• バルーン+無人機システム Balloon + drone system

    バルーン+無人機システム Balloon + drone system Ballon + Drohne System Ballon + drone Système Aerotain revolutionized the drone industry with their entertainment drones allowing event organizers to engage with th

  • 系譜秩序から派生する秩序が機能して系譜秩序が増殖するシステム

    系譜秩序と 派生秩序に分けて考える 系譜秩序は 系譜秩序をひな型として 同質物質媒体の同質秩序を 複製される秩序 派生秩序は 系譜秩序をひな型として 異質の物質媒体の秩序として 転換される秩序 系譜秩序の例  遺伝子  経典  法律  設計図  言語体系  レコード  生殖細胞 派生秩序の例  RNA  タンパク質  意識  工業製品  しゃべり言葉  行動  意識  心理  思考  嗜好  体細

  • 外部に依存して増殖するシステム

    iPS細胞のすごさは 生き続けること それと さまざまな機能を発揮する秩序性にある まず生き続ける能力について 普通の細胞は 身体から切り離されてしまうと 整えられた培養液の中で大切に育てられても しばらくすると死滅してしまう 細胞分裂して 細胞が増える数よりも 死んでしまう細胞が多いからだ 出生数が死亡数より少ないと 人口が減少して それが続けば人口がゼロになるようなものだ このような能力は 癌

  • 不安が作出する壁の中の閉塞

    テストで100点は なかなか取れるものではない 一度答え合わせをした試験問題でも 間違いを犯し 2回目のチャレンジでも 100点をとれない できるはずと思っても 実際には なかなか思うようにはできない 思うようにできていることの裏には とてつもない努力があるのだろう プロのスポーツ選手のすごみが ここにある それぞれが 基本を押さえた上で個性を輝かせている 基本のどこかが欠けているがゆえに 現れて

  • 植物が持つやさしさの分析としての独立、従属、防衛

    いくつかのサブシステムが協調して システムが成立している そのシステムも サブシステムとして機能している 世界の中の国々 国なのかの文化たち 社会の中の人間たち 人間の中の臓器たち 臓器の中の細胞たち 細胞の中の細胞内小器官たち ・・・・ 具体例には事欠かない システムと サブシステムの関係が 強い場合もあれば 弱い場合もある サブシステムの従属性が高い場合もあれば サブシステムの独立性が高い場合

  • 混沌と秩序の間にある仮想空間

    混沌を背景に 秩序が存在する 秩序が維持できない場合 混沌へと帰してゆく 維持する仕組みがシステムだ 遺伝子のシステムが 生命を維持する 社会のシステムが 平穏あるいは正義 あるいは管理 あるいは暴力を維持する このような混沌と秩序の間にある 仮想空間で思考が遊ぶ 秩序の側から 無秩序を眺め 先人であることを自覚しながら 教育などにいそしんだり 高じて 従わないものを いじめてみたりする 混沌の側

  • 系譜的被造物の歴史としての進化

    遺伝子が創られたものとすると その創造主は遺伝子を維持しているシステムだ そのシステムの創造主は 絵にも文字にもしがたい混沌の中の ほのかな秩序としか思いようがない ともあれ カエルがカエルらしくあるために 遺伝子があり 生命誕生から 今のカエルへと受け継がれてきた 遺伝子の歴史が 今のカエルの遺伝子を創造した 生命誕生のころの遺伝子と 今のカエルの遺伝子には 大きな違いがあると 容易に想像できる

  • 多様なベクトル(方向と強さ)の混在する世界

    「あのような境遇に生まれたくはない」 そう思われる境遇をなくす方向に 努力を重ねる この境遇を どこからなくすのか? 家族からなくす 近所からなくす 民族からなくす 国からなくす 人類からなくす 動物界からなくす 生命からなくす 理念というものは 風が吹く方向のようなものでその強さは その時次第だ 強く勧めることもあれば 弱いこともある 他の風とぶつかり 中和されることもある 高等生物は 様々な風

  • 複雑なる能力に複雑なる悩みがつき惑う

    スマホのような 最新の複雑な機械を目の前にして 「どうしてこんなことができるのか?  どんなメカニズムになっているのだろう?」 などと分解しても 素直にそのメカニズムを知ることは困難だろう カメラの機能なら スマホを分解するよりも カメラを分解したほうが少しはわかりやすそうだ 音を録音したり 再生したりする機能は スマホよりもカセットレコーダーの方が やさしそうだ それでも 斧や のこぎりよりも困

  • 夏休みのお知らせ

    いつも、ご覧になってくださって ありがとうございます。 今年の夏は、 なにかと立て込んでおりますので、 本日より8月いっぱい ストレスケアサロンHerb 🌱 おん は、 夏休みとさせていただきます。 9月から、お待ちしております。 お会いできる日を。 誠に勝手ながら ロングサマーバケーション。 来年は未定です。 皆さまよい夏になりますように。 心より。 Herb 🌱 おん アトリエおん🌱 福

  • 全体の部分としての独立

    法律は 社会全体を維持する存在である よって 個々人を守るためにのみ存在しない 個人の満足のために 存在するのではなく 社会の満足のために 法律は存在する しかるに 法律による規制が強化されると 全体主義に傾斜し 法律による規制が弱まると 自由主義に傾斜する どのようなことについて どの程度の強さで 法律で規制するのか? これは 個人が定めることではなく 社会が定めることだ 社会は 個人とは独立し

  • 日々新しく新鮮に

    永遠を求めるならば 永遠に努力を続けなければならない 意識的な努力だけではない 無意識に行われている現象においても 持続の努力がなされる必要がある 意識の劣化と 物質の劣化 意識では肉体を支配しきれない 肉体を鍛えても意識を鍛えきれない 劣化を防ぐだけでは足りない 劣化してしまったものを 新しいものに代替えしなければならない 赤血球は 新しくつくられ続け 劣化したものは排泄される やる気も 日々更

  • 自己淘汰による排除が維持する調和

    私を構成する細胞たちは 情報を共有し 上手くやってくれている 予定調和を含有する情報の共有による 上手な状態だ このように予定調和が成立しているシステムに 予定調和を含有していない病原菌などが侵入すると システムの調和に乱れが生じる システムから病原菌などの排除の必要性がここにある 非調和的存在の排除システムの正当性だ 癌細胞などの非調和的自己の排除も 同様に正当化され機能している 自己淘汰だ 排

  • 仕組まれた因果律

    花が咲き 実がなる この因果律は 遺伝子の役割なしには 成立しない 仕組まれた因果律の 機能的集合体が システムだ 遺伝子が仕組む システムとして生命が存在し 言語が仕組む システムとして社会が存在する 機械は 選ばれた因果律の集合体だ 選ぶという過程で 自由が奪われ 因果律が仕組まれる 仕組み仕組まれ 人間関係が熟成する ーーーーー メモ コントロールされた因果律と コントロールされていない因果

  • 鯉と恋の各存在性

    鯉の存在と 恋の存在には 違いがある 鯉は全体性が強い存在であり 恋は部分性が強い存在だ 鯉は個体としての全体 恋は間個体に生じる部分である 恋は社会を形成する部分間の存在であり 個体をより上位の階層たる社会の部分ということになる はやり歌が 鯉より恋を題材としやすい由縁だろう 歌も恋も 間個体的存在である 社会的存在だからだ 部分的存在だからこそ 愛されるのかもしれない ーーーーーーー メモ 恋

  • 美学が制御するシステム

    美しい景色を目の当たりにして その景色が存在することに感謝する その時 自身の目の能力に感謝することを すっかり忘れている 美しいオーケストラの演奏を聴く時も 自身の耳の能力に感謝することを忘れている 美しいと感じる感性があることも 忘れている ただ これらの忘れている事象の総体として 生きている実感を感じることがある 植物は 二酸化炭素と水を取り込み これらの物質を制御して 植物の一部へと変換す

  • 世界の多重性がもたらす多様性

    人間の およそ半分が女で およそ半分が男だ 男であるか 女であるか これはあらかじめ 決められている そう思うしかない 人間であり 猫や犬ではない様に 男や女でいる 先ず身体ありき 言葉を操る能力も 身体あってこそである ただ 身体が先とはならないから複雑だ 身体が成長し 言語能力が備わるはるか前から 言語体系が先んじて存在しており この存在なくして 言語を操れないからである 先ず言葉ありきの世界

  • 組み合わせの妙という結果的必然

    生命が誕生したとき 人間が進化する未来への道筋は ほんの些細な可能性として存在していただろう あまたある生命の潜在的可能性の中で なぜ今いる生き物が生存しているのか? その答えは 歴史の過程における取捨選択の固定化にあり 偶然の結果的必然の中にある 組み合わせは偶然が左右する 確率的現象だ 二つのサイコロを振り 同じ目が出る いわゆるぞろ目になる可能性は 6分の1だ ぞろ目になれば もう一度サイコ

  • 社会の機能と個人の負担について

    縄文時代に移住できるとしたら 何人の仲間と行けば 楽しく暮らせるだろう まずは衣食住だ 熱くても 寒くても 快適に過ごせる服を 確保するために必要な仲間 できれば洗濯機も欲しい すれば電機も必要だ 牡丹鍋もいいけれで やわらかなステーキもたまには食べたい ケーキはどうだろうか チョコレートもあればありがたい 高気密の家は快適だ やはり家は 外部と内部の遮断が大切だ 上水と下水の接続もあった方が快適

  • 現象と構造の共進化

    現象は 反応の連鎖である 構造は 反応主体と反応対象の関係である 関係に応じて 反応の種類と強さが変化する この意味で 関係は 反応の原因となる 反応の種類と強さにより 関係が変化する この意味で 反応は 関係の原因となる 鶏が先か 卵が先かの関係だ 同じ言葉で同じ意味が理解されても 発する人と聞く人の関係により 意味の解釈が異なってくる 構造が現象の差異をもたらすのだ この意味の解釈の違いにより

1 2 3