• 失恋ブログ…

    失恋して…一夜明けた… 最後に書いたブログちゃんと載ってるか 心配だったけど… コメントくれた方がいたから… ちゃんと載ってるのね…よかった…   だって…肝心の… 私のあの人に…伝わらなければ…困るから 失恋したから… もう遠距離片思いは書けないけど だけど私の気持ちや出来事は変わらず 書きます… ブログのスタイルも変わらないです もう…あの人宛には綴れないですが… しばらくは 失恋ブログって感

  • 鉛筆を削るみたいに…

    あなたを…追い詰めていたかもしれない あなたの気持ちを確かめたくて そんな行動になってたかもしれない   あなたを…焦らせたなら…悩ませたなら… …ごめんなさい あなたは…鉛筆を削った事なんてないかしら… カッターで少しずつ丁寧に削って 芯をだしてゆくの… 芯が折れないように…神経を使うの… わたしは…あなたを 鉛筆を削るみたいに…愛してゆきたい 少しずつ…丁寧に…削って(愛して) あなたの心の芯

  • エッセイ 武士道 <西郷隆盛における>

    武士道というものは、歴史的に見て、とても発展性のある思想である。これは格別なことといって良く、世界的に見ても稀な思想と言ってようである。 思想というものは、深くそれを考察するとき、原点に戻るのが本来の筋である。キリスト教でもイスラーム教でも仏教でも儒教でもその原理は変わらない。言わば、最初にすべてが所与されているものなのである。 日本で最初の征夷大将軍は坂上田村麻呂である。この人は、出自の確かな武

  • 愛の味

     あなたの愛はどんな味?  私が最近まで経験していた愛の味は  最初はとても甘く  後半は酸っぱいだけの味だった  小さいころ  風邪をひくと  よく父親がビタミンCの粉をお湯に溶かし  はちみつを混ぜて飲ませてくれた  とても甘くて  でも酸っぱい  酸っぱいけど  大好きな父が作ってくれたから  全部飲んでいた  人は歳を取っていくうちに  色々な事情があって  自分を自分の気持ちを優先できな

  • …なにか一つでも……が欲しい

    白紙から…始まる…夢…… 一体…何が具現化されたの… 証が欲しい…… なにか一つでも…… わたしの生きていた証…が欲しい 愛する人の生きている証が 作られた瞬間を目にして… わたしは強く引き寄せられたの… わたしの愛が愛する人の記憶のなかに 少しでも残せる証ができるのかしら…… 何も…残らないまま… 変わることが何一つないまま 一つの証も確かめられずに 朽ちてゆくだけ… わたしの目に宿る涙だけが

  • わたしの背中に…

    愛の傷が癒えないまま…生きてしまって いつか…わたし… 愛が信じられなくなっていったの… わたしの中の…愛を抱えたまま… "わたし"は成長しないで閉じ込められたの… あなたが現れて…鍵を使って わたしの扉を開けてくれるの… ずっと待っていたの… そうしたら…あなたがきて…愛が生まれた わたしの背中に…白い美しい羽が生えて 愛を知ってわたしはやっと自由になった… 最後まで読んで いただきありがとう

  • 純真無垢

    【↓↓前回記事も見てね〜ヽ(。◕‿◕。)ノ】 人には それぞれ抱えてる責任ってものがある。 自分一人でこの世の中、人生回ってるならば どんだけ気楽で 喜怒哀楽も持たなく済み楽なんだろう。。 人には生きてる人生なかで それぞれ自分に与えられた責任を 果たして行かなければならないから だからこそ 簡単には行かない問題も多々あり、 苦しみ悲しみ藻掻き悩むんだろう? この世の中は 一般には分からない見えな

  • 君たちはどう生きるか&生産性!?

    読書の秋してますか^^? 朝、起きたとき・・ あれは夢だったらいいのに・・ やはり現実だったんだ・・wwwと思うような・・ 自分が取り返しのつかないことをしたことありますか^^? 君たちはどう生きるか (岩波文庫) 岩波書店 本 「君たちはどう生きるか」 ▼そう!マンガ本で話題になってた本です!! 漫画 君たちはどう生きるか マガジンハウス 本 題名はすごく難しそうな本みたいですが・・ コペル君と

  • すべて…わたしの夢の跡……

    無駄なことなど何もないのね… すべて出逢うべくして出逢っているの… あなたのことを愛する花たちが創る世界…  それはわたしの前にいた場所… あなたに繋がる愛のコミュニティ  あなたに繋がりたい… あなたを愛する輪に  自分も身をおきたいと願ったわたし でもすぐに気がついたの  わたしには同じようにはできないって だから違うかたちで表現して あなたに愛されようと願って そこからわたしの"ブログ"が始

  • TRUE MAGIC

    愛 最愛の人を亡くしてしまった 幼い頃 一人だった僕の側に寄り添ってくれていた 愛 彼女もまた一人だった いじめられていた 一緒に歩んできた 道端で隣り合わせ 仰向けに転がる 空を見上げ パンジーを右手に左手に それだけで幸せだった 寮分けが訪れた 反対方向へ進もうとしている僕ら 長く 隙間だらけでも友好関係を築き上げてきた 狼が聞こえる夜 彼女を蔑んでしまった 月は消えた あの頃から 距離は変わ

  • 安室&沖縄そして朝日新聞

    2018.9.3の朝日新聞1面の記事です! この記事が一面のトップに掲載されたことに ジャック鳥肌がたちました!! 安室奈美恵さんはもちろん恰好良いですが・・ 朝日新聞もやるじゃん!!と・・ さてどんな記事かというと・・ 9月16日をもって引退を発表している安室奈美恵さん・・・ 沖縄出身ですが・・ ちっとも沖縄らしさを感じなかった・・ けど「安室=沖縄=かっこいい」という図式で沖縄を変えた人・・

  • i・アイ・愛 対する生産性!?

    またまたご無沙汰してました^^; 残暑お見舞いを申し上げる時期になってしまいましたね、、 こちら、豆介さんの仕事は盆休みもなく・・ 夏休み休暇も一日も取れず・・ 西日本豪雨災害から週一しか休日が取れなくなりましたが・・ 朝早くから夜遅くまで・・ 豆介さんは頑張ってます! ジャックは相変わらずの日々を送ってます・・^^v といってもちゃんと豆介さんを陰で支え・・ 例えば・・アセモが少しでも治るよう・

  • 争い事が嫌いだけど、揉め事はやって来る

    トラブルを起こす人物に対処しないと、相手の言い分を認める(相手がそう思い込む)事になってしまうようです。 これは、長年日本政府が外交でやってる事でもあります。 だから、殴りかかってくる相手にやり返さずに、そのままにしておくのは良くない。 殴り返すのではなく、対処はしないと。例えば、その都度警察に通報するとか裁判で訴えるとか。 物理的に、そして精神的に後悔などして精神衛生上も良くない。 出来れば小学

  • 迷い

    昨年末から彼に話してた 「私たちの事をあなたのSNSで発信して、友達に知らせてよ」 (今まで家族以外の人に紹介してもらえなかった) 「本が発売されたらね」 この言葉を信じてた… 今までたくさんケンカもした エッチも…私から「しない?」と言わないとしてくれない 「疲れてるから、眠いから」ってしてくれないこともある 彼より先に出勤し、彼より遅く帰宅する 家事は私の仕事 どんなに疲れていても…やらないと

  • 当たり前にあるもの。

    おはようございます🌞 今のわたしに1番大切で なくてはならないもの。 それは『家族』です。 しかしここ数日でその 『大切な家族』が ばらばらになるかもしれない 状態が起こりました。 当たり前にあった『幸せ』 それは家族がそれぞれ 努力して出来た『幸せ』の形。 みんなに自慢できるくらい 大好きな形でした。 でも、あることをきっかけに 夫との関係が崩れそうに なりました。 わたしはもう手放してもいい

  • 真面目って頭が堅いだけ

    それで、他の事を無意識に遮断したり受け入れるのが難しくなるから、結果的にどんどん生きるのが苦しくなる。 学生の時に、真面目な生徒と教職員が言うのは、それは褒め言葉ではなく面倒を起こさないから扱い安いっていう意味でしか無い。

  • 今の社会で

    精神が乱れずに、心穏やかに 金や女を得られる方法って有るのだろうか? 有るのなら、それは実行した方が良いように思える。 無いのなら、得たい気持ちの方を捨てる努力をした方が良い。 物理的な豊かさを求めたところで、心穏やかには過ごせないから。

  • 夢や希望

    私にとって、金持ちとか彼女欲しいとかよりも 金や女で精神が乱れない事を望んでいる。 何がなんでも金が欲しいのではなく、何がなんでも金で精神が乱れるのが嫌なのだ。 常に平静で、心穏やかに過ごしたい。 心穏やかに金を得るか、金が得られないなら得たいという気持ちなんか捨ててしまってでも心は平静で穏やかにしていたい。 これは、恋愛結婚でもそう。 人は物理的なわかりやすいものを選ぶ傾向があるから、なかなか理

  • 今まで気を使い過ぎた。

    普通の人、他の多くの人の一生分を既に使っている気がする。 父と女性に対して。 虐待から精神ボロボロで、それでも承認されたい私は気に入られようと努力を重ねてきたから。 虐待被害者がDV化して女を殴るのがわかる気がする。 この辺り、女を殴っても本当の問題は解決しないからと暴力では無く自己洞察を選んだ私はかなりの変わり者だろう。 DVする男は、クズだと思っているからなりたくない。

  • 今読み終わった本

    <table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tr><td><div style="border:1px solid #000000;background-color:#FFFFFF;width:138px;margin:0px;padding-top:6px;text-align:center;overflow:auto;"><a href

1 2 3 4