• 書籍:「誤訳の典型」

    この本も図書館で借りました。 今は様々な英語の誤訳の解説本が販売されていますが、その多くの日本人がよく間違う英語をおもしろく取り上げた本です。しかしながら、この本はそのようなタイプの本とは違います。昭和チックな表紙のイメージから高度で難しい内容かと思いましたが、そんなことはなく読みやすい言葉で書かれていて、詳細にかつ論理的に誤訳を指摘しきっちりと解説しています。 面白いと思ったのは、著者は下記のO

  • 書籍:「英文の読み方 」

    この本も図書館で借りた本です。本のタイトルは「英文の読み方」としていますが、実際、この本に書かれている内容は訳し方(翻訳)のポイントです。英語学習の参考書ではないので、文法的な説明に重点を置いてないので英文法が不得意が得意でないと理解に時間がかかると思います。読みものとしてはとても役に立つと思います。通勤時に電車の中でさらっと読む感じです。「英文の読み方」ではなく、「英文の読みもの」という感じです

  • 「私の幸福論」福田恆存 ちくま文庫

    福田恆存は現代の作家です。演劇、翻訳、評論など多岐に渡って活躍しました。シェイクスピアの翻訳でもよく知られています。この書はわたしにとっては忘れられない本で、浪人時代の精神的な支柱になったということもあり、このおすすめ本の中に入れました。現実は確かに不平等である。だが、不平等だからと言って不平ばかり言っていても仕方があるまい。与えられた環境をそのまま是とし、そこから歩き出すべきであろうという著者の

  • 体験入園と日本語力向上

    普段外国に住んでいる子供たちを日本の幼稚園に体験入園させれば日本語がある程度伸びるだろうという予測はしていました。しかし、どのような経緯で上達するのかを観察できたのはとても面白かったです。 子供たちの日本語の上達は今回3段階的に起こりました。 1段階目 沈黙期間 子供たちは親との会話、数年に一度の祖父母との会話でしか日本語に触れる機会がなかったのに、急にどっぷりと日本語100%の中に入り、また日本

  • 体験(短期)幼稚園入園する時期

    体験(短期)入園に最適な時期とは。 海外在住者の側からすれば、航空券が安い時期、季節が良い時期などに帰国したいものですが、そう簡単にもいきません。また園側の事情もあります。今回、教育関係者と園の先生と話をして、短期入園の時期を考察してみました。 4月は避ける 4月は新しい学年が始まり、先生方も園児も大変です。家庭訪問もあり先生方は多忙を極めます。ゴールデンウィークが終わるまでは避けた方が無難でしょ

  • 体験幼稚園入園の是非

    海外からの一時帰国中に短期に日本の幼稚園に入園させる是非は色々考えました。先生方や他の園児に迷惑をかけるのではないか。言葉が通じず、習慣や勝手が違う環境で子供がストレスを感じるのではないか。指示が通らず子供がケンカしたり、ケガをしたりさせたり、イジメたりイジメられたりするのではないか? 先生に負担? 結論から言えば、そういった心配は杞憂でした。新しい環境だし、慣れるまではそれなりに時間や先生の手間

  • 幼稚園体験入園して良かったこと

    Yo-daの子供たちは普段90%英語、Yo-daが話す日本語の聞き取りはなんとかできるが返答は英語。この子たちを短期に日本の幼稚園に入れて良かったこと。 日本語が上達 当たり前ですが日本語が上達しました。日本の幼稚園に入れる前は、「give me ミカン」「No パズル」だったのがちゃんと「ミカン(を)ください」「パズル(が)ない」という正しい日本語の語順で、日本語の2語文が増えました。「が」や「

  • 幼稚園誤算3 親は結構忙しい

    子供が幼稚園に行ったら親は楽できるとは思ってなかったけど、逆に忙しくなるとは思ってなかったです。 忙しくなった理由 送迎 Yo-daの子供たちは、学年が違うので、登園時間はかろうじてだいたい同時間ですが、降園時間が違います。なので1日に幼稚園に3往復。(後半は預かり保育を利用したのでちょっと楽になりましたが) 行事 たった1ヶ月の間に、保護者参加型の行事やイベントが結構ありました。(身体測定や歯科

  • 幼稚園入園誤算2

    幼稚園誤算2 子供が病気に 約1ヶ月幼稚園に短期入園させていただいた期間、子供たちが風邪やら胃腸炎などで1/4は欠席してしまいました。 Yo-daの子供たちは過去に日本に1ヶ月滞在したときも元気に過ごしていたのです。今回は日本の幼稚園に行って、色んな病気をもらってきちゃったんだですね。新たな抗体ができる頃には退園。これは海外でも日本でも幼稚園や保育園に行き始めたらよくあることですが、失念してました

  • 入園準備は高くつく

    Yo-daにとって最大の誤算は、入園グッズ一式の買い物でした。普段海外の保育所に通わせているので、全く日本の幼稚園の知識がなくてびっくりでした。 制服、制帽、上靴ぐらいかなーと、思っていたので。今回短期(1ヶ月)といえど正式に入園したので、一式買い揃えることになり、保育料より高くつきました。 これはもう来年も帰って来なければと思わざるを得ないほどです。 今回新しく購入した幼稚園入園アイテム 制服関

  • 日本の幼稚園に行きたい!

    始めに Yo-daは普段海外に住んでおり、2年に1回ペースで実家に里帰りします。 幼児を里帰り期間中に日本の幼稚園か保育園へ体験入園させたくその経過を、海外在住日本人の方々の参考になればと思い、ブログを開設いたしました。 まず、どの施設に入園させるのか。Yo-daの実家の近くには公立の幼稚園があり、費用の面ではここが第一希望でした。これ以外にも実家近くには私立保育園があり、隣町にも私立幼稚園があり

  • 書籍:「翻訳できない世界のことば 」②

    この本も図書館で借りました。世界にはその国でしか意味をつかめない言葉がそれぞれ国にあるものだ、翻訳できない言葉はまさにその国の文化だと感じました。日本語の「ぼけっと」、これも確かに外国人には、この状態のニュアンスを別の言葉では説明できないと思います。

  • 書籍:「翻訳できない世界のことば 」①

    この本も図書館で借りました。世界にはその国でしか意味をつかめない言葉がそれぞれ国にあるものだ、翻訳できない言葉はまさにその国の文化だと感じました。日本語の「ぼけっと」、これも確かに外国人には、この状態のニュアンスを別の言葉では説明できないと思います。

  • オンラインで翻訳のお仕事受注❕happybeecolorfullife的 英語学習法✨

    こんにちは✨😃❗ 自称クリエイター、happybeecolorfullife です🎵 ええと、今回は少し番外編❗❕ ネットでのお仕事受注についてお話しようと思います🙆 あるお仕事受注サイトに登録して、 興味のある仕事に応募・受注しているのですが (デザインコンペの応募にも使っているサイト) 今回は英語翻訳のお仕事に応募しました⭐ こんな感じで応募してクライアント様から合意があれば契約成立し

  • NATTI 翻訳

    NATTI(National Accreditation Authority For Translators and Interpreters)はオーストラリアの翻訳・通訳国家資格をもっている人です。ビザの申請や免許書の申請時(オーストラリアの公機関に出す場合)日本の書類はNATTIの翻訳が必須です。日本でもNATTIの翻訳者の方がおります。 ちなみに私は日本では戸籍と賃貸契約書の翻訳にこちらのN