• 福岡は水害が多い?

    博多駅近くを流れる御笠川 平年降水量はほぼ平均値の福岡 ただし降水による影響を受けやすいのが地域的な特徴              1999(平成11)年6月29日  西日本豪雨  博多駅前 ※ 以下他サイトより抜粋 福岡は水害に弱い都市といわれています。 この数年間だけでも、平成11年6月29日と平成15年7月19日に御笠川が氾濫し、博多駅周辺に大きな水害が発生しています。 水害については梅雨前

  • 悩ましい物件

    広いワンルームの物件を探してたら、ある物件を見つけました。(++) 総戸数100くらいある大きなマンションです。 広さ・作り・雰囲気・家賃が部屋によって様々で。。。 ほんとに様々なので同じ建物なのか?って思うくらい部屋の中の雰囲気が違います。 例えば、ベランダが無い部屋で小さな窓が壁中央に付いてるワンルームの20帖くらいの広い薄暗い部屋と、8帖くらいの広さでベランダがある部屋は同じ家賃。 広いワン

  • 福岡って地震が多い?少ない?

    移住先の候補地である福岡って地震が多いの?少ないの? 気になったので調べてみました。(++) ※ 以下他サイトより抜粋 気象庁によると、統計1923年以来2017年までに福岡県を襲った震度5の地震はわずか「3回」でした。全国的に見てみても大きな地震の少ない地域と言えるでしょう。 気象庁による過去90年間のデータにおいて、 震度4以上の地震の発生確率が最も低い都道府県は 1位 佐賀県 2位 富山県

  • 職場と居住スペースをどうするか?

    職場と居住スペースを別々に借りた場合 ● 職場だけを借りる場合の家賃の目安  10万円くらいまで ● 自宅の家賃の目安  5万円くらいまで 合計家賃の目安  15万くらいまで メリット ● プライベートな空間を分けられる。 デメリット ● 通勤しなければならない。 職場と居住スペースを一緒にした場合 ● 90㎡以上必要。 ● 家賃は、15万~20万くらいになりそう。 メリット ● 利便性の良い広く

  • 移住先の理想的な住まいと職場について

    住居と職場の理想のスタイルを考えてみた。(++) ● 住居は、30㎡くらいの広さが理想。家賃は5万円くらい。 ● 職場の広さは、50㎡くらい欲しい。 ● 職場は、最寄駅から徒歩5分以内を希望。 ● 職場の家賃は、10万円以内を希望。 ● 居住スペースと職場を兼用する場合の家賃は、13万円くらいまでで考えたい。 ● 4KDKの広い物件でも生活感を出さずに職場と兼用させる事は難しいし、その他色々考える

  • 移住先でも仕事を続けるという選択肢

    移住先で、もし生活が苦しくなったら? 新たに仕事を探して働いたとして、どうなのか? 今の仕事を辞めたいのか? それとも続けたいのか? そんな事を考えてみた。(++) ● 今現在の仕事は、楽しい。好きな事が仕事になった感じなので、自分の感性や技術が生かせる。 ● 可能なら70歳くらいまで無理なく今の仕事を続けてもいいかも。 ● 福岡には絶対住みたい!! ● 東京に住んでた場合、固定費が高くつく。 そ

  • 今日のつぶやき

    8月は、仕事の日よりも休みが多かったので、いっぱい妄想出来ました。。。 ( ̄▽ ̄;)v ィェ~ィ! まず、今後の生活ってどうなの? と、いう事を考えざるを得なかった。 今まで通りに仕事が出来てれば移住するまで考えなかった事まで考えられて、大きな目的と目標が出来ました。 移住 = 早期リタイヤ  そんなイメージをもってましたが、新たな冒険をすることになりそうです。(++) ほんと、私って穏やかな人生

  • 移住が決定した後の予定

    東京・福岡間、飛行機で片道2時間。新幹線で片道5時間。 フェレットは、気圧の変化で死亡することもあるようだし、とってもデリケートな生き物なので(我が家のお嬢ちゃまは、短時間でもケージも無理だと思う(^^;))その為、一緒の時は、電車を利用することになる。新幹線内は、旅慣れてるので安心(*'ω'*) 福岡をリサーチしたり物件の契約までは、一人で飛行機に乗って日帰りで東京へ帰ってくる感じ。 移住が決定

  • 今後の生活をシュミレーションしてみた

    今月の売り上げが過去10年でありえないくらいの落ち込み方だったので、今後の生活について考えてみた。(++) 小心者なので。。。(笑) 東京で自営業・住む場合の固定費 自宅家賃 14万 光熱費 2万 食費 2万 交通費 1万 ネット関係 1万     職場の家賃 17万 職場の光熱費 2万 合計 39万 今現在・今後の家賃収入 30~40万 仕事を辞めて移住した場合の生活費 10万くらいって考えると

  • 姪浜が理想かも

    福岡での移住先の候補をいくつか挙げてみたが、あったらいいなぁ~というお店や環境などが住環境の中にあるか考えて更に理想を挙げてみた。((+_+)) ● 家具売り場を見るのが好きなので、大型の家具店があったら嬉しい。 店員さんがほっといてくれるくらいの大きな店がいい。 ● 自分で部屋の中をリフォームしたり何かを作ることが好きなので、ホームセンターのような店が自宅の近くにあるといいなぁ~ 商品を持って帰

  • 買い替えたいもの

    移住先で買い替えたいものは、今の住まいにあるすべての家電がそうだ。(^_^;) 家電類 ● テレビ ● 冷蔵庫 ● 洗濯機 ● 電子レンジ ● 炊飯器 ● フロアースタンド ● パソコン インテリア類 ● すのこ(シングル二つ折りタイプ) ● シングルベッドマットレス ● シングル 布団・毛布など一式 ● ソファー ● テレビ台 今あるもので処分したいもの ● テレビ ● 冷蔵庫 ● 洗濯機 ● 

  • 1LDKに住む

    移住先でもフェレットを飼うとしたら、リビングと寝室が別々の部屋のタイプだと間取りは、1LDKになる。 一人暮らしで住むには十分な広さで贅沢な空間だと思う。 ついでに贅沢な意見を述べると、生活感がある部屋は好きではないので、リビングでくつろいでる時にキッチンが見えたりベッドが見えるのもあんまり好きじゃないかも(^_^;) ペットがいなかったら、別に6帖一間でもいいかも(笑) その時は、すべて妥協しま

  • 電動アシスト自転車

    きっと福岡へ移住したら買うことになると思う。 歩くのは好きだけれど、時間がかかる。 ふらりと散歩へ出るのと、用を足しに出かけるのとでは目的が違うし、海岸線を歩く場合、行きはいいけど帰りがしんどい…( ̄▽ ̄;) 自転車は昔乗っていたけど、電動アシスト自転車は乗ったことが無い。 結構いいお値段がするのねぇ~(◎_◎;) 人気のメーカー ● パワフルなアシストで坂道もラクラクな「ヤマハ」 ● 総合的にハ

  • いつまで働くか?

    自分が好きな事が仕事で、それによって生活出来てるという事は、とてもありがたい事だ。 働けるうちは働くという生き方が、老後の事を考えると一番良い選択だとも思う。 自営業で生活してて仕事を失ってから別の職探しは、とても大変だと思うから。 そうは思うけれど早く移住もしたい!(><) 60歳くらいまで働いてからでも、もちろん移住は出来る。 今から考えて15年先まで働く・・・って考えると、今現在すでに気持ち

  • 理想的な空間と家賃

    希望の条件 ● 間取りは、ワンルーム・1K・1LDK・2K ● 20㎡以上(部屋は、8帖以上欲しいかも~) ● 最寄駅から徒歩10分以内 ● 家賃5万円まで ● 保証人不要 ● マンション(オートロック) 移住先の住まいの希望は、こんな感じだが、家賃が4万円までと4万円~5万円までの物件の内容の差が結構大きいことに気づいた。1万円の差がとても大きい。 1万円~4万円まで(福岡) ● 最寄駅から遠い

  • 間取り図を見るのが好き

    小さい頃から間取り図を見るのが好きだった。 新聞のチラシに入ってる住宅情報の家の写真や間取り図を眺めながら夢を膨らませていた。 ここ最近は、2年前から福岡の賃貸物件の間取り図を毎日のように眺めている。((+_+)) ずっと眺めていても全然飽きない(笑)(^▽^;) お気に入りの物件は、20件くらい登録されている。 ひょっとしたら、その中の物件に住む日が来るのかもしれない。 眺める度に物件の検索条件

  • 今やるべきこと

    毎月の収入と支払金額がほぼ同じ金額の100万近くの生活を送ってますが、どんなに収入が多くても出費が多かったらストレスです。 贅沢したいなんて思ってないし、身の丈に合った生活でシンプルライフが送れたら幸せだと思ってます。 自営業なので、それなりに固定費がかかるので仕方ないと思いますが、家賃含めて10万円で暮らしたい!なんて考えてしまうのも毎月の支払額があまりにも大きいのでそうなのかもしれません。(^

  • 月10万円生活

    以前、群ようこの「れんげ荘」という小説を読んだ。 主人公はキョウコという45歳の未婚女性。元々は有名な広告代理店で働いていたキャリアウーマン。毎日多忙に働いて欲にまみれた日々が嫌になり、その身分を捨てて、都内の古いアパート「れんげ荘(家賃3万円)」に貯金を切り崩して早期退職をし、月10万円による生活をスタートさせる。れんげ荘という小説は、そんな彼女のゆったりとした日常を描いた小説で、2009年4月

  • 移住について

    生まれ育ったのは千葉県で、親の事情で千葉県内を転々として学生時代は過ごした。 20歳の時に仕事で初めて訪れた福岡。 仕事で扱っていた商品を福岡の方々は、快く買ってくれた。途中、関西にも立ち寄ったが、例えて言えば100ある商品が関西では1つも売れず、福岡では100売れた感じだった。 単純に福岡の人って人情味があって温かいなぁ~って印象を受けた。 商品が売れた事が嬉しかったのではなく、たくさんの優しい