静岡市清水区

  • 2日目なのに 2日目なのに

    おはようございます。 う~ん、飲みすぎたかな(;'∀') 昨日は初日から19時まで残業。 聞いていた通り、人数が足りないというところもあり、書類確認等から入ったが…。 取り敢えず今日、明日は休みなので、昨日の段階で切りのいいところまでやろうと。 帰っていいよとは言われたが、来週まで確認などを引っ張りたくはなかったので。 最も車で通勤30分以内。 これはいい。めっちゃ幸せや。 今までのぎゅうぎゅう電

  • 【NEWS】桜エビ 春の初競り

    ​​ サクラエビ春漁始まる 由比、大井川漁港  駿河湾特産のサクラエビ春漁が10日、解禁日から6日遅れで始まった。 由比漁港(静岡市清水区)と大井川漁港(焼津市)から計120隻の漁船が出漁した。  由比漁港では、出漁決定の知らせを受けた漁師が集まり、 午後4時半に漁場に向け出漁。魚群探知機で群れを見つけると網を投入し、 サクラエビを次々とケースに移していった。 帰港後はコンベヤーを使って素早く漁港

  • 母と買い物(空気が美味しい山間のお店) 母と買い物(空気が美味しい山間のお店)

    こんにちは。 清水区『西里温泉浴場やませみの湯』近くの 農産物販売所へ母と行ってきました。 今日は営業していました(;´∀`)  でも、ふき&ノビルは無し。  摘むにはもう少し時間が必要みたいです。 ここでは他の物を少し買ってきました。  写真はありませんが・・・  よもぎ饅頭(西里地区のよもぎ饅頭は美味しいんです)、  大きなシイタケ、わけぎ、茹でタケノコ。 そのあと少し先の『笑味の家・食事処た

  • 山菜を買いに行ったけど・・・ 山菜を買いに行ったけど・・・

    こんにちは(○^ω^)_/ 母から「ふきとノビルを買いに​『やませみの湯』​の 近くにある販売所へ行きたいから一緒に行って」 と電話がありました。 やませみの湯とは清水区の山間部にある日帰り温泉です。 嫁ちゃんも孫ちゃんもいないし暇だし 退院してまだ一週間経たない母を一人で行かせられないし 「うん、暇だからいいよ~」って返事をしました。 我が家まで車で迎えにきてもらい(実家から車で3分位) 運転を

  • 6798 次郎長生家(静岡市清水区美濃輪町4-16) 6798 次郎長生家(静岡市清水区美濃輪町4-16)

    幕末、明治維新にわたり、全国にその名を轟かせた世紀の大親分、清水の次郎長の武勇伝は、数々の時代劇や映画などで語り継がれています。 義理人情の代名詞である次郎長、その人生は波乱にみちたものでした。 彼の人生の前半生を「義理の人」と言えば、後半生は「人情の人」と言われ、人を愛し、人に尽くした後半生。それがあるからこそ、今現在も多くの人々愛され続けているのです。 喧嘩にあけくれた前半生でしたが、警察署長

  • 6782 清水の次郎長の船宿 末廣(静岡市清水区港町1-2-14) 6782 清水の次郎長の船宿 末廣(静岡市清水区港町1-2-14)

    ● 明治維新と次郎長の転機 明治元年の秋、旧幕府の軍艦「咸臨丸」が官軍に襲われた際、乗員の遺体を手厚く葬ったことを契機に、次郎長は終生変わらぬ 師、山岡鉄舟と出会い、この出会いが次郎長にとって大きな転機となりました。 ● 港のおじいさん「末廣」での出会い 「末廣」には、日露戦争で活躍した広瀬武夫や小笠原長生、画家の富岡鉄斉、広辞苑編者の新村出などが訪れ、次郎長と歓談しました。 「港のおじいさん」こ

  • 6780 甲州廻米置場跡(静岡市清水区港町) 6780 甲州廻米置場跡(静岡市清水区港町)

    甲州廻米置き場から北側は船溜まりになっていて、その周囲は甲州が土地を買い上げ、倉庫が建てられました。で、今でも山梨県の土地ということになっています。 幕府献上米は、米として輸送する以外に、換金して収めてもいました。その業務は本町の北村家が(恐らく石倉ギャラリーをやってる北村さんでしょうか)仲介業者として一手にさばいていたそうです。ちなみに幕府専用倉庫は清水小学校の場所にあり、それを改築して清水小学

  • 6774 次郎長が学んだ寺子屋跡(静岡市清水区清水町5-7・禅叢寺) 6774 次郎長が学んだ寺子屋跡(静岡市清水区清水町5-7・禅叢寺)

    今回からは、清水特集です。 少年時代の清水の次郎長が学んだ寺子屋跡。