• 祈るということ、願うということ

    この頃体調が優れません。。 今までにないような体調の落ち方をしています。 暑さのせいなのか薬が増えたせいなのか…それとも過食のせいなのか…。 いつも悩まされている、がむしゃらに焦る気持ちすら失われそうな…ぼんやりとした夢うつつの中を溺れているような日々です。 もうだめかもしれない。 弱気になります。 私は何を遺せるだろう。 何を遺しただろう。 ひたすら申し訳ない気持ちになります。 「生きる」ことは

  • 生きたい

    このままじゃだめだ、と図書館に来たのですが文字が全く頭に入らず…落ち込みます。 最近「無意識」「自己肯定」etc.の言葉が気になっています。 自分で自分を責めたくないのに、頭ではそう思っている筈なのに、毎回起きた瞬間、意識が戻った瞬間、その瞬間から胸がつかえて…ものすごい憎悪の塊みたいなものがアタックしてくるのです。 たぶん無意識に自分で自分を責めているんじゃないかと思うのですが…。 誰かに助けて

  • やっと募金。

    先日の水害の募金、やっと出来ました。 僅かな額ですし、遅いですが…。 オンライン募金に悪戦苦闘して、パスワードや色々なものを失念していてガックリしましたが、とにかく、出来ました。 最近外出出来ない体調だったので、外でアナログに募金することが出来ず。 少しでも1ミリでもお役に立てたら良いな。 被災地の皆様に一日も早く平穏が戻りますように。

  • 3日間殆ど眠り続け

    ブログは自分の気持ちを整理出来たり後で見返せたりして、改めてありがたいなと思いました。 前回ブログを書いてから殆どを布団の中で過ごしています。 3日間でしょうか、殆ど眠っています。 自律神経がおかしくなっているのか、どうしても目が開けられなくて…。 細切れに起きて夢遊病のように家事をしたり夫と話したりしているのですが、すぐに横たわってしまいます。 とても苦しいです。 さっき初めて気が付いたのですが

  • 偽善でも。

    最近国内国外共、悲しいニュースが多くて胸が痛みます。 地震も豪雨も恐ろしい。 私は家から離れると訳の分からない発作を起こすのですが、じゃあ家の中にいれば発作が起きないのかというとそういう訳でもなくて…。 いざという時、私は何かの、誰かの役に立てるかな。 お荷物じゃないかな。 お荷物は嫌だな。 まとまらない頭で、そんなことをぐるぐる考えていました。 災害に遭われた方達に、一日も早く平穏な日々が戻りま

  • 小さな一歩だけれど

    あまりに小さな一歩だけれど、ゴミ袋ふたつ分、部屋を掃除しました。 本当に小さな一歩だけれど…。 ここのところ洗濯物を干している途中でしゃがみ込んでしまうような疲れやすさ、体調の悪さだったので、こんなことでも私にとってはすごく嬉しいです。 人様から見たら何言ってるの?と思われるくらい小さなことかもしれませんが…汗 自分自身、昔は部屋の片付けなんて半日、一日で出来たのになぁ…という気持ちもあります。

  • 泣きそうです。

    少しでも片付けたくて汚部屋の片付けに挑むのですが一進一退…いえ、一進十退です。 泣きそうです。 普通の人が普通に出来ることがどうして私には出来ないんだろう。 くるしい。 ゴミ袋ひとつ作るのに判別前のごちゃごちゃが10増えるような状態です。 助けて…くずかごの中で息をしているみたいです…。

  • 今日は七夕ですね

    喉がつっかえるような不快感です。 気圧のせいか耳の調子があまり良くなく、朝から晩までごうごうと耳鳴りがしています。 でも、元気。 私は元気。 寝ていたくない。 元気にキビキビ動きたい。 家から外に出たい。 働きたい。 夫の役に立ちたい。 誰かの役に立ちたい。 叶いますように。 叶いますように。

  • 祈り

    ダウンしています。 でも良いのです。 良いと思う練習中、です…笑 昨日 「私の好きなことってなんだったっけ?」 「私は何が好き?」 「自分の好きなもの、好きなことがわからない…」 「むしろむかし好きだったことが今は全部出来ない」 …なんて負の迷宮に入りそうだったので今日は薬を飲んで静かにしています。 「消えたい」と思わないでいられたらそれでOKです。 OKと思うことにします。 生きていられる。あり

  • つらつらと雑記

    今日は朝に一度目が覚めたのですが二度寝してしまいました。 私の夫はとても不規則な変則勤務です。 昨晩も深夜1時近くに帰宅した夫のために夕飯を温め、今日は今日で午後勤務なので仮眠中の夫を起こさないようにしなければなりません。 それにしてもよく身体を壊さないな…と尊敬します。 そして私の不規則な生活の一因はこのせいもあるのかも、なんてふと思ったり。 いや、夫が規則的な勤務でもきっと私はぐちゃぐちゃな生

  • 魔法のレッスンとやら4日目!

    私、スゴイ! 無事耳鼻科へ到着。 今順番待ちをしています。 金曜日だからでしょうか、平日なのに患者さんでいっぱいです。 今日は朝6時に目覚めて、起き上がるまでに1時間かかったけれど、でも1時間で済みました。 ブログのおかげ、新しいお薬が効いてくれてるおかげ、穏やかなお天気のおかげです。 本当にありがとうございます。 先日ネットを徘徊していてたまたま見つけた整体師さんのブログの記事にあった、自律神経

  • 今日も良い日!

    しばらく起き上がれない(起き上がってもすぐ寝込んでしまう)日々が続いていたのですが、今日は自然に6時に目覚め、7時に起きることが出来ました。 もしかしたらこうしてブログを始めてみたことが良い方向に働いているのかもしれません。 ありがたいです。 本当にありがとうございます。 ムキムキ元気のための一歩にしたいです。 ひとつだけやろう、ひとつだけ頑張ろう、と奮起して、簡単にではありますが見えるところだけ

  • 思い立ったらやるぞ。1日目

    7日で魔法のレッスンとやら、1日目をやってみようと思います。 今日は比較的体調が良いので今のうちです。 体調がダメになったらスマホで文字を打つことすらしんどいので…。 早速焦っていますね。笑 ◆今自分がどのような意識でいるのかに気づく と書いてありました。 やってみます。 ええと…今は何か新しいきっかけを掴めそうな気がして焦っている。藁にすがるような思い。期待している。 朝起きたとき。 さあ朝だ、

  • 7日間で自律神経失調症の悩みから解放される魔法のレッスン

    昨日の日記について。 何処で見たんだったかな、何で読んだんだったかな、と気になったので探してみました。 http://kenyuukan.lolipop.jp/7day-jiritusinkei-lesson-2 こちらの整体師さんのブログの中のコラム?のようです。 見つけられて良かった…。 私は自分の病気について、いつもあまりにたくさんネットを探したり本を借りたり買ったりします。 そのせいで、ど

  • 認める・受け入れる・許す

    いつまでも低空飛行な体調をなんとか脱したいと本を読んだりネットで調べたりしていたら 「認める・受け入れる・許す」 という一文を見つけた。 ダメな自分もOK 出来ない自分もOK どんな自分もOK 認めて、受け入れて、許す。 最近続いていた最悪な寝覚めの時にたまたまこの一文を思い出すことが出来て、不慣れに藻掻きながらやってみた。 ら、少し呼吸が楽になった。 私は起きた瞬間いつも自分を責めてしまう。 無

  • 幸せでいること

    「不幸でいるのは実は簡単で 幸せでいることの方がずっとずっと難しい」 最近読み直した漫画に書いてあった。 本当にそうだなあと思った。 幸せでいる努力をしよう。 幸せになる努力をしよう。 今日は雨降りで寒い。 休み休み、洗濯物を干した。 途中で疲れて動けなくなった。 それでも休み休み、なんとか干せた。 大丈夫。きっとうまくいく。 けれど この異常な疲れやすさはもしかしたら何か別の病気なんじゃないかと

  • 通院・書類・社労士さん

    やった。 病院へ辿り着けた。 半年愚図愚図して纏められなかった書類を纏められた。 社労士さんに会えた。 できた。 できた! 病院の予約日は間違えていたし 書類は一部足りなかったし 社労士さんとの会話もしどろもどろだったけど できた。 とにかくできた。 嬉しい。 これから無事家に帰れますように。 途中で倒れませんように。 医務室行きになりませんように。 いつもより多めの薬で少しフラフラしている。

  • ありがとう

    遠方の友人からメールが届いていた。 中学生の頃から関東と関西で文通をしていて、夏休みは新幹線に乗ってお互いの家へ遊びに行ったり、お互いの地元を案内し合ったり、そういうことをしてきたとても大切な友人だ。 先日2人目のお子さんが産まれたと聞いて、出産のお祝いを送っていたことを思い出した。 いつもと変わらない、明るさと楽しさと元気さが伝わって来る文面と、可愛いお子さんたちの写真。 ありがとう。 ぼろぼろ

  • 通院の日

    6:10 7:30くらい 9:00くらい 10:30くらい いま11:22 朝目が覚めて、起き上がるまでにかかった、覚えている限りの時間と回数。 なんでそのまま起き上がれないのかなぁ。 潰れそうな感覚や吐き気や目眩や全身の痛みや絶望感で本当に起き上がれない。 くるしい。くるしい。 病院へ行かなくちゃ。 とにかく頑張らなくちゃ

  • ごめんなさい(汚い気持ちを吐き出しています)

    うつ ってなんだろう。 パニック障害 ってなんだろう。 こころはふしぎだ。 わたしは恵まれている。 私を愛してくれる両親がいてくれて 私を愛してくれる伴侶がいてくれて 私を愛してくれる友人がいてくれて なのにたぶん私だけが私を憎んでいる。 憎み続けている。 憎まずにはいられない。 小学生の頃、生まれて初めて太宰治の人間失格を読んでとても安心した記憶がある。 私も生きて良いんだと思った。 その後太宰

1 2