• How to say

    日本語・英語・ドイツ語 友人は日本語を話したい 私はドイツ語を話したい 私と友人たちはその事を英語で話す 語学交換の素晴らしいところは 違う国籍同士ながら それぞれの学びたい言語に対して 参加したいという意志が溢れていること 普段私達が話している日本語は 日本であたりまえでも 外国にいけばシンプルにあたりまえではなくなってしまう ドイツでは英語が通じる場所と通じない場所がある ベルリンはほとんど通

  • Language saves the world

    いつも隣で話している人は 何語で話していますか 学校に行ったときの先生は 何語で話していますか 世界では3000以上とも言われている言語の数がある 現在私がタイピングしているのは日本語だということ それは3000以上の中からたった1に過ぎないということ なぜすべての言語は同じじゃないのかと問う 改めて考えてみると 非常に世界が広く感じる 面白いことに3000以上の言語の中から 興味を持つ言語を覚え

  • 書籍:「初心者向き すぐに役立つ日本語の教え方」

    この本も図書館で借りました。日本語教師になろうとしている人もこの本に載っている心構えや、準備する内容が詳しく説明されているので役に立つ本だと思います。

  • その日本語正しく使えていますか? 

    こんにちは!Se2na(セツナ)です! 今回書く内容は「正しい日本語」です。 使っている人は特に違和感なく使っていても実際には正しくない日本語というものが 多く存在しています。 そんな中から代表的なもの紹介できたらなと思います。 「役」と「力」どちらが不足? これは最近テレビなどでも取り上げられて、有名になってきているので知っている人も多いかもしれませんが、未だに誤用してしまっている人も少なからず

  • ブログは海外から日本語で情報発信できます。

    ブログを始めるとあなたは!? あなたが海外住まいや海外長期滞在者で日本人と合う機会も、日本語を使う機会もない場合、ブログを通じて異国から母国語で発信できる喜びは大きいはずです。自分の言語で自由に伸び伸び文章を書けるというのは嬉しいことなのです。 長い海外生活、日本語が恋しい外国語社会の中でも、母語を頻繁に使用し、維持できるのはブログのすばらしいところです。 ブログは海外暮らしの分からないことなどの

  • 書籍:「図説 日本語の歴史」

    この本も図書館で借りました。この本は、日本語が使われている文献の歴史について、現物の写真を載せ詳しく解説しています。従って、本のタイトルに「日本語の歴史」となっていますが、日本語の起源や成り立ちを詳しく解説した本ではありません。昔の和英辞書など、載っている写真は他の本で見たことがあるものばかりですが、1冊にコンパクトにまとまっているので読んで価値があると思います。

  • 書籍:「笑える日本語辞典 辞書ではわからないニッポン」

    この本も図書館で借りました。内容は、著者のホームページ上で公開されている『笑える国語辞典』から項目を抜萃し、加筆修正した本です。イラストも多く真面目に解説しています。笑えるようにな書き方をされていますが、実際、面白いというより知識向上として役に立つ本だと思います。

  • 書籍:「なぜ伝わらない、その日本語 」

    この本も図書館で借りました。内容は、日本語が伝わらない3つのパターン」として「相手の状況を考えていない」「相手の反応を予想していない」「相手に伝える工夫をしていない」という3点を挙げて解説しています。ただし、自分が文章を書くときに注意すべきチェックリストもないので、知識を付けるにはいいですが実用的ではないです。また、前全体的に箇条書きやレイアウトを工夫する見た目のテクニックが多く、ビジネスメールの

  • 書籍:「現代日本語 初級総合講座 発展変」

    この本も図書館で借りてきました。以前のこの本の前の「現代日本語 初級総合講座」も読みましたが、この本の位置づけもよくわかりません。日本語という主語を主語を省いて表現する特有な言語を日本人が英語を使って外国人にどう教えるのかが知りたいのですが、この本を読むと、会話文があり、その横にボキャブラりーの説明があります。また、「文法ノート」の部分がありますが、ここは文法の解説というより、特有の言い回しなので

  • 十二支の話

    🔴十二支の話 ⭐️国語の教科書には、小単元に「日本語のしらべ」として、いろんな言葉が掲載されています。 🔶小の月(二四六九士、西向く侍) 🔶昔の月名(睦月・如月・弥生・卯月・皐月・水無月・文月・葉月・長月・神無月・霜月・師走) 🔶十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥) 🔷俳句、短歌、名作の一節、落語や早口言葉も掲載されています。 🔷日本語のリズムや音律、韻律に触れ、親しむことで、表現が豊か

  • エッセイ 存在動詞 <宗教的なるもの>

    かねてから思っているのだが、日本語には、英語のbe動詞に相当する意味での存在動詞というものは、ないのではないかという疑念を持っている。 結論から言ってみれば、英語のbe動詞フランス語のetre動詞等は、いわば存在を保証する動詞だと思っている。 日本語いや日本語に限らず、漢字圏の言語では、例えば、「私」「彼」と書けばもうそれで、その存在は確実なのであって、be動詞やetre動詞によって保証される必要

  • 日本語のアクセント

     西村京太郎さんのドラマで、「十津川警部」役をしている高橋英樹さんの発音が気になった。「離婚」を発音するのに、「り」の音が高くて「こん」の音が低くなる。数字記号で記せば、(1)なのだ。それが何度も発音されて、耳につく。何だろう。方言なんだろうか?  NHKアクセント辞典「離婚」を調べてみた。「り」は低く、「こん」は高いとある。記号で表せば、(0)。こういうのって気にし過ぎてはいけないのだろうかとも

  • 正しい日本語・適切な日本語     2016/10/07

     日本は、明治初期、互いに出身藩の言葉を使い、通じなかった。薩摩、京、江戸、東北、等の言葉が入り乱れていた。その数は300に上った。しかも、身分や性別、年齢によっても違い、人の数だけ言葉があるようなものだった。これでは、軍隊の命令も出せず、経済も成り立たず、学生や研究もできず、富国強兵は成り立たなかった。  日本語ひらがな化計画やローマ字化計画、英語化計画などが出た。英語には、過去形の不規則変化を

  • 弁当エピソード1むね鶏肉のケチャプ炒め

    皆さんこんにちはそしてはじめまして。最初のブログ記事です。よろしくお願いします。2017年3月結婚する予定なので弁当作りの練習をしたいとです。 最初のレシピは鶏むね肉のケチャプ炒めです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 下の写真が使った材料です。材料は少しアレンジしました。もも肉をむねの代わりに用いました。そして肉浸し用醤油はスーパで見つけられなかったの

  • 上野動物園

    上野動物園の感想「今まで見たの中で一番動物が多い動物園」  結構時間に余裕をもっていかないと全部見ることができないと感じました。 うちの息子も大好きで、その中でも「パンダ」が一番好きだと... 日本は子育てにいい環境ではないかと感じました。親になってからは子供のため、子供を中心に考えることが多くなりましたね。 上ので見た動物の写真をご覧ください~~(笑)

  • 日本語の勉強スタート

    多摩川ではなく玉川国際学院という日本語学校で2年間日本語を学びました。 韓国日本専門留学センターのやさしい職員さん(10年過ぎた今も連絡しているほど親しくなりましたね。)より選べてもらった学校で先生も学校もよかったという記憶があります。 最初の目標はただ日本語を勉強し、親の知り合いの会社に就職だったのが...進学という道に変更して1年目は日本語、2年目は受験でした~~~今考えても結構頑張りましたね

  • 2007年3月29日日本上陸!

    初めての海外生活が2007年3月29日に始まりました。 約20年以上海外は一回も出たことなく、初めての海外が日本でした。 初めての家はゲストハウスでした。錦糸町にある(学校が浅草橋だったためそこから近い場所で探しました。)ゲストハウスは、近くに公園もあり心地よい場所でしたね~その時はまだスカイツリーはなかったですね。町がすごく賑やかになったので2-3年後でした。 時期的にも桜が咲いているちょうど美

  • 初めのご挨拶

    初めまして~ Evanです。これから宜しくお願いします。 自分でブログを書くのは初めてです。 1.なぜ始めたかというとどこかに自分の人生の記録が残ったらいいと思いました。 ツィターやフェースブックなどSNSを使ってみましたが、なんかブログとの違いがあって、今回はブログをスタートすることになりました。日本語の間違いなどがあっても許してください。日本語を使えるが韓国人ということで(笑) 2.なぜ日本語

  • 西側すぎる

    今日は、日本語のカフェレッスンを行ってきました。生徒さんとは、地下鉄の駅で待ち合わせ。 …ちょっと薄暗い美術館みたいなの、 地下鉄キエフスカヤのホームです! 中国人グループ、ドイツ人?グループがどっと押し寄せて写真撮りまくってました。 モスクワの地下鉄は地下宮殿とも言われていて、駅によっては、こんな凝った場所もあります。 ちなみに地上を走るベラルースカヤ駅はこんな駅。 ベラルースカヤ駅、というのは

  • ジョン・レノンが見た日本

    ジョン・レノン関係書籍、たくさんありますが好きなものだけ紹介してみようかなと思います。 「ジョン・レノンが見た日本」 これは、ジョンが日本語を勉強したノートです。 ジョンですから絵も書いています。 その絵がかわいいのです。 くらべる かめは うさぎに くらべて おそい です うさぎは かめに くらべて はやい です あげます わたくしは かないに あげます くれます かないは わたくしに くれます

1 2