• うちに来る野鳥

    今日は我が家に来る野鳥を紹介します。 とは言ってもまだ数種類しかきません。 一番来るのは、こちらのHouse Finch という種類。毎日来ます。日本名はメキシコマシコ。 明日は頭から腰にかけて赤く、メスは茶色くてスズメくらいのサイズです。 毎日朝、昼、夕と1日通して来てくれます。 数が少ないながらもちょこちょこ1羽〜2羽でくるのが、こちらの Pine Warblerという種類。日本名はマツアメリ

  • 「オナガ」鳥

    おお こちらが気を付けてみれば 我が家の周辺には 野鳥が来訪しているんですね。 頭が帽子を被っているように黒くて 尾が長い 灰色と薄い青色 どうしてこんなに上品な色合いを出せるのでしょう 8羽ほどやってきて 去っていきました 「オナガ」

  • 北海道の野鳥 其の5

    北海道も5日目 この日から2日間は北海道の野鳥友達Yさんに案内をして頂きました。 まずは海に向かって😄 クロガモ カワアイサ 群れで魚を獲ってるようでした。 シノリガモ 綺麗な鴨です。 なぜか♂が♀を追い払ってました。 正面顔も面白いですね😁 ヒメウ ウミアイサ 頭がボサボサ オオワシ 河口の木に止まってました。

  • アカアシカツオドリ

    マカプウ岬トレイルで会った鳥達。 最初はオオグンカンドリ。 飛ぶの早過ぎ~。 カメラ間に合わず(~_~) また、白い海鳥が2~5羽くらいのグループをつくり、 たくさんのグループが岬の周辺を飛び交っていました。 Vの字。 1列。 3羽。 よく見ると、嘴の色が真ん中の鳥だけ黄色っぽく、両端が青。 両親に挟まれて、子供の飛行練習かな? 今回初めて見る鳥ですヽ(^。^)ノ 帰って名前を調べました。 アカア

  • 北海道の野鳥 其の4

    前日まで雪が降った公園に行きました。 朝ゆっくり到着したので散歩してる人達の踏み跡が付いて助かりました。 樹にはまだ降った雪が融けずに乗って綺麗です。 ミヤマカケス 動くたびに雪が落ちます。 キクイタダキ 小さい体で樹の中を忙しく動きまわり、撮影者泣かせ(>_<) フワッとして、正面顔も可愛い😄 やっぱり頭の上にある黄色い菊が見えないとねぇー カワガラス 本当は川沿いに歩いてヤマセミを探しました

  • 北海道の野鳥 其の3

    今回はキツツキの仲間 残念ながらクマゲラには会えませんでした。 代わりに珍しいコアカゲラ♀に出会いました😁 雪のアカゲラ ヤマゲラ コアカゲラ すぐに飛び去り横から撮れませんでした。(>_<) キバシリも可愛いですよ。😁

  • 野鳥 今日の出会い・ミラーレンズで今日は

    以前使っていたミラーレンズの解像度が悪くなったので、新品同様の中古をオクで購入して有ったので、持ち出してみた。 今日はカラー設定をいつものsRGBからAdobeRGBに変えて撮影してみた。 ホシゴイ(ゴイサギの幼鳥) ミラーレンズのボケが面白い?かな? カワセミ (今回カラー設定をAdobeRGBにして撮ったけど特徴が出てるだろうか?)  機材 シグマ600mm+時々2倍テレコン     Sony

  • 北海道の野鳥 其の2

    雪と野鳥の取り合わせは地元で撮るチャンスは少なく 嬉しいです😃 この時期は枝から葉も落ちて撮影もし易いですね。 ヤマガラ ヤマガラも寒そうです。 ハシブトガラ ミヤマホウジロ

  • 北海道の野鳥 其の1

    野鳥仲間と一番寒い時期の北海道へ行って来ました。 現地では仲間の知り合いのOさん、Sさんに案内をしてもらいました。 まずは全員が撮りたかった人気のシマエナガ まるで雪だるま 可愛いですね。 上を見てうっとり シマエナガとシジュウカラと並んで、雪もちらちら降っていい感じ(^。^) 最後は凛々しく決めポーズ

  • 文鳥と雀 ‐ カピオラニ公園

    今週は雨が多く寒い日が続いています(´・_・`) 寒いと言っても最低気温が19℃くらいなので、日本と比べると暖かいのですが タンスの奥から長袖のシャツを出して着ています。 カピオラニ公園へ行くと文鳥がいました。 文鳥は、いつ見てもカワイイ(*^_^*) 草の種を食べていました。 2羽いました。 雀も一緒。 文鳥と雀は仲が良く、一緒に草の種をたべています。 雨のおかげで草の成長が早く、鳥達の食べ物が

  • ツノダシ(水彩画)

    水彩画で船を描きたくなり、船のある風景を写真撮影しに アラワイ・ボートハーバーへ行きました。 海を覗くとツノダシがいました(^。^)ノ 細く長い背びれが、複雑な動きでゆらゆら~。 黄色い熱帯魚も一緒にいました。 以前、ツノダシを描いたのを思い出しました。 ツノダシの縞々模様は、人間から見ると「縦縞」ですが、生物学的には「横縞」だそうです。 ツノダシの縞々を縦(横?)にした背景を添えた、「ツノダシの

  • ネーネー(ハワイガン)(水彩画)

    ネーネー(ハワイガン)は、ハワイ州の鳥に指定されています。 残念ながらオアフ島では、野生のネーネーは殆ど見ることができません。 先日、ホノルル動物園のネーネーに会いに行きました。 とっても、かわいい顔をしていました。 でも、やっぱり野生のネーネーに会いに行きたいなぁという気持ちから、 野生のネーネーの絵を描きました。 野生では、高山の溶岩が多い場所に住み、 溶岩に生えるベリー「オヘロ(英名:Vac

  • ハワイ大学キャンパス・シロアジサシ ガイドツアー

    昨日、ハワイ大学キャンパス・シロアジサシ ガイドツアーに参加しました。 ハワイ大学とシロアジサシ市民科学(White Tern Citizen Science)グループの共同主催。 シロアジサシ市民科学のRichさんがシロアジサシについて説明し ハワイ大学キャンパス植物管理者のNoweo Kaiさんが植物について説明するという約2時間のキャンパス内ツアー。 参加者は、約25人でした。 地面からでは

  • ハイイロチュウヒ♀とタゲリ

    葦原にコミミズクを狙いに行きました。 16時過ぎまで待っても出ません。  代わりにハイイロチュウヒ♀が飛んでくれました。 舐めるように低く飛んで獲物探し ハイチュウ♀は猿顔ですよね🐵 上空ではチョウゲンボウが獲物探し 近くの畑を通るとタゲリも来てました。 メタリックな羽が綺麗! 冠羽もイイです。

  • シロアジサシの赤ちゃん救出

    シロアジサシは巣を作らずに木の枝の上で卵を産み、雛を育てます。 雛は足元がおぼつかなくて、木から落ちそうで、見ていてハラハラします。 今日、シロアジサシ市民科学(White Tern Citizen Science)グループのメンバーが 木から落ちた雛を見つけ、救出するまでの一部始終がグループ内で公開されました。 写真は私が撮影したものではありませんが、 この感動を多くの方にお知らせしたく、ブログ

  • お腹いっぱい‐ワカケホンセイインコ

    私は早朝に野鳥観察することが多いのですが、 昨日は夕方に野鳥観察に出かけました。 ワカケホンセイインコ。 大きな声で鳴いているので目を惹きます。 オスのワカケホンセイインコが夕日を浴びて黄金に輝いていました。 素嚢(そのう)が膨らんでいます。 お腹いっぱい( *´艸`) また、別の場所でワカケホンセイインコを見つけました。 バニヤン・ツリー(ガジュマル)で実を食べていました。 必死に齧りついていま

  • ハワイの小鳥達(水彩画)

    アラワイ・ゴルフコースのフェンスに キマユカナリアとオナガカエデチョウの群れが来て 草の種を食べている光景を見るのがとても好きです。 鮮やかな黄色いキマユカナリアと赤いアイラインのオナガカエデチョウは いつも仲良しです。 現在開催中の展示会で自分の作品を他の作品と比べた時に 自分の作品は色の鮮やかさが足りないし、絵具の使用量自体が少ないと感じたので 今回は意識的に色を鮮やかめにし、絵具も少し多めに

  • 落書き‐アラワイ運河

    今日、アラワイ運河沿いに新しい落書きを見つけました。 鳥がいっぱい。 鳥の型紙とターコイズブルーのスプレーを使っているよう。 15メートルほど続いていました。 誰が書いたのでしょうか? 私ではありません(^-^; 乱暴で汚く描いた落書きは、見ていて気分が悪いですが、 この程度のかわいい落書きは許せる...かな(^▽^;) 落書きの近くでゴイサギの子供が魚を狙っていました。 ============

  • トモエガモ

    公園の池にトモエガモが渡って来ました。 こちらではレアではないけど、少ない目のカモ🦆です。 あらら・・・他のカモにつられて岸辺に上がって来ました。 人馴れしてます。 本当に顔が巴 なんだか眠くなったかな😪 この日は寒く、凍った池を泳ぐオオバン ヒドリガモ

  • ダイヤモンドヘッドの新しいカフェ

    ワイキキから動物園側を通ってダイヤモンドヘッドに続く道。 Monsarrat アベニューには、小さな飲食店が立ち並んでいます。 昨年出来たCafe Morey’s (3106 Monsarrat Ave Honolulu, HI )に、初めて行ってみました(*・ω・)ノ Cafe Morey’sがある場所は、以前はイタリアンレストランHappy Volleyでした。 愛知県出身の日本人オーナーが開

1 2 3 4 5 ... 17