• さくら、さくら(夜勤明けのひとり言) 

    夜勤明け、何時もの帰り道。 毎年、花を咲かせる団地前の通りには、今年はまだ、花がありません。 顔も知らない、“花咲かせ人“ のことが気にかかります。 「引っ越してしまったのかなあ‥、もしや、病気なの?」 コンビニで、桜の表紙が目について本を買いました。 「一度は見たい!桜の絶景(首都圏版)ぴあ」 ぶらぶらと、歩きながらページをめくって、まずは整骨院に。その後は、何時もの日帰り温泉に。 日帰り温泉の