• 朝の集い インドハッカ

    スズメやハトと同じくらい たくさんいるインドハッカ(英名:Common Myna)。 インドハッカの行動を見ていると、人間のよう(^o^) 毎朝、彼らはグループごとに朝礼があるようです。 4~6羽くらいのグループで集まり、向き合って朝の挨拶。 「おはようございます」 頭を下げて”お辞儀”をします。 「ご機嫌いかがですか?」「今朝は少し冷えますね」 ひとしきり喋った後、みんなで朝食へ出かけます。 夕

  • スズメの砂浴び ‐ワイキキビーチ

    ハワイの海は青くてキレイ。 毎日見ていますが、見飽きることがなく癒されます(*´▽`*) 風景画の取材にコンパクトカメラを持って出かけたのですが、 気になるのは鳥さん♡(^-^; 沖の岩場にスズメ。 岩についた何かを食べていました。 カニを見ているスズメさんも↓ また、ビーチで砂浴びをするスズメさんがいました。 顎が黒くないのでメスです。 小さいくぼみにハマって 羽をバサバサ 顔から突っ込んだり

  • ムナグロ(コーレア)- Weekly Banner

    私は、ハワイに住む野鳥写真のSNSグループ「Hawaii Bird Lovers」に所属していて 時々撮影した写真を投稿します。 先日撮影したムナグロ(コーレア)の写真を投稿したところ グループの表紙を飾る今週のWeekly Bannerに選ばれました(^o^)丿 これです↓ 前にも1度Weekly Bannerに選ばれたことがあり、これで2回目です(#^^#) グループ名は変わり、メンバー数は約

  • カピオラニ公園の鳥たち

    カピオラニ公園の鳥たち。 人気者、コウカンチョウ。 赤い頭が印象的ですが、声もとても綺麗。 モフモフ。羽繕い。 木の断面に小さな穴を発見。 たくさんの蜂が出たり入ったり。 蜂の穴のすぐ近くに鳩の巣がありました。 ヤシの木の葉の隙間から赤いお尻。 シリアカヒヨドリ。 シリアカヒヨドリはインドハッカよりずっとおとなしい性格。 可愛い声で鳴きます。 ================ OharuArt P

  • コーレア(ムナグロ)の旅支度

    コーレア(ムナグロ)の胸が黒くなりました。 胸の黒いコーレアを見ると「旅立ちが近いなぁ」と感じます。 昨年10月に撮影したコーレアは胸が黒くありません↓ 彼らは4月下旬頃、ハワイからアラスカへ、グループを作って約4000キロを2~3日ノンストップで海を渡って行き、繁殖し、8月頃にハワイに戻ってきます。 長距離を飛ぶために3~4月は特にたくさん食べて太りますが、 アラスカに到着した時には体重は半分に

  • カピオラニ公園トワイライト野鳥観察

    夕方、カピオラニ公園へ野鳥観察に出かけました。 夕日が鳥たちを照らします。 インドハッカ(Common myna)↓ 夕方は特に、仲間同士で喧嘩している姿をよく見ます(´・_・`) オナガカエデチョウ(Common waxbill)↓ 群れで地面に降りて草の種を食べています。 チョウショウバト(Zebra dove)↓ 風が吹いて少し寒く、羽を膨らませています。 もう眠る時間かな。 ワカケホンセイ

  • シロアジサシの飛行訓練

    飛ぶシロアジサシを見ていると、2羽か3羽で飛んでいることが多いです。 2羽の場合は、オスとメスのつがい。 3羽の場合は、両親と子供。 シロアジサシは、1組で1つの卵を産み育てるので子供の数は常に1羽です。 3羽で飛んでいるのをよく見ると、 1羽だけ体が小さかったり、飛ぶのが上手くなかったりして、 子供であることが分かります。 ↓上から2羽目が体が小さいので子供。親の飛ぶ姿を見ています(*^-^*)

  • 野鳥ブンチョウ

    カピオラニ公園の文鳥さん。 地面に降りて草の種を食べているのをよく見かけます。 ピンク色のくちばしが目立って、カワイイ( *´艸`) 注意して探すと、木の枝に止まっている文鳥さんも見つけることができます。 モンキーポッドに 仲良しの つがいを発見。 ぴったりと寄り添って、お互いにグルーミング♡ 広い公園。そんなにくっつかなくても(^-^; 「下に人間がいるね」「私たちを見てるね」 「あっちで物音が

  • 画展 2点入展(水彩画・アクリル画)

    来月ホノルルで開催される画展に私の絵2点が入展しました。 黄色いキマユカナリアと赤いアイラインのオナガカエデチョウが フェンスにとまって草の種を食べている様子を水彩で描いた 「Birds on The Fence」 モンキーポッドのお花をついばむワカケホンセイインコのつがいをアクリルで描いた 「Sweet  Monkeypod」 「Birds on The Fence」は、ブログ読者の方々に”お好

  • イオラニ宮殿散策 カタツムリ、シロアジサシ

    早朝のイオラニ宮殿散策です。 太陽が低いので、ヤシの木の影も長~く伸びています。 芝生の真ん中にゴルフボール? 見渡すと他にもありました。 良く見るとマッシュルーム (・ω・ノ)ノ 巨大カタツムリもいました。 どのくらい巨大かと言うと... 足との比較でごめんなさいm(_ _)m このカタツムリはアフリカマイマイ。 大きなものでは体長20㎝まで成長するそうです。 寄生虫がいて、手で触れると人の体内

  • アマサギ クローズアップ

    アマサギ(英名Cattle Egret)の群れを見つけました(^o^) 牛がいる場所では牛の後をついて歩き、 地面に隠れている虫達が跳ね上がるのを見つけて食べますが 牛がいない場所では、草刈り機の後をついて歩きます。 牛も草刈り機も無い場所では、自分で虫を見つけます。 害虫駆除の役目も果たします。 捕まえた! 小さい虫なので、たくさん食べる必要があり四六時中、餌探しをしています。 トカゲやムカデを

  • メジロとアメリカデイゴ/KCC

    カピオラニ コミュニテー カレッジのキャンパスに赤いお花が咲いていました。 背丈より少し高いくらいの低木。アメリカデイゴ(Erythrina crista-galli)。 お花の先端をメジロがチョロチョロと動き回って餌を探していました。 お花の蜜と言うよりも、お花のまわりについている虫を探しているよう。 お花もメジロも美しい☆( ˘ω˘ )☆ Hello~ Hello~ =============

  • ワカケとヤシの木/ワイキキ

    公園を歩いていると、上の方から誰かが木を齧っている音が聞こえてきました。 見上げると、木のクズが降ってきました(o_o)。 角度を変えてみると動く影が... ワカケホンセイインコ! ヤシの木の古い葉をカットした断面あたりを齧っていました。 何か食べるものがあるのか、木を齧っているだけなのか...(´ー`)? シロアジサシがこういう場所に卵を産んでいるのを見たことがあるので ワカケホンセイインコも巣

  • アフリカンチューリップとシリアカヒヨドリ

    アフリカンチューリップが満開です。 お花はチューリップのような形になっていて、 中に水が溜まっているのを鳥たちが飲みに来ます。 シリアカヒヨドリ。 大きなお花に首をつっこんで... 胸に花粉が付いてしまいました(*´▽`*) こうして、花粉を別の場所に受粉させる役割も果たす鳥達。 口の周りに髭のように生えた剛毛が見えます。 シリアカヒヨドリ。 名前の通り、尾羽の下の付け根の部分が赤いです。 ===

  • 朝焼けのキンノジコ

    長い間、寒くて雨が多い日が続いていて、野鳥観察が出来ていなかったのですが 今日は久しぶりに快晴。 日の出と同時にカメラを持って野鳥観察に出かけました。 朝焼けに染まる黄色い2羽を発見! キンノジコ。 朝ごはん中です。 かわいい♡ キンノジコは、この紫色の小さなお花が咲く草が好き。 近づいてもあまり逃げません。 連れて帰りたいくらいに かわいい♡ 日本ではペットとして1~2万円で販売されているようで

  • アカアシカツオドリ

    マカプウ岬トレイルで会った鳥達。 最初はオオグンカンドリ。 飛ぶの早過ぎ~。 カメラ間に合わず(~_~) また、白い海鳥が2~5羽くらいのグループをつくり、 たくさんのグループが岬の周辺を飛び交っていました。 Vの字。 1列。 3羽。 よく見ると、嘴の色が真ん中の鳥だけ黄色っぽく、両端が青。 両親に挟まれて、子供の飛行練習かな? 今回初めて見る鳥ですヽ(^。^)ノ 帰って名前を調べました。 アカア

  • はじめまして。

    はじめまして。ことりと申します。 現在テキサス州中部で生活しています。 アメリカ人と結婚し、仕事の関係でこちらに移り住むことになりました。 ブログでは日常的なこと(料理、趣味など)から、旅行先でのことなど日記のような感じで、なおかつ情報を発信していけたら嬉しいです。 今回は自己紹介的な記事なので、自分のことを少し書きたいと思います。 私達には子供はいないのですが、我が子同然に可愛がっているインコが

  • 文鳥と雀 ‐ カピオラニ公園

    今週は雨が多く寒い日が続いています(´・_・`) 寒いと言っても最低気温が19℃くらいなので、日本と比べると暖かいのですが タンスの奥から長袖のシャツを出して着ています。 カピオラニ公園へ行くと文鳥がいました。 文鳥は、いつ見てもカワイイ(*^_^*) 草の種を食べていました。 2羽いました。 雀も一緒。 文鳥と雀は仲が良く、一緒に草の種をたべています。 雨のおかげで草の成長が早く、鳥達の食べ物が

  • ツノダシ(水彩画)

    水彩画で船を描きたくなり、船のある風景を写真撮影しに アラワイ・ボートハーバーへ行きました。 海を覗くとツノダシがいました(^。^)ノ 細く長い背びれが、複雑な動きでゆらゆら~。 黄色い熱帯魚も一緒にいました。 以前、ツノダシを描いたのを思い出しました。 ツノダシの縞々模様は、人間から見ると「縦縞」ですが、生物学的には「横縞」だそうです。 ツノダシの縞々を縦(横?)にした背景を添えた、「ツノダシの

  • ネーネー(ハワイガン)(水彩画)

    ネーネー(ハワイガン)は、ハワイ州の鳥に指定されています。 残念ながらオアフ島では、野生のネーネーは殆ど見ることができません。 先日、ホノルル動物園のネーネーに会いに行きました。 とっても、かわいい顔をしていました。 でも、やっぱり野生のネーネーに会いに行きたいなぁという気持ちから、 野生のネーネーの絵を描きました。 野生では、高山の溶岩が多い場所に住み、 溶岩に生えるベリー「オヘロ(英名:Vac

1 2 3 4 5 ... 10