その他の地域を表示する

山口県

  • なんやったっけ。。 なんやったっけ。。

    岩国の錦帯橋で、なんだったかご当地ヒーローにたまたま遭遇して、握手してもらった。知らない人だったけど。。。(^_^;) あ。ハクジャオーらしいです。2012年12月17日撮影

  • 4652 杉家墓(山口県防府市桑山1-5-10・大楽寺南墓地) 4652 杉家墓(山口県防府市桑山1-5-10・大楽寺南墓地)

    杉家 ( 吉田松陰 ) 縁者の墓。 関連情報 http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/121.html 118 吉田松蔭の陰墓(南千住・小塚原回向院) http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/5005.html 4540 吉田松陰墓(護国山・山口県萩市椿東243‐31)

  • ★WEBBLOG 73★ 京都/舞妓体験/花魁体験/十三参り/変身写真/着物レンタル/

    京都 舞妓体験&花魁体験 心グループ WEBBLOGです★ 本日も沢山の舞妓体験 花魁体験 変身写真体験をして頂きました★ その中からおすすめのフォトブログをご紹介させて頂きます★ 【STUDIO ESPERANTO】 DRESSプランをご体験♥   本日はDRESSプランをご体験頂いたお客様をご紹介させて頂きます! まずはこちらのお写真をご覧ください↓ 撮影はフェアリーブースだったのですが… な

  • 4636 久坂玄瑞誕生地(萩市平安古町537-2) 4636 久坂玄瑞誕生地(萩市平安古町537-2)

    毛利輝元公の墓所から歩いて周遊バスに乗り萩旧市街へと来ました。 今回の岩国、防府、萩旅行も最期の観光になりました。 高杉晋作とともに“松下村塾の双璧”と称されていた幕末の志士・久坂玄瑞の旧宅跡。 久坂玄瑞は、天保11年(1840)、萩藩医・久坂良迪(りょうてき)の三男として平安古に生まれました。17歳のときに高杉晋作らと共に松下村塾で学び、のちに藩校明倫館に学びます。 吉田松陰から「防長年少第一流

  • 4633 萩城址碑(山口県萩市堀内) 4633 萩城址碑(山口県萩市堀内)

    この石碑は、大正8年(1919)11月、侯爵・毛利元昭によって建てられ、萩城の来歴を記したもので、子爵・杉孫七郎の撰文、高島張輔(日本画家・高島北海の実兄)の書である。 萩城は毛利輝元によって築城され、慶長9年(1604)に工事に着手し、4年後の慶長13年に完成した。 以後260年間、萩藩主の居城として、また周防・長門両国の藩政の中枢機関として偉容を誇った。 しかし、第13代藩主・敬親の代に至り、

  • 4632 志都岐山神社(山口県萩市堀内) 4632 志都岐山神社(山口県萩市堀内)

    旧県社。 祭神は、毛利元就・毛利隆元・毛利輝元・毛利敬親・毛利元徳。 明治11年(1878)、萩町及び付近の有志が発起し、広く毛利家ゆかりのあるものの賛同を得て、萩城跡本丸内に山口の豊栄(祭神・毛利元就)・野田(祭神・毛利敬親)両神社の遥拝所を創建した。 翌12年、この遥拝所を山口にある両神社の分社とし、指月神社と称した。 同15年県社に列せられ、志都岐山神社と改めた。 同33年、祭神を元就・隆元

  • 4631 志都岐山神社のミドリヨシノ(山口県萩市堀内) 4631 志都岐山神社のミドリヨシノ(山口県萩市堀内)

    本樹は指月公園内の志都岐山神社参道、旧明倫館遺構万歳橋の東側に位置している。 根元の幹周1.7m、幹は基部で三分岐し、一幹は枯損。 主幹は目通り0.8m、樹高6mのさして大木とはいえないが、この種は日本で萩市のみに知られる稀品であり、植物分類学的位置を評論する場合の基準標本の原木として貴重である。 本種は桜の中でも最も一般的なソメイヨシノに似ているが、萼が緑色であるところからミドリヨシノと名づけら

  • 4629 近藤元統之碑(山口県萩市堀内) 4629 近藤元統之碑(山口県萩市堀内)

    萩城築城以前に、ここに住んでいた近藤元統の屋敷跡及び墓所であるといわれる。 元統の孫露竹(ろちく)の代、毛利輝元による萩城築城の際に、この地を献上した。 露竹は輝元の萩打入りを迎え、深野太郎左衛門とともに、塩屋町・今魚店町の取り立てに尽力した。 この碑は、明治30年(1897)12月、近藤氏の子孫にあたる史家・近藤清石によって、その旧跡に建てられ、清石は、 あわれ其恵(そのめぐみ)の露(つゆ)のか

  • 4623 口羽家住宅 2棟(主屋・表門)(萩市大字堀内) 4623 口羽家住宅 2棟(主屋・表門)(萩市大字堀内)

    口羽家は、萩藩の寄組士(1,018石余)で代々萩城三の丸に住んだ。 大身(だいしん)の武士の居住地区であった堀内地区に現在も旧藩時代そのままの姿をとどめている。 表門は萩に現存するものでは最大の長屋門で、片潜門の左に門番所を設けている。 また主屋は東面切妻(きりつま)造り、西面入母屋造り桟瓦葺(さんかわらぶ)きで東面に入母屋造りの突出部を設けた形式からなっている。 こうした門と住宅がセットで残って

  • 4622 毛利家墓所 4622 毛利家墓所

    山口県の毛利家墓所は、2カ所に有ります 1. 東光寺 (山口県萩市椿東1647) 2. 大照院 (萩市椿4132) 3. 萩藩主毛利家墓所(旧天樹院墓所)(山口県萩市堀内) 4. 萩藩主毛利家墓所(香山墓所)( 山口市香山町(香山公園内)) この内、4の『萩藩主毛利家墓所(香山墓所)( 山口市香山町(香山公園内))』については、悪天候及び時間の関係でパスをするしかありませんでした。 まずは大きさか

  • 4621 旧益田家物見矢倉(萩市北片河町堀内) 4621 旧益田家物見矢倉(萩市北片河町堀内)

    萩旧市街から城下町へと来ました。 益田家は、阿武郡須佐(現在の須佐町)に領地を持っていた萩藩の家老である。 幕末の当主親施は、13代藩主・毛利敬親を助け藩政改革を行ったが、1864(元治元)年、禁門の変の責任者として切腹させられた。 高い石垣の上につくられたこの矢倉(武器などを入れた倉)は、長さ11m、奥行約5mの平屋建てだ、見張りに使われたといわれている。 (案内板より)

  • 4620 刑場跡(萩市恵美須町1) 4620 刑場跡(萩市恵美須町1)

    処刑場の相首(おくび)町屋敷の不浄の門です。 山口県庁を襲撃しようとした前原一誠でしたが、戦況不利となり須佐へ脱出しました。 しかし出雲宇竜浦で逮捕され、萩へ護送されました。 斬首を宣告された前原ら七人はここで最後の酒宴を開き、前原が「ただいま冥土(めいど)へ行く。なににしても勤王が第一だぜ」と大声で別れを告げ首を打たれました。享年43歳。 つづいて、奥平謙輔、横山謙太郎、佐世一清、有福恂允、小倉

  • 4619 小田村伊之助(楫取素彦)旧宅地(萩市南古萩町) 4619 小田村伊之助(楫取素彦)旧宅地(萩市南古萩町)

    萩旧市街は、意外と狭いので徒歩でも簡単に観光出来てしまいます。 楫取素彦は文政12年(1829)、萩藩医松島瑞璠の次男として萩に生まれ、12歳の時に萩藩の儒者・小田村吉平(きっぺい)の養子となり、小田村伊之助と名乗った。 藩校明倫館で儒学を講じ、嘉永6年(1853)吉田松陰の妹・寿(ひさ)と結婚した。 松陰の再入獄後は後継者として、松下村塾でも指導にあたった。 慶應元年(1865)の四境(しきょう

  • 4618 円政寺内金毘羅社社殿(萩市大字南古萩町) 4618 円政寺内金毘羅社社殿(萩市大字南古萩町)

    金毘羅社の建立年は不詳であるが、入口に金毘羅社に寄進された鳥居が建っており、それに延享 2年 ( 1745 ) と彫られている点や天保年間 ( 1830 ~ 43 ) に編纂された「八江萩名所図画」に現在の社そのままの姿が描かれていることなどから、少なくともそのころには建立されていたと思われる。 本殿は木像切妻造檜皮葺で桁行 1.73m、梁間 1.2m、主な用材はケヤキ、柱は丸柱である。 釣屋は桁

  • 4617 旧佐伯丹下家屋敷(山口県萩市) 4617 旧佐伯丹下家屋敷(山口県萩市)

    当屋敷は、幕末安政年間 ( 1854 ~ 59 ) に描かれた「萩城下町絵図」によると、萩藩大組士・佐伯丹下 ( 125石 ) の屋敷であったことがわかる。 佐伯丹下は幕末期、直目付や撫育方仕組掛、奥番頭役など藩の要職を歴任、多年藩の財政整理や岩国吉川家との交渉に尽力した。 明治 5年 ( 1872 ) 65歳で没するまで、この家が本拠であった。 その後、安富五三郎 ( 通称 : 伊勢屋 ) の所

  • 4616 菊屋家住宅(萩市呉服町1-1) 4616 菊屋家住宅(萩市呉服町1-1)

    ・菊屋家住宅 主屋・本蔵・金蔵・米蔵・釜場 五棟 萩藩の御用も勤めた豪商の家。 主屋は切妻造り、桟瓦葺きで北面し、西側に通り土間があり、床上部は前寄り一間半を店とし、その奥は横に二または三室が三列に配されていた。 全国でも最古に属する大型の町家として極めて貴重。 主屋と数棟の蔵が立ち並ぶ西側の景観は見ごたえがあり、国指定史跡萩城城下町の地域内にあってその重要な構成要素の一をなしている。 (主屋 1

  • 4615 旧久保田家住宅(萩市大字呉服町1-31) 4615 旧久保田家住宅(萩市大字呉服町1-31)

    呉服商・酒造業を営んでいた久保田家は、主屋、門、塀、離れが旧御成道に面し、菊屋家の主屋同士が向かい合い、立ちの低い菊屋家の主屋に対し、旧久保田家の主屋は、屋根裏に物置や使用人の寝間を設けた「つし二階」を持ち、立ちが高く、両者の対比は、それぞれの建物が建てられた時代的特色をよく表している。 幕末から明治前期にかけての建物として、意匠・構造・技術に優れ、酒造業で繁栄した往時の状況も良く伝えており、史跡

  • 4614 田中義一像(萩市堀内(萩博物館脇の公園)) 4614 田中義一像(萩市堀内(萩博物館脇の公園))

    田中義一 ( 1864 - 1929 ) 近代の軍人、政治家、男爵。 藩主の御六尺 ( かごかき ) 田中家の三男として呉服町に出生。 13歳のときに新堀小学校の授業生 ( 代用教員 ) に登用され、萩の乱にも参加したが、のち陸大に進学した。 大正 7年以降陸軍大臣、次いで大将に進み、再び陸軍大臣となる。 大正 14年政友会総裁に就任、昭和 2年内閣総理大臣となり、外務大臣をも兼任した。 (案内板

  • 4613 高杉晋作誕生地(萩市南古萩町23) 4613 高杉晋作誕生地(萩市南古萩町23)

    年1のCT撮影の為、午後7時近くまでコメント、更新情報の更新が出来ませんが宜しく御願い致します。 幕末の風雲児・高杉晋作の誕生地。 現在は、南側半分が公開されており、産湯に使ったと伝えられる井戸や自作の句碑などがあります。 関連情報 http://drunkenjohnny.muragon.com/entry/3696.html 3434 高杉晋作墓(東山区清閑寺霊山町1・霊山護国神社)

  • 4610 光國本店(山口県萩市大字熊谷町41) 4610 光國本店(山口県萩市大字熊谷町41)

    たまたま開店前のお店に辿り着きました。 安永の初年(今より百八十有余年前)山口縣長州萩港の沖、日本海の孤島で青海島大日比(オオミジマオオヒビ)と云う村落ありて、男性の入門を禁じられた尼僧修行道場で有名な尼寺があります。 その尼寺の海辺に一つの珍らしい果実が漂着せるを拾いてその種子を撒附けたものが発芽成育したもので、初めは「宇樹橘(ユズキチ)」と呼び、何人も食用に供した者もなく、然るにその後文化の初

1 2 3 4 5 ... 7