• 運命の女26 番外編(司2)

    俺は、懸命に働いた、、、 飛ぶ鳥お茶を濁さずってとこさ、、、 (いや、発つ鳥、跡を、でしょ!) Tカンパニーという子会社を立ち上げ、信頼の置ける部下を徐々に集めていった、、、 業務は、介護関連用品で、介護ベッド、トイレ、車椅子、障がい者用車両、障がい者用自転車、義手、義足、杖等、、、 バリアフリーのリフォームも手掛けた、、、 外部からの雇用は、働きたくても働く場のない障がい者を主に雇用した、、、

  • 運命の女25 番外編(司)

    俺は記憶を取り戻した、、、 ババアの管理が届かないあきら系列の施設で、、、 古代魔術まで駆使して、、、 何としても思い出さねばならなかった、、、 ババア達に植え付けられた歪められた記憶ではなく、俺が、牧野に仕出かした本当のことを、、、 辛いはずと覚悟をしていたつもりだったが、、、 俺の覚悟なんて何の役にも立たなかった、、、 取り戻した記憶に苦しめられ、飲まず食わずじゃなく、飲めず食えず、なのに吐い

  • 運命の女24(完)

    つくしは、子供を産んで、益々綺麗さに磨きがかかった、、、 つくしを一目見た途端、雷に打たれたみたいになっちゃう男が、わらわら、、、 平成の光源氏と言われるあの総二郎でさえ、つくしに会う度に言葉もなく見惚れるって、どんだけぇ!?、、 あっ、俺、ニューハーフじゃないよ、分かってるだろうけど、、、 TVで流行ってる言葉を使うと、つくしが可愛く笑うから、使ってるんだ♪ つくしが俺をTVっ子って言うけど、俺

  • 運命の女23

    時間を遡って、、、 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 総二郎はじめ西門一門の音頭の下、婚約、結婚、妊娠発表が行われた、、、 ただし、つくしと俺はフランスで、、 司の母ちゃんがいる日本では、つくしに万が一のこともあるからね、、、 美作あきら&大河原滋、西門純一郎&松岡優希、一條忠臣&三條桜子は、日本のメープルで、、 二元中継ながら、それはそれはお祭り男の面目躍如! 賑々しくも粛々と、、とは

  • 運命の女22

    「ふっ、何故、皆、あの溝鼠に誑かされるの!? あの貧弱な体では、男を満足させるのも無理でしょうし、、 あんな女のどこがいいのか、、、」 「気を付けろと、俺、今言ったよな!? 牧野を貶めるなら、俺も黙ってねえぞ! まあ、あんたには、牧野の素晴らしさは、到底理解できないだろうよ! あんたは、どんなに逆立ちしたって、牧野に敵わない、、 あんたは、本能的に牧野を怖れて、排除しようとしてるんだろうが、、、

  • 運命の女21

    司が、先ず手掛けたのは、母親から独立することだった、、、 周到に準備し、一見ただの子会社を設立、、、 実は司自身が最も信用できる部下達を集めた会社だった、、、 道明寺を継ぐのは、俺ではなくても他にいくらでもいる、、、 相応しい奴が現れるまでは、道明寺コーポレーションを守っていくが、その後は独立して、俺は俺のやり方でやる! いつでも道明寺コーポレーションから切り離せるように、用心深く会社を育て上げた

  • 運命の女20

    司は、失った記憶を、苦いだけの記憶を思い出すべく、美作系列の病院で治療を受けた、、、 ありとあらゆる治療を、古代書物まで引っ張り出して、考えうる全ての治療を受け入れた、、、 そして、遂に、時が来る、、、 悲哀に満ちた残酷な時が、、、 余りに受け入れ難い記憶に、司の体は悲鳴を上げ、血ヘドを吐き、床に臥した、、、 そんな司を常に支え、励まし続けたF2、、、 やがて事実を潔く受け入れ、立ち上がる司、、、

  • 運命の女19

    つくしと司、つくしと類の物語り、、、 激しくも哀しく砕け散った恋物語り、、、 静かな激しさで、力強く燃え続けている愛の物語り、、、 「うォォ~! 、、、 そんな!! 、、、 つくし~、、、ぉォォ~!! 俺、俺が、、、つくし~、、、 うぅ、、、つくしィ~、、、」 「「・・・・・」」 「・・・なぁ、全て終わってしまったことだ、、、 牧野も既に前を向いて進んでいる、、、 お前も、故意に歪められた情報に振

  • 運命の女18

    程よい明るさの照明の下、手慣れた様子でカクテルを作るあきら、、、 「よっ♪ 来たな、司♪」 「お前、日本に帰ってるなら、連絡くらいしろよ!」 「あ!? 俺様はお前らと違って忙しいんだよ!」 「司の母ちゃん、類の会社に手を出して相当痛い目にあったらしいが、司、お前も絡んでんのか?」 「ふん! すぐに挽回して、次は上手くやるさ!」 「司、お前な、今の類を侮ってると、お前達のほうが潰されるぞ! あいつは

  • 運命の女17

    楽しいお茶会に、話が弾み、、、 「でね! つくし~、滋ちゃん、あきら君に内緒で来ちゃったんだ~ 少しは淋しがってくれるかな~」 「優希さんは、純一郎さんには?」 「はい、ちゃんと話してきました。 淋しいけど行っておいでって〃〃〃」 「純一郎さん、流石、優しくて大人だよね~、いいなあ~ で、そこのイチャイチャの二人は放っといて、、、 桜子、あんたはどうなってるの?」 「ふふ、私も其なりに、、、」 「

  • 運命の女16

    「あっあぁ~ん、あぁぁぁ、、、」 「もっと啼いて、つくし♪ お前の啼き声が堪らないんだ! あんまりいい声で啼くから、俺、何度でもヤリたくなる♪ そんな声、他の奴に聞かせちゃダメだよ♪」 「ぁあっ! あぁっ、類、類~」 「可愛い、つくし、可愛いい♪ ごめん、今晩も寝かしてあげられない!」 「ん、いや、、ダメ、、ぁぁぁいぃぃぃ!、、」 「ほら、俺の掴んで♪ つくしのせいで、またこんなになっちゃったよ♪

  • 運命の女15

    「ねえ、あの調子じゃ、つくし、今晩寝かせてもらえないね!〃〃〃」 「明日は 花沢さんも仕事も大学もお休みですしね♪」 「じゃ、明日は朝寝坊ってことで、今夜は飲もう飲もう♪ 」 「滋さん、今夜も、、でしょ!?」 「アハハ、、それより、つくしって、そんなに何度も危険な目に?」 「全部、魔女がらみの事件でした、、、 ただ、大事に至らなかったは、花沢のお祖父様が密かにつけていたSPのお陰です、、、」 「元

  • 運命の女14

    この甘い、甘過ぎな二人と、この情景に慣れているらしいお祖父様と、賑やかで心温まる食事、、、 「やっぱり、つくしと食べると一層美味しく感じる、、、 いつも一緒に食べたいな♪ 滋ちゃん、しばらくお泊まりしようっかな♪」 テーブルの下で桜子に蹴られて類を見ると、《早く帰れ、邪魔するな》ビームが突き刺さってきて、慌てて黙々と食べ始める滋、、、 食後のティータイム、、、 「さて、年寄りはそろそろ退散するかの

  • 運命の女13

    「つくしは、俺が守るから、余計なことは話さないでよ!」 「る、類~♪〃〃〃 お祖父様も、お帰りなさい~♪ お仕事、早く終わったの?」 「ん! つくしの友達が来てるって聞いて、早く片付けて帰ってきた、、、 でも本当は、つくしに早く会いたかったから♪」 チュッ、、 〃〃〃〃〃〃 「花沢さん、お邪魔してます。 大学とお仕事、良く続いてらっしゃいますね、 やっぱり、先輩の愛の成せる技ですか?」 「そっ、つ

  • 運命の女12

    「つくし~♪ 会いたかったよ~~」 ギュェ~〃〃〃 「ハイハイ、滋さん、そこら辺で先輩を離してあげてくださいな! ところで、先輩! 酷いですね、私達に放置プレイですか!?」 「滋さん、桜子、ご無沙汰してごめんなさい、、、 見捨てずに訪ねて来てくれて、ありがとう♪」 満面の微笑みのつくし、、、 「もう、そんな先輩の笑顔を見せられたら、怒れませんわ♪ 優希さんも 拉致してお連れしましたので、ちゃんと私

  • 運命の女11

    「花沢さん、そろそろ事実をお話しになったらいかがですか? 先輩の無防備さは犯罪級です! 事実を知って頂き、自ら警戒心を持って頂いた方が、警備上も宜しいんでは? 花沢さんが、先輩を真綿にくるんで大切になさってらっしゃるのは、重々承知しておりますが、、、」 「ふっ、、あんたの情報網も流石だね♪ 相手がまたぞろ動き出したってところだよね!? ・・・そうだね、今後のこともあるから、そろそろ話しておこうか、

  • 運命の女10

    「F3の皆様にお叱りを受けるのを覚悟でお話しします、、、 特に先輩の危機管理能力を何とかして頂きたいので、、、」 「つくしは、俺が守るから、余計なことは話さないでよ!」 「る、類~♪〃〃〃 お祖父様も、お帰りなさい~♪ お仕事、早く終わったの?」 「ん! つくしの友達が来てるって聞いて、早く片付けて帰ってきた、、、 本当は、つくしに早く会いたかったから♪」 チュッ、、 〃〃〃〃〃〃 「花沢さん、お

  • 運命の女9

    「つくし~♪ 会いたかったよ~~」 ギュェ~〃〃〃 「ハイハイ、滋さん、そこら辺で先輩を離してあげてくださいな! ところで、先輩! 酷いですね、私達に放置プレイですか!?」 「滋さん、桜子、ご無沙汰してごめんなさい、、、 見捨てずに訪ねて来てくれて、ありがとう♪」 満面の微笑みのつくし、、、 「もう、そんな先輩の笑顔を見せられたら、怒れませんわ♪ 優希さんも 拉致してお連れしましたので、ちゃんと私

  • 運命の女8

    「ところで、類はどうしてるんだ? 俺が、NYで司の様子を調べている間に、何が起こったんだ?」 「類は、あれから、すぐフランスに留学したよ! 類の爺さんは、元々、二重国籍で、ヨーロッパのA国の首相だったろう? 類の両親が事故で亡くなった時、A国は政変の最中で、類を呼び寄せることも、爺さんが日本に帰国することも出来なくて、、、 政変を治め、任期を全うして爺さんが帰国した時には、類は、無口無関心無愛想の

  • 運命の女7

    「よっ、あきら、お帰り♪」 「司は、あれからすぐNYに連れて行かれたらしいぜ、、、」 「んで、あの海って女とは、どうなったんだ?」 「ジェットに乗せて、NYまでは一緒に行ったって、、、 けど、邸には入れてもらえず、即、帰国させられたらしい、、、」 「さぞかし、司は、暴れたろうな!?」 「ああ、ジェットの中で暴れられたら困るから、一緒に乗せたんだろうな、、、」 「じゃ、海ちゃんはNYに着くまでの餌だ

1 2