広告のムラゴンブログ

  • 広告とニーズと作戦と

    おはようございます。 ハッピーカーズ大田田園調布店です。 昨日は、広告やPRのことを勉強する日でした。 小規模事業者ならではのやり方がありますよね。 自分の強みと弱みを書き出すところから始めました。 リアルもネットも大事ですよね。 最終的にはお客様のニーズにどれだけあわせられるか。 それ以前に、どうやってハッピーカーズ大田田園調布店の ことを知ってもらうかということを洗い出しました。 その間、ある

  • チラシの効果

    おはようございます。ハッピーカーズ大田田園調布店です。 昨日はオークション会場へ行った帰りに広告案を練っていました。 先日作ったチラシの反応はまだ1件。新聞折り込みに3箇所で計11500部入れましたが、問い合わせはそこからではなく、あいた時間にやったポスティングからでした。 おそらく200枚も配っていないのですが。やってみないとわからないものです。 2〜3日前に女性から電話がかかってきて、いい感じ

  • かーちゃんの アナログ事情。

    おはようございます! ぶるおかーちゃんです。 ヽ(・∀・)ノ♡ お調子に乗って 食べたいだけ 食べたら 太ってる! ヮ(゚д゚)ォ! ま、そりゃそーだ。 この 衰えない 食欲! どーにか ならんもんか… 胃もたれって 何ですか? (* ̄m ̄) それでは 参りましょう! 本日の 坊っちゃん レポ。 【 おはよーごぜーまーす! 】 先ずは やたら キメ顔の 坊っちゃんから。 ( ̄(エ) ̄)v 珍しく

  • かーちゃんの挑戦!

    おはようございます! ぶるおかーちゃんです。 ヽ(・∀・)ノ♡ 先日から 色々と 調べものを 続けておったのですが… やーっと 登録まで 辿り着きました。 (´༎ຶོρ༎ຶོ`) コメントの お返事 出来てないの そのせいです。笑 広告をね。 貼り付けたのですよ!! このブログを 始めた時も そうでしたが… 頭から 煙出そうになった… 設定やら 登録やら 審査やら… アナログ かーちゃんには お金

  • 話題の1円雑誌「広告」リニューアル創刊号を買ってみました。

    博報堂の雑誌広告がリニューアルされる事となり、その創刊号が価値について考えることをテーマにした内容の為、1円で販売するという話を聞いたので、試しに購入してみました。 アマゾンで購入したのですが、出荷元は博報堂で送料も無料の為、で本当に1円のみの支払い。 到着したので見てみましたが、装丁は銀紙の表紙が目立ちますが、紙質は新聞のチラシのような質感です。 想像以上に分厚い雑誌でカラーページもあるのに驚き

  • ニューヨークの地下鉄で出会ったキャスパーの広告の英語を読む。

    キャスパー(Casper)は、ベッドマットレスのメーカーです。アメリカ人は、マットレスにはかなりのこだわりがあります。その中でもキャスパーは、いつもおもしろい英語のワーディングで楽しませてくれます。 Let's travel with our minds to the most comfortable mattress Here, a mantra might help There's no pl

  • ニューヨークで出前サービスを始めて20年のシームレス。独特のポスターにあった"PROMO CODE"(プロモコード)に出会う。

    SEAMLESS(シームレス)の広告に出会うのを楽しみにしていました。このレトロ感が好きだし、英語も洒落ているので。 今までもご紹介しています。           ↓ New Yorkらしい食事の取り方は「出前」。Seamless の広告がレトロ!  Get $12 OFF Your first delivery order of $15 + On the APP. USE PROMO CODE

  • (実はしないほうがいい)会社でマビがやれなくなった

    きのう広告モニターの設置により、 今1台のコンピューターで4つのモニターをコントロールするようになりました。 そのコンピューターはずいぶん古いので、 4つのモニターをコントロールするのにギリギリできるのですが、 ゲームをするなんてムリです。 だから会社でマビをやりたいなら、 必ず新しいコンピューターを買わないといけません。 ただし、お金がかかるし、仕事もどんどん忙しくなってきたし、 これをきっかけ

  • ニューヨークでグラフィックデザイナーになれるかもしれない!?

    ニューヨークで地下鉄と日本の地下鉄を比較して、3点大きく違うところを見つけました。 1. 吊り広告がない。週刊誌の広告がない。 2. 広告の大きさが日本の3枚分ほど。文字が大きい。 3. つり革がない。 その他、 多くのキャッチコピーが、「これを買って」というより、「今のままでいいんですか?」といった、個人のライフスタイルに訴えてくる内容が多い。 昨日の、キャリアアップを促す広告の隣にあったのが、

  • 【現代広告の心理技術101】お客が買わずにいられなくなる心のカラクリとは

    久しぶりの書籍レビューです。この本をお勧めしている訳ではありません、注意喚起です。2014年頃に発刊された本だと思いますが今でも特にフェイスブックで広告として入ってきます。スパムのように。。 つまり、これはアフィリエイト商材です。そして、そのアフィリエイト報酬は2000円ともあるとのこと。その意味ではなかななか割りのいい商材です。従って、この本を賛美したブログ、コメントが当然ながらネット上では多い

  • キャスパーのボックスマットレスはボックスに入って宅配される。

    このハイテク時代、世界中のものがコンピューターで手に入ると思っていたら、そうでもない・・・。ニューヨークに行って、大抵日本からネットで買えるから、わざわざ買って帰るのやめようと思うものもありますが、実はアメリカでしか買えないものもたくさんあります。そういったものは、大抵5番街ではなく、スーパーや、ファーマーズマーケットなどにあります。歯ブラシのような日用品やスナック類はわざわざ高い送料払って海外オ

  • ニューヨークのクィーンズで見つけた英語。"Out of Space"に笑う。

    トランペットを吹いている男性。 その隣のキャッチ―なフレーズに思わず笑いました。 "Out of Space? Use Ours." 「場所が足りないんですか?私たちのスペースを使ってください。」 トランペットを吹くって、とても力が要りますよね。思わず体を曲げることも。その一瞬をとらえて、四角い広告の中に閉じ込めて、いかにも頭が天井についてしまいそうなところで練習しているようにも見えます。そこで、

  • ニューヨーク市のDOIのキャンペーン広告3枚目公開と緊急メッセージ。

    放置されている空き家。日本でも問題になってますね。ここでの警告の意図は日本の場合と少し違います。 "Cutting corners comes at a cost" 「手抜きをすると代償を払うことになります」 と書いてあります。後はすべて、他の2枚と同じです。 "cut corner"? このブログのどこかで見たような・・・? その通りです!思い出してくださって、ありがとうございます! 持ち帰りピ

  • New Yorkの地下鉄で見つけた、"Work is a passion." 「仕事は情熱」という英語。

    電車の中の広告を見ています。 "When work is a passion, things get interesting......" (especially in NYC) 仕事が情熱になるとき、物事が面白くなる......(特にニューヨークではね!) さて、その下の赤枠の中。 SERIES PREMIER: Monday April 23 at 9PM  プレミアシリーズ "A Day's

  • 【おすすめ無料ブログ】あなたの仕事や活動を無料で宣伝できるのがムラゴンです

    ブログの始め方 - ブログ初心者の皆さんへ、ブログ歴14年の僕からの熱いメッセージです(^^)/ みんな人間、あなた宝物。 ムラウチドットコム社長・村内伸弘です。 muragon(ムラゴン)であなたもブログを始めてみませんか? 僕自身が作って、ブログのすばらしさを語っているこの動画を、皆さんぜひご覧ください♪♪   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ブログの魅力を伝える動画 動画制作&出演: 村内伸弘(ムラウチ

  • Microsoft Edge 広告ブロックを入れてないと・・・。

     Microsoft Edge、普段はGoogle Chromeを使っているから、それに広告ブロックなどは入れていない。  試しにMySoftBankと検索すると。 そのままトップ項目をクリックしてしまいそうです。 クリックしてみました。  接続状況によっては、ドライバ自動ダウンロードアプリを、ダウンロードしてくださいの画面が出ます。うっかりダウンロードしても実行しないでください。パソコンが乗っ取

  • 余計なお世話(┯_┯)

    今年から新たに加わった〇〇理事。 とある大企業の専務取締役です。 とにかく はりきる・はりきる💪 が 余計なお世話が多い👊 来月開催されるフェアの広告を た~んまりと事務局に送ってきて 各社に送付しろと👀 しかも各社20ずつのノルマ😳 はあ?💢 送付した後 各社からのクレームの電話が鳴り止まない😱 〇〇理事に言ってください💢💢 勤務時間外の午後も この対応に追われていました💧 電

  • ニューヨーク、1枚の地下鉄のポスターがホームレスの援助を呼びかける。"homeless"は形容詞。

    ニューヨークの地下鉄には、いわゆる吊り広告、つり革がありません。その他はほぼ東京の地下鉄と同じような内装です。 違うのは、突然車内で演奏をはじめてチップをもらう人がいたり、ただ紙コップを持って小銭をもらいたがっている人がいることです。ほとんどの人が、必ず何人かはコップにいくらか入れてあげています。 車内の広告は、公共機関や団体のメッセージが比較的目立ちます。そのほとんどがニューヨーク社会で生きてい

  • アメリカの比較広告の方針。消費者をだますようなウソがなければ、他社との比較広告はOK。

    Protecting America’s Consumers アメリカの消費者を守る "Statement of Policy Regarding Comparative Advertising"というタイトルで、連邦取引委員会(Federal Trade Commission)が1979年8月13日に発表したものです。 (原文はこちら) ーーー一部抜粋します。ーーー The Federal Tr

  • ニューヨーク、マンハッタンで見つけたポスターや看板の英語表現。

    "ramen"(ラーメン)が出てきた、買い物代行サービスのポストメイツの広告。「ラーメン」もいよいよ英語になったか・・・! 「ラーメン今すぐ食べたいんですね。でもインスタントラーメンじゃイヤなんでしょ?すぐ、買ってきます。ポストメイトです。」 これも、文字だけです。 一番下に、"Desigual."ってかいてありますね。「デシグアル」です。ファッションブランドです。 "Do you want to

  • ポストメイツの広告の内容にクレーム。Pink!が言った言葉に拍手!

    前回載せた「ポストメイツ」ポスターの文言にクレームがついたという話を書きます。 どこが問題だったのかというと、30, 50 という数字が表すものと、"dead"(死んでる)という表現。 問題になったのは、このポスター。 When you want a whole cake to yourself because you’re turning 30, which is basically 50, w

  • どこまでデカイかファイザー本社、広告もハンパじゃない。

    ここはニューヨーク、ミッドタウン東部。とにかく延々と続く大広告の脇を歩きながら、「一体ここは何・・・?」と入り口をみると、製薬会社ファイザー(Pfizer)の本社でした。 写真左のビルで隠れていますが、実際はビルの幅が写真の倍くらいあります。1階のフロア正面はずっと広告だったんです。 入り口の社名からして、世界に君臨してるっていう存在感があります。 その名も "PFIZER WORLD HEADQ

  • ニューヨーカーらしい食事の取り方は「出前」。シームレス(Seamless) の広告がレトロ!

    Seamless(シームレス)はニューヨークのフードデリバリーカンパニーです。配達料無料で、加入レストランのメニューをどこへでも配達してくれます。 地下鉄の車両で広告を目にしました。レトロです! Over a million people in New York City and we can help you avoid them all. って書いてあります。 100万人以上の人が住んでいるニ

  • New Yorkの地下鉄の広告の英語が面白い!"standing room"とは?

    ニューヨークの地下鉄は危険だとか、汚いと聞いたことがありました。今は汚くないですよ。落書きもないです。色々な人の様子が見られるし、広告を見るのが面白いのです。日本の広告より大きいです。3倍はあると思います。文字も大きくて少ない。写真がないものも結構あります。 広報のようなメッセージ性のあるものも多いです。例えば次のメッセージ。(読みにくくてごめんなさい。書き写します。) 左の方。 Take You

  • New Yorkの地下鉄の広告はメッセージを伝えるものが多い。簡潔で楽しい。

    地下鉄の車両には、企業のコマーシャルだけでなく、利用者に直接呼びかけるようなサインが多いです。伝えたいのは「マナーを守って乗ってください。」ということですが、こんな素敵な英語に出会ったんです!直訳すると、「誰もにとってより良い乗車にするような人でいてください。マナーはより良い乗車を作ります。」となりますが、someoneを使っているところ、a better rideと比較級を使っているところ、be

  • 第13回Webマーケティングのディープな話

    アメリカでのブラックフライデーにおける オンライン小売の総売上高が 前年比16.9%増の50億3000万ドルと、 記録を更新したそうです。 しかも、オンラインで最も売れたものは 任天堂の「Nintendo Switch」だったそうです。 日本でも大人気の「Nintendo Switch」ですが、 今年のベストガジェットでも、 あのiPhoneXを抑え、一位に輝いていましたね!! 日本ではあまり浸透

  • ハイセンス

    キャラの素材を生かしきった広告ですね!

  • ファイルメーカー(FileMaker)での業務

    FileMakerとは、なんぞや 先日から、FileMaker(データベースソフト。ファイルメーカーといいます)のワークショップに参加した記事を書いておりました。がファイルメーカーって何に使うの?という疑問もわいてきますよね。 私は広告制作に効率的にミスなく、ムリムダをせずに仕事をするための道具の一つとして、昔から使っていたソフトです。広告制作で実際に使っていた例を元に説明したいと思います。 ◯フ

  • 都市伝説!デザイン系ソフトについて

    Illustratorの画面構成とアクションについて  アドビ社のIllustrator(イラレと呼ぶことが多い)というデザイン系ソフトについての記事です。  一般にはあまり馴染みがないかもしれません。主にデザインや印刷・広告、web制作などで使われるメーカー及びアプリケーションです。 ▲アドビのAI系技術の呼称。「アドビ センセイ」です。(Adobe MAX 2016にて)  いろんな所にAI技

  • 最近多い「低解像度画像」について

    ちょっとまじめな話。  いつもは釣りや、メダカなんかの記事を書いてますが、記事につける写真は仕事柄、できるだけ、最適化した画像データを作ってアップしています。  最適化と言ってもファイヤワークスを使ってまではやってませんが、トリミングとリサイズはしてます。たまにアンシャープマスクをかけてます。もうこの辺りの作業手順は空気みたいなものですね。画像処理の基本の一つなので、ぱぱっと手が動いてしまいます。

  • 宣伝や広告について考えた

    結構。最近の出来事で マリオメーカー問題。 AppBank上場。 某テレビ局が赤字。 ががばば。 ネットや従来の宣伝や広告を巡り様々な現象が重なりあった事を確認したので 自分は、興味を感じたんだ。 これは、本当につまらない記事にあたると思う。 これから書く記事は、自分の只の忘備録で、 その内。追加。加工や修正をする記事にあたる。 後で、自分が読みやすいようにね? なのでスルーして貰った方が良いと思

  • 今年の春先?梅雨時くらいかな?

    ユーチューバーという。 主にネットで動画を上げている人? その活動を行っている人物?の番組を見たんだ。 自分は、たまたま偶然。テレビ番組を見ていたのだけれど その後。起こった事は、動画を上げている人物への報酬の下方修正。 ユーチューブってサイトは、 エサをばら撒いたんだね。 昨年のこの時期か暮れ位の時期にね?

  • そして、すっ飛ばして今の現状。今の現象を考えてみたんだ

    ワザワザ、記事として取り上げるのは、メンドクサイからね? 昨年の暮れ位かな? ユーチューブって動画サイトが結構な額を使っての宣伝広告をばら撒いた。 彼らにとっては、エサ。 ネットを使っている一般人。 ユーザーに対してのね? 彼らが、その宣伝をする前から 好んでユーチューブへ動画を上げているユーザーはいたんだ。 だけれど、 もっと動画情報を彼らは得たかったのだと思う。 その為の、宣伝広告。 広告を出

  • 大手スポンサーや広告主のネットへの移行や併用

    この時期。 こんな事は、誰でも解るし誰でも納得出来る事柄だと思うんだ。 今から数十年?それ以前かな? アフィリエイトと言う広告形態が現れ始めた。 ネットで自分達の会社の出している商品やその会社を知ってもらいたいという 広告宣伝。 自分位の年の人で、その時。 ネットを使っていた人は、誰でも知っているよね?

  • 某テレビ局が赤字になったそうなんだ

    これは、どうでも良い話。 自分の書いた記事に対して、凹凸を付けようとした結果。 つまらない記事を書く事になった。 全然。全くこの後の記事の事は、読まなくて良いと思う内容。 そして、この後もどうでも良い話が続く。 只の酔っぱらいの書いたつまらない記事なんだ。 簡単に言うと赤字になった理由は、視聴者離れ。 それとスポンサー離れ、という現象なんだ。 大手のスポンサー。広告主は、今の時期のもうちょっと前か

  • 操られてはいけない!「プロパガンダ」 広告・政治宣伝のからくりを見抜く

    操られてはいけない!大衆操作の実態を解明する本 プロパガンダ 広告・政治宣伝のからくりを見抜く A・プラトカニス / E・アロンソン 著 社会行動研究会 訳 AGE OF PROPAGANDA THE EVERYDAY USE AND ABUSE OF PERSUASION ANTHONY R. PRATKANIS / ELLIOT ARONSON 大衆操作の実態を解明(誠信書房) 「完全教祖マニ

  • おいおいFacebookよ、オマエの見ている先は何なのか。オマエがオレを見ていないなら、オレだってどうするかわからないぜ?

    「Facebookページリーチ激減り、ただ乗り終了のお知らせ」今日、このギズの記事を読んで、同時に2つの感想を持ちました(ちなみに二重人格ではありません)。ひとつは、ちょっとだけ広告の仕事をしている私にとっては、一部短期的にはspendingがあがってゆくことが想像できるので「ラッキー、うふふっ」て思ったこと。もうひとつは、企業からの情報を広告とは知りつつも、強いエンゲージを保っている関係であれば

  • 連続で映画鑑賞

    先日 映画館で洋画 エンダーのゲームと邦画 ジャッジを連続で鑑賞。エンダーのゲームは元々は25年前の小説という事ですが、原作は未読で今回初めて鑑賞しました。ハリウッド映画らしくないなと言うのが第一印象。私の思い込みだと、大体のハリウッドの宇宙人との戦闘映画は、マッチョな主人公が武器や兵器を操って、敵を倒してハッピーエンドという感じのが多い気がします。しかし、この作品は主人公が10歳の少年で、指揮官