• インコのさえずり

    オスのナナ(黄)は、朝ケージカバーを開けた直後から大きな声でさえずります。 ひとしきりさえずり続け、夕方になるとおとなしくなります。 すると、メスのユキ(白)がさえずり始めます。 さえずると言っても、小さな小さな声で、独り言を言っているよう。 ユキのさえずりは、とーっても可愛くて 私は聞き耳をたてながらじーっと眺めてしまいます(#^^#) ユキのさえずりに聞き耳を立てるのは、私だけでなくナナも同じ

  • シロアジサシの赤ちゃん,イカを食べる

    インターナショナルマーケットプレイスのバンヤンツリーにいる 生後2週間のシロアジサシの赤ちゃん。 Starと名付けられています。 今朝も元気な姿を見ることができました。 空を見つめるStarを写真で撮っていると... 親が朝ごはんを持って帰ってきました。 今日の朝ごはんはイカです。 「わーい、イカだぁ~。いただきまーす!」 雛が食べやすい、ちっちゃなイカ。 活きがいいねぇ。 でも柔らかいから食べや

  • カピオラニ公園のカモ GoPro

    明日(12月9日)は、ホノルルマラソン。 ゴール地点のカピオラニ公園では、ゴールゲートが設置され、テントが立ち並び、とても賑やかです。 そんな賑やかさを横目に、 私はカピオラニ公園の池のカモをGoProで撮ってみました。 ターゲットは近くを穏やかに泳いでいる、この2羽。 餌を見せると寄ってきました。 餌はパンではなく、中型インコの餌。 カモもインコの餌を食べます。 かわいいクチバシ。吸い込まれそう

  • GoPro鳥まみれ

    少し変わったアングルで鳥の写真が撮ってみたくなり GoProを使って鳥の写真を撮ってみました。 手始めに、自宅前のハトさん。 これこれ、見上げたアングルが撮りたかった。 迫力ある! カメラの上に乗らないでください(-_-;) カメラを上に向けると、ハトたちが上に乗ってしまい シャッターチャンスが減るので、次は横に向けました。 来ました。 このアングルもいいな~ 縞々模様のチョウショウバトも来ました

  • ハワイの冬の空 野鳥観察

    12月に入り、ハワイの空もすっかり冬っぽくなりました。 ホノルルの最低気温は22度。 Tシャツ1枚で終日過ごせますが、空が澄んで日光が低くなるので空は冬っぽく感じます。 風が吹くと寒い時もあります。 鳥達も羽を膨らませて、時々寒そうにしています。 今朝はメキシコマシコの群れに会いました。 木の実を皆で食べていました。 オレンジ色の頭をしているのがオス。 灰~茶の縞々模様はメス。 こっちを見ています

  • アフリカンチューリップとメジロ

    アフリカンチューリップとメジロを水彩で描きました。 アフリカンチューリップは大きな木ですが、チューリップのような形のお花を咲かせます。 お花に溜まった水を吸いに、色々な鳥がやってきます。 お花の下からくちばしでつつく姿がかわいくて、絵にしたくなりました。 ================ OharuArt Photography Oharuart.com  ================ 写真及

  • ソウシチョウ Ho'omaluhia植物園

    オアフ島Ho'omaluhia植物園で見たソウシチョウを水彩で描きました。 植物園に植えられている赤いサボテンのような植物を 糸を引きながら美味しそうに食べていたソウシチョウです。 久しぶりにColdPressの水彩画用紙を使ったので 紙の上を色が走るのが楽しくて、水任せで描いてみたのですが、 ちょっと色が薄い仕上がりになってしまいました(´・_・`) ================ Oharu

  • シロアジサシ インターナショナル マーケット プレイス Waikiki

    ワイキキの中心にある、インターナショナル マーケットプレイス。 昔はヤシの木やバンヤンツリーが繁々と繁り、薄暗い中、ローカルの小さなショップが所狭しと立ち並ぶ、クラシックなトロピカルリゾートを象徴するような場所だったのですが、全面改装され2016年8月にリニューアルオープンされました。 多くの木は取り除かれてしまったのですが、インターナショナルマーケットプレイスのシンボルであるバンヤンツリーは残さ

  • シロアジサシ ワイキキ ウォーク

    シロアジサシ市民科学(White Tern Citizen Science)グループによる シロアジサシ ワイキキ ウォークに参加しました。 オーガナイザーはシロアジサシ市民科学のRichおじさん。 参加者は、約10人でした。 朝9時にロイヤルハワイアンセンターに集合し、 近くにあるシロアジサシの巣を皆で見て歩きました。 また、Richおじさんからシロアジサシの研究内容について話を聞くことができま

  • 野鳥の巣落ち雛

    ハワイ在住の友達の知人の話です。 駐車場で鳥の雛が落ちているのを見つけ 当初、何の鳥か分からなかったのですが、持ち帰って育てたそうです。 雛は日々成長し、文鳥と分かったそう。 しかし飛ぶことが出来ず、致命的な障害があるのかもとのことで 野生に返すことは出来なさそう。 今では、べったり懐いて、 元々鳥好きだったわけではなかったのですが、その文鳥を溺愛しているそうです。 その文鳥の写真を送ってもらいま

  • 仲良し チョウショウバト

    チョウショウバト(英名 Zebra Dove)。 ハワイではスズメ以上にたくさん見ることができます。 日本でよく見る普通のハト、カワラバトよりずっと小さいです。 目のまわりは、うっすら青い。 オレンジ色のお花が落ちた芝生の上で、 2羽仲良く餌探しをしていました。 仲の良いチョウショウバトのつがい をよくみかけます。 ================ OharuArt Photography Oha

  • インコと鏡

    セキセイインコのユキとナナ。 放鳥時、鏡の上に乗ることが多くなりました。 インコ達は高い所が好き。 鏡の上で何かを食べているよう... 滅多に掃除をしない場所だからホコリが積もっているかも... ホコリ食べないで~(>_<) ユキは足のチカラが強いので、足で体を支えて鏡を覗きこむことも出来ます(*^‐^*) 手を出したらユキが手に降りてきました。 続いてナナも手に降りてきました。 ナナは私の手に滲

  • サンクスギビング 七面鳥(水彩画)

    七面鳥を水彩で描きました。 Georgeの水彩画クラスの中で描いたもの。 この絵は下書きなしで、隣り合わせになる部分を少しずつ組み立てて仕上げる、また予期しない色の流れを楽しむというコンセプト。 Gerogeのデモンストレーションの直後に描くと、実物に即して書くという固定概念が払拭されて、抽象的にうまく描ける場合が多い。 今週の木曜(11月22日)はThanksgiving day。 家族が集まっ

  • シロアジサシの親子

    垂れ眉毛のシロアジサシの雛ちゃん。 表情豊かに色々な顔を見せてくれました。 ↑ 細い木の枝が気になる。 ↑ かじって一人遊び 。 ↑ 楽しいな ♪ ↑ 親が邪魔に入り、一瞬ムッとする雛。 ↑ 雛「遊んでたのに、邪魔しないでよ」 ↑ 親「こんな枝で何やってるの。ちゃんと飛ぶ練習はしたの?」 ↑「ママ~。大好き。怒らないで。ちゃんと練習するよ。」 雛が飛べる日は、いつかなぁ(#^^#) =======

  • シロアジサシの巣マップ

    先日、シロアジサシの雛の写真を撮りに行った際に発見した シロアジサシの巣を守る青いテープ。 よく見るとURLが書いてあったので、チェックしてみるとシロアジサシの色々な情報が掲載されていたのですが、 その中のひとつに「シロアジサシの巣マップ」が掲載されていました。 Active manu-o-K​ū Nest Map 今まで時間をかけて歩き、巣を探していた私にとっては これはカンニングペーパー同然。

  • ソウシチョウ(相思鳥)水彩画

    ソウシチョウ(相思鳥)を水彩で描きました。 Georgeのスタイルではなく、もともと自分が描いていたスタイル。 ライアン植物園で一生懸命に大きな声でさえずっていたソウシチョウ。 喉の部分がとっても膨らんでいました。 水彩画のグループで来月クリスマスパーティーがあり、 自分で描いたミニ水彩画を持ち寄って交換会するそうなので、それ用に。 ================ OharuArt Photog

  • コガネメキシコインコだんご ホノルル動物園

    ホノルル動物園に コガネメキシコインコ(Sun conure)が たくさんいました。 ケージの中に入っていたのですが、 鮮やかなオレンジ色をした体でよく目立ち、大きな声で鳴くので 人目を引いていました。 1羽が叫びだすと、連鎖反応で全員が叫びだすので、ものすごい大音量(*_*) グルーミングが大好き。 仲良しの2羽がくっついていました。 みーんな仲良し。 ↑ 一瞬よく分からなかったのですが3羽くっ

  • 子ガモ♡

    子ガモ♡が浮いていました。 流れがほとんど無い池。 ひと蹴りするだけで、スイーっと進みます。 2羽いました。 それぞれ顔が違う。 フワフワの羽で覆われて、水によく浮きます。 ぷか~っと。 ハワイは11月でも日差しが強くて暑い。 お尻♡ ================ OharuArt Photography Oharuart.com  ================ 写真及び絵の無断転載を禁止

  • ハワイ クロエリセイタカシギ(水彩画)

    ハワイ クロエリセイタカシギを水彩で描きました。 カイルアの湿地帯で見た光景。 枯れ枝を集めて作った巣で卵を暖めている姿を描きました。 卵から孵った雛は、もうその時点で、足が長くてくちばしも長いそうです。 クロエリセイタカシギの雛、見てみたいなぁ。 ================ OharuArt Photography Oharuart.com  ================ 写真及び絵の

  • インコのほっぺ掻き

    セキセイインコ、ナナのほっぺ掻き。 指に載せて指を近づけると... 「あ、掻いてくれるの?」 と、頭の毛が膨らみます(#^^#) 指をグリグリ押し込んでもナナは怒りません。 「もっと掻いて」 と指に頭を押し付けてきます。 ユキは... 掻かせてくれる時が増えたのですが、 やっぱり、あまり好きじゃないみたい(*´ω`) おまけ。 シロアジサシのグルーミング。 ================ Oha

1 2 3 4 5 ... 22