• 3年生 理科 植物の育ち

    🔴3年生 理科 植物の育ち ◯ホウセンカなどのタネを蒔いてから、芽が出て、「子葉」や葉が出て来るのを待ちます。 ◯ホウセンカ、ヒマワリ、マリーゴールドなどの子葉や葉の違いを観察します。 ◯教科書の写真を見た後で、実物を観察し、3つの子葉を比較しながらそれぞれの特徴に気づかせていきます。 ◯3種類の絵をノートに描いて、違いを捉えていきます。 ◯そして色、形、大きさを言葉で表現する力をつけていきます

  • 3年生 理科 チョウの一生②

    🔴3年生 理科 チョウの一生② ◯単元の初めに教科書を見ないで、チョウの絵をノート1ページに大きく描かせます。 ◯おそらくほとんどの子が、羽を2枚、カラダを1つ、触覚を2本というようなチョウの絵を描くかと思います。 ◯「ノートに描けたら、黒板に描きに来てごらん」と言うと変わったチョウのオンパレードになりました。 ◯でも、何も見ないでも描くとこれでいいのです。大切なのは、この後の学習でどれだけ正確

  • 原子記号と化学式難しすぎる😅📝(2年理科)

    只今理科を学習だけ難しすぎるww ↑原子記号 ↓が化学式です 皆さん!! 難しすぎますよね? 原子記号や化学式は2年生の分野ですけど… これをテストまでに覚えろだよ 炭酸水素ナトリウムとか炭酸ナトリウムとか特に 僕は無理でーす 助けてーーーーーーー 僕は本当に記憶力がなくて困っています まぁこんなブログ書いている暇があえば 1単語覚えるのに集中します 以上 テスト週間の苦労しているところの報告でし

  • 3年生 理科 チョウの一生①疑問力

    🔴3年生 理科 チョウの一生①疑問力 ◯モンシロチョウやアゲハチョウの成長を観察する単元です。 ◯モンシロチョウが花の周りで飛んでいる写真を見て考えます。 ◯なぜ花の周りにいるの?と発問をします。 ◯知っている子どもからは、「花の蜜を吸っている」という答えが返ってきます。 ◯「ホントにそうかなぁ」と返していきます。 ◯理科の学習が進んでいくうちに、子どもから疑問が出せるようになりますが、まだ3年

  • ビンゴで楽しく学習

    🔴ビンゴで楽しく学習 ◯どの教科でもビンゴは使えます。マスを印刷したプリントをたくさん用意しておいてもいいですね。 ◯3✖️3のマスだと9個の用語を書くことができます。 ◯単元の学習に出てきた用語の中からマスの中に言葉を書いていきます。 【国語】 ◯漢字、部首、熟語、本文に出てくる主語など 【社会】 ◯地図記号、市町村名、都道府県名、歴史人物、平安時代に出てくる用語など 【算数】 ◯九九の答え、

  • 3年生 理科 植物のタネ

    🔴3年生 理科 植物のタネ ◯教科書では、ひまわり・ホウセンカ・マリーゴールドのタネを観察して、タネをまき、発芽やその後の成長を観察していくことになっています。 ◯この3つの花のタネは、形や大きさがハッキリとした違いがあり、その後の成長の様子もそれぞれに特徴もあります。 ◯比較をすることで植物の違いを理解しやすいために選ばれているかと思います。 ◯学級園が広い所では、1人で3種類の花を植えて観察

  • 3年生 理科 タンポポの観察

    🔴3年生 理科 タンポポの観察 ◯3年生の理科には、春の生き物を観察する単元が最初にあります。 ◯最初の1時限は、自由にいろんな生き物を探して、観察してもいいかと思います。 ◯でも、ほとんどの場合、生き物探しで終わってしまいがちです。教科書に載っているホトケノザやオオイヌノフグリを見つけたら2ポイント、それ以下は1ポイントとしても、アリやトカゲ探しに夢中になって遊んでいます。 ◯次の時間には、タ

  • 理科 磁石を使って遊ぼう

    🔴理科 磁石を使って遊ぼう 🔶磁石の学習を一通りした後で、磁石使った遊びを工夫して考えさせると、子どもたちはいろんなおもちゃを作ります。いくつか紹介しますが、自分たちで考えさせると、いろんな発想が出てきます。 ①魚釣りゲーム 🔶紙を魚の形に切ってクリップをつけます。磁石を糸に結んで割り箸につけます。 🔶魚だけでなく、動物や虫、花など何でもできます。裏に数字を書いておくと、得点の合計を計算す

  • 星の学習

    🔴星の学習 ⭐️私は星空を見るのが大好きです。 子どもが小さかった頃は、よく星を見に山奥までドライブに連れて行きました。 天体望遠鏡で土星の環や月のクレーターを見せると大喜びしていました。 懐かしい記憶です。 私が中学一年生の時に買ってもらった天体望遠鏡です。当時の大阪は、工場からの光化学スモッグで星はあまり見えませんでした。 🔴小学校では、天体の学習を4年生と6年生でします。 月と星の動きに

  • 理科 大地のつくり 地層

    理科 大地のつくり 地層の学習 この単元は、実験や観察がなかなか難しいのです。近くに地層が見える所がなくて、映像で学習することが多いなります。 また、実験も砂や土を流して堆積していく様子を観察する実験ぐらいしかありません。 私がこの単元でやってみた実験を紹介します。 色粘土を買ってきて、薄く平らにして、いろんな色の粘土を積み重ねて層にします。 横からは何色か見えないようにします。 グループごとにそ

  • サツマイモ・どんぐりをよく見る

    🔴サツマイモ・どんぐりをよく見る いろんな学年でサツマイモを栽培していると思います。 もう収穫はされていることでしょう。 🔶生活科や総合学習でサツマイモを育て、芋掘りをして、最後は焼きイモをしたり、スイートポテトを作ったりして食べますね。 🔶食べる前に育ててきたサツマイモの絵を描くのもいいですね。 🔶三原色の「キミコ方式」で大きくサツマイモの絵を描いた事もあります。 🔶絵を描く前に、自分

  • 理科 ドライアイスの実験

    理科 ドライアイスの実験 気体の学習の際、この実験を行うと気化すると体積が増えることが実感できます。 🔴準備物 フイルムケース(今はもう手に入りにくいですが、理科室にはきっとあるはずです) ドライアイス(電話帳で製氷会社やドライアイスを扱っているお店を探します。スーパーやケーキ屋さんに分けてもらってもいいですね) 風船 ①フイルムケースに少量のドライアイスと水を少し入れるだけです。 しばらくする

  • 理科 昆虫の体のつくり アメンボの足は何本❓

    理科 昆虫の体のつくり 昆虫クイズ 3年生の理科で、昆虫の体について学習をします。 1学期には、モンシロチョウの体と成長の学習。 2学期には、その他の昆虫の体と成長について学習します。 学習する前に、チョウの絵を書いてもらいます。ほとんどの子は、体を一つと羽を二まい描いて終わりです。 観察し、学習した後に描くと、 頭・胸・腹の三つの部分と羽を4枚と足を6本 描けるようになります。 学習前に描いたチ

  • 時代を超え普遍的な価値   21世紀能力とは

     STEM教育とは、Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、Mathematics(数学)の頭文字で、新たな英才教育のキーワードです。こどもの科学技術への理解促進・科学技術リテラシー向上を図ることで、グローバルな舞台でイノベーションを起こすことができる人材を増やすことを目的とし、科学技術と理数系教育を統合・体系化したものです。米政権では官民連携の国

  • 化石発掘体験

    長かった連休も終わりましたね。 連休中、唐突に化石を発掘したいと言い出した次女。 長居競技場で開催している恐竜イベントを提案したものの、自分で発掘してみたいとの希望の為、ネットで検索して行ってきました。 場所は兵庫県丹波篠山市。元気村かみくげ丹波竜の里公園というところです。 http://kamikuge.com/osirase.html 駐車場のすぐ側に公園と化石発掘体験場所があります。 公園が