その他の地域を表示する

石川県

  • 作成 作成

    なぜ俺だけイカが釣れん!! 気分を変えナイフのシース作りです まず型紙にナイフの形を書き写していきます ハンドルの幅を忘れず書き 次にシースの形を書いていきます 立体的な頭の使い方ができないことが 「つらい」 とりあえずできたのではさみで切っていきます おや? なんかそれっぽいんじゃないか? あれ? 幅足りなくね? 「もう一回書くか?・・・」 いや、切ろう 分厚いから なかなか切れんな 切れました

  • 準備はできた 準備はできた

    どーも誰も見てないと思いやる気を失っていた どーも僕です コメントがあるとやる気が出るものだとあらためて実感しました 以前話したナイフのシース作成の準備ができました http://yamabiko.muragon.com/entry/19.html ずばり革で作ることにしました 理由は初期費用が安いのと一度は作ってみたかったからです 準備したものがこちら 買っていると想定以上に予算オーバーしてしま

  • 本当にごめんなさい

    誰も見てないと思って 「あーもー無理かー」と思いつつ コメント管理画面を見ると非公開コメントが・・・ 「あーーー!」 「通知気がつかなかった!!」 本当にごめんなさい 大変遅くなりましたがご確認よろしくお願いします

  • 箱罠設置 箱罠設置

    ~箱罠設置中~ 猟師A「いやー ここすごいな」(ぬかるみ) 山彦「すごいなじゃねーよ!!」 山彦「ひでーよ!!」 設置場所はここほどじゃないにしても 地面がゆるく箱罠を置いてもグラグラとグラつきが 猟師B「罠がグラつくとイノシシ警戒して入らんぞ」 猟師C「コンパネがあれば下に引いて」 猟師C「掛かった時の泥除けと安定感がでるんだけどな」 針葉樹合板(構造用合板) 厚み12mm JAS F 棚板・コ

  • 箱罠 箱罠

    ある日の早朝 ~結構前~ 先輩「俺らの班にも罠あたるからお前管理してみっか?」 山彦「え!?」 山彦「罠免許持ってますけど、罠なんて試験の時に見たぐらいで・・・」 山彦「仕事もあるんで1人じゃ管理できないですよ!?」 先輩「そうか・・・」 ~ちょっと前~ 先輩「罠設置しに行くからO月X日これる?」 先輩「見回りの話もしたいし」 山彦「!?」(あの話生きてんの!?) 山彦「え!? あ・・ 何人かで見

  • チャーシュー2 チャーシュー2

    前回の続きです 11時間経過しました どれどれ いい感じの色になりました タコ糸を外し 中もいい色に パサつきも無くジューシーで美味い さぁ イカ釣りに行くか これは猟師小屋計画の賛同者を募集するブログです 現在狩猟免許を持ってない方でも歓迎です とにかく人間と金を集めることが目的ですので気軽にご連絡ください よろしくお願いします ランキングに戻る時はこれを使ってください 狩猟・ハンティングランキ

  • チャーシュー チャーシュー

    「チャーシューが食いたい」 作ります これは以前捌いたイノシシのバラ肉から腹回りのお肉です http://yamabiko.muragon.com/entry/5.html フライパンで表面に火を通し その間にタマネギを切って行きます みじん切りにし 肉に焼き目がついたら 炊飯器の釜にタマネギと 醤油、みりん、酒、砂糖を入れ 肉をぶっこみ いざ 炊飯器へ 炊かずに保温で調理 昔は圧力を使って煮てい

  • シース シース

    「あー」 「人が集らん!!」 そう思いながら現実逃避し たまたま見た三国志ドラマにはまってしまった どーも私です なんだ中国のドラマかと思ったんですが、なかなか面白い 三国志はまったく知らないのですが 悪者役の曹操が好き 勝つためなら何でもする 建前無視した考え方がいい さて、ブログをまったく更新していなかったら みるみるランキングが下がり、 その結果、石川県民の方の目に留まる確立も どんどん下が

  • クマ肉 クマ肉

    月の輪熊のお肉です イノシシの肉をいちいち解凍して 切り分けるのが面倒なので タレに漬けて小分けにすることに 以前も作った焼肉のタレを準備し http://yamabiko.muragon.com/entry/9.html イノシシを解凍、切り分けし ジップロックに入れて冷凍庫へ 残ってしまったタレがもったいないと思い 熊肉の焼肉を作ることに 熊の肉はかなり歯ごたえというか硬いので薄く切らないと

  • 狩猟登録前 狩猟登録前

    来月には一斉の狩猟登録があります 初めての狩猟登録の時には一斉にあるのは知らず 電話をしてその存在を知りました 僕の住んでいるところでは県央農林事務所が担当で 一斉登録は10月11、12、13日の3日間で行われます その時に狩猟登録だけでなく 猟友会の登録やハンター保険、駆除隊員の登録が行え この11~13日以外登録しに行くと、それらを自分でしにいかなければならず 余計な手間がかかります その分管

  • アオリイカ アオリイカ

    疲れてブログの更新ができてませんでした でも疲れたかいがありました イカです 小さいですがれっきとしたアオリイカです アオリイカを釣るのに人気なのが エギというルアーです 海中でえびのような動きでイカを惹きつけ イカを釣るのですが、カラフルなのをよそに エギは「餌木」という漢字を書くようで 江戸時代くらいから行われてるとかなんとか 僕はルアーのような常に動かす釣りは 好きではないので ヤエンでイカ

  • 味噌炒め 味噌炒め

    更新が遅くなりましたが 飯ブログです 味噌ダレに漬けたシシ肉です いつものようにフライパンで炒めます 炒めている間に 野菜の準備を たまねぎを切り もやしと一緒に炒めます ニンニクをみじん切りに 追加のタレに混ぜ 投入 汁を程よく飛ばしたら 完成です あまり冬のイノシシを食べたことがないのでわかりませんが この時期のイノシシは、豚肉と鶏肉の中間みたいな食感と味がします 程よく淡白でパサパサしてない

  • ウリ坊 ウリ坊

    ウリ坊さんです 今回は前回の罠の管理者の方から 管理者「肉いる?」 と連絡があり、行って見るとウリ坊さんが 管理者さんのお宅では家族がイノシシを食べてくれないらしく 処理しきれないとのこと このサイズなら自宅でもいける思いそのまま我が家へ ダニの脅威はありますが、以前と同様捌くことにします 頭を落とすにはまず 頚椎の軟骨である椎間板から切っていきます ここから切れ目をいれ 首周りの肉をグルッと切っ

  • 3歳オス 3歳オス

    ありがたいことに、先輩からいつもの電話が 箱罠にかかった3歳ぐらいのオスだそうです 到着するとワタと頭はすでに終わっていました 先輩は釣りの帰りだったらしく 先輩「魚捌かな!」 と言い残し帰宅 罠の管理者の方と解体をお手伝いし、 肉を分けてもらうことに 皮剝ぎ 解体は省略 残ったのは骨だけに 体長120ぐらいだったので結構な量に 帰りに買い物をして帰り さぁ 飯ブログするか これは猟師小屋計画の賛

  • 物件探し 物件探し

    A社「もしもし?」 山彦「すみませんAの物件について問い合わせたいんですけど」       「そこは電気、水道は使えますか?」 A社「すみません 使えません」 山彦「すみません ありがとうございました」 B社「もしもし?」 山彦「Bの物件について聞きたいんですけど」 B社「使えません」 山彦「すみません ありがとうございました」 埒が明かん 直接店に行って探してもらうか C社「いらっしゃいませ ご

  • 謎の肉2 謎の肉2

    前回の続きです 半日経ってませんが腹減ったから作ります 多少は味が浸みてるとは思います フライパンに油をひき 炒めます 炒め 炒め 全体に火が通ったら タレを追加  軽く火を通し どんぶりにのせ 人様に見せるため、見た目を良くしたら 完成です    「ふむ」    「これはロースっぽい」    「ふむ」    「なぜ鳥のもも肉が入ってる!?」        「というかこれ、完全に焼肉味だ」   (

  • 謎の肉 謎の肉

    前回が人様に見せる料理としてはシンプル過ぎたので 「わ!」「すごい!」「料理だ!」「仲間に入れて!」「抱いて!」 と言いたくなるような前衛的なものにしたいと思います 今回の食材はイノシシの謎の部位です 前の解体時にでた所属不明の肉たちです こういうのを小間肉?というのでしょうか? とりあえず切っていきます(以下あのBGM) 一口大に切っていき 切り終わったら タッパにいれ醤油に漬けます にんにくを

  • スペアリブ スペアリブ

    あーーー 人集まんねーな 石川県の人これ見てんのかなぁ? 場所には困ってないのか? とりあえずメシを作ってアップして、宣伝を続けるしかないなぁ 昨日捌いた肋骨です 僕には骨がうまく外せないので、付いていた肉の大部分は切り離し 残りをスペアリブとして食いたいと思います とりあえず切り分け 塩コショウを軽く フライパンを火にかけ 焼くだけ この前BBQのあまりで貰った なんか高そうなのを使い 全体に振

  • 解体2 解体2

    前回の続きです 教わった通りできるだけ皮の上で作業するように心がけ 体の半分ほどが終わりました ひっくり返し、反対側へ 反対も同様の手順を繰りかえし なんやかんやで 皮剝ぎが終わりました いやー皮にたくさんの肉と脂肪が まあ今更悔やんでも仕方がないので くるんでポイです 新しくシートを引き やっと解体に入れます 先輩たちも言ってましたが、脂肪がまだ全然ない個体のようで 皮剝ぎは初心者向けで丁度いい

  • 解体中の余談(ダニ) 解体中の余談(ダニ)

    ダニ 今まで見たことなかったので興味はありましたが 家の中で大量に見たいとは言っていない ピントが合わず申し訳ないです  別に撮ったのがこちら マダニといっても色々種類がいるようで 今回付いていたのは背中の模様が似ているフタトゲチマダニではないでしょうか もちろんこいつも血を吸う種類のようで 吸ったあとにはもれなく、痒みと抽選で病気をプレゼントしてくれるにくい奴です 咬まれたときの対処法が気になり