• うーん、行政指導でもあったのか

    くろたかです。 今まで色々と書いてきた、リーダーのKの話ですが 先週の週末にメンタルクリニックの検査結果が出ました。 私は鬱だと判断されると思っていました。 もう、長く毎朝のように嘔吐をし、頭痛が続いていると言っているのです。 内臓や脳にも異常がなく最後の最後に辿り着いた心療内科という場所にいつもの感じでKが話せばしばらくは休職ということになるだろうと思っていました。 本人とも相談ですが年内休職で

  • うーん、1位のお祝いをするも

    くろたかです。 昨日は、1位を祝ってリーダーたちとプチ飲み会。 まあ、飲み放題だったので最初からしこたま飲みましたけど。 忙しいので数名が不参加で盛り上がりに欠けるところに、リーダーのAから電話が入り、Kが抜けた後の人当てについて話があるので飲み屋で打ち合わせをしたいとかで・・・・。 まさか来たAを無視する訳にも行かないので仕方なく内容を聞くと結果的に別部門にフォローをお願いして出張をして欲しいと

  • うーん、お詫びに行く

    くろたかです。 またまたKのことですが、結果的には月曜日から出社していません。 月曜日に電話があり、1週間休んでもらって全て(内科、脳外科、心療内科)検査して貰うことになりました。 心療内科は、係付けの医者から紹介して貰ったらしく予約も今週取れたようです。 仕事は完全に止まるのですが、そもそもKにさせていること自体に問題があると思いましたので顧客の担当者に新しい担当者を決めてお詫びに伺いました。

  • うーん、また繰り返す

    くろたかです。 また、Kの話です。 医者に行く約束をしてくれたKですが平日は仕事が忙しいという理由で土曜日に行くとのことでした。 どうやら面談をしてからは、休みもなく遅刻もなく出社しているようです。 昨日のことでした、私はKと再度面談をして明日の診療を念押ししました。 所長との約束ですから守ります、Kは明るくそう約束してくれました。 昨晩、20時ごろだったでしょうか。 Kから電話が来ました。 K「

  • うーん、上司に相談

    くろたかです。 Kのことや春に向けての人事異動について上司である役員に電話で相談しました。 役員「売り上げトップなんだからそれほど問題はないだろう」 くろたか「売り上げ以外は問題だらけです」 役員「また、社員か?今度は誰だ?」 Kのことを話してみました。 役員「まずは医者に行ったんだな?外的な病気は何もないんだな。」 くろたか「いえ、何度言ってもかかりつけの医者(内科)以外には行かないのです。本人

  • うーん、根性論と再発防止

    くろたかです。 Kは今日は出てきたようでした。 しかし本人から連絡はありません。 連絡をくれたのは、近くにいるベテラン先輩社員でした。 昼一番で面談を行いました。 くろたか「まずは話を聞こうか、なぜ休んだ?理由は。」 K「先週の木曜日に仕事でミスをしてしまってまたミスをしないかと自信が無くて」 くろたか「じゃあ、なぜ今日は出てきた?」 K「それは・・・大事な打ち合わせがあったので」 くろたか「時間

  • うーん、70人面談

    くろたかです。 うちの事業所の所員は私を含めて71名。 毎年数名退職するのですが、今年はなぜか退職0でした。 数が多いのもあるので個人対応は、リーダーから連絡のあった人で気になった人だけにしているのですがそもそも面談を実施していないリーダーもいるらしいのでたまには社員面談を実施することにしました。 まあ、大抵客先などで顔を見ると話しかけるようにしているので1年も会話していない社員は数名なのですが、

  • うーん、電話が鳴る

    くろたかです。 今日は、早めに寝るかっと思った昨日のこと電話が鳴っています。 何度かブログにも書いているリーダーのAからです。 部下が退職したり、出勤拒否したりしたリーダーです。 つい最近書いたKの上司でもあります。  うーん、語らない係長 - くろたかの目指せ!中小企業診断士 時間は夜の11時です。 きっと急ぎに違いないと思いギリギリ取れなかったのですぐに折り返しました。 A「少し相談したいこと

  • うーん、情報処理技術者試験

    くろたかです。 先週の日曜日は、中小企業診断士2次試験でしたが情報処理技術者試験の日でもありました。 うちのソフト系の3名が受験していました。 ITパスポート、基本情報処理、応用情報処理の順に受けて行くのですが、うちの会社って昔はそれほど資格取得にうるさくなかったので、現在若い子ほど資格を持っているという逆転現象が起こっています。 現にうちの3名では、1番先輩のO君(33才)は、現在基本情報処理を

  • うーん、クーデター(その2)

    つづきです。 異様な空気の中、もう限界だと私は感じました。 このままいけば、Iが口を開き皆Iが課長をすべきだというでしょう。 それだけではありません、Kには居場所すらないのです。 請負側で失敗して派遣に舞い戻った人は、何の役割も出来ないだろう。 敗者はただ我々の邪魔をせず静かに余生を過ごせばいい。 冷たい空気がその場を包んでいます。 派遣、請負側で総勢15名ほど・・・一部は私が抜擢した組織の面々で

  • うーん、クーデター(その1)

    くろたかです。 昨日は、月に一度のリーダーミーティングでした。 勤怠の情報、売り上げ、全社的なトピックス、教育関係の連絡、各グループの報告。 いつもの議題が進んでいきます。 話も終わろうとしたその時Yさんが口をはさみます。 来年4月以降の組織体系の話です。 派遣と請負の比率を半分にし組織運営をしている私の部門は、大きく4月に組織を変えます。 それは、来期以降人事的な変化点があると思われるからです。

  • うーん、上司の仕事

    くろたかです。 昨日は、10時過ぎだったかなSから電話があったのは。 S「今の場所でもう一度頑張らせてください。」 くろたか「そうか、自分で決めたんだな、分かった。じゃあ、頑張ってくれよ。俺も何度も謝るのは嫌だからな。(笑)」 今日そのことをメールで送ろうと思います。 お客さん、S、Sのリーダーたちにも。 私は社長以外の上司は、全てつなぎ役だと思っています。 人は皆、心の中に信念みたいなものがある

  • うーん、私待つわ

    くろたかです。 客先からクレームが来ました。 お客さんの室長(会社で言うと係長くらい?)さんがお怒りです。 室長「S君だけど、出図ミス!今後で二回目だよ」 くろたか「それは申し訳ありません」 室長「全く、どういうつもりなのか。リーダーは呆れてもう仕事を出したくないと言ってるよ。叱っても全く聞いて無いし、謝りもしない。周りにも迷惑だねあれでは。」 くろたか「申し訳ありません、Sには十分に言って聞かせ

  • うーん、Kの奥さんの言葉

    昨日朝一番Kからラインが来ました。 「今日は出社しています、ご迷惑をお掛けしました」 時間は、始業時間を15分超えています。 今日は、Kとお客様の面談でした。 実は、来春からKの職場を変えようと思っています。 勿論、そもそもそう思っていたのです。 Kにも勿論説明して納得済みです。 今の職場でのKの評判があまりにも悪いので。 そう言う手を打っている間での今回のことでした。 面談が始まりました。 私の

  • うーん、そんなに簡単じゃない

    所員「所長、Kさんから電話です。」 いきなりかかってきた朝一の電話、決まっています。 嫌な予感しかしません。 くろたか「おはよう、どうした、K君」 K「所長すいません、今朝も吐き気がしてきついので今日は医者に行ってきます。」 くろたか「分かった、ちゃんと医者には詳細を説明するようにな」 すでに業務の負担は、半分以下になっています。 それでも治らないのか・・・・やっぱり病気か? 現場側に連絡すると皆

  • うーん、我々は医者じゃない

    くろたかです。 今日は、大学へ個別説明会に行く予定でした。 昼から社を出れば間に合う予定で準備。 11時くらいに電話がなります。 リーダー(Yさん)からの電話です。 Yさん「所長、Tから聞いたのですがKがどうやらメンタルで・・・・今日も客先の構内まで来たのですが職場に行きたいくないというので少し話して返したそうです。暫く来ないと思う、もしかしたら辞めるかもと言っています。」 こんな話は、しょっちゅ

  • うーん、結婚式

    くろたかです。 昨日は、所員の結婚式でした。 乾杯のあいさつをと言われていたのである程度準備をして言ったのですが なぜか司会の方に「主賓のあいさつ兼乾杯のあいさつをお願いします」と言われ。 え、乾杯だけじゃないんですか!って声上げてしまいました。 いやーまじ超焦りました。(笑) 正直1.5分くらいしか準備していなかったもんですから急遽、新郎との思い出話で記憶に残っていることを語って場をつなぎました

  • うーん、結実の時迫る

    くろたかです。 11月20日で今期が終わります。 でも賞与支給がの査定には、間に合わないために10月度の売り上げ時の順位をもって賞与査定を行います。 つまり来月度の売り上げこそが勝負なのです。 現地点で我々と悪代官の差は、5%。 10か月経過した上での差ですから単月で言うと50%以上の差をつけられないと逆転はありません。 ほぼ我々の勝利は、見えているのですが10年もの間、その部門のトップが当たり前

  • うーん、初めての会社命令(その4)

    色々と考えました。 kさんの想いは分かる、でも奥様はどう考えているのか。 あと数年で引退って人にそこまで社として頼るのはいかがなものか。 もし自分が同じ立場ならどう思い、どうしたいか。 役員「最終的には、お前が決めればいい。その代わり納得いく説明はしてもらうぞ。」 説明はいくらでもします、でも色々なことを考えて出来れば皆が幸せになれるような判断をしたい。 そう思いました、世の中ハッピーストーリーだ

  • うーん、初めての会社命令(その3)

    分かり次第連絡するので。 そう言ったkさんの言葉を信じ、kさんからの報告を待つことにしました。 ただ、上司の役員とkさんの長期出張を気にする元上司の管理部長には、kさんの奥様のことは伝えました。 お二人とも、ご家族の病状が第一だから客先調整などは迅速に行うようにとの判断でした。私もそう思っていたので後はkさんからの連絡待ちという状態でした。 kさんから私に電話連絡が入ったのは、それから1週間後のこ

1 2 3 4 5 ... 8