• なのにあなたは京都へ行くの・・・・

    しばらくブログを更新していませんでした。 このひと月くらいの間に、京都へ5~6回行ってました。 書き綴ることが多すぎて、ブログを更新する気にならないという、 不思議な症状をきたしておりました。 それは今でも継続中なのですが・・・ 神社仏閣を巡ることを趣味としていると、京都を訪れることは避けて通れないことなのですが、なぜか京都に足を運ぶことを躊躇っていたのです。 交通の便は悪いし、拝観料はかかるし、

  • 東大阪市内神社 - じゃらん旅行記 / Shrines in Higashi-osaka

    東大阪市内の神社です。訪れた東大阪市内神社の写真と内容を「じゃらん旅行記」へアップしたものです。 「じゃらん旅行記」http://www.jalan.net/user/AGJ0012561JGI/mypage/?screenId=OUW2521 ☟こちらは、八尾市内の神社です。 #じゃらん #じゃらんネット #じゃらん #観光 #観光スポット #神社 #社寺仏閣 #絶景 #muragon #Sak

  • 息栖神社

    茨城県神栖市息栖2882 息栖神社にお参りしてきました。 息栖神社は、茨城県神栖市息栖の利根川河口近くにある神社です。 国史見在社で、旧社格は県社でした。 茨城県鹿嶋市の鹿島神宮、千葉県香取市の香取神宮とともに東国三社の一社で、主祭神は、久那戸神(岐神)です。 第15代応神天皇の代に日川の地(にっかわ:現・神栖市日川)に創建されたといういます。 その後大同2年(807年)4月13日、藤原内麻呂によ

  • 【正圓寺】(しょうえんじ)大阪市阿倍野区

                       【正圓寺】(しょうえんじ)は、大阪市阿倍野区にある仏教寺院。                                                    通称「天下茶屋の聖天さん」。 天慶2年(939年)光道和尚により開基。当時は、現在地より東に500mのところにあった般若山阿部寺の一坊でしたが、元禄時代(1688年-1703年)に義道見明和尚が寺を

  • 【御劔神社】(みつるぎじんじゃ )八尾市刑部

    【御劔神社】(みつるぎじんじゃ )八尾市刑部 由緒について;此の地、古くは河内國若江郡刑部郷と言い訓を聞けば刑部は、備中國賀夜郡、伊勢國三重郡等の刑部郷の例により於佐加倍と読むべしと伝えられその遺構であると言われている。  第十九代允恭天皇が皇后の忍坂大中女命の御名代として定められた民部であり、御名代部として奉仕した後にこのオサカベの民部が刑部(ウタエ)の職に奉仕したので、記紀では刑部とされている

  • 【鐸比古大神】(ぬでひこだいじん)大阪府柏原市

     【鐸比古大神】(ぬでひこだいじん)大阪府柏原市 この神社をお参りするのは命がけです。大阪府柏原市の標高278mの高尾山の山頂付近にあります。高尾山へ登るには「鐸比古鐸比売神社」の参道石段下の道を右(南)へ進んだ先(トイレ前)から山に入るハイキング道があります。(案内板が立っています。)そのハイキング道を30分ほど登ると舗装道路(2車線道路)に出ます。舗装道路を左(西)へ少し進んだ左に赤く塗られた

  • 【住吉平田神社】(すみよしひらたじんじゃ) 四條畷市

    【住吉平田神社】(すみよしひらたじんじゃ) 四條畷市 四条畷駅を降りて道路に立つ白く大きな鳥居をくぐり、山の方を目指して真っ直ぐの坂を上った所にある四条畷神社の参道階段手前から北へ5分程歩くと、【住吉平田神社】へ着きます。 この神社の創建は『神社由緒記』には「平安初期の寛平・延喜年間(889~923年)の頃、飯盛の麓に鎮座したとあるが、往昔のことは不詳である」としている。 1815年(文化12年)

  • 【天児屋根大神・比売大神・斎主大神・武甕槌大神】東大阪市上四条町

    天児屋根命(あめのこやね) 比売大神(ひめのおおかみ) 武甕槌神(たけみかづち) 斎主神/伊波比主神(いわいぬし) ※[別称]経津主神(ふつぬし)  東大阪市上四条町、四条小学校の西側、駐車場のところに社があります。この社の前の看板に、「この社には天児屋根大神(旧氏神)、 比売大神・斎主大神、武甕槌大神(経津主神)の四柱の神様が祀られています。」と書かれています。由緒等、詳細は不明です。鳥居はなく

  • 【信貴山 奥の院】 (しぎさん おくのいん) 奈良県生駒郡

    【信貴山 奥の院】 (しぎさん おくのいん) 米尾山福蔵寺。本尊は毘沙門天立像で、「汗かき毘沙門天」とよばれます。聖徳太子が排仏派の、物部守屋征伐に出陣した際、毘沙門天が太子軍の先頭に立って汗まみれになりつつ戦い、その活躍により勝利することができたといわれています。珍しい深沙大将立像も秘仏として祀られています。境内の奥には炭化して黒くなった「焼米」の出土地があり、厄除けのお守りに珍重されています。

  • 【松乃木大明神】(まつのきだいみょうじん)大阪市西成区

    【松乃木大明神】(まつのきだいみょうじん)大阪市西成区 じゃんじゃん横丁のアーケードを「飛田遊廓」の方角へ歩いていきます。スーパー玉手が右側に見えたらそこを右に曲がります。鳥居が見えたら、そこが【松乃木大明神】です。 明治34年(1901年)当時三味線の原料になっていた猫の供養のために立てられた神社。 ここは袋小路になってるので帰りは、元来た道を戻るしか方法はないです。また、この周辺は昼間でも違法

  • 書籍:「幸せの国の幸せの子供の話~日本神話」

    神社が好きで関西圏を中心に回っていますが、やはり、祭神を「須佐之男命」とする神社や神社名を「素戔嗚神社」とするところが多いです。 基礎から勉強しようと図書館でこの本を借りてきました。簡単な方がいいと思い表紙を見て選びましたが、内容はハイレベルです。子供に渡して読ませるのではなく、親がしっかり理解して子供に読みきかせをする本のようです。借りた本ですが、定価500円なので買ってもいいかなぁと思う本です

  • 奈良西の京斑鳩自転車道サイクリング②

    12月8日 サイクリング 八尾市内→柏原市→王子→法隆寺→郡山→西の京(奈良西の京斑鳩自転車道) (往復約7時間半。休憩30分含む。) ①藤ノ木古墳②斑鳩神社③法輪寺④素戔嗚神社?⑤不動院 ⑥西岳禅院⑦吉田神社⑧郡山八幡神社⑨柳澤神社⑩郡山城址 ⑪植規八幡宮⑫孫太郎稲荷神社⑬薬師寺⑭唐招提寺 ⑮四波天神社⑯養天満神社⑰葛上神社⑱八幡神社⑲霊山寺 ⑳竜田神社 (尚、⑬薬師寺、⑭唐招提寺、⑲霊山寺につ

  • 奈良西の京斑鳩自転車道サイクリング①

    12月8日 サイクリング 八尾市内→柏原市→王子→法隆寺→郡山→西の京(奈良西の京斑鳩自転車道) (往復約7時間半。休憩30分含む。) ①藤ノ木古墳②斑鳩神社③法輪寺④素戔嗚神社?⑤不動院 ⑥西岳禅院⑦吉田神社⑧郡山八幡神社⑨柳澤神社⑩郡山城址 ⑪植規八幡宮⑫孫太郎稲荷神社⑬薬師寺⑭唐招提寺 ⑮四波天神社⑯養天満神社⑰葛上神社⑱八幡神社⑲霊山寺 ⑳竜田神社 (尚、⑬薬師寺、⑭唐招提寺、⑲霊山寺につ

  • 【弓削道鏡と八尾市】

    【弓削道鏡と八尾市】 弓削道鏡(ゆげのどうきょう、?~772年)は奈良時代の高僧で、八尾市南部を拠点にしていた豪族・弓削(ゆげ)氏の出身です。「弓削(ゆげ)」という文字は、今も八尾市の地名に残っています。  弓削道鏡(ゆげのどうきょう)は、宮中での看病に功績があったとして称徳天皇(718年~770年)からの信任が厚く、太政大臣禅師、法王と次々と重要なポストを務めたといわれています。  称徳天皇は、

  • 【 白龍大神】(はくりゅうおおかみ)東大阪市

    【 白龍大神】(はくりゅうおおかみ)東大阪市 この小さな社を見つけるのは苦労します。電車で行く場合は、近鉄布施駅の南口で降り、本町通り商店街(フラワーロードほんまち)方へ進みます。そのアーケードの入口の前、近鉄電車の高架とお店の隙間の路地にその社はひっそりと鎮座しています。この社の前にはいつも自転車やバイク等がとめてあり、さらに電柱がありますので、よく見ないと見過ごしてしまいます。由緒等は不明です

  • 【臍の王神社】(へそのおうじんじゃ)大東市野崎

    【臍の王神社】(へそのおうじんじゃ)大東市野崎 この【臍の王神社】(へそのおうじんじゃ)は、大阪府大東市野崎4丁目6−1 の「四条南小学校」の東150m程辺りの小さな山の上に鎮座しています。臍の緒を祀り、安産・家内安全・夫婦和合・子孫繁栄を祈願する神社です。コンクリート製の鳥居をくぐって草木が茂った急な坂を登っていきます。2,3分で薄暗い山の中にまたコンクリート製の鳥居が見えてきます。 看板には、

  • 【三郷橋稲荷神社】(さんごうばしいなりじんじゃ)大阪市城東区

    【三郷橋稲荷神社】(さんごうばしいなりじんじゃ)大阪市城東区  この神社は住宅地の道沿いに鎮座しています。狭い掲載です。小さい社の上部には小さい赤い鳥居が取り付けられています。それには 御祭神と思われる「白瀧大明神、 岩國大明神、福丸大明神」と書かれています。 この神社外に角のところに、石碑と看板があります。石標からは大阪冬の陣で、佐竹義宣、上杉景勝が、木村重成、後藤基次と戦い激戦地だった事がわか

  • 【住吉神社】(すみよしじんじゃ)大東市

    大東市の浜町に【住吉神社】(すみよしじんじゃ)が鎮座しています。住道駅北口の川に向かい寝屋川と恩智川合流地点の内側にあり、現在は死角になって気付きにくい所にあります。住吉神社  ~「住道」地名の由来~ 舟運送が盛んであった頃、寝屋川と恩智川が合流するこの地は、角堂浜と呼ばれ、 大阪と北河内大和の荷物が一手に集まり、野崎まいりや生駒宝山寺への社寺参詣にも舟が利用されたので、 大いに賑わっていた。 舟

  • 【正体不明の稲荷神社】 大阪府柏原市雁多尾畑

    大阪府柏原市雁多尾畑に鎮座する【正体不明の稲荷神社】です。農業公園「信貴山のどか村」の近く、大阪府と奈良県の県境に位置します。廃墟の感じですが、お供えものが新しく、この稲荷神社は管理されているようです。鳥居には「布施・・商店」と書かれています。この神社がある交差点は大阪府と奈良県の県境に位置します。左へ行くと「信貴山のどか村」です。また、交差点から道を歩いて下っていくと20分くらいで信貴山南畑を経

  • 【権太夫大神】(ごんだゆうだいじん)大阪市東成区

    民家の玄関前に祀られる【権太夫大神】(ごんだゆうだいじん)です。白い垣根で囲まれており、木もよく茂っておりちょっと見ただけでは気が付かず通り過ぎてしまうと思います。戸は閉まっていて中へ入ることはできませんでしたが、小さい社があり、赤い鳥居には、【権太夫大神】と書かれています。由緒等は不明です。 場所:大阪府大阪市東成区大今里

1 ... 31 32 33 34 35 ... 37