• これこそ、こだわり

    みなさ~ん こんにちは いよいよ春作業の開始です。 まずは敷草。 ぶどう園の敷草を・・・ 前年の敷草が残るぶどう園ですが、 今年もしっかり山芝を敷き詰めます。 山芝の資材がない農家さんは、カヤ(ススキ)を代用します。 一雨降らないと歩きき辛い。 今年もこだわりの敷草です。 これ、敷く前の状態です。 昨年の残りがしっかり。 山芝の束を、1メートル間隔に、 こんな感じで、園内全体に。 園の面積の5倍く

  • 経費はクイズ?

    みなさ~ん こんにちは 忙しい数日でしたが、 やっとリフォームが完成しました。 いつもと違うテーマで驚きでしょう。 薪ストーブのお隣の天井の変身です。 出雲様もお戻りに。 なにより大変だったのは、座机の移動。 厚さ7センチ、幅85センチ、長さ185センチの トチの木の一枚板。 重量は50キロ以上。 とにかく重い。 これで、しっかり落ち着きました。 薪ストーブさんは短い休暇でしたね。 さあ、懸案の経

  • 競争しているかな?

     みなさ~ん   こんにちは ここ数日、田舎の一軒家は大騒動です。 リフォームしています。 といっても一室の天井のみ。 できれば市価の三分の一の予算で・・・ チョット無理かな?・・・・と。 材料の準備、足場組、・・・と忙しいです。 一方、野菜の方はというと、 先日のダイコンさんがすっかり大きくなり、 競争していますよ。 さあ、どれが残るかな? 席は一つだけ。 こちらはお隣のほうれん草。 針のような

  • こんなに細~い・・ ほうれん草

    もうすぐ桜の開花ですね。 こちらはほうれん草の発芽です。 夜にはビニールトンネルで、 種まきから一週間位で発芽しました。 とても小さいので、やっとカメラに治まりました。 この写真だけでは、ほうれん草とは思えませんね。 そこで、 お隣を見ると・・・ このほうれん草、 四ヶ月かけてしっかり株を張っていて、 たっぷりと栄養が詰まっていると思います。 さあ、魔法の筆さんは どう伝えてくれるのでしょうか?

  • これも山の恵み・・ヒノキ林

    みなさん  こんにちは 先日の”薪割り”、みなさんは割れた気分になれましたか? 昨日も割っていたんですが、 気合が入っていないとうまくいきませんね。 さてさて今日のテーマは、 ヒノキ林です。 夏になると涼しい風を運んでくれますし、 真夏になったら、木陰での昼寝が楽しみです。 今の時期には、 枝が混み合っってくると間伐したり、 また木目の通った柱になるように下枝を切ってやります。 枝打ちとよばれてい

  • 春の陽気に誘われて、競争しながらこんにちは

    春の陽気が漂うこの頃、ダイコンが発芽しました。 といっても、ビニールトンネルの中です。 先日は雪がぱらつく寒い一日でしたが、 競争しているように発芽していました。 拡大写真を見るとまるで多肉植物っぽいですね。 魔法の筆さんは、どう描いてくれるかな? やがて、 発芽した3~4本のうちのどれかが、 こんな風に元気に育ってくれることを願っています。 ※この写真は11月に紹介しているので、おなじみですね。

  • レタス感覚で、いただきます~

    みなさん  こんにちは これ、キャベツです。 ネットで守られたキャベツの出荷をしています。 何枚かの葉を取り除くと、 ほらっ レタスみたいでしょう。 中心部はくるくるっと丸めて、 マヨネーズとしょうゆのミクスで パクっ・っ・っと・・・ サクッとくる柔らかい歯ごたえと、 本来の甘さがこれです。 みなさんにお伝えできないのが残念。 牛ふん堆肥、ネット張りと、 一般栽培には負けないと自負していますが、

  • 驚き!! 眼球の中に、ポリエチレン膜を

    正しくは、  眼の奥深いところにあり光を感じる膜、 そう、網膜ですが、 その網膜に、 特殊なポリエチレン製の人工網膜を挿入する。 すると、網膜で感じた光を電気信号に置き換えて、 網膜の中の視細胞からその信号を脳に伝えることができる。 つまり、ほんの僅かでも視細胞が機能していれば、 視力を失った人の視覚が再建できることになる。 これが岡山大学方式の視覚再建プロゼクトです。 これは先日開催された「アイ

  • 体の隅々に広がる甘さ

     冬季の大仕事も大詰めになりました。 残すところ、あと3割弱。 そう、山芝刈り&運搬です。 自然の恵みを役立てたい。 命綱も必要な所もあって、 寒い時期でも汗がうっすら。 毎日のようにコツコツと。 色々な方々の声援を頂きました。 そんなある日のこと、宅配便で差し入れ。 これは”ドラ焼き”かな? ほかにも色々入っている。 Lunaさんからの差し入れだ。 山仕事の一息、 その体の隅々まで行き渡る甘さ。

  • 慣れない地でも、やっとここまで

     津山だんから届いたエールは シキビの苗木 そう、一年前のブログですね。 送られてきた時の親葉は、 あれよあれよという間に落葉しました。 親元の土地はとってもふっくらした 柔らかいところでした。 落葉は、環境が急に厳しくなっって、 驚いたのかな? そして、ゆっくり、ゆっくり芽が出てきました。 もうすっかり大きくなっているだようなと 思いきや、 アレッ まだこんな感じ? これでも、 夏の乾燥やイノシ

  • 今でもチクッと思う、二階のダンボール箱

     おひな様シーズン到来 おだいり様とおひな様、二人並んで・・・ 女の子のいらっしゃるご家庭ではお楽しみですね。 わが家にも娘がいますが、飾ってやれなかった。 借家で狭かったというのは言い訳。 飾ったのは一シーズンだけだったと思う。 実家には立派なおひな様が眠ったまま。 今でも二階にある大きなダンボールの中に 納まっています。 飾ってやれなかった思いは 今でもこの時期になると、チクッと。 でも、この

  • 自然は友達、芝刈りは一石二鳥かな

    冬は芝刈り、その芝をブドウ畑や野菜畑に運びます。 急な斜面の芝刈りは大変ですが、 わが家のブドウ畑にはこの芝が 毎年、50年以上続けています。 「美味しい」、「日持ちがする」と言ってくださる お客様の期待に応えたい。 その思いがあるから続けられます。 この芝刈りで、わが家の周りは広い庭が出現します。 春先には小鳥のさえずりと、ワラビ、竹の子、山野草 夏には、爽やかな風が吹き抜けます。 そして秋は恵

  • お正月(旧暦)は手打ち蕎麦で

    今年の旧暦のお正月は1月28日。 義兄の手打ちそばです。 一切水を使わず、長芋と卵だけで練り込む 本格的な日本そばです。 真夏の日差しの中で種まきし、 台風10号の豪風に耐え、 やっと収穫期を迎えたあのソバです。 さらに収穫時は、 手かまでそろそろ刈り取り、 脱穀機はストライキ。 叩きつけて脱穀した、 思い出深いソバが、 今、手打ちそばに変身です。 こね始めてしばらくすると、 プ~ンと、そばの香り

  • お礼の気持ちが、オリーブオイルに変わった

    えっ・・ 何のこと? そう、解るはずないです。 実は新年になってからのこと、 3メートルくらいの高所から落下しましたが、無傷。 幸運でした。 あと10センチ高かったら寝たきりになっていたかもと 良かったねコメントもいただきました。 私としても、何か形に変えてお礼をしないとと、 向かった先はおなじみの献血ルームです。 そこでいたただいたものが、 このオリーブオイルです。 あ~、ごめんなさい 結論まで

  • ☃は関係ないの?  メジロさん

    庭は雪で真っ白。 いつもながらの庭先ですが、 雪は関係ないよ・・っとメジロさん。 2羽見つけた!! いい人、見つけたのかな? CDカメラでやっと捉えました。 色々な表情 飽きませんね。 いつもご訪問、ありがとうございます。

  • 今時に大掃除?

    ちょっと寒いのは当たり前。 新年そうそうの大掃除が始まりました。 ガタッ、ゴトッと・・・・ これは何でしょう? どこにあったのだろう~ まるでクイズみたいですね・・・・・ ああ、ここか なんと、冷蔵庫の密封のためのパッキンだ。 引き出しから、ここまで分解して掃除とは そう、今月から子供(長男)が一人立ちします。 大型冷蔵庫は、かつて倉敷で愛用していたもの。 ここまで分解すると、6枚ドアの大型冷蔵庫

  • 豊作祈願の雪景色

    各地で雪の便りです。 厳しい冷え込みは今日までということですが、 そんなに悠長ではないよ・・・と そうですね。寒いし、スリップも ここ、瀬戸内地域は雪が積もるとしてもわずかです。 だから、雪を見て初めて 「チェーンが無い・・・」など 備えが十分できていないからトラブルも多いです。 でも、田舎では寒くないと害虫は減らないし、 土も力強くならない だから、豊作祈願の雪です。 家の中絵は、薪ストーブがの

  • 榊 新年の神様へのお供え

     新しい年の始まりに、新年の神様にオお供えする 榊 (さかき) よく見ると、先端の勢いのいい葉は勇壮ですね。 今年は控えめにお供えしましたが、 来年こそは豪勢にと、しっかり採光できるように お手入れです。 ←側は竹やぶです。生えてくる竹はカットしました。 たくさんあるからと言って、 あまりにもお供えが多いとと、 居場所が無くなるかな。 榊の木は30メートル位の長~い一直線に これなら十分光線が入り

  • 体は覚えてた

    久しぶりに泳いできました。 泳ぎ方、体は覚えているんですね。 以前、倉敷に住んでいたときには、週に二回くらい 通っていたんですよ。 その頃は、水深170センチのプールは 宇宙遊泳の気分でした。 それから、時は流れて~ 前回泳いだのは昨年の7月以来のことですが、 腰痛のため、体をゆっくり動かすだけでした。 壁を蹴ったものの、どうだったかな~と・・ とりあえず腕をぐいと伸ばして、 すると、ス~と進みま

  • 自然の甘~い贈り物・・・白ネギ

    新年第一号は、白ネギです。 鍋物ではとろける甘さ。 そのまま焼くのもいい 美味しそうでしょう。 魔法の筆さんは、どんな感じに描くのか楽しみです。 風邪の予防にも良いとか。 種まきしたのは5月30日だから、 七ヶ月チョイです。 ゆっくり育ちます。 成長に合わせて、次ぐ次と土や落ち葉、籾殻などを ドンドン添えていくと、 真っ白で、太くなっていきます。 両手でそっと持ち上げたくなります。 この深さは60

1 2 3 4 5