• 【安福寺横穴群】(あんぷくじよこあなぐん)大阪府柏原市

    【安福寺横穴群】(あんぷくじよこあなぐん)大阪府柏原市 市立玉手山公園など玉手山の一帯は、大坂夏の陣(1615)の古戦場であるとともに古墳時代前期(4世紀)の古墳群でもあります。大和川と石川の合流点を望む玉手山丘陵上には、合計14基の前方後円墳と数基の円墳が、南北に連なって築造されています。また、公園に隣接する安福寺参道などには、6~7世紀の墓である横穴群も存在し、考古学上も大変貴重な地域です。門

  • 【伯太彦神社】(はくたひこじんじゃ)大阪府柏原市玉手町

    「安福寺」に隣接して【伯太彦神社】(はくたひこじんじゃ)が鎮座しています。祭神 は、伯太彦命(伯太姫命と夫婦神で、この地域一体を支配していた田辺氏の氏神であろうと言われています。)、廣國押武金日命。摂社:若宮神社「大物主神」、稲荷神社「保食神」。 由緒については、案内板によりますと、「河内国安宿郡の延喜式神名帳の記載社。 近くを流れる石川を伯太川と云ったようで、安宿郡資母郷の伯太川沿岸で農耕に従事

  • 【安福寺】(あんぷくじ)大阪府柏原市

    「安福寺」(あんぷくじ)は、大阪府柏原市玉手町にある浄土宗知恩院派の仏教寺院。山号は玉手山。玉手山丘陵の中央部、玉手山公園北側の谷間に位置します。 寺伝によれば奈良時代に行基によって建立されますが、荒れ果ててしまい、小堂がただ一棟あるのみであったといわれています。 寛文年間(1661年 - 1672年ごろ)に浄土宗の僧珂億上人がこの地を訪れ、安福寺を再建する。尾張大納言徳川光友は珂億上人の学徳に深

  • 【山徳稲荷大神】(さんとくいなりだいじん)大阪府柏原市

    【山徳稲荷大神】(さんとくいなりだいじん)大阪府柏原市 大阪府柏原市玉手山公園内から「安福寺」(あんぷくじ)へ歩いて向かう細い道筋に【山徳稲荷大神】(さんとくいなりだいじん)があります。由緒等は不明です。 「安福寺」(あんぷくじ)は、大阪府柏原市玉手町にある浄土宗知恩院派の仏教寺院。山号は玉手山。玉手山丘陵の中央部、玉手山公園北側の谷間に位置します。 寺伝によれば奈良時代に行基によって建立されます

  • 【春日神社】(かすがじんじゃ)訳語田幸玉宮 伝承地(桜井市戒重)

    【春日神社】(かすがじんじゃ)訳語田幸玉宮 伝承地(桜井市戒重) 桜井市戒重の国道169号線沿いに【春日神社】(かすがじんじゃ)鎮座しています。祭神は天児屋根命(あめのこやねのみこと)・天太王命(あめのふとたまのみこと)・武甕槌命(たけみかずちのみこと)・比売神(ひめのみこと)。本殿、拝殿ぱ西面し拝殿に向かって左側の一画に境内社の稲荷社、琴平社、兪詛社があり、右前方に繁森社を祀っています。またこの

  • 【片山廃寺塔跡】(かたやまはいじとうあと)大阪府柏原市

    【片山廃寺塔跡】(かたやまはいじとうあと)大阪府柏原市 由緒については、奈良白鳳の頃、片山、玉手、円明の三村は大化改新以降の尾張郷で南は加美郷、東は資母郷と接していた。「新選姓氏録・河内の国神別」の尾張連の本拠にあたるそうです。 「片山薬師堂」のある場所には古代寺院である「片山廃寺」の塔が建てられていたのだそうです。 薬師堂の庭は、正方形に近く、塔跡として符合する平面形なのだそうです。案内板に「片

  • 【片山神社】(かたやまじんじゃ)大阪府柏原市

    【片山神社】(かたやまじんじゃ)大阪府柏原市 この神社は、 大和川と石川の合流点を望む小高い丘に鎮座しています。 由緒等詳細は不明です。周辺は住宅地で駐車場はないです。社南側には児童公園を挟んで「片山廃寺跡」があります。 所在地:大阪府柏原市片山町10−22 アクセス:近鉄国分駅下車、徒歩約20分。

  • 書籍:「インド人の「力」」

    この本も図書館で借りました。内容は、インドに10年近く住んでいた著者がインド人の 特質についてご自身の体験、知人の話、多くの文献を基に解説しています。 日本人は「均質」であることに価値を見いだし全体としての向上を重要とします。しかしながら多種多様な文化をもつ国のインド人はを「違っている」ところからすべてが始まり、区別や差別はあっても、定説や常識がありません。日本とはまったく逆の国に住むインド人を詳

  • おっさん達と気ままな台湾へ

    台風21号が・・・関空が・・・! 2018年9月18日、ピーチが飛んだ! ・・・1日目・・・ 桃園空港着。 入国審査官に偉そうに『入国カードは』と、『オンライン!』と、偉そうに答えて入国。 そうなんです!台湾は入国オンライン登録で入国カードなしでOKなのです。 これも、格安スマホに知恵つけて頂きました。 空港で悠遊カード購入、MRTで定番の『鼎泰豊(本店)』へ。 お昼の時間帯がズレたので1時間のん

  • 【ANA416便】東京アクアライン✨

    2か月振りにブログを書きます。 いつもご覧頂いてる方へ😊 ご無沙汰しております。 皆様、お変わり有りませんでしょうか? 昨日の神戸に戻り、用事を済ませ今羽田空港に着きました。😊 と言ってもまた明日の今頃は神戸です。 明日一日の仕事の為に東京へ戻って着ました。😞 今日は羽田空港に着陸前に東京アクアラインの上空を通過しました。 何度見ても綺麗やなぁって感じです。😊 しかし、このパターンだと、も

  • 【杵築神社】(きづきじんじゃ) 奈良県生駒郡平群町

    【杵築神社】(きづきじんじゃ) 奈良県生駒郡平群町 奈良県の生駒と信貴山の中間にある十三峠越えの道の途中に【杵築神社】(きづきじんじゃ)があります。福貴畑の氏神。祭神は素戔鳴命。末社と祭神は、春日神社 (天児屋根命)、伊勢皇大神宮 (天照大神)、金毘羅大権現。宝永(1704~1711)の寺社御改帳に「牛頭天王社」とあり、社殿・拝殿・観音堂が所在しました。 境内の案内板には、次のように書かれています

  • 【素戔嗚神社】(すさのおじんじゃ)奈良県生駒郡平群町

    【素戔嗚神社】(すさのおじんじゃ)奈良県生駒郡平群町 伊文字川の支流のほとり、稲作の水を守る農耕神です。祭神は素戔鳴命。拝殿左に長生院(元薬師堂)があり、不動明王等を祀ります。慶長7年(1602)在銘の鰐口がある。又、元文3年(1738)銘の湯釜には「牛頭天王宮」の銘があり、江戸期には牛頭天王社と呼んでいた産土の神です。棟札には「宝暦3年(1753)大雨で山崩れして坊社が大破した故、一宇再建し奉る

  • 【信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん)奈良県生駒郡平群町(4/4)

    【信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん) 奈良県生駒郡平群町 米尾山福蔵寺。本尊は毘沙門天立像で、「汗かき毘沙門天」とよばれます。聖徳太子が排仏派の、物部守屋征伐に出陣した際、毘沙門天が太子軍の先頭に立って汗まみれになりつつ戦い、その活躍により勝利することができたといわれています。珍しい深沙大将立像も秘仏として祀られています。境内の奥には炭化して黒くなった「焼米」の出土地があり、厄除けのお守りに

  • 【信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん)奈良県生駒郡平群町(3/4)

    【信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん) 奈良県生駒郡平群町 米尾山福蔵寺。本尊は毘沙門天立像で、「汗かき毘沙門天」とよばれます。聖徳太子が排仏派の、物部守屋征伐に出陣した際、毘沙門天が太子軍の先頭に立って汗まみれになりつつ戦い、その活躍により勝利することができたといわれています。珍しい深沙大将立像も秘仏として祀られています。境内の奥には炭化して黒くなった「焼米」の出土地があり、厄除けのお守りに

  • 【信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん)奈良県生駒郡平群町(2/4)

    【信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん) 奈良県生駒郡平群町 米尾山福蔵寺。本尊は毘沙門天立像で、「汗かき毘沙門天」とよばれます。聖徳太子が排仏派の、物部守屋征伐に出陣した際、毘沙門天が太子軍の先頭に立って汗まみれになりつつ戦い、その活躍により勝利することができたといわれています。珍しい深沙大将立像も秘仏として祀られています。境内の奥には炭化して黒くなった「焼米」の出土地があり、厄除けのお守りに

  • 【信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん)奈良県生駒郡平群町(1/4)

    【信貴山 奥の院】(しぎさん おくのいん) 奈良県生駒郡平群町 米尾山福蔵寺。本尊は毘沙門天立像で、「汗かき毘沙門天」とよばれます。聖徳太子が排仏派の、物部守屋征伐に出陣した際、毘沙門天が太子軍の先頭に立って汗まみれになりつつ戦い、その活躍により勝利することができたといわれています。珍しい深沙大将立像も秘仏として祀られています。境内の奥には炭化して黒くなった「焼米」の出土地があり、厄除けのお守りに

  • 信貴山朝護孫子寺【西方守護神白虎】/ 奈良県生駒郡平群町

    【西方守護神白虎】と呼ばれています。白は、五行説で西方の色とされています。 平城遷都1300年祭を機会に、奈良県を四神伝説になぞらえて信貴山が西方にあたるため設置されました。 「白虎」とは、中国の伝説上の神獣で、東西南北の守護のうち西方を守護する神獣です。細長い体の白い虎の形をしていて、また四神の中では最も高齢の存在であるとも言われています(逆に最も若いという説もあります)。遷都1300年祭で信貴

  • 【金山媛神社】(かなやまひめのかみじんじゃ)大阪府柏原市

    【金山媛神社】(かなやまひめのかみじんじゃ)大阪府柏原市 この地は古代より鉱工業の栄えた地域で、金山媛は、その守護神として奉祀されたと伝えられている。金属業・農土木産業など火に関わりのある事業に功徳があるとされている。この神社は、日本でも有数の歴史がある鉄工の守護神として有名です。 御祭神 :金山毘賣神(かなやまひめのかみ)由緒については、「当社は平安時代の延長五年に制定された延喜式神名帳に登載さ

  • 【金山彦神社】(かなやまひこじんじゃ)大阪府柏原市青谷 

    【金山彦神社】(かなやまひこじんじゃ)大阪府柏原市青谷 御祭神は、金山毘古神(かなやまひこのかみ)。 金山毘古神社はおよそ千数百年前(醍醐天皇延長五年)の平安時代に制定された延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)に登載された式内社です。御祭神の金山毘古神は、およそ千三百年前(元明天王和銅五年)に太安万呂によって書かれた古事記によりますと、伊邪那岐いざなぎ(伊弉諾神)・伊邪那美いざなみ(伊弉冉

  • 【清浄泉】(せいじょうせん)(浄井戸)大阪府柏原市太平寺

    【清浄泉】(せいじょうせん)(浄井戸)大阪府柏原市太平寺 浄井戸(じょいど)とも呼ばれる湧水地は「石神社」(いわじんじゃ)の東側にある井戸です。この井戸は生駒山地の形成時に、岩盤から大量に湧出するようになった湧き水で、飛鳥朝・奈良朝の時代には智識寺行宮・竹原井(たかはらい)離宮に行幸された天皇様やお坊さんがここの水を飲んだそうです。竹原井の「井」はこの井戸であるという説もあります。石(いわ)神社の

1 2 3 4 5 ... 119