• 新メニュー

    写真はソフト シェル クラブのブラックペッパーソースです。 このカニは脱皮したばかりのカニを捕まえてすぐに冷凍するというもので 水槽の中のカニを24時間監視していなければなりません。 そんなカニさんは殻が無く丸ごと食べれます。 また、この時期ロシアン正教の方々は、イースターの時期までヴェジタリアン食になる人がいるので、野菜を中心新メニュー構成になりました。 りんごの餃子ってのもあります。ちょっとシ

  • ロシアからキリンの生ビールが消えるらしい。

    最近、業者さんからキリン生ビールが入荷できなくなる。という連絡が入った。 いつものように理由ははっきり分からない。 ちょっとイタイ。 やっぱり日本人のお客様は日本のビールが好きだ。 とりあえずビールというのが定番のようで、それがロシアのビールだったりすると ちょと締まらないらしい。 ということで、急遽 一番搾りのボトルを入荷した。生は入らないがボトルは有るというのもロシアらしいが、とりあえず日本の

  • 本日の自作料理

    この数ヶ月、朝夕食を手掛けています。 今夜は、 🐟サワラの南蛮漬け シーザーサラダ🥗 ゴボウと🦑ゲソと揚げ出し豆腐の煮物 🐟イワシの姿煮 白菜の浅漬け 生春巻き 以上‼️ お腹空いて、途中で倒れそうになった😅😅😅

  • 豚と大根煮てます。

    新商品開発に向け豚の三枚肉と大根を煮ています。 豚の角煮風です。 コトコト煮つめて三時間 大根の味がよーく浸みて豚肉もトロトロ。 というのが予想です。 こういう純日本料理的な物はどうも苦手。 バルサミコでも入れて改良してみようか。

  • まだまだ続く正月休み。

    日本には三が日と言う言葉がある。 とは言え元旦しか休まない商店や中小企業はたくさんある。 ロシアの正月休みは長い。大体10日間くらいだろうか。 ちなみに今年の仕事初めは1月9日だそうです。 しかも、休みの1週間前と1週間後は休みモードなので物事はなかなかはかどらない。 私自身は、この間にいろいろやってしまいたいことがたくさんある。 でも、周りが動かないので結局何も出来ない。 結局のところ、これでい

  • アイデア

    昨日、フードコートで寿司を食ってたときに、ふっと頭に浮かんだアイデアがある。 それは、”トリュフのラーメン”って美味いんじゃないかな?って。 時と場所を選ばずに突然出てくるアイデア。 黄金のコンソメを丁寧に取って〔その時、根セロリとキャベツを利かす。 黒トリュフには良く合うし)そこにコシのあるストレート細めん。 トッピングにはフォアグラのソテーと生トリュフのスライス!!! 想像はアッと言うに膨らむ

  • 濃厚えび ビスクラーメン

    最近すっかり忘れ去られていたラーメンブログ。 思い立って更新します。 最近のニュースと言えば、、、新作ラーメンが出来上がりました。 その名も、、濃厚えびビスクラーメン〔タイトルそのまんま))) えびをふんだんに使いダシをとります。それをフランス料理風にビスクに仕上げ 麺とトッピングのえび。 けっこう濃いです。 私らしい一品が出来たかな?戸思っています。

  • カキえもん!

    "カキえもん"なる北海道産の生牡蠣がロシアに上陸しました。 先週 試食をしたんですが なかなかけっこうなお味。夏だと言うのに、、、。 このカキは寒い北海道の海で育つので、一年中実が締まっていて美味しいそうです。 CORNER CAFEでは、7月6日から9日までの4日間、お試し期間として このカキえもんをこのカキのために特別チョイスした白ワインと一緒に超お手軽価格にてご提供させていただきます。 〔な

  • ロシアで一番おしゃれな通り(たぶん)

    モスクワの中心の辺にあるこの通り, パトリアッシュとか言う公園かなにかにかの近くにあって、天気の良い休日などは人でいっぱいです。 そして、ここがよそと違うのは とにかく店も人もとにかくおしゃれ。 ロシア人もおしゃれをするとけっこうカッコ良くてなかなかなもんです。 店先でワイングラスを片手に雑談する人、おしゃれな店で食事をする人、いろいろです。 確実に変わりつつあるモスクワ。 嬉しくもあり残念でもあ

  • 餃子 ウィーク))

    今週、CORNER CAFE では餃子週間だそうです。 単に餃子がすべて半額になっていると言うことだけですが、、、。 ディレクターとPRマネージャーのアイデアなんですが、調理場はちょっと慌てます。 皮を作って一つず詰めてと。 まぁ、たまにはいいでしょう。 餃子好きの方はぜひこの機会に御利用くださいませ~。

  • そば。(その2)

    ラーメンを自家製麺に切り替えて、そろそろ3ヶ月。 何となく板についてきた感じの今日この頃。 そして 最近,そばに挑戦しているわけですが、、、。 思ったより苦戦を強いられています。 第一、小麦粉をそば粉に変えるだけかな? と言う安易な発想が甘かったようで、 えらいことになってます。  まったく粘らないそば粉,つなぎは出来るだけ入れたくないし、、。 明日は水の温度を調整してみよう!!

  • そば))

      私が、日本に帰ったときに食べたいものの一つに、”そば” があります。 私の生まれ故郷は そばの産地であり 信州そば 霜下そば 戸隠そば、などは 皆さんも、一度は聞いたことがあると思います。  なんとも 地味で質素な食べ物ですが皆さん好きですよね。 と言うことで。、、、 そばを作ってみることにしました。 ロシアには、そば粉はふんだんにあるし。 でも,ああいうシンプルなものって作ってみるとめちゃく

  • 食文化。))

    Corner cafe では、味噌、醤油、トム-ヤム、と3種類のラーメンを提供させていただいているわけですが、一般的にロシアではラーメンはスープのカテゴリーに入ってしまうようです。 そうなると、ロシアではスープを食べるときにパンと一緒に召し上がるため 味噌ラーメンにライ麦の黒パン と言う組み合わせになります。 美味しいのかな? そういえば、昔、うちのばあちゃんがピッツァと味噌汁一緒に食べていたのを

  • 息抜き

    久々のバカ飲み。 クラブの爆音の中、ウィスキーをバカ飲みする。 日々の生活からかけ離れた異次元の時間を過ごす。 いろんな人とくだらない話をする。 結局、クラブをはしごして朝の6時まで飲んだ。 外に出ると、朝日が燦燦と降り注いでいて、何となく現実の世界に引き戻される。 こんな息抜きは、バカなことだと思う人も多いだろうけど、これでいいのだ~。

  • Black star burger !

    ロシアには、ティマティと言う歌手?たぶんラップ歌手がいて、そのティマティが Black star なるブランドを展開していて、そのバーガー店がこれ。 この、経済低迷と言われているロシアで、これだけの行列を作っているのはたぶんここだけ。 さすがにここに並んでバーガーを食べる気はしませんが、そこそこ美味しいらしいです。 休日ともなると、1時間待ちは当たり前。 日本でも、芸能人がやっているレストランとか

  • 邪道ラーメン!

    ロシアには宗教上の理由で豚肉を食べない人がたくさんいます。 私の友達もその一人。 そんな彼がどうしてもラーメンを食べたいと言い出しちょっと困ってしまいました。 うちのラーメンは醤油味にしても味噌味にしても元のスープは鶏骨ととんこつのあわせスープ。 そこで、彼がいつも食べているトムヤムスープに麺を入れて出しました。 すると,美味しい~とことのほか喜びました。 それから、カフェでは豚肉を食べれないお客

  • 一升瓶

    最近日本でもあまり見かけなくなった一升瓶。 純米酒の一升瓶。やっぱり日本酒のイメージはこれですよね。 それに熱燗。これがなんともロシア人には日本的でクールなようです。 これから、もっともっと日本酒が海外の人に親しまれていってほしいですね。 ロシアでは、まだまだ伸びしろがあるような気がします。 でも、もう少し安くならないとだめかな。

  • 日本のお酒に興味あり!!

    最近、日本酒に興味があっていろいろ仕入れてみた。 純米酒、吟醸酒、濁り酒、など、、 その中で一番気に入ったのが、濁り酒。 酒粕の香りがなかなか良い)) 味の強い料理にも負けないし。 日本酒通になりそうだ~。 でも、うちのカフェで日本酒を飲むお客さんは8割りがロシア人で しかも、熱燗で。 日本のイメージなんだろうな。 もっといろいろな酒を仕入れてみよう、店がつぶれない程度に))))

  • 自家製麺の苦悩))

    ラーメンの麺を自家製麺に切り替えてから1週間がたちました。 毎日毎日楽しく麺作りをしているわけですが、これがなかなか難しい! 当たり前と言えば当たり前だけれども。 おんなじに作っているつもりでも、茹で上げて試食をしてみるとほぼ毎回違う食感になる(( 早く茹で上がる麺、コシの弱い麺、その他いろいろ。 改めてラーメンの奥深さを思い知らされています。 でも、いろいろと思考錯誤をしていれば、もっともっと美

  • けっこう楽しい麺つくり)))

    いよいよ自家製麺を作るようになった。 ラーメンもここまでくるとちょっと楽しい。 配合を考えたり。 私が選んだのは多加水卵麺だ。 多加水麺にした理由は、まずのど越しの良さ。それからゆっくりラーメンを食べるロシア人でも麺がのびにくい。 ただ、今回購入した麺うち機は容量が小さいので一度にたくさん作れない。 だから、毎日せっせと作る。 それに、まだまだ改良点はある。 これからも楽しみながら麺作りに励もう!

1 2