• 公共職業訓練に申し込む

    一か月以上ブログをサボりました。 自身の退職後のライフログを兼ねているので記憶が薄れる前に書いておかないと。 『独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構』が全国にポリテクセンターという施設を運営しています。職能開発のための様々な訓練を実施しています。 ちょうど勉強してみたかったコースがあったので申し込みました。 公共機関の教育訓練とはいえ筆記と面接の試験がありました。 今回は定員20名に対して応

  • 仕事はあるのかぁ?(2)

    ハローワークからの紹介を受けて せっせっと履歴書を送り続けているが 返送されて来たのは数通で 後はナシのつぶて... これまでの経験でこれは面接には漕ぎ着けない と頭では理解しているが 心のモヤモヤは、どうしようもない 無駄とは思いながら ネットで派遣登録も手当たり次第にやってみる するとすぐに電話がかかって来て 可愛らしく感じの良い女性の声で 登録会のお誘いが次々とあった 明らかに求職者は、お客

  • ポリテクセンターの施設見学会に行ってきた

    ブログのタイトル通り、もう二度とサラリーマンをやるつもりはないのですが、この先どう転ぶか分からないので、自営で行くにしろ再就職するにせよ、持っている知識経験をブラシアップしておきたいと思います。 そこでハローワークで情報を収集すると、職業能力開発促進センター(ポリテクセンター)で、かなり本格的なカリキュラムを、無償かつ給付金付きで受講できる道があることを知りました。ちょうどピッタリのカリキュラムの

  • 就労する人ってこんな感じなんだよ、焦らない、欲張らない(トータルサポーター)

  • ハローワーク初回講習会に行ってきた

    台風のような風雨の中、ハローワークの「初回講習会」に行ってきました。 ちなみに何の講習かというと、ハローワークを活用した再就職活動の仕方および失業給付金の受給方法と罰則について、です。 なお、ハローワークを通じた国の支援というのは、飽くまでも『どこかの会社に就職すること』であって、起業しようという人に対しては一切支援がないんですよね。 もう時代は変わったんじゃないのかな? 日本が先進国として生き残

  • 国民年金と失業給付の手続き

    会社から離職票が送られてきたので、すぐに国民年金と失業給付の手続きに行ってきました。このあたりの手続きについては、すでに詳しく説明されているサイトが多数あるので、個人的に気がついたことだけ記します。 まず、回る順番。 これは市役所等で国民年金の手続きをしてからハローワークのほうが手間が少なさそうです。理由は国民年金の手続きするときに、離職票があれば手続きが簡単だからです。 ちょっとの差かもしれませ

  • サービス提供者(主治医含む)には、謙虚に

    ぼくの主なサービス提供者 主治医のかた デイケアのかた トータルサポーターのかた 就労移行支援事業所のかた ハローワークの専門相談窓口のかた 相談支援専門員のかた 支援課のかた

  • 事業所、ふたつの持論記事に、担当のコメントは

    間違っていないとおもう 5年やっているが、面と向かっていわれたのは、はじめて 大人だ、きっと、かつさんは、営業や社会経験が豊かだからだとおもう ぼくを、どんどん使ってもらって、かまわない 間違っていないとおもう ただ、すべて与えるは×、よく考える(ふんべつ) 情報を与えないと不安は、依存

  • ハローワーク、トータルサポーターカウンセリング

    事業所を早退して、ハローワークにいった 前回のカウンセリングのイケイケのときにくらべて、落ち着いているといわれた 臨時診察の判断基準は難しいところ 睡眠じゃないかと 椎茸の会社は、方向性、計画性がいいとおもう 話しが望む方向にきていて、気持ちが高揚しているのは、よくわかる だからこそ、欲張らない ブログのランキング、女性 がんばって、自制する とにかく、刺激を避ける かつさんを依存とは捉えられない

  • 事業所、トータルサポーターカウンセリング下書き

    1.おかげさまで、意見書を書いてもらえたお礼 2.睡眠と状態について 3.上がっているが、臨時診察ではなく、事業所を選んだ 4.デイケア、6月からについて やっと話がまとまった 5.見学が5日に決まった 事業所の担当のかたの同行も許可された 6.事業所のセンター長のかたに注意を受けた 7.いろいろな意味で、ぼくの課題が明確になった そして、事業所では課題の分離を徹底 8.ブログのコメントについて

  • ハローワーク、求人検索でお世話になった窓口のかたに、報告とお礼の電話

    さっき、ハローワークの求人検索でお世話になった窓口のかたに、報告とお礼の電話をした よろこんでくださった 椎茸の会社にいきたいとおもったこと、腹をくくれたことに感謝している そして、もう、決めたのだから、椎茸の会社のことは、あれこれ考えない 決められたことをきちんと、淡々とこなしていく 当たり前のようだが、響いたアドバイスだった

  • ハローワーク主治医の意見書公開

    【現在の精神状況】 小さな気分の波あり、易刺激性、被害念慮、睡眠時間の短縮など時に認めることあるも、概ね落ち着いて経過している 【症状の安定度】 上記の症状を認めるも、長く続くことはなく、ここ半年ほどは、概ね安定して経過している 【労働習慣の確立の程度及び今後の見込み】 デイケア、就労移行支援施設などへの通所も定期的に行えており、労働習慣を今後確立していくことは可能であると思われる 【作業内容、環

  • ハローワーク、あの日の窓口のかたに、報告とお礼の電話

    さっき、ハローワークに電話をした あの日の窓口のかたに まずは、意見書を書いてもらい 椎茸の会社が動き出したことの報告 そして、意見書の後押しになったこと 椎茸の会社にいく気になったことのお礼 窓口のかたは、いままで仕事をしてこられたかたがおおいし、やりがいも感じられ、かつさんには合っているのではないかといった 現在、紹介11、選考中6、採用4、不採用1 採用人数10

  • 信頼関係を築くために大切な6つのコト「嘘と強制」

  • 青年主治医との本気の交渉プラン(担当面談後修正)

    診察の前にはっきりさせておきたいこと デイケア、なぜ、6月以降の話しがくつがえったのか、事後報告でよかったはず これでは、押しつけじゃないか ぼくは、先生と決めたとおりで考えている そして、椎茸の会社を再見学し体験したいとおもっている 1.週20時間以上就労可の求人はA型かしたいとおもわない求人しかない A型はいやだが、ここはちがう 仕事の内容、なによりうちから歩いて5分くらい スキルの高いかたが

  • 事業所、担当面談

    1.トータルサポーターカウンセリングの報告 2.損保会社の求人詳細についての報告 3.デイケア、6月以降のことについて 4.青年主治医との本気の交渉プラン 5.今後の訓練について 担当のかたは 平成30年が追い風、そこに向かい週30時間以上を目指すのは、そうだとおもう 基本スタンスは、デイケアと事業所はおなじ立場 デイケアの意見も聞きたい 優先とはいわないでほしい チャンスだとおもう気持ちはわかる

  • ハローワーク、損保会社の求人詳細を確認

    先日、興味を持った損保会社の求人詳細を、ハローワークのかたに電話で確認してもらった まず 仕分け業務はメインではなかった それから Wordは、できているファイルで作業ができるか Excelは、簡単な式が理解し使えるか むりだと、直感した それに、週30時間以上の壁もある A型の椎茸の会社 腹をくくれそうだ

  • 緊急、トータルサポーターカウンセリング

    事業所面談(今後の方向性について)を終え ぼくは、トータルサポーターのかたのご意見を聞きたくなった 幸い、火曜は、トータルサポーターのかたのが、ハローワークにいらっしゃる日だ 昼休みに、伝言か、直接話せないか ハローワークに電話をした もしやとおもい、予約に空きがないかも問い合わせた なんと、3時に空きがあった アポをとり、担当のかたに相談して 事業所を早退した トータルサポーターのかたは フレー

  • 事業所、担当面談(今後の方向性について)

    1.土曜、診察がなかったのでハローワークにいったこと http://katsuhiro.muragon.com/entry/904.html 2.診察の報告 http://katsuhiro.muragon.com/entry/912.html 3.診察のあと、 ハローワークにいったこと http://katsuhiro.muragon.com/entry/913.html まず、診察の報告からと

  • ハローワーク、週20時間以上就労可求人を検索してもらい、見えてきたもの

    ぼくは、病院のあと、ハローワークに向かった 青年主治医のかたがすすめた、週20時間以上就労可求人のイメージをつかみたかったからだ はじめてのかたが、応対してくださった 事情、現状を説明し、求人を検索していただいた まず、A型を除いて、いろいろとピックアップしていただいた 二つにわかれた 時間で調整している会社 日数で調整している会社 職種は スーパーの陳列、清掃、カート回収 パチンコホールの清掃、

1 2 3 4