海釣りのムラゴンブログ

  • 磯つり スパイクシューズ

    これからの季節、磯釣りが面白い。 磯竿をしならせてくれる、磯の元気な獲物たち・・・。 玉浮きが、勢いよく海中に沈みこんで、スピニングのベールを降ろして、対戦開始。 磯での足元は真っ平らな事は、滅多にないし、亀の手がチョッピリ危険だし、波打ち際は海藻などで滑りやすいし・・・。 そこで、磯での釣りではスパイクシューズが必須。 足元ガッチリであとは、獲物との対戦・・・! この日は、歳無しゲット・・・!

  • ロッド ソルトウォータールアー(オフショア)

    ジギング・キャスティングのマイフェなロッドの件です。 それは、ソルティガ エアポータブル。 ※ダイワホームページ参照画像 エアポータブルという、うたい文句という事で2本継ぎ。 キャスティングロッドには不向きな継ぎなんだけれど・・・。 ダイワの【荒い使い方のテストで、その性能を証明】は正真正銘、納得の1本。 ジャークにも素直に追従してくれて、力強い粘りも多少の強引さを許容してくれるロッドです。 コノ

  • スピニングリール ソルトウォーター

    舞台は、オフショア・・・。 狙うはヒラマサクラスの青物。 根性据えてかからないと・・・。 ヒットした獲物が、ヒラマサだったらまかれる前に、主導権を握らないとラインが切られるかもしれない・・・。 海のスプリンター、ヒラマサは垂涎の獲物。 釣り味の印象は、その強烈なヒキ。 身体全身で獲りにかからないと・・・。 両腕は、乳酸パンパン・・・。 緊張と興奮。 そんな時、頼れるスピニングリール。 力と力のやり

  • 雪降る中の露天風呂☆素敵な思い出ができました♪

    2019年3月31日(日) 昼神温泉2日目です♪ 唯子さんのキラキラ笑顔は続いています♪ ・ ・ ・ 温泉旅館での浴衣姿♪ 浴衣&茶羽織姿♪ ●浴衣 ●茶羽織 ☆唯子さん 朝のルーティンとなっているコーデ写真の撮影(^^♪  今日は 朝風呂から上がった後に ポーズを決めてくれました♪ ・ ・ ・ 朝食もバイキングでした♪ 唯子さん 綺麗にお皿に盛り付けて 席に戻ってきました♪ 自分で選んで 自分で

  • 海釣り 水中モニター

    アングラーは、想像力がたくましい。 海中の針先の状況をイメージして、陸から海中の獲物を狙うのが、お仕事だから・・・? 他の人から見れば、じっと魚が食いつくのを待っている画にしか見えないけれど、手持ちの竿ならソノ釣り人は海中をイメージして、脳内には海中をイメージして釣りを・・・? アングラーは、イメージで釣果を期待する。 ・・・という事で普段、見えないところを見たくなるのが人情・・・? 魚の捕食シー

  • 魚 鮮度 保持方法

    自前で釣った魚なら、必ず美味しく頂く。 これがアングラーの鉄則。 ただし、釣った魚を食すアングラーならば・・・。 という事で、釣れた魚を極力鮮度を損なうことなく帰宅する方法について(^◇^) 先ずは、船長がこだわってくれていたら・・・? 船に備え付けの年季の入ったクーラーボックスに、氷を放り込むように指示されたり・・・ 実はコレ、行きつけの船長の、何時もの最初の指示だったり・・・(^◇^) 多分そ

  • 真鯛釣り 高仕掛け

    和歌山県は加太のブランド真鯛の、船釣りの件。 ココの真鯛 実は、知る人ぞ知るブランドな真鯛。 真鯛に冠の付く全国で有名な地域と言えば、明石や鳴門というのが、有名どころ。 実は、それらに負けず劣らず美味しい真鯛が、加太の船釣りで楽しめます。 真鯛は、太平洋側近海でも日本海沿岸でももちろん、結構釣られていて沖釣りアングラーなら釣ってみたい獲物の一つ。 釣り味も楽しい船釣りでの、最も有名な対象魚。 船で

  • アジング デビュー

    新春の近くの港で、初日の出を愛で、祈願して、アジング事始めの件。 釣りは面白いし、釣ったアジは美味しい季節。 釣り方は色々あるけれど、今、流行なのがアジング。実践の前にアジングの下調べとか・・・! という事で、先ずは、教科書。 身近な釣り場でスグ始めよう!!【0から覚える】アジングのすべて (CARTOPMOOK) 交通タイムス社 2014-11-11 本 必要なアレコレを教科書で下調べ。 もし興

  • 釣り新聞の室蘭沖堤防釣りツアー記 総評(2)

    今年も事故が多かった  この記事は、ワームがどうとか、どこで釣れるとかの情報は、書いていません。 それらは別の記事でたっぷり書きます。 まだあと1ヶ月ほどありますが、今回は、マナーなどについてちょっと触れたいと思います。 ▲つりしん紙面の一部です  前々回の記事でも触れましたが、ツアー参加者のある人が集合から乗船まで、事あることに遅れるし、堤防の上に寝っ転がって寝る始末。たかだか幅1.5メートルほ

  • 天秤カゴフカセ釣り

    久しぶりに、船釣りへ行って来ました。 狙う獲物は、オキアミで真鯛狙い。という事で今回は、天秤カゴフカセ釣り。船釣りではポピュラーな仕掛けと釣り方。行きつけのその船の船長は、天秤カゴフカセ釣り博士。 少々の多弁な、釣らないと否、絶対に釣らせてくれるまで饒舌に実践レクチャーが始まる、本当は気さくな船長。 しかしながら釣り客の方で、そんな船長に好き嫌いがどうしてもあってか、彼の評判は悲喜こもごも・・・?

  • 釣り新聞の室蘭沖堤防釣りツアー記 総評(1)

    ロッド1本とリールは持参をオススメ  今回も昨年同様、自分たちが普段使っているタックルを持っていきました。といっても必要最小限、できるだけ身軽に参加したかったので、ロッド1本ずつとリールと厳選ワーム・リグだけです。もちろん帽子やサングラス、手袋は貸出していないので、当然用意しました。  まぁ、なれている道具が一番だし、貸出してもらえるのは、ちょい投げロッドで、やわらかすぎるし、糸もナイロンで伸び伸

  • 真鯛 船釣り 高仕掛け

    和歌山県の加太の船釣りのご紹介です。 加太の真鯛は実は、知る人ぞ知るブランドな真鯛です。普通、真鯛と言えば明石や鳴門というのが有名ですが、どうしてどうして・・・・・。 それらに負けず劣らず美味しいのが加太の真鯛なのです。真鯛は、太平洋側近海でも日本海沿岸でももちろん良く釣れていて、アングラー垂涎の獲物ですネ。 釣り味の楽しい対象魚です。獲物が海中から姿を現して、真鯛だとわかると、船釣りでは笑みのこ

  • 釣り新聞の室蘭沖堤防釣りツアー記 第2部

    2018年月の釣り新聞、道新スポーツ釣り新聞の室蘭沖堤防釣りツアー参加しての第2部後半です。 スプーンで イソメ→3インチワームとスプーンのみで爆釣!  穴釣りを始めると、ガヤがサイズアップしました。ぷりんぷりんのお腹で体高があります。ぼぼ尺ガヤです。なかなかいい兆候です。私達はガヤは食べないのでリリースしていると、「美味しいのに〜」とスタッフの方に言われました。  刺身や煮付けで食べたけど、いま

  • 久し〜ぶりの更新

    まずは、近況から  昨年2017年から2018年春までは町内会役員で、土日はもちろん平日の帰宅後も結構忙殺されておりました。行事の手配や手伝い、お便り作成、会議の手配などなどやることてんこ盛り!ちょっと誰かがサボると小さい組織は運営が難しくてカバーが大変でした。  そして仕事も忙しく、平日なにかできる事が少なくなってしまいました。札幌の街の様子もお伝えしたかったのですが、すっかりご無沙汰です。  

  • エギ アオリイカ

    これから、海へおもむきイカを釣る・・・。と言えば、アオリイカ。 秋アオリは新子。新子はエギで狙うのが効率的だし、楽しい釣り。波止で磯で、これからはエギンガーの活躍する季節。 上述の画像はアジで釣れたアオリイカ。 これを疑似餌の一つエギで狙います。陸ッパリの場合、スピニングリールにエギングロッド。 船釣りの場合は、ティップラン。仕様はスピニングリールにティップランロッド。 ティップランロッドはエギン

  • 平成最後 剣先イカ釣り

    平成最後のシロイカを釣りに行きました。 イカ釣りには、余り喜ばしくない月夜でした。シロイカとは、剣先イカの事。暦上当日は、中潮で沖では少々のウネリが・・・。 船でのイカ釣りは、アンカーで船を留めて釣ります。船釣りの場合、釣り方が大きく二つに分かれていて、アンカーで船を留めて釣る釣り方と潮に乗せて船が若干移動して、ポイントが刻々と変わる釣り方という感じです。 シロイカ釣りは日没が勝負。漁火を灯してシ

  • 秋 真鯛釣り

    紀淡海峡の真鯛は、明石鯛、鳴門鯛ナドナド、ブランドになるほど美味しい真鯛が船釣りで楽しめます。 和歌山の加太はそれらに匹敵する真鯛を釣らせる、釣り船で賑わっています。ただ、この辺りの釣りは餌を使わずに、疑似餌の類で真鯛を狙います。鯛ラバとか・・・。 加太では、独特の高仕掛けと呼ばれる、長いサビキ仕掛けを使ってビニール片を疑似餌にして釣ります。 この秋も、加太へ真鯛を狙いに行きました。何時ものタック

  • オニカサゴ 船釣り

    オニカサゴは中深海の船釣りで釣れる獲物。 深海釣りではなく、中深海の釣りは、道糸PEが4~5号程度で、 300m巻ける普通の電動リールで釣れる船釣り。 これが深海釣りになると、もっと太いPEで1,300m程を巻いた深海専用の電動リールでの釣りという事になって、船釣りのカテとしてはタックルが変わってきて、釣り自体の趣きが変わって来ます。 それでも、中深海ともなるとそこでの獲物の成長は、浅いところに比

  • イカ・タコ 船釣り

    夏の船釣りを代表する、イカ釣りとタコ釣りを楽しんできました。連日で・・・。 イカは剣先イカ。日本海側まで出かけて釣っています。 タコは真蛸。瀬戸内海で海底をシコシコテンヤやタコエギで狙います。軟体系はエサを使わないで釣る、いわゆる疑似餌で釣るのが昨今の釣り方。 イカはスッテ。 タコは、タコエギ。 軟体系の釣りは、女性にも人気で釣り客には、頼もしい女性アングラーが結構、活躍されています。初めての方も

  • 船釣り 座布団

    船に乗っての魚釣り。楽しい非日常。そして座れる釣り船なら、座布団があれば快適!というのも船の着座は、硬いのが一般的。特に真冬の釣りなら、あって良かったと思わせてくれます。 長時間の船での釣りに、座り続けるのが苦になるのなら、携帯用の座布団が重宝します。洗濯も出来て、持ち運べるクッション。 一荷物、タックルボックスにしのばせて快適な船釣りを楽しめる座布団! ミニマット アウトドア マット サウナマッ

1 2 3 4 5