• 【曹洞宗 法蔵寺】(ほうぞうじ)大阪府八尾市郡川

    【曹洞宗 法蔵寺】(ほうぞうじ)大阪府八尾市郡川 当山は大覚山と号し、1748年(寛延元年)土佐曽我部氏の子孫、好山和尚がこの地に、土佐大守山内家の祈願寺(曹洞宗)として建立したといわれる。本尊は聖観世音菩薩である。  この地は、かっては聖徳太子が物部守屋との戦いで、砦を築き、再起を図った陣屋跡と伝えられ、また、寺院の前の道は、太子が再起を図って信貴山に逃れる折、通った道と伝えられ、今も「大道」と