• 「透明性の大切さ」 再確認 10月2日・9日の亨進様説教から

    昨日の当ブログで、私の「求道」時代について触れました。 4月3日の当ブログからも、私の「求道」時代を振り返ります。 私の転職歴の中には、船井幸雄さんの「船井総合研究所」が含まれます。 霊の親に導かれる寸前の頃です。 既に私は「求道」していました。 船井幸雄さんも「求道者」ですが、社員は必ずしもそうではありませんでした。 その頃、上司から言われたことが忘れられません。 「堀さんは、正直すぎて損をする

  • 「天国の扉」 ボブ・ディラン

    10月5日の亨進様説教から引用します。 私達の子供たちのような場合、私たちはゴスペル、ゴスペルラップ!ゴスペルの音楽!ゴスぺルの賛美!そのような音楽を継続して聴いています。何故!その振動を受けたら 審美の振動を受けたら 自分の体が…それを見たでしょう。UC子供マクベス、お?自分の体が変わってきます。力、力が強くなります。聖霊の力を受けます。神様を賛美する力を受けます!う~ 「UC子供マクベス」とい

  • 生田 禎三さんの退会届を読んで 家庭連合の人達のための祈り

    退会届を読ませて頂き、とても希望を感じました。 私自身のプロフィールには、次のように書いてあります。 2015年4月28日から3日間で 亨進様に従う決意を固めました。 「どうして、3日間で決意できたのか?」 そのように、江戸川教会長の澤田地平さんから、質問を受けたことがあります。 「皆さんと同じことを、ただ3日間に凝縮しただけだと思います」と、その時はお答えしました。 ちなみに、さいたま市救命ボー

  • フェミニズムとの戦い 地方議会にて

    文信宮さんのスピーチから引用します。 60年間にわたるフェミニスト運動の結果、アメリカ人女性の人生における目標は職業的成功であるということになり母親の役割と家庭は配慮されないようになりました。 日本でも、その運動は進行しています。 「男女共同参画」という名前で、役所が推進しています。 下記は、私が地方議員時代に、議会で行った質問です。 **市 第二次男女共同参画プランの作成について問う。 例えば、

  • 私達を心配しない家庭連合の人達? 8月7日の亨進様説教から

    翻訳から引用させて頂きます。 なぜあちらこちらで、皆が人々をお父様の権威に戻そうとしているのでしょうか。独善的だからでしょうか。いいえ。どんな理由ですか。それは愛の為です。あなたのことを心配しているからです。あなたが永遠のときを過ごすことになるからです。そのようにあなたのことを考えている人は他にいません。私はあなたが永遠のときを過ごすことを心配しているのです。 あなたが神様から離れたら地獄に行きま

  • 一対一訓読伝道 今後の家庭連合の伝道? 竹ノ塚教会の壮年部長

    1.一対一訓読伝道 「サンクチュアリ教会には、施設も講師も少なく、伝道はどうするのか?」 このような疑問に対して、「心配ない」と述べたいと思います。 亨進様の「ホームグループ活動」をパクった「南米の証」では、「一対一訓読伝道」も語られています。 これは今のところ、私の読んだ亨進様説教集では述べられていません。 しかし、むしろ御父様の御言葉選集55巻にある、原理講論30冊貸出運動に近いものです。 貸

  • 私の告白 相対主義との戦い 7月10日の亨進様説教 原理本体論

    最新の7月10日亨進様説教から引用します。 ただ一つの柱、一つの中心というのが重要なのです。なぜならそこから一歩でも外に踏み出す時、相対主義の餌食になるからです。一神教から多神教に踏み出すその瞬間に相対主義者になっているのです。 二神教へと踏み出せば、幾千の多神教へとまたたく間に転がり落ちていくことは避けられないのです。創造主を相対化し主体的相対を相対化することにともなう必然の結果です。 繰り返し

  • 絶対「性」の障害物

    6月16日の当ブログ「『絶対性』『サンクチュアリ共同体』『プロテスタント教会』」で、私の「人生目的」に掲げ、改めて考えました。 マタイによる福音書5章27節と28節を引用します。 『姦淫するな』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。 しかし、わたしはあなたがたに言う。 だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。 2016年2月15日の亨進様のみ言葉

  • (続々)「天国のことを学んだ学者」 3000万円の聖本を読みつぶす?

    私は聖本を持っていません。 3000万円を持ったこともありません。 3000万円を持っていたら、聖本を入手したかも知れません。 しかし、読みつぶしたかどうかは分かりません。 それを言ったのは大塚克己氏です。 大塚氏が聖本を持っているのか知りません。 3000万円を持っていたのか知りません。 読みつぶしたのかどうか知りません。 しかし、大塚氏の講話は印象的でした。 「聖本は飾り物ではない。 ボロボロ

  • 「天国のことを学んだ学者」

    マタイによる福音書13章52節から引用します。 天国のことを学んだ学者は、新しいものと古いものとを、その倉から取り出す一家の主人のようなものである。 念のため、この聖句に対する解釈をインターネットで検索したものを引用させて頂きます。 当時のユダヤの社会では、学者といえば聖書と伝承に通じた人を意味しました。ですから新しいものはキリストの道の伝承を、古いものはイスラエルの聖書、すなわちわたしたちにとっ

  • 改めて「自由と責任」について 江利川総会長の言葉を基に

    尊敬するブログ「原理講論を読む」の4月21日の記事から引用させて頂きます。 江利川会長は「自由だったらわたしはやらなかった。責任だったのでわたしはやったのです。」と言われました。 この言葉は、私も聞いたことがあり、印象に残っていました。 ちなみに、「原理講論を読む」の深い思索に、私は比肩することができません。 これは、もっと浅い次元の論評です。 亨進様説教集第3巻「悔い改めと精誠」97頁と98頁か

  • 「サンクチュアリ共同体を拡大すること」

    6月19日(日)の「埼玉礼拝」は、さいたま市代表の新井さんが、上尾市の家庭教会と協力して、開催して下さいました。 同じ日、「千葉礼拝」が初めて行われ、私は、そちらに参加させて頂きました。 進行して下さったのは、日本サンクチュアリ協会の礼拝の素晴らしい聖歌指導者です。 そして、その方は、日本サンクチュアリ協会の総務・原田さんの霊の血統圏です。 6月16日の当ブログで掲げた、私の「人生目的」の一つが、

  • 「怨讐を愛する」ための考え方

    6月17日のの当ブログ「カイン・アベルについて 原理本体論から」では、原理本体論から次の記述を引用しています。 怨讐さえも愛する気持ちをカインに教えてあげるのがアベルの責任なのです。 難しい内容が、当たり前のように語られていて、実は私は驚きました。 人に教えるからには、当然、自分ができることでなければなりません。 ところが、「怨讐さえも愛する」のは、簡単なことではありません。 6月6日の当ブログ「

  • 「絶対性」「サンクチュアリ共同体」「プロテスタント教会」

    6月11日の当ブログ「亨進様の人生リスト 目的・喜び・長所」で紹介させて頂きました、亨進様の人生目的は次の通りです。 ・真の父母様に栄光を捧げること ・より強い教会を立てること ・幸福な家庭を築くこと ・自分の人生をより幸福にし、他の人々もより幸福な人生を送られるように助けること これは、そのまま私達の人生目的にもなり得るものです。 しかし、同ブログで、次のアドバイスも紹介させて頂きました。 皆さ

  • プロテスタント教会との交流 牧師に「原理講論」を貸し出す

    下記の記事に「プロテスタント教会との交流」というタグを追加しました。 2月18日 埼玉サンクチュアリ教会 今後の活動方針 3月12日 プロテスタント教会との交流  3月14日 サンクチュアリ共同体づくり  3月16日 「上空のサタンを撃つ」 空中戦と地上戦 3月27日 「宗教と科学の統一」の意味 「信徒」を「国民」に変える  4月 2日 「福音派を神側に引っ張ってくる」ために  4月 7日 また「

  • 自画自賛 「知的な人」

    2012年に出版された亨進様説教集の第3巻139頁から引用します。 ユダヤ人たちはイエス様に挑戦して「あなたは、自分のことをあかししている。あなたのあかしは真実ではない」(ヨハネ8・13)と言いました。 これに対してイエス様は、「たとい、わたしが自分のことをあかししても、わたしのあかしは真実である。‥‥‥わたしはひとりではなく、わたしをつかわされたかたが、わたしと一緒だからである」と答えられました

  • 自己批判 「意的な人」

    当ブログで繰り返し引用した、自叙伝165頁のみ言葉を、もう一度引用します。 意義が明確で良いことなら、当然始めなければならないでしょう。 しかし、原理本体論96頁には、意的な人の良し悪しが述べられています。 一番難しい人が意的な人です。 意的な人はいわゆる行動派ですが、そのような人が革命を起こします。 知的な人や情的な人は革命ができません。 ですから、学者たちは絶対に革命を起こせません。 革命は分

  • 私達が学ぶべきこと

    2016年5月8日の亨進様説教から引用して参ります。 昨日の当ブログと同じみ言葉も、別の観点で考えます。 働き手と賃金の約束をしない譬え話はその仕事の経験を深め知識を高めるなど労働者としての市場価値を高める、天一国でのインターンシップをいいます。自分が関わる業界の知識を習得するのです。そこでは賃金を期待しない場合すらあります。その経験、得た知識こそ貴重な報酬になるのです。自由な社会においてこのイン

  • 日本サンクチュアリ協会の総務 原田さん

    私が日本サンクチュアリ協会に移籍してまもなく、下記の旧原稿を書きましたが、発表しそびれていました。 今回、新原稿と共に、発表させて頂きます。 理由は、日本サンクチュアリ協会の中心的なメンバーの多くが、不思議なことに、原田さんと因縁のある人達だということが、分かってきたからです。 原田さんが誘ったのではなく、それぞれ別々に導かれてきました。 霊界の働きに感銘を受けました。 **** <旧原稿> 日本

  • 「原理本体論」 「絶対性」 思い出

    日本サンクチュアリ協会の東京合同礼拝で、「原理本体論」を購入して以来、時間があれば読んでいます。 「原理本体論教育」は2010年に一度参加しました。 御父様のお姿を、お近くで拝見する最後となりました。 (2012年に、御父様が最後の力をふりしぼって、祝福して下さった会場では、一番後方の座席でした。) ガラケーによる撮影に気を取られ、自分の目にお姿を焼き付けなかったことを悔やんでいます。 悔やむと言

1 2 3 4