• レビュー:【通関士過去問題集 2018年版】その3

    レビューの続きです。過少申告加算税の計算問題は、自体のところ、決まりが色々あるだけで計算自体は掛け算、割り算、足し算、引き算するだけの単純なものです。 例えば、添付写真の過少申告加算税の計算問題の場合、 まず最初に、関税額である「増差税額」を計算します。出題のパターンとして、修正後、税額が多くなるパターンと少なくなるパターンがあります。 添付は税額が多くなるパターンです。 修正申告前(つまり、輸入

  • レビュー:【通関士過去問題集 2018年版】その2

    レビューの続きです。課税価格の計算問題において、買手から売手へ無償で何かモノを提供した場合、いくら無償であっても、モノ自体には値段(価値や価格)が存在するので、 税関からみれば本来の価格が存在し、課税価格に加算すべきでるという考えは当然であり理解できます。従って、出題文章の中で「無償支給」「無償提供」のい言葉があれば要注意なのですが、「有償支給」「有償での提供」がの場合があることを知りました。買手

  • レビュー:【通関士過去問題集 2018年版】その1

    毎日1か月以上毎日勉強し、やっと全体が見えてきて今が一番楽しいときかもしれません。その分、参考書や問題集が「解説不足」と感じることも多くなってきます。課税価格の計算問題で、どれを加算すべきか加算すべきでないか、このあたりが自分が正確に理解できてないところです。特に「金型」についてです。 外国へ金型を無償で送ってものを製造してもらって、それを輸入する場合、課税金額に当然ながらその金型代金(金型の取得

  • 【通関士試験 通関業法】について

    「通関業法」の対策として下記の考え方をしました。この法令は暗記するしか方法はないのですが、それでも何回も過去問題をやっているうちに気がつきました。 1)主人公は3者と決めて考えることにしました。 ・財務大臣(法律) ・通関業者 ・通関士 通関業を営む者に対する内容なので、上記以外は出題文章内で主語になることはないです。出題文章が長いので英語の長文読解のように常に主語(上記3者)はどれかを意識しなが

  • 書籍:「近鉄沿線 謎解き散歩」

    この本も図書館で借りました。近鉄電車の沿線には、東大寺、興福寺、春日大社、法隆寺、伊勢神宮、難波宮跡などの歴史的建造物、遺跡がたくさんあります。さすがに近鉄駅関係の図は載っていますが、近鉄の駅を降りてからのスポットまでのアクセスを詳しく載っていればいいなあと思います。

  • 書籍:「神社の起源と古代朝鮮 」

    この本も図書館で借りてきました。内容は、本のタイトルから読む前に想像していた通り、「日本の文化は全て朝鮮半島から渡った」という決め付け解説です。この手の本ではよくあるパターンです。もちろん、全く朝鮮の影響がなかったと思いませんが、やはり神社は縄文人の古代信仰に中国や朝鮮半島の南部の信仰が入ってきてその後、様々な経緯があって今の神社の形になのではないかと思います。単純に、「神社の起源は朝鮮」と決めつ

  • 書籍:「猫返し神社」

    この本も図書館で借りました。猫好きにはたまらない本だと思います。猫は飼っていませんが、この本を読んで立川市の「阿豆佐味天神社 立川水天宮」に行ってみたくなりました。

  • 書籍:「総図解 よくわかる 日本の神社」

    この本も図書館で借りました。内容は神社に関する基礎知識+全国の有名な神社の紹介です。神社は地域ごとにまとめられており、全316ページで詳しく解説しています。コンパクトなので神社を訪れるのに携帯しても良いと思います。

  • 書籍:「神社の解剖図鑑2」

    この本も図書館で借りてきました。内容は、神社(建物)と神様(ご利益)について、 イラストを使って分かりやすく解説している本です。一つの神社を深く掘り下げて、建物、神様、歴史、系列、ご利益などについて詳しく説明しています。まさに本のタイトル通り神社の「解剖」している本です。 https://www.mercari.com/jp/u/441318165/

  • 書籍:「戦争と平和: 〈報道写真〉が伝えたかった日本」

    この本は、「IZU PHOTO MUSEUM」と一般財団法人「日本カメラ財団」の共催による展覧会「戦争と平和―伝えたかった日本」の関係書籍として出版された本です。戦前、戦中、戦後の報道写真の歩みを知ることができます。 「TRAVEL IN JAPAN」というのが載っていますが、これは鉄道省国際観光局による外貨誘致のために発行されたグラフ誌です。これを見ると今の観光案内の雑誌よりも日本の本質的な部分

  • 書籍:「戦中戦後紙芝居集成」

    この本も図書館で借りてきました。内容は、戦中、戦後の紙芝居の各話の全ページの表と裏面の載せています。紙芝居に描かれている絵は、現在のそれとは大きく異なり、ほとんどが劇画です。また、絵の感じは見ての通りなんとも表現し難いタッチになっています。見方を変えれば、恐怖漫画のような感じもします。価格は4000円もするので買おうとまでは思わないです。

  • 書籍:「写真の歴史入門 第2部「創造」モダンエイジの開幕」

    この本も図書館で借りました。内容は、世紀末から20世紀初め頃の写真が載ってあります。当時の写真はどうのようにして芸術性を獲得したのか。モダニズム時代の様々な形の写真表現を観ることができます。 

  • 書籍:「モラハラ環境を生きた人たち」

    この本も図書館で借りてきました。今は書店や図書館でもこの手の本はよく目につくようになりました。この本を、過去にモラハラを受けていて今は克服した人が読めば、心が落ち着く内容だと思います。しかしながら、現在、モラハラを受けている人、または最近まで受けていた人が読めば、逆に思い出して辛くなるのでは?と思います。また、実際、モラハラは人によって状況も感じ方も違いますので、この本の中から何か対処法を見出すこ

  • 書籍:「ふたつの嘘 沖縄密約」

    この本も図書館で借りてきました。内容は、毎日新聞社政治部の西山太吉記者の妻と、情報公開訴訟という側面から国家の嘘を明らかにしようと闘った弁護士との、2人の女性に焦点をあてて、沖縄密約が一人のジャーナリストの不義問題に矮小化されてしまった事件内容をもう一度見つめ直すルポルタージュです。この本の著者は朝日新聞の記者だけあり、密約問題の歴史的経緯や当事者たちの苦悩をとても読みやすい文章で書いています。

  • 書籍:「日本経済の課題と将来を考える」

    この本も図書館で借りました。各論文の引用している参考文献のリストを確認すればわかりますが、どの論文もかなりの数の本を引用しています。従って、当然ながら、論文の中で驚くような情報はなく、一般的に知られている内容です。硬い文章で書かれた質のいい経済の「教科書」という感じです。ごく普通のことが書かれているので、2009年版ですが、あまり古さを感じません。経済学入門としていいかと思いましたが、この内容で3

  • 書籍:「河内の中世考古学」

    この本も図書館で借りました。内容は、河内の地域について考古学的な見地からみた解説本です。ほとんどが写真で、考古学というより写真集という感じです。 「中世考古学」(ちゅうせいこうこがく)とは、有史考古学(ゆうしこうこがく)の一つで、いわゆる「中世」の遺跡・遺物を研究の対象とする「中世の考古学」(medieval archaeology)のこと。 中世と呼ばれる時代は、日本においても、ヨーロッパにおい

  • 書籍:「東大阪市の指定文化財」

    この本も図書館で借りました。内容としてはどの項目も興味深いですが、すべて白黒印刷なので古さのイメージが視覚的に分かりにくいです。少しはカラー印刷の部分も欲しいところです。

  • 書名:「八尾の仏教芸術」

    この本も図書館で借りました。内容が仏画ということで古いので仕方ないですが、最初の3ページはカラー印刷でなんとか見ることができますが、その以降は全部白黒印刷で写りがとても悪いです。またP46ページに各寺院の所在地図が載っていますが、これは地図とはいえません。

  • 書籍:「池波正太郎を“江戸地図”で歩く」

    この本も図書館で借りました。内容は、「池波正太郎の『江戸三大シリーズ』ともいうべき『鬼平犯科帳』、『剣客商売』、『仕掛人・藤枝梅安』」で描かれた江戸の街路を、古地図と現代地図を通じて新たに読み解いていきます。平成27年に没後25年を迎えた作家・池波正太郎は東京の下町(浅草)に生まれ、そこで体験した幼少期以来の記憶や、 その後、江戸の古地図(切絵図)などを持って東京の町を散策した中から、 その独自の

  • 書籍:「脳科学的に正しい英語学習法」

    この本は図書館で借りるのをやめようかと思いましたが、本のタイトル、「脳科学・・」の”科学”と英語学習がどう関係してるのだろうか?とやっぱり気になり借りてきました。 この本の内容はだいたい下記の内容です。「脳科学」というほどの大きなタイトルを使う内容でもないと思います。他の本にも書いてあるような一般的な内容で、それらをまとめた感じです。英語学習の本は、奇をてらったタイトルが多いと感じます。 1)*「

1 2 3 4 5 ... 66