• 上杉謙信 第3話(前半)

    ※ネタバレ注意 ※名前は双葉です ーーーーーーー 謙信様は私が自分の足で立ったことを確認すると、すぐに手を離した。 (怖いのか優しいのか、よくわからない人だな) 謙信「ついて来い」 「はい…っ」 それきり私のことを見ようともせず歩き出した謙信様を慌てて追う。 冷たい横顔をちらりと眺めて考えを整理しようとした時、 ふと、佐助くんと交わした会話が脳裏をよぎった。 ---------- 佐助「ああ、そう

  • 上杉謙信 第2話(後半)

    ※ネタバレ注意。 ※名前は双葉です。 ーーーーーーー そして数日後―― 私はまた、城下の雑踏の中を歩いていた。 (この時代での生活には慣れてきたけど、安土城ってなんとなく居心地が悪いんだよね) 世話役の仕事を特に与えられることもなく、 信長様を初めとする武将たちはみんな忙しそうで声もかけづらい。 (でも、そろそろ帰らないと日も暮れちゃうな。あと、少しだけ市を見て戻ろう) 城下の市には、三成くんが教

  • イケメン戦国 第2話(前半)

    ※ネタバレ注意。 ※名前は双葉です。 ーーーーーーー 謙信「その色々の内容を聞かせろと言っている」 しどろもどろに言い訳を始めようとしたその時―― 佐助「あれ、謙信様と……双葉さん?異色の組み合わせですね。ふたりで何やってるんですか?」 「佐助くん!」 ひょっこりと佐助くんが現れて、私たちを見比べる。 謙信「佐助か……。勝手に組み合わせにするな。俺はこの怪しい女の素性を尋問しようとしていただけだ」

  • 上杉謙信 第1話(後半)

    ※ネタバレ注意。 ※名前は双葉です。 ーーーーーーー 「わあ、すごく賑わってるね」 三成「はい。信長様は商業の発達や流通に心を配っていらっしゃいますから。この安土は、全国から優れた品々が集まる活気のある町なのです」 (信長様って偉そうなだけじゃなくて、実際にすごい人なんだな) 感心しながら辺りを見回していると…… 商人「おや、三成様!」 大きな米問屋の店先から声をかけられ、立ち止まる。 商人「今、

  • 上杉謙信 第1話(前半)

    ※ネタバレ注意。 ※名前は双葉です。 ーーーーーーーーー (三ヶ月間なんとしても切り抜けて、現代に帰ろう!) タイムスリップまで安土城で過ごすと決めて、私は広間に集う武将達に頭を下げた。 「お世話になります、皆さん」 すると、伸びてきた手に顎を捕らえられ、くいっと上を向かされる。 信長「可愛がってやる、双葉」 「か、可愛がるって言われましても」 (これ、どう反応すれば正解なの……っ?) 困って信長

  • 「国盗り物語」司馬遼太郎 新潮文庫

    油売りの身から一国の城主にまでなった斎藤道三と稀代の天下人織田信長を描きます。道三の話柄には、多くフィクションが紛れ込んでいる感がありますが、一介の貧民から城主にまで登り詰めた男を描いて、痛快ささえ覚えます。信長については、「信長公記」があるおかげでしょう。写実的な筆致でその人物像を捉えます。戦国時代の二人の名武将を描いて、読み応え充分な書物に仕上っています。エンターテイメントとしても楽しめる小説

  • 織田信長の一代記「現代語訳 信長公記(しんちょうこうき)」は僕が読んだ最も恐ろしい伝記

    現代語訳 信長公記(しんちょうこうき) 太田牛一著 中川太古訳 KADOKAWA 新人物文庫 読み終えて、気持ち悪くなりました。 本当の「織田信長」を知ることができました。 本当の「戦国時代」を思い知らされることになりました。 生まれてからこのかたこれだけ恐ろしい伝記を読んだことはありません。信長の一代記である信長公記(しんちょうこうき)の現代語訳、読み終えて、僕は戦慄で震え上がりました。戦国時代

  • のぶひろ49 - 49才、織田信長が死んだ歳になりました。

    満49才☆ 僕の平成29年の決意 満49才になりました。 僕のブログをご覧の皆さん、ぜひお祝いまたは豪華なプレゼントをお願いします(笑) いくつになっても基本、寂しがり屋のかまちょです☆ ※数え年だとすでに50才になってます 明智光秀に攻められた織田信長が自刃前に本能寺で舞った「幸若舞(こうわかまい)」の「敦盛(あつもり)」の一節。 「人間50年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり。一度生を得て

  • 人と会う。昔々。斎藤道三と言う人物と織田信長が会ったらしいんだ

    これは、有名な逸話で誰も彼もが知っている有名なお話。 これが、本当の事かどうかは、自分にはしれない。 権謀策略に秀でた斎藤道三の裏をかいた? 只。正装して行儀良く出て来ただけで それまで、ウツケ者と言われていた人物が 正装し、行儀良くその場で行っただけで 権謀策術に秀でた斎藤道三の裏をかいた。 衝撃的だよね? 本当にウツケ者だと判断したら殺してしまおうかと思っていた人物。 それなりに優秀な人物だと

  • 美味しい料理の作り方?美味しい味噌汁の作り方?

    予め断って置くのだけれど、自分は、料理には詳しくないよ。 でも、こんな話を知っているんだ。結構。有名な話で多くの人は、 知っていると思うのだけれど 昔。織田信長と言う人がいたんだ。 その人は、ある時。天下一有名な料理人を連れて 来て料理を作らすんだ。 でも、有名な料理人が自信を持って出した料理は、不味かった。 織田信長と云う人は、怖い人物で、その場でその料理人の首を 撥ねてしまえと部下に命令した。