越谷市

  • 道草~一番古い板碑 道草~一番古い板碑

    元荒川の越谷御殿跡碑の東方向へ小径を歩いていくと 越谷市内で一番古い板碑がある。 市役所のHPによると以下の通り。 「建長元年の板碑は元荒川右岸の御殿町地内にあります。今から750年以上前の鎌倉時代の中頃、建長元年(1249)の銘が刻まれています。市内最古で最大の板碑で、高さ155センチ、幅56センチです。材質は平板に割れやすい緑泥片岩を使用し、山形の頂部に二段の切り込み(二条線)があり、中心には

  • 暗渠の源流?を探る~元荒川高架傍の水門 暗渠の源流?を探る~元荒川高架傍の水門

    元荒川に架かる元荒川橋近くの北岸にある小さな水門。 河原には鮮やかな黄色の菜の花が咲きほこる。 土手下の道路。 多分、道路下は排水溝 川沿いに大沢橋を通過し東武線高架方向へ進むと 小ぶりの水門。 土手下はこんな感じ。 水路の気配はない。 今度は元荒川橋に戻り北岸を下流へ。 こちらも菜の花が満開。 Googleマップでおよその目星をつけていたのだが なかなか見つからず、何度か往復してやっと見つけた

  • 道草~チューリップ満開! 道草~チューリップ満開!

    越谷市民会館東側 葛西用水の土手下のチューリップ 今が盛りの満開!

  • 電柱のある暗渠~南越谷地区 その10 電柱のある暗渠~南越谷地区 その10

    新越谷病院の前の(南側)の道路を南西に進み むつ又をちょっとだけすすむと 南側に暗渠が現れる。 これを南に進み一つ道路を渡る。 暗渠に電柱。 このケースは多分はじめてで珍しい。 ここで終わり。 どうということのない暗渠だが 「暗渠に電柱」がささやかな特徴であった。

  • 水門から始まる短い暗渠~花田地区 その3 水門から始まる短い暗渠~花田地区 その3

    ハードオフ越谷花田店へレコード漁りに行く途中、 新方川で見つけた。 場所は19号線の南側南側で新方川の西岸。 東岸にも東梅であるが小さな水路らしきもが見える。 拡大してみると、こんな感じ。 そのうち確認する必要がある。 新方川の下流に向かって桜が満開状態。 これが、今回の水門。 土手の反対側は道路を挟んで暗渠が存在。 コメリ越谷店を右に見ながら西へ延びる。 19号線にぶつかり、あっという間に終点。

  • 暗渠の源流?を探る~八条用水 52号線から 暗渠の源流?を探る~八条用水 52号線から

    探訪が2年目を迎えるとさすがに 魅力あるワクワクする暗渠を見出すのに 苦労する今日この頃である。 したがって、しばらくは川や用水を巡る。 八条用水が52号線とクロスする地点から出発。 52号線の北側。 こいのぼりが・・・・・ ここから南東へ向かう。 きれいに整備されている。 小さな水門を発見。 続いて2つ目の水門。 道路の向こうにポンプらしき設備。 越谷市河川図を調べてみてが記載がない。 八条用水

  • 道草~新元号発表「令和」に決まる! 道草~新元号発表「令和」に決まる!

    本日、11時40分 菅官房長官より遂に新元号が発表された! 色々な場面であれやこれや予想されていたが、 多分、どれも当たっていなかっただろう。 ★南北朝合算で 大化から248番目 ★南朝のみ   大化から232番目

  • 桜に出迎えられた暗渠~大間野地区 その1 桜に出迎えられた暗渠~大間野地区 その1

    最近は魅力ある暗渠がなくなってきた。 そんな中、初めての地区で暗渠発見! 場所は大間野小学校の西。 入口の左にイイ感じの空き家。 久々に、こんなものを撮影。 真っすぐ北へ進むと なんと満開の桜が出迎え! しかも、暗渠はクランク状態! 公園の一角の桜、と思っていたが フェンス内の女性に聞くと私有地だそうだ。 「綺麗ですね」と声がけすると 「沢山見てください」と言われた。 満開の桜に後ろ髪を惹かれなが

  • 道草~映画「ボヘミアンラプソディー」 道草~映画「ボヘミアンラプソディー」

    観たい観たいと思っていた 「ボヘミアンラプソディー」をやっと観に行った。 予約をしていなかったので 少し心配していたが観客は30人足らず。 少し寂しい感じもしたが、ゆったり観ることが出来た。 本当は、もっと早く行く予定だったが 妻が腰を悪くしていたので最終日の1日前となった。 良かった! 感動した! 特にラストシーでの「ボヘミアンラプソディー」の イントロでは涙が出そうになった!

  • 暗渠の源流?を探る~不動橋・大成橋間 北側 暗渠の源流?を探る~不動橋・大成橋間 北側

    元荒川、綾瀬川などを探索していると 前回が、そうであったように排水機場が多い。 排水機場を改めて調べてみた。 最上川電子大事典というサイトによると 以下の通り。 「洪水が逆流して私たちの住んでいるところに水が入り込んでくるのを防ぐための施設は水門ですが、水門によって出口を失った水は、排水機場によって、川に送り出されます。排水機場は、一般にポンプ場と吐出水槽や樋門などの付帯設備で構成されています」

  • 道草~久々にレコードを買う 道草~久々にレコードを買う

    ブックオフ越谷駅前店で約25年ぶりくらいだろうか レコードを購入。 フルトベングラー/ベルリンフィルの英雄 950円。 最近、レコードを聴き始めた。 アンプは真空管。 折角、古い音源ならばレコードの方が良い。 幸い、まあまあの距離まで入れると 中古のレコードを販売している店が ブックオフを含めて3ぁ所ある。 これから少しずつ買い漁ろう。 新しい音源は当然、CD。

  • 単なる隙間と思いきや!~大沢地区 その3 単なる隙間と思いきや!~大沢地区 その3

    大沢地区の逆川付近を探索中、 怪しげな隙間を発見! 周囲の状況から判断して、侵入は憚れる。 この先は、ひょっとして暗渠では、 という思いは取り敢えず封印しておいて 周囲を調査。 隙間の位置から南西へちょっと歩くと そこは逆川。左手に水門が見える。 水門の先には強大な装置。 まるで戦車のよう! なんのことははない。 ここは所謂、伏せ越し。 元荒川の向こう岸は越谷御殿跡碑がある位置。 Googleマッ

  • 暗渠の源流?を探る~不動橋・大成橋間 南側 暗渠の源流?を探る~不動橋・大成橋間 南側

    1つ目の水門は不動橋の近く。 向かいには東中と東高が見える。 ここから下流に向かう。 土手下には植木に囲まれた装置が見え隠れしている。 この装置は 不動排水機場。 越谷の用水で良く見かける装置。 2つ目の水門。 小ぶりで、どうやら手動のような。 めずらしいタイプ。 土手下には何もない。 周辺を少し歩いてみたが、一般的な 排水溝以外、用水も暗渠らしきものはない。 3つ目。 ゲートらしきものがなく 水

  • 2019/02/24 KLT走行会 2019/02/24 KLT走行会

    ※削除または修正してほしい写真があったらご連絡下さい。 日曜日は、KLTの走行会に参加してきました。 新しいビンディングシューズを試したかったので、SPDペダルが付いているEmondaで行きました。 今月は山も登っていないし、ロングライドもしていないので、Emonda全く乗っていませんでしたし… 集合場所に到着しました。 この日はだいぶ暖かく、参加者も多かったです。 ところで、何かホイール新しくな

  • 多分、最も短い暗渠~南越谷地区 その9 多分、最も短い暗渠~南越谷地区 その9

    南越谷駅東側の高架下暗渠。 多分、最も短い暗渠だと考えられる。 その長さ約20m。 つまり高架の幅しかない。 もちろん本来、水路そのもが、そんなに短いはずがなく この暗渠の南北側は 以下のGoogleマップの画像で明らかなように 道路化(歩道化)してしまっている。 私の暗渠の概念は 道路化ではなく蓋でないと 暗渠は成立しない。 ここへ入り込むと 短時間ではあるが やはり異次元の世界に浸りこむ!

  • 越谷梅林公園へポタリング 越谷梅林公園へポタリング

    昨日は、午前中はリハビリのため通院しました。 いつもは車で病院まで行くのですが、昨日は家族が車を使う用事があったので、折り畳み自転車で行くことにしました。 越谷の出羽公園までは、この前のブルベの時のコースで行き、そこから武蔵野線の高架下を抜けて綾瀬川を渡ります。 綾瀬川沿いには、最近できたばかりの遊歩道があるので、そこを走りました。 少し走ったところで綾瀬川から離れて、東川口病院に到着しました。

  • 2019/02/17 KLT走行会 2019/02/17 KLT走行会

    ※削除または修正してほしい写真があったらご連絡下さい。 昨日は、KLTの走行会に参加してきました。 風強そうだったので、まったりEmondaで行こうと思いましたが、埼玉サイクルエキスポで買ったサドルとか試してみたかったので、VENUSで行くことにしました。 いつもの集合場所です。 先週は雪の影響で中止でしたが、昨日は良い天気でした。 風は強かったですが… 第二集合場所に向かって出発します。 桜の状

  • 暗渠の源流?を探る~綾瀬川の水門 暗渠の源流?を探る~綾瀬川の水門

    段々とワクワクする暗渠が少なくなってきているので 綾瀬川を徘徊。 ところで 私は、よく徘徊という言葉を使用しているが、 本来、徘徊とは 「目的もなく街などをうろつくこと」の意味。 だから、この場合、正しい言葉の使い方ではない。 何故なら私の場合、目的をもっているから。 因みに認知症の症状で徘徊という言葉を使用するが、 認知症の人が街をうろつくのは目的があるそうだ。 だから、そちらの方も本来は徘徊で

  • 突然出現した商店街~蒲生地区 その16 突然出現した商店街~蒲生地区 その16

    蒲生東町で暗渠を求めて自転車で徘徊中 やっと見つけた。 道路を挟んで向かい側も 暗渠のように見えなくもないが、 どうやら私有地のようだ。 暗渠を南に進んだ直後 左手に開口部を有する巨大な壁が出現! それはアーケードの壁だった! どうやらほとんどの店が閉まっている。 ここだけが異次元に落ち込んだ感じ。 洋品店のシャターになぜか尾瀬の写真 こちら側(東)が表のようだ。 ここでようやく日の出商店街である

  • 2019/02/03 KLT走行会 2019/02/03 KLT走行会

    ※削除または修正してほしい写真があったらご連絡下さい。 今日は、KLTの走行会に参加してきました。 先週はブルベでお休みしていたので、先々週ぶりになります。 いつもの集合場所です。 明日は立春ということですが、今日はかなり暖かい陽気となりました。 Y's Roadの福袋に入っていたカペルミュールのウェア着ていったのですが、柚餅子さんと被ってまさかのペアルック状態になりました(笑) ※KLTのホーム