• 自分の仕事に誇りを持つ。 #19

    2018/08/05(日) 横浜スタジアム B5-6C 勝 中﨑 負 山﨑 S 高橋樹 2018/08/07(火) 明治神宮野球場 B4-1S 勝 平良 負 小川 S 山﨑 「ここまで2試合、ぶざまな姿を見せてしまっていた。きょうの投球はこれからにつながる」 実に久々に9回を三者凡退に打ち取ったハマの小さな大魔神は語った。 7月16日。 借金4でスタートした後半戦開幕の横浜スタジアム。 スワローズ

  • 逆襲はこれからだ! #51

    2018/08/04(土) 横浜スタジアム B2-4C 勝 大瀬良 負 京山 S 中﨑 前夜延長戦の末、投手を代打に出されて敗れたカープナインの意地の攻撃。 20歳の右腕 京山将弥に襲いかかる。 2回表までヒット6本で4得点。 ワンサイドゲームの雰囲気すらスタジアムには流れる。 カープ先発はエース大瀬良大地。 ここまでリーグトップタイの11勝。 2回裏1アウトランナー無しから、その嫌な流れを止める

  • ベイスターズの夏はこれからだ! #5

    2018/08/03(金) 横浜スタジアム B7×-6C(延長11回) 勝 藤岡 負 一岡 延長11回裏2アウト1-2塁。 ここまでノーヒットの嶺井博希に送られた代打は前日に先発登板したジョー・ウィーランド。 カープ戦で無類の勝負強さ。 昨シーズンは13打数7安打。打率.538。ホームラン3本。 ハマの二刀流は抜群の選球眼でフルカウントからのフォアボールを選ぶ。 「これは打たないとダメだなと思った

  • ハマの背番号7 #7

    2018/08/02(木) B2-3G 勝 メルセデス 負 ウィーランド 横浜夏の一大イベント「YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2018」で、裏ローテーションのジャイアンツ相手にまさかの3連敗。 こんな姿を誰が予想しただろうか。 「このまま終わる訳にはいかない」と本気で這い上がるためには、何が必要なのだろうか。 この日のスタメンには、久方ぶりに背番号7の姿があった。 試合前のアップでは、横

  • リリーバーの系譜。背番号47の系譜。 #47

    2018/08/01(水) 横浜スタジアム B1-7G 勝 吉川 負 濵口 2007年1月19日。 門倉健のジャイアンツへのフリーエージェント移籍の人的補償選手として、入団会見に臨んだ名球会左腕 工藤公康は満面の笑みで応えた。 「大矢監督に選んでいただきました。(ニックネームは)ハマのおじさんでいいです」 慣れ親しんだ背番号47を背負い、史上初の13球団から勝利を記録するなど先発ローテーションの一

  • このまま終わる訳にはいかない。 #1

    2018/07/31(火) 横浜スタジアム B0-6G 勝 内海 負 井納 待ちに待った横浜夏の一大イベント。 YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2018。 DeNA球団発足の2012年から始まった。 当初は閑古鳥が鳴くハマスタにファンを集めるイベントとして始まった。 しかし、その企画にチームの実力が追いつかず惨敗が続く。 興奮した一部ファンが、配られたグッズを試合後にグラウンドに放り込んで

  • 走っている姿にその人の心が映る。 #48

    2018/07/28(土) Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島 B9-1C 勝 京山 負 大瀬良 首位を快走するカープを相手に見事なピッチング。 再三のピンチも自分を信じて投げ抜いた。 5回2/3を95球1失点で5勝目。 高卒2年目投手の5勝は、チームとして31年ぶり。 ベイスターズとしては初の快挙。 20歳での初勝利。 ふてぶてしい表情に少しはにかんだ笑顔が浮かぶ。 この日は、母校・近

  • 今一度のデビュー戦へ #48

    2018/07/27(金) Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島 B1-10C 勝 野村 負 ウィーランド 2本のグラウンドスラムを喰らい完敗。 ナゴヤドームで連勝してきた勢いを止められてしまった。 心機一転、仕切り直しのマウンドには、20歳になったばかりの若武者が向かう。 4月1日。 横浜スタジアム。 7年振りのホーム開幕戦シリーズはこの日まで2連敗。 相次ぐ先発投手陣の離脱によって、

  • 恐怖の2番打者 #99

    2018/07/26(木) ナゴヤドーム B5-4D 勝 田中健 負 吉見 S 山﨑 連夜の1点差ゲームを制し、後半戦初のカード勝ち越し。 ヒーローインタビューに呼ばれたのは、昨夜に続いての「新・恐怖の2番打者」。 端正な顔立ちで、少しだけはにかみながら、明日への決意を述べた。 大リーグ流の「攻撃的2番打者」。 ベイスターズにおいてはハマったことはなかった。 2001年シーズン。 森祇晶監督は、ロ

  • 素直に、謙虚に、貪欲に。 #26

    2018/07/25(水) ナゴヤドーム B4-3D 勝 濱口 負 ガルシア S 山﨑 昨年の10勝左腕、新人特別賞を受賞した彼がようやくの初勝利。 苦しみ抜いて掴んだ勝利の後には、満面の笑みが浮かんだ。 人呼んで「ハマのハマちゃん」。 身も蓋もないニックネームだが、何故かしっくりくる。 豪快無比のピッチングと太陽の様な笑顔にピッタリだからだ。 1995年3月16日生まれ。 佐賀県三養基(みやき)

  • どんな状況でも投げ抜く #58

    2018/07/24(火) 浜松球場 B4-11D 勝 笠原 負 井納 連日連夜の先発投手陣の炎上。 スーパー猛暑での酷使に、ブルペン陣の負担がかさんでいく。 苦しくないはずがない。 だが皆、泣き言一つ言わず投げ続けている。 この日のマウンドにも彼の姿があった。 大量ビハインドの8回裏。 昨シーズン戦力外通告を受けた古巣ドラゴンズ打線相手に三者凡退。 どんな状況でも投げ抜いていく腹の据わったピッチ

  • ハマの宇宙人が流れを変える #15

    2018/07/22(日) 横浜スタジアム B7-11T 勝 メッセンジャー 負 今永 またもや、ランディ・メッセンジャーに抑えらてしまった。 またもや、今永昇太が抑えられなかった。 オールスターブレイク明けの後半戦。 ここまで苦手にしてきたスワローズとタイガースに、続けてカード負け越し。 今週はハマスタの主役は神奈川の高校球児。 ベイスターズは猛暑の中、劣勢の中、ロードに出陣していく。 借金がか

  • 這い上がれ! #14

    2018/07/21(土) 横浜スタジアム B5-7T 勝 岩貞 負 石田 S ドリス 1999年4月2日。 横浜スタジアム。 前年に38年ぶりの日本一を果たしたベイスターズ。 開幕投手に自ら志願して臨んだのは、ハマの番長 三浦大輔。 後に大リーガーとなるサウスポー石井一久と投げ合うも、同点の7回に連打を浴び敗戦投手に。 ここからチームは6連敗。 三浦自身も調子が上がらず6連敗。 初勝利は14試合

  • 泥だらけのサイクルヒット #1

    2018/07/20(金) 横浜スタジアム B10-3T 勝 東 負 秋山 ハマの切り込み隊長がダイヤモンドを駆け抜ける。 大歓声がハマの夜空に響き渡る。 横浜スタジアムでは21年ぶりとなるサイクルヒット。 5回の打席で全て得点に絡む活躍。 横浜史上最高の外国人選手とも称されるロバート・ローズが1997年4月29日のスワローズ戦で記録して以来。 泥だらけのヒーロー、我らのクワちゃんが、球史にその名

  • ハマの光が栄光への舵を取る #29

    2018/07/18(水) 横浜スタジアム B7-2S 勝 ウィーランド 負 原 スーパー猛暑で灼熱の夕暮れ。 今日は子供たちが主役の「キッズSTAR NIGHT 2018」。 来場者全員に、キッズユニフォームが配られた。 「イベントゲームに弱い」 そんなジンクスを跳ね返し、投打が噛み合い後半戦初勝利。 ヒーローインタビューには、3人の好男子が立った。 先制タイムリーと見事なホームランは、嵐のカリ

  • ここからが本当の勝負だ #20

    2018/07/17(火) 横浜スタジアム B0-6S 勝 ブキャナン 負 濱口 敗色濃厚の9回表。 聞き慣れたテーマ曲がハマスタに流れる。 ドラマ「弱くても勝てます」の主題歌。嵐の“GUTS!” 神奈川県内の超進学校に赴任した青年教師が、へっぽこ野球部の監督に就任する。 超弱小チームを知恵をめぐらせ体当たりで指揮していく奮闘ぶりを描いて大ヒットした。 我らのチームにもどこか会い通じるものがあるで

  • 打たれて、打たれて、やり返せ! #19

    2018/07/16(月) 横浜スタジアム B2-5S 勝 中尾 負 山﨑 1-0で迎えた9回表。 ハマスタに轟き渡るゾンビネーション。 怒涛の康晃ジャンプ。 誰もが勝利を確信していた。 ベイスターズ先発エディソン・バリオスが、2回表にアクシデントで降板後、必死の継投で繋いだゲーム。 最高の形で終われるはずだった。 だが、それも野球。 アンラッキーな一打から打ち込まれて、まさかまさかの展開。 今季

  • 投げる哲学者の夏が来る #21

    2018/07/11(水) 横浜スタジアム B1-2D 勝 小笠原 負 今永 S 鈴木博 前半戦公式戦が終了。 36勝40敗2引き分け。 セ・リーグ4位で、オールスター・ブレイクに入る。 シーズン開幕前には、大きな期待と希望に満ち溢れていた。 評論家の下馬評も高かった。 3連覇を狙うカープに立ちはだかるのはベイスターズ、のはずだった。 だが、予想通りに行かないのがこの世界。 相次ぐ主力の戦線離脱が

  • どんな時も堂々と、自分らしく #17

    2018/07/10(火) 横浜スタジアム B6-13D 勝 山井 負 ウィーランド ドラゴンズ打線に徹底的に打ち込まれて完敗。 前半戦の負け越しが決まってしまった。 こうした大味なゲームを見るのは辛い。 だが、やる方の選手はもっと辛いはず。 勝負がほぼ決まった9回表には、前半戦に大車輪の活躍を見せたこ右腕がマウンドに。 いつものポーカーフェイスで無失点。 きっちりと仕事を果たした。 ここまで全7

  • 君の活躍こそ希望の光 #44

    2018/07/09(月) 横浜スタジアム B5-4D 勝 石田 負 佐藤 S 山﨑 日本列島を襲った豪雨の爪痕。 たくさんの方が被災されている。 心よりお見舞いを申し上げます。 そして一刻も早い復旧と復興を、心よりお祈り申し上げます。 ベイスターズにも、被害に遭われたご当地出身の選手、関係者が数多くいる。 この日、見事な同点ホームランでヒーローインタビューにたった彼もその1人。 1994年11月

1 2 3 4 5 ... 8