格言のムラゴンブログ

  • 人間万事塞翁が馬

    今日もノリノリ🕺タロウです😎 たびたび耳にする言葉 『人間万事塞翁が馬』 私の元上司で 座右の銘にしておられる方もいました 「にんげん(じんかん)ばんじさいおうがうま」 と読みます。 塞翁の馬が逃げた(不幸) ↓ 馬が駿馬を連れて戻ってきた(幸福) ↓ 息子が落馬して骨折(不幸) ↓ 兵役を免れたため戦死しなくて済んだ(幸福) 大まかにはこんな流れです。 塞翁は占いおじいちゃん 人間(じんかん

  • 卒業式の思い出

    今日もノリノリ🕺タロウです😎 3月といえば、卒業式シーズン 卒業された方 おめでとうございます㊗️🎉 今年は新型コロナウィルスの影響で 規模縮小になったりして 切ないものになりましたね。 ある意味、印象に残るものでは ないでしょうか? 私も、卒業式を経験しましたが あまり覚えていません。 高校や大学時代を かろうじて覚えているくらいです。 高校生 高校の時は、卒業式の後 有志で卒業パーティー

  • やれば出来る

    今日もノリノリ🕺タロウです😎 先日、息子の通う中学校で 一日だけ登校日がありました。 終業式みたいなものだと思います 通知表をもらうだけで 一時間ほどで帰ってきましたから 恐る恐る通知表を 見ましたが 思ったほど悪くは ありませんでした。 先生、甘くつけてくれたのかな? 5段階評価なのですが、 久しぶりに4を 見ました。 2も数学・理科だけだったので 本人には 「やれば出来るじゃん」 と褒め?

  • マンガで読む史記 ①

    今日もノリノリ🕺タロウです😎 いつかやってみたかった企画 マンガで読む史記 結構現代でも使える 格言・名言があります。 ビジネスマンなら 知っていて当たりまえ 使いこなして上司や先方の 関心を得ましょう マンガ史記とは? 『史記』は 中国前漢の武帝の時代に 司馬遷によって編纂された 中国の歴史書です。 マンガは、横山光輝版での 紹介になります。 衣食足りて礼節を知る 原文ですと 「倉廩実つれば

  • 〈断捨離〉 片付けたくなる言葉、シンプルライフを目指したくなる名言10選。

    ◎筆子ジャーナル…より転載 https://minimalist-fudeko.com/10-good-quotes-for-a-simple-life/ …………………………………………………………………………………………………… ●片付けたくなる言葉、シンプルライフを目指したくなる名言10選。 部屋を片付けなければ、と思っているのに、なかなか行動できない人のために、物を捨てたくなる言葉、シンプ

  • 【橋岡克仁】子育てからの最大の学び!自分で変えられることだけに集中する

    子育ては『自分育て』!こどもは大切なことをたくさん教えてくれます Sasin TipchaiによるPixabayからの画像 おはようございます。 橋岡克仁(かつひと)です。 今日は雨なので花粉の飛散が少なく、恵みの雨になった方も多いのではないでしょうか。 僕自身は花粉症ではありませんが、妻が花粉症持ちのため、娘が小さいころ公園で遊ぶのもツライと話していたのをこの時期になると思い出します。 娘はいま

  • 【橋岡克仁】経営者になって感じたサッカーと人材育成の共通点

    サッカーも人材育成もすべては率先垂範!やれという前に自分がやって見せる Werner HeiberによるPixabayからの画像 こんにちは。 橋岡克仁(かつひと)と申します。 僕は現在、人材育成事業、小売店事業、イベント事業を中心に経営をおこなっています。 このブログでは、日々感じたことを自分自身振り返るために書き残していきます。 少なからず皆さんのお役に立てる情報もあるかと思うので、ブログとい

  • あらあら

    あらあら、甘いものは食べたいし、お酒は飲みたくなるし、服は買いたくなるし・・・ 無駄遣いかあ・・・ なるほどね 愛のバッテリーが足りてないのかな😂 愛が欲しいんだなあ~~~(笑)

  • 努力・根気・勉強が運をとらえる by タロウ

    おはようございます😃 今日もノリノリ🕺タロウです‼️ もう何年前ですかね❓ まだ4年前でしたか😅 石原慎太郎氏の書いた 『天才』故田中角栄さんを 語った本ですね。 当時結構話題になりましたよね。 私も読みました。知人に 借りてでしたが😅 営業先でお客様と 田中角栄さんの話になって 泣く方がいたのが 印象深いです。 日本のためによくやってくれたと 涙ぐむおばあちゃんでした。 田中角栄氏の名言

  • ちりぞう回胴記#287・ガールズ&パンツァーG「Sランクを賭けた大一番!其の弐」

    格言だけで勝っていく・・・戦車道とは一体・・・ ミスター養分のちりぞうです! とんでもないΛモンキーを決めてしまった ガールズ&パンツァーGの続きです。 コレが最後のATです。いくぞ~。 1戦目アンツィオ。おおこれはタスカル(じゅうべぇ) その後3戦もギリギリのところで繋いで・・・ このATを左右する大事な局面がやってまいりました。 勝てばSランクのチャレンジバトル! ここ1本だけ奇跡起きてくださ

  • 中尾山博物館!「面白いこと自分で見つけろ」という中尾山のハッスルおじさんから西海みかんを買い、あじフライとメンチをもらう

    長崎県波佐見町でさまざまな「格言」と出会いました。- 中尾山ありがとう。自然、緑、空気、空間、静けさ。感謝、尊重します。 「面白いこと自分で見つけろ」という中尾山のお店のおじさん おじさんがくれたあじフライ 平成30年(2018年) 11月2日 村内伸弘撮影 中尾山博物館と呼べると思います! 中尾山散策を終えて、レンタカーに戻ろうとしたとき、この店を見つけました!! 長崎県波佐見町にある中尾山博物

  • 【名言・格言 決定版!】おすすめ名言・格言ブログ記事一覧 名言・格言たくさん有♪♪

    名言、格言、ことわざ、名文句、名セリフなどを学ぶ前にぜひ僕・村内伸弘が心込めて書き上げた言霊ブログ集をご覧ください。そして言葉の海を旅してみてください。 名言・格言の歩き方 - 365日 年中夢中でやってます(笑) 名言・格言はすばらしい! 名言・格言はうつくしい!! ▼名言・格言 幸せとは?ハッピーとは? 矢沢永吉 - アイム・ハッピー! 「ん」&「長寿十訓」 長寿世界一の泉重千代翁の長生きの教

  • 永長左京の名言 - 第一家電創業者 永長左京寸語録

    私利私欲を捨てた時、人間は必ず社会から報われる。永長左京 村内伸弘 - 1988年 11月 第一家庭電器㈱ 入社 確か今からちょうど 30年前の今日 昭和63年/1988年11月16日(11月1日か11月15日かもしれません)に僕は社会に出ました。東天紅とかで皿洗いのアルバイトをその前やってましたが、正社員として家電量販店の第一家庭電器に就職したのです(修行)。配属は第一家電の中で"雄たる三鷹"と

  • 思い通りにならない イライラや怒りの原因

    イライラや怒りの原因 イライラしたり、腹が立つのはどんなときかというと、 一言でいえば、自分の思い通りにならないときです。 仏教的に言えば、 欲の心が妨げられたときです。 他の人と意見が合わないとき、 自分の思い通りにならないから、 腹が立つのです。 自分の思い通りになれば バラ色ですが、 世の中そうは問屋が卸してくれません。 逆にそんな環境だと、人間として成長しないし、 バカになるように思います

  • 結婚の判断材料 「娘欲しけりゃ…」

    今考えると、結婚って勢いだなー、 なんて思う。 若さゆえ結婚生活のイメージもないし、 リスクなんて考えていない。 思い切りがいいというか。 若いからお相手を具に観察して、 自分に合っているか、 パートナーとしてやってけるか、 お身内家族構成とか、 経済的なこととか、 結婚の決断はあまり慎重に考えていなかったような。 逆にあまり慎重になると、結婚なんてできないし。 お互い賭け事みたいなもの 実際一緒

  • 男には長所が一つあればいい 自信ねぇー

    男には光るもの すばらしいところが一つあればいいというが、 僕はなんだろうかと考えていた。 職をリタイアしてから、 何事にも自信がない。 自信がないのは困ったもの。 趣味のガーデニング、野菜作り? 畑をしていたから、鍬や鋤の使いかたも覚えたし。 草刈り、耕運機の扱い方… こんなのは、自信でも何でもない。 農作業している人はみんなしている。 毎日飽きずにしているパソコンスキル? でもない。 得意分野

  • 煩悩 欲が貪欲にならないように…

    よく聞く言葉だけど、 ぼくたちを苦しめる心を仏教では 「煩悩」 という。 自覚するとしないとにかかわらず、 自らを苦しめ、悩ませています。 煩悩は108つあります。 なんとたくさんあるものです。 大晦日に除夜の鐘を108つくのは、 その数は煩悩だったのですね。 煩悩をなくして、来年は幸せな一年になるようにと 祈願するためにつくのです。 人間はだれしも欲があります。 あるていど欲がないと向上心もうま

  • 草食系に告ぐ 「好き避け」と思え 「いけー!」

    「好き避け」 という言葉、 なんとなく意味は分かるけれど、 好きなんだけれど、 避けようとすることを言う。 女性の動きには案外 あるみたいだけれど、 男の方は、避けられている、 目を合わせてもらえない、 いつも愛想がなく会話がぎこちない、続かないなど。 「俺は嫌われてるのかなー?」 なんて、つい思ってしまう。 女性の心理を読めない。 昭和の男や肉食系男子だと、 避けられていても、 どんどん押してい

  • 儚(はかな)い 世の中すべて儚いもの だから永遠に憧れる

    仲良くしてくれた職場の人が遊びに来てくれたときがあった。 もう4年前になるかなー。 冬だった。 あったかい鍋を囲んで、 美味しく食べた。 ふだん、しゃべることがないので 積もる話もたくさん、 お互いの今の状況を知らせたり、 冗談も言ったりで、 時間を忘れて楽しめた。 楽しい時間はあっという間に過ぎる。 帰り、お見送りするまで、 始終笑って、ずっと口が動いていた。 その中で、 悲しい知らせを聞いた。

  • 寂しいオーラはゲスに付け込まれる

    ここのブロガーさんでも 残念ながら お相手とさよならした、なんて 去っていく人も少なくない。 ブログだけと言えば、 そうなんだけれど、 Niceやコメントし合って仲良くなって 顔も実名も住んでいるところも分からない。 ブログだけの繋がりの人なんだけれど、 なんか、寂しいものだ。 また、新しい彼氏ができたなんて言う人もいる。 えっ! 別れたばかりなのに… 驚かされることもある。 恋に恋をしていた。

  • 恋愛を長続きさせる方法 その11 執着を捨てる 自分は自分の人生を…

    退職してからはずいぶんいらないものを捨てた。 そして、いらないものを買わないようにしてきた。 便利なもの、新商品等々、 コマーシャルに影響されてきたということもあるだろうな。 テレビはあまり見ないんだけれど、 インターネットの時代になっても、 広告ばかり目に付くので、 買わなくてもつい見てしまっていた。 どんどん品物が増えるとともに それを入れる器がいる。 本棚やボックス、家具を買ってしまう。 片

  • 人の悪口陰口 自分にもダメージとか…

    「ゴシップガール」という アメリカのテレビドラマがあったけれど、 「文春砲」なる雑誌然り うわさ話は大抵耳を傾ける。 「他人の幸福は飯がまずい」 「他人の不幸は蜜の味」なんて言い、 みんな大好きなのだ。 人間らしいといえば、 そうかもしれないな。 とくに中高年の女性は なんであんなにうわさ好きなんだろうかと思うときがある。 お昼何人かで 一緒に食事をすると 話は必ず 「あの人ね~…」 になってくる

  • 良い嘘、悪い嘘の見分け方って? 嘘も方便

    嘘も方便(うそもほうべん) 嘘をつかねば仏になれぬ なんていう格言があるけれど、 「あなたは今まで一度でも嘘を付いたことがありますか」 と問えば、 「一度もありません」 という人が大嘘つきだったりする。 嘘を付かない人って、逆にこわい。 ペラペラしゃべらない人でも その人には 本当のことを言わないでおこうと 思ってしまう。 大人は子どもに 「嘘はついてはいけません」 「嘘付きは泥棒の始まり」 とい

  • 人相は嘘をつかない 生きてきた歴史 顔は自己責任?

    人間生きていて さまざまなストレスと向かい合っている。 日々の暮らしの中で、 「不平不満、愚痴、弱音、泣き言、人の悪口、文句」 などを一切口にしない人なんて、まずいない。 それは、まだまだ未分化な人間だから?…。 しかし、人によって多い少ないはあるよね。 ネガティヴな言葉は、表情にも出る。 そういう人は顔の相が険しくなる。 きつく感じたり 冷たく感じたりします。 反対に 「ありがとう 嬉しい 楽し

  • 無理やりポジティブに考えてみれば… 幸せな毎日 

    できれば、毎日を楽しく過ごしたいのは、 誰でも思うところ。 以前、毎日を楽しく過ごしている人に共通する「13の習慣」というのが TABILABOというサイトに掲載されていた。 その中で、 僕は2つ共感することがあった。 一つは 「どんなことも無理やりポジティブに考える」 ということだ。 なるほど、無理やりというのがいいと思った。 わるく考えると、 どんどんエスカレートしてさらに悪く考えるってあるよ

  • 「最後の雨」 彼女に我慢を強いてきたのかなー 遅すぎたよね 

    一期一会(いちごいちえ) 世の中は広い、 世の中にはたくさんの人がいる。 今まで何人の人と出逢ってきたことだろうか。 そして、これから何人の人と出逢う? そんなことを考えていた。 その限られた時間の中では 限られた人しか出逢いはない。 今、目の前にいる人と、 二度と会えないのかもしれない。 そんなことを考えていると、 出逢いを無駄にしてはいけないと、 年齢がいくごとに その想いは強くなっていように

  • ありのままの姿こそが真実か…

    ありのままの姿こそが真実  「♪ありのままの…」 ディズニーのミュージカル映画「アナと雪の女王」が 一時流行った。 映画を観ぬうちに曲 主題歌『Let It Go』が先行して あの「♪ありのままの…」が耳について離れなかった。 ♪…ありのままの姿見せるのよ ありのままの自分になるの わたしは自由よ これでいいの 少しも寒くないわ 『柳緑花紅(りゅうりょくかこう)』 という言葉がある。 「やなぎはみ

  • ただ純粋に 私たちの未来はわかりません

    ムラゴンブログを巡っていたら、 やはり目にとまる記事がある。 感動まではいかないけれど、 ビビッと琴線にふれるような内容がある。 あるブロガーさん 私たちの未来はわかりません ただ、私がいま素直に想うこと 彼が毎日の電話で癒されるなら嬉しいし 幸せになって欲しい そのために今私が必要なら 出来る限り繋がって居たいと思っています ただ純粋に 好きな人が現れたら 応援してあげたいと思っています そして

  • 恋愛を長続きさせる方法 その8 絶対怒らないこと

    彼女とお付き合いをして2年が経った。 その間、僕たちは一度もけんかしたことはない。 言い合いになることもない。 いつも穏やかに接している。 彼女はたまに仕事や旦那のことなどで 愚痴ることはあるけれど、 僕はうんうんと聞いている。 たまにアドバイスすることもあるけれど、 強く言うことはない。 ぼちぼちいけばいいと 諭すように言っている。 二人の間で 僕だけで決めていることがある。 それは彼女の前では

  • 恋愛を長続きさせる方法 その7 見つけたら、瞬時に○○する 

    朝ワンちゃんと散歩していると、 あいさつを笑顔で返してくれるのは やはり女性が多い。 おばちゃん、あるいはおばあちゃんぐらいの 年齢の人ばかりだ。 些細なこと、 お天気のことや畑のこと、 「おはようございます」 「今日も暑いですね」 「しばらく降っていないので、一雨ほしいですね」 「今年は夏野菜出来栄えはどうですか」 なんてしゃべりかけると、 倍ぐらい返してくれる。 一度も面識のない人でも、 少し

  • この男は間違いない… あばたもえくぼ

    見返りを求めないのがホントの愛情 ギブギブがほんまもんの愛 僕もその通りだと思う。 それが出来るのはどちらかといえば女性じゃないかな。 女性の方が実践している。 実践していると言うよりも、意識しないでできているように思う。 だから、この格言は男に対してへの アピールと僕は思うのだ。 母性本能ってある。 母親は子どもには無償の愛を注ぐ。 離婚したら子どもを引き取るのは 圧倒的に女性が多い。 夫のこと

  • 人はなぜ恋をするのか 根源的な欲求?

    人はなぜ恋をするのか。 恋はなんとなく理屈に合わないような気がする。 それは、恋なんかしてもしなくても生きていけるから。 お金と時間と労力がかかるのに、なんでかなー、 なんて暇人のつぷやき…。 ここのブロガーさんたちの 綴られた内容に答えはないかな? なんて読んでいる。 ラブラブで幸せいっぱい、 彼と逢えると思うだけでドキドキそわそわ、 嬉しくて嬉しくて、 強烈なときめきがある。 心が揺さぶられる

  • 人生って運命なのか否か…神様のメッセージ

    人生って運命になのか、 すでに決まっているのかな。 神様がもうすでに 「あなたはこちらです」 なんて、レールをひいてくれているのか。 それに僕たちは乗っかっているだけのか。 どうあがこうとも 変えられないのかなー。 "運命に翻弄されて" なんて言い方はまさにそうだ。 お年寄りが自分の人生を振り返ったとき、 山あり谷あり、 運命に翻弄されてきたなー、なんて話する。 ドラマチックな人生を…。 あるおば

  • 別れた恋人の不幸を願う? 決まって幽霊は女性 「怨みに報いるに…」か

    恋人パートナー、 様々な別れがある。 不幸にして亡くなった、 あるいは好きなのに 別れざるを得ないような状況は除いて、 いわゆる性格の不一致、 俗にけんか別れのようなかたちで さよならしたとき、 別れた後、 相手のことをどう思っているのかということについて、 男女の違いがあるとのこと。 ある調査によると 男は別れた恋人の幸せを願うけど、 女性は不幸を願う 別れた恋人の不幸を願うのは 女性の方が多い

  • みんなひとり旅なのだ 寂しいのは当たり前

    西城秀樹も逝ってしまった。 家族を残し、たったひとりで旅立った。 人間はこの世にひとりで生まれて あの世に、またひとりで逝く。 ひとり旅なのだ。 仏教では 「独生独死 独去独来」(大無量寿経) 「独り生まれ、独り死し、独り去り、独り来たる」 生まれてきたのも独り 死んでいくのも独り どこからか独りで来て どこかへ独りで去っていいく 初めから終わりまで独り、 本来私たちは「ひとり」なのだ。 人生が寂

  • 運気は巡ってくる それをつかまえるのだ

    「運がわるい」 「ツキがない」 「ついていない」 なんてよく言う。 どうして自分だけがこんな目に合うんだろう 不運の星の下に生まれたんだろうか。 こんなに努力しているのに… あいつはなんて、運がいいんだ。 なんて嘆いてみてもしょうがないけれど… 誰しも思ったことがあると思う。 運気という言い方がある。 運気は必ず巡ってくるという。 僕は、運気はすべての人に 平等にやってくると思うのだ。 しかし、巡

  • 日々好日で生きられる 妄想で失恋

    LINEも来なくなった。 返ってきてもそっけない。 きっとあの人の心にわたしはない、 もうだめか…。 こんなふうに 彼を想って苦しんでいる人が少なくない。 彼の一挙手一投足が気になる。 ことごとく期待外れ、裏切られ、 気にいらない。 まもなくお別れみたい。 一途の望みがあるから、 よけいにしんどくなる。 彼から来ていないか スマホのLINEを何度も確認する。 毎日毎日見ている。 だんだん心が折れる

  • 人がよく来る家は運気が上がる 理屈でもそう

    僕は知り合いになった人には 「遊びに来てね」 ってよくお誘いするほうだ。 人を招き入れることは とても良いことだと思っている。 そして、人がよく来る家は運気が上がる と聞いたことがあるから。 彼女との初めてのデートは僕の家だった。 お仕事でお疲れの様子 ぼく「お茶でもどうですか?」 ってお誘いした。 彼女「じゃー、〇日に寄せていただきます」 と快い返事、 彼女は僕を気にいってくれ、 お付き合いがは

  • 昔の人はうまく言ったもんだ 「立てば芍薬、…」

    朝ワンちゃんと散歩していたら、 自宅の庭で花摘みをしているご近所の奥さん、 すてきな花の香りがしてきたなーと思っていた。 見れば、 スイートピーと芍薬(しゃくやく)だ。 「よかったらどうですか?」 と摘んだ花をいただいた。 芍薬(しゃくやく)は、 ほんのり爽やかな香りがする。 しかし、スイートピーの香りの方が強い。 スイートピーの香りが勝ってしまっていた。 花束って感じがする。 花束を貰うって、

  • 空の青さ 子供っぽい大人だった

    西城秀樹 の歌の中で 「ブルースカイ・ブルー」 という歌が好きだったなー。 ブルーという色も様々だけど、 その中で空の色は まぶしいほど美しい。 果てしなく続く広々とした空、 寝転んで眺めていると、 吸い込まれるような感覚になる。 いつまでも眺めていたい。 心が癒される。 一方では、ブルーは憂鬱なという意味で使われる。 ふたつの意味は相反する。 心の状態によって、変わるように思える。 あの人の指に

  • 「母の日」に 一番悲しい別れとは… 寂しさ

    今日は母の日だ。 日頃の母の苦労を労り、 母への感謝を表す。 今日は悲しい話でもうしわけない。 たまに、母を思い出すときがある。 僕の母は心不全でアッというのに亡くなった。 享年47歳、若すぎる死だ。 当時僕は 入学したばかりの大学1年生、 大学は東京、実家は大阪だ。 親に仕送ってもらい ちいさなアパートを借りて通学していた。 もうすぐ初めての夏休み、 帰省する予定をしていた。 携帯もない時代、電

  • 女と男の違い 宇宙人 なるほど…分かりやすい

    現職の頃だ、 同じ職場の女性職員がイメチェンをしてきた。 髪をショートカットして、 今までと違った大胆なオシャレをしてきて 現れたとき、 同性であるまわりの女性たちは その子を囲んで 「オシャレー!」 「すごーーい!」 「よく似合っているね」 「ステキやわ」 「デザインがいいね、どこで買ったの」 というような会話で大いに 盛り上がっている。 そして、 とにかくその子を褒める褒める。 そんなに褒める

  • 女性の誘い方は健気 気遣いの言葉とは…

    「また◯◯に一緒に行きたいなー」 「〇〇のお店、美味しいらしいよ」 「〇〇(どこそこ)は今お花がきれいよ」 女性の誘い方は、やっぱりストレートじゃない。 男から 「一緒に行こう」 って誘ってもらいたい文言なのだ。 健気で、そこら辺り女性らしい。 男は迷っていると、スルーしたり 話題を変えようとする。 スルーはやっぱり辛いよね。 逢いたいと女性からの精いっぱいの言葉、 それが何度もスルーが続けば、「

  • 「愛されたい」望み通りの愛が叶うなんて…

    「愛されたい」というは悪くない欲求だ。 ただ度が過ぎなければの話…。 なぜなら、 愛されたいから、 自分を磨く努力をする。 女性なら彼のために美しくなる努力を惜しまない。 オシャレにもなる。 男は仕事をがんばったりして、 「偉い」という言葉が言ってもらいたくて 内面を磨こうとする。 女は女らしくするし、 男は男らしくする。 そして男の美学を追求する。 愛されたいという感情は、 向上心が生まれる。

  • 男女寿命の差はどうして? 願望もある 男やもめに…

    男と女、 どうして寿命の差があるのだろうか。 女性が男性より長生きするのは日本人だけではない。 どこの国でも、差に違いはあるけれど、 やっぱり女性の方が長生きしている。 どうして、女性の方が長生きするのか。 ご近所さん(76歳男性)は、自分は残されるのは嫌なようで、 奥さんより早く死にたいといつも言っている。 残されたら、 ひとりでは生きる自信がないみたい。 身のまわりのことをいつも奥さんしてもら

  • わたしはバカです わたしはアホです…

    なんてブラックな考え方をするのだろう、 自分を卑下して 「わたしはバカです」 「わたしはアホです」 という ブログの内容でこういう言葉、結構みられる。 たしかに彼への想い、言動は 理性ある一人前の大人の判断ではない。 それはしかたがないこと、 ズバリいうと 「恋をすると愚かになる」 ということ。 アホバカになるのは恋したからなのだ。 なぜなら、 恋は理屈ではないから、 恋はしっかり考えて 判断した

  • 欲望とは… 愛されたい欲望が一番つよい

    人間には誰しも欲望がある。 お金がほしい、 〇〇が欲しい、 友達が欲しい、 恋人が欲しい、 モノから感情までさまざま 「欲望」というと わるいイメージのようにとられるけど、 適度な欲望は否定できない。 欲望があるから向上心も生まれるし、 目標ができるってある。 まったく欲がないのも 無気力のような感じがして、 心豊かに暮らせないように思う。 さまざまな欲望の中で 「愛されたいという欲望」 が一番じ

  • 心配不安は現代病 取り越し苦労ばかり そのうち何とかなるのに…

    生きている上で 心配や不安を抱いたことがない、 なんていう人はまずお目にかかったことがない。 仕事が思うようにいかない、 今の仕事、自分にあっていないのでは、 このままこの仕事を続けていていいんだろうか。 子どもの教育、夫婦間、家計経済的なこと、 家庭にも不安材料がいっぱい。 よくおしゃべりしていて さまざまな愚痴はよく耳にする。 小さなことから大きなことまで心配事がいっぱいだ。 人は大なり小なり

  • 美しい別れ方を目指すこと 

    いつかは別れがくるに違いない。 いくら僕ががんばっていても、 別れなければならないって、 やっぱりあると思う。 それは運命と思うしかしょうがない。 運命に逆らうと、 その後の人生はおかしくなっていく。 女性よりも男の方が情けない、 失った恋のダメージ、 長く延々と引きずる傾向がある。 なぜ引きずるのか…。 答えは簡単なのだ。 後悔をしているから もっとマメにメールしてあげればよかった。 待たせてば

  • 男の覚悟 ブレない愛を貫く…

    Wの恋人たち、 とくに女性ブロガーさんたち、 悩みもそれぞれあるけれど、 しんどさを背負い過ぎている感が してならない。 それはとてもいい人だから、 きっと賢い女性だから、 彼に無理を言ってはいけないと、 自分でブレーキをかけているのがよくわかる。 自分から強く逢いたいと言えない。 彼の家庭、彼の仕事を優先してほしいと…。 そして彼が逢いに来てくれるのを ひたすら待っている。 女性というのもあるけ

1 2