

    皆さんはモスクワと言うとどんなイメージを 持つのでしょうか? 先進国? 後進国? 私はその両方だと思います. 早く言えば, 進んでいるところもあれば 遅れているところもある, と言うことです. 家の店の向かいでやっている工事. 道に ボロくて大きな車を ドン と停めて埃をたて放題.(この夏,私の店はこのせいでテラスが出せません) 良く見ると作業員はヘルメットも被っていません. これが 2018 年

  • 毎年 5月9日に思うこと.

    5月9日は対ドイツの戦勝記念日としてロシアでは盛大にパレードなどが行われます. もうヨボヨボの勲章をたくさん着けた爺さん達が国を守った英雄としてパレードに参加し称えたられます. これを見ていると毎年ながら複雑な気持ちになります. 戦争は 戦った人たちが お互いにどんな気持ちで戦ったにせよ 勝てば英雄 負ければ悪者という方式に 当てはめられているような気がしてなりません. 裏を返せば, 戦争は勝てば

  • 進歩するロシア

    モスクワの郊外電車に乗って1時間半位のTverという町にいってきた. 予想に反して 電車はキレイで快適だった. 普段 , モスクワから出ることはあまりないのでこの手の電車に乗るのは2回目. 前回は10年位前だったと思う. 電車は汚く 半分以上の人はキセルだった!! 車内にはあらゆるものを売りに来る人がいて衝撃的だった. 逆に言えば,全てが初めて見る物ばかりで楽しかったのだが 今の 電車はすっかりき

  • 漬け物

    私は漬け物が好きだ. 日本には たくさんの種類の美味しい漬け物がある. 特に 雪深く寒い地方は特に漬け物の食文化が発達している. そういってみるとロシアもおなじだ. 夏の間にとれた野菜を何でも漬ける. スイカの皮まで漬けるらしい. とは言え 日本の漬け物とはチョット違う(( 麹やぬかを微妙に発酵させて作る日本の漬け物はサイコーだ. 主役ではないのに,みんなに愛される. 今,挑戦しているのは べった

  • カレー第2弾 カレーラーメン!!!

    安易な発想から生まれる当店のメニュー。 カレーライスを作ったから今度はカレーラーメン。 子供の頃食べていたカップヌードルを思い出す))) でも、このラーメンは期間限定で4月だけ。

  • 友達のいえ。

    先週末、モスクワ郊外の友達の家にオヨバレされていました。 ヨーロッパ一の大都市モスクワも20kmほど 離れるとこんな景色になります。 昼間はテラスでバーベキュー、夜はプールでひと泳ぎ。 モスクワの金持ちはこんな生活を送っています。 そういえば、専属のドライバーと 家政婦さんが2人づついたな。 こんな生活が夢と言うわけではないけれど、たまに味わうととってもいい感じ。

  • カレーライスを作ってみた。

    頑なに拒否し続けていたカレーライスを作ってみた。 しかもルーから手作り。 今まで作らなかった理由は二つ。 1、私はカレーが嫌いである。 2、自分の店のイメージに合わないと勝手に思っている。 この二つの理由だ。 作ってみた結果は、 まあまあな味だと思う。ただ、普段カレーを食べたことが無いので味の基準が無い。 辛すぎるのか、甘すぎるのか分からない。 とりあえずランチメニューでの提供を始めた。 でも、カ

  • モスクワでスキー!!

    数日前、スキーに行った。 実に35年ぶり。スキー靴を履いたとたんに違和感が、、、歩けない!。 でも、滑ってみるとそれなりに体が動く。体が覚えていたんだろう。 スキー場はモスクワ市内にあります。車で20分ほど。 モスクワ市内には、このほかに9ホールながらちゃんとしたゴルフ場もあるし ヘラジカもいる大きな林と言うか森もあります。 そういえば、年中滑れる室内スキー場もあったな。 1,500万人の大都市で

  • 新メニュー

    写真はソフト シェル クラブのブラックペッパーソースです。 このカニは脱皮したばかりのカニを捕まえてすぐに冷凍するというもので 水槽の中のカニを24時間監視していなければなりません。 そんなカニさんは殻が無く丸ごと食べれます。 また、この時期ロシアン正教の方々は、イースターの時期までヴェジタリアン食になる人がいるので、野菜を中心新メニュー構成になりました。 りんごの餃子ってのもあります。ちょっとシ

  • ロシアからキリンの生ビールが消えるらしい。

    最近、業者さんからキリン生ビールが入荷できなくなる。という連絡が入った。 いつものように理由ははっきり分からない。 ちょっとイタイ。 やっぱり日本人のお客様は日本のビールが好きだ。 とりあえずビールというのが定番のようで、それがロシアのビールだったりすると ちょと締まらないらしい。 ということで、急遽 一番搾りのボトルを入荷した。生は入らないがボトルは有るというのもロシアらしいが、とりあえず日本の

  • クリスとアンジー

    少し前までテレビで放送されていたコメディー番組。 今から10年ぐらい前、まだリーマンショックの前ロシアのバブル時期に生息していた おねえちゃん達のパロディーです。 私のお気に入りの番組でした。 そういえばこの頃クラブに行くと こうったおねえちゃん達がたくさんいたっけ。 とにかく,品とかセンスなんてものはまったくなくて とにかく派手なだけ。 それでも、お金持ちの男たちにドンペリとかどんどん空けさせて

  • メルセデスバー

    モスクワの中心、モスクワ河の畔にウクライナホテルという大きなホテルがあります。 今は、アメリカの大手ホテルチェーンの傘下に入っているようですが、建物は歴史的建造物でとても立派なホテルです。 そのホテルの最上階にメルセデスバーと言うきれいなバーがあり、始めていったのですが360度パノラマヴューでなかなか雰囲気が良いところです。 値段も恐ろしく高くはなく、キレイな夜景を見ながら一杯ってのも悪くないです

  • トトロ

    モスクワに ”トトロ”なる日本食のレストランがオープンした。 今モスクワで一番人気といわれるレストランオーナーの店だ。 さすがに上手に出来ていると思う。 何がすごいというわけではないがうまくバランスが取れているといった感じがした。 オープンして間もないがすでに毎晩フルブッキングだそうだ。 豊富な資金力、経験、センス、知名度、 やっぱりすごいな~。 こんな店は始めての初デートには最適だ。    リス

  • 抹茶

    いよいよ わびさびの世界に突入。 以前からとても興味があった抹茶。 私はエスプレッソコーヒーが大好きだ。 そんなエスプレッソ感覚で飲む抹茶を目指している。 邪道かもしれない。 でも、本物を新しい感覚で楽しむ。悪くないと思う。

  • 日本茶の講習会。

    日本茶を正しく美味しく飲んでいただくため、福寿園のお茶マイスターを招いて 美味しいお茶の入れ方飲み方講習会を実施しました。 煎茶、ほうじ茶、玄米茶、抹茶の四種類をマイスターの指導のもと正しく入れて飲んでみる。 お茶菓子とあわせて飲んでみる。 これを、月に一回開催していこうと思う。 果たしてモスクワで日本茶のシェアがアップするだろうか? ちょっと繊細すぎるような気がする ここには。

  • 豚と大根煮てます。

    新商品開発に向け豚の三枚肉と大根を煮ています。 豚の角煮風です。 コトコト煮つめて三時間 大根の味がよーく浸みて豚肉もトロトロ。 というのが予想です。 こういう純日本料理的な物はどうも苦手。 バルサミコでも入れて改良してみようか。

  • 久々のCLUB!!))

    クリスマスにお正月 旧クリスマスに旧正月、と何かと行事がたくさんあって、なにかとそれにかこつけて飲みに行くロシア人。 そんな悪友に誘われて久々にクラブに行ってきました。 モスクワの中心にあるMendeleev という名のクラブ。 入り口がめちゃくちゃ分かりにくくて小さな立ち食いラーメン屋の地下にあります。 大きなクラブではなくどちらかと言うと大人のクラブと言った感じです。 週末のディナーの後にステ

  • ラーメンを食べて寒い冬を乗り切ろう!!

    さむ~い冬をラーメンを食べて乗り切ろう!! Corner cafe では冬季限定で毎週火曜日は午後4時から すべてのラーメンが 50%OFF  半額になります。 1月16日火曜日からスタートです。 醤油、味噌、トムヤム、えびビスクラーメンお好きなものをどうぞ!! 日頃の感謝の気持ちをこめてお待ちしてます。

  • 創業1790年福寿園のお茶))

    伊右衛門〔いえもん〕といえば言わずと知れた京都宇治の福寿園のお茶。 ロシアは世界でも有数のお茶の輸入国だそうです。 そういわれれば みんなお茶を飲んでますね。ロシアンティーってのも有名ですし。 煎茶、玄米茶なんかも最近良く見かけるようになりまし。 でも、ほとんどが中国とか台湾茶のようです。 Corner cafe では、繊細な日本のお茶を飲んでいただきたくて 福寿園のお茶を入荷しました。 Corn

  • 接せとマカロンを作る。

    最近マカロンが人気だ。 新フレーバーも登場して全4種。 数年前まではあまり人気がなかったのに。 そういえば25年前フランスから日本に一時帰国した時にバリバリの本場のマカロンを作ったけど、振り向かれもしなかったっけ。 モスクワにもラデュレが出店して、〔ラデュレのマカロンは確かに美味しい!!) マカロンがファッションになっているようだ。 この次の新フレーバーは ゆず!! 日本の煎茶と良く似合う。   

1 2 3 4 5