• ■Life

    ■:歌詞 LIFE 自分の存在 周りに言えない 打ち解けられない辛さ 決して恋愛のような キラキラしたこと 思えない自分でいい そのままの自分でいい 素直に生きる 一度の人生を輝かせたい LIFE 不思議ね 生きてるってだけで 決められたルールに定められて 当たり前と言われた 不安な気持ちが 戦いを生んでいた LIFE 自分の存在 周りに言えない 打ち解けられない辛さ 決して恋愛のような キラキラ

  • i・アイ・愛 対する生産性!?

    またまたご無沙汰してました^^; 残暑お見舞いを申し上げる時期になってしまいましたね、、 こちら、豆介さんの仕事は盆休みもなく・・ 夏休み休暇も一日も取れず・・ 西日本豪雨災害から週一しか休日が取れなくなりましたが・・ 朝早くから夜遅くまで・・ 豆介さんは頑張ってます! ジャックは相変わらずの日々を送ってます・・^^v といってもちゃんと豆介さんを陰で支え・・ 例えば・・アセモが少しでも治るよう・

  • 随想… 本当にあなたは存在しているのか?   ※存在価値とかの話じゃないです

    "I cannot be grasped in the here and now, For my dwelling place is much among the dead, As the yet unborn..." Paul Klee 「私の存在は今ここで捉えることはできない。 なぜなら、私が居るのはまさに亡人とまだ生まれぬ人のまさに間である...」 これはパウル・クレーという生物学者でなく芸

  • 朝日とピアノ

    朝の日課、というほどのものではないのですが…… 寝っころがって、空の色が変わっていくのをぼんやり、見てる。 ただ、ぼんやり。 まだ暗い頃、新聞配達さんのバイクの音が聞こえます。 空が明るくなってきたなぁ、と思うと、 鳥が囀ずり始めて。 空の色がだんだん、はっきりしてきて。 向かいのビルの屋上にとまってる、鳩の数を数えます。 なんで?こんなことしてるんだろう? 雲の形をみて。 窓を開けて、風を入れて

  • 名前を売るって怖いんだ

    不特定多数の人に対して 名前を知られ、その存在を知られる事。 今のネット社会。 情報化社会では、それは簡単な事なんだ。 昔の戦国時代。 名前を売る事も 人に名前を知られ殺される可能性のある事はその時代生きる人は、知っていたんだ。 寿命が長い若者は、考えないといけないと思うんだ。 簡単に名前を売る事。それがこの先危険な事だという事を 名前を売る事。名前を知る事。 存在を知らせ、その存在を知る事がね?

  • 朝鮮飲みと云う物がある時期。ある人達の間で流行ったんだ

    それは、今でも行われているかもしれないし、 この先も行われるかもしれない。 自分は、これらの行動を 誰かに対するアピールだと思っている。 公式の場での誰かに対するアピール。 自らの存在を支える支援者や団体?スポンサーへ向けてのアピール。 だと、思っている これが合っているかどうかは、しれないよ。 自分は、日本に生まれ、日本人として育った。 その事を誰かにワザワザ自らアピール何てしないのだから 日本