• 伊勢内宮前 【おかげ横丁】 三重県伊勢市

    伊勢神宮の参拝の人はほとんど通る所で、お伊勢参りで賑わった門前町を再現した人気の観光スポットです。伊勢神宮参拝の楽しみはおかげ横丁のお土産ですね。なんと50余りの店が並んでいて、江戸から明治の風情を彷彿とさせる街並みを散策して、美味しいものを食べ歩いたり、イベントを楽しんだりしながら、お土産を選ぶのはとても楽しそうです。レトロな街並みで、コンビ二や銀行など江戸時代にタイムスリップしたような建物にな

  • 【天神社】(てんじんじゃ) 大阪府八尾市田井中

    大阪府八尾市田井中に鎮座する「天神社」(てんじんじゃ)。ここを見つけるのは苦労します。住宅密集地の中にひっそりと鎮座 しています。お社の回りをピンク色のコンクリートで改築されていますので、そんなに古い時期のものではないと思われます。 この神社の由緒いついては案内板などが無いので詳細は不明です。また、この場所と同じ八尾市田井中には「神劔神社」(みつるぎじんじゃ) があります。  所在地:大阪府八尾市

  • 【末廣稲荷神社】 (すえひろいなりじんじゃ )大阪市生野区

     【末廣稲荷神社】 (すえひろいなりじんじゃ )大阪市生野区 【末廣稲荷神社】 は、東大阪市の新今里公園の北東角に鎮座します。公園内では立派な鳥居が目立ちます。この神社の由緒等については不明です。祭神である「末廣大明神」以外にも「石切釼大明神」も鎮座されていて、神木と祠があります。この裏手には北向地蔵様もあります。また、この神社から南へ行くと今里新地があります。  住所:大阪市生野区今里2丁目12

  • 【箕輪八幡神社】(みのわはちまんじんじゃ) 大阪府東大阪市

    東大阪市箕輪に鎮座する【箕輪八幡神社】(みのわはちまんじんじゃ)です。 鳥井には額が無く名前が分からない状況です。応神天皇、仲哀天皇、神功皇后を祭っています。本殿、拝殿は、南向きに位置し、正面にある寛保元年(1741)の鳥居の西側には、明治元年に「おどり講中」によって建てられたおかげ燈籠があり「日下 石工小平次」と石工の名が彫られています。 住所:大阪府東大阪市箕輪1丁目 #じゃらん #じゃらんネ

  • 第十五番札所 護念山 【誓安寺】(せいあんじ)大阪市天王寺区

    第十五番札所 護念山 【誓安寺】(せいあんじ)大阪市天王寺区 慶長3年(1598)僧西堂の創建です。門前から本堂の棟が見える 堂内には優れた壁画や欄間彫刻が今に傳わるといわれています。大東亜戦争の火災の時は境内の楠木が水を出して本尊阿彌陀如来と本堂を守ったとされる札所観音は別堂に祀られ、その御姿は十一面観音で在るといわれています。 住所:大阪府大阪市天王寺区城南寺町6-29 👇近郊の社寺仏閣です

  • 軽井沢ペンションフェスタ⑥~風越公園2日目~ 2018/06/02~03

    前日どうにかリーグ1位になれたので、1位トーナメントへ。 すぐに試合に入るため、ワンズは🚗でお留守番🐶 1戦目勝つと、毎回優勝しているすごいペアと当たる予定😱 実はめちゃめちゃ憧れています💓 でも残念ながら、3-6で初戦敗退となってしまいました💦 負けてもコンソレーションがあります✨ 次の試合まで時間が空くので、ワンズを連れて時間を過ごします🐶 前日は人が集っていたのですが・・・。 も

  • 【御劔神社】(みつるぎじんじゃ )大阪府八尾市刑部

    【御劔神社】(みつるぎじんじゃ )大阪府八尾市刑部 由緒について;此の地、古くは河内國若江郡刑部郷と言い訓を聞けば刑部は、備中國賀夜郡、伊勢國三重郡等の刑部郷の例により於佐加倍と読むべしと伝えられその遺構であると言われている。  第十九代允恭天皇が皇后の忍坂大中女命の御名代として定められた民部であり、御名代部として奉仕した後にこのオサカベの民部が刑部(ウタエ)の職に奉仕したので、記紀では刑部とされ

  • 【鐸比古大神】(ぬでひこだいじん)大阪府柏原市

     【鐸比古大神】(ぬでひこだいじん)大阪府柏原市 この神社をお参りするのは命がけです。大阪府柏原市の標高278mの高尾山の山頂付近にあります。高尾山へ登るには「鐸比古鐸比売神社」の参道石段下の道を右(南)へ進んだ先(トイレ前)から山に入るハイキング道があります。(案内板が立っています。)そのハイキング道を30分ほど登ると舗装道路(2車線道路)に出ます。舗装道路を左(西)へ少し進んだ左に赤く塗られた

  • 【神劔神社】(みつるぎじんじゃ)大阪府八尾市

    【神劔神社】(みつるぎじんじゃ)大阪府八尾市  二百二十五年以前の元文元年辰歳国分村反師枩井四郎兵衛らによって造営され素戔嗚命、保食神の二神を祀り田井中村の氏神として永く村民の尊敬を集め弥栄えてきた。往時の旧大和川縁辺に当たる現東老原地区の五条宮跡附近から奈良朝時代の古瓦が発見されたことからみて 田井中村の発祥は極めて古く、從って当社の在史も村発祥の昔にさかのぼるものと思われるが 旧大和川の度々の

  • 【熊野速玉大社】(くまのはやたまたいしゃ)和歌山県新宮市

    【熊野速玉大社】(くまのはやたまたいしゃ)和歌山県新宮市 熊野三山の一つ。「熊野速玉大神「(くまのはやたまのおおかみ)と「熊野夫須美大神」(くまのふすみのおおかみ)を主祭神とします。境内地は国の史跡「熊野三山」の一部。2002年(平成14年)12月19日、熊野三山が史跡「熊野参詣道」から分離・名称変更された際に、御船島を含む熊野速玉大社境内が追加指定されました。2004年(平成16年)7月に登録さ

  • 民家の壁に埋もれる「稲荷明神」/ 大阪府八尾市

    八尾市内の神社巡りは、すでに完了したと信じていましたが、民家の壁に埋もれる「稲荷明神」を見つけてしまいました。地蔵尊だと思ってました。今後は地蔵尊も含め確認していきたいと思います。 場所:大阪府八尾市久宝寺6丁目5 (寺内町) 赤い枠の額には、九圓の文字と読めない1文字、その下に「稲荷神社」と思われます。 寺内町は観光スポットです。 「顕証寺」(けんしょうじ)は寺内町(じないまち)の中心地、浄土真

  • 【矢作神社】(やはぎじんじゃ)大阪府八尾市

    【矢作神社】(やはぎじんじゃ)大阪府八尾市 【矢作神社】(やはぎじんじゃ)は、延喜式神名帳に記されている式内社で、別宮八幡とも称する。矢作は「やつくり」とも読む。当地は、元は物部氏の傍系一族である矢作連の屋敷跡であったとされ、神社は矢作連の氏神である。11世紀に石清水八幡宮の掃部別宮(八尾掃部別宮)となり、江戸時代には石清水八幡宮の掃部奉仕をしている。別宮八幡といわれる所以である。境内には大きなク

  • 【渋川天神社】(しぶかわてんじんじゃ)大阪府八尾市

    【渋川天神社】(しぶかわてんじんじゃ)大阪府八尾市 【渋川天神社】(しぶかわてんじんじゃ)は素戔嗚尊(すさのをみこと)、菅原道真を祀る古社。神社の南西の地は白鳳時代に渋川寺しぶかわじであったところで、昭和十年頃、国鉄の竜華操車場を開設工事のとき、多数の単弁八葉や忍冬唐草紋の瓦及び塔心礎が出土した。 また一説には、この附近は、物部守屋の別業の地でそこに渋川寺しぶかわじがあったともいわれている。 仏教

  • 【愛宕念仏寺】(おたぎねんぶつじ)京都市右京区

    【愛宕念仏寺】(おたぎねんぶつじ)京都市右京区 京都府京都市右京区の嵯峨野にある天台宗の仏教寺院。 本尊は厄除千手観音、別名千二百羅漢の寺。愛宕山参道の山麓の入り口に位置する嵯峨野めぐりの始発点として知られる。8世紀中頃、称徳天皇により京都・東山、今の六波羅蜜寺近くに愛宕寺として創建。平安時代初めには真言宗東寺派の末寺となっていたらしい。すでに荒れ寺となっていた上に、近くを流れる鴨川の洪水で堂宇を

  • 【東高津宮】(ひがしこうづぐう)大阪市天王寺区

    【東高津宮】(ひがしこうづぐう)大阪市天王寺区 仁徳天皇社と称していたこともあります。創建年は不詳。元は生國魂神社の南にありましたが、大阪城築城の折、当地付近(現在では大阪上本町駅構内に当たる)に遷座したとの伝説があります。 昭和7年(1932年)の上本町駅(当時)拡張工事の折、現在地に移転。現在地を元高津とするのは、当社から高津宮が遷座していったためです。ただし、現在は高津宮に合祀された北高津宮

  • 【澤田八幡神社】(さわだはちまんじんじゃ)藤井寺市沢田

    【澤田八幡神社】(さわだはちまんじんじゃ)藤井寺市沢田 藤井寺市沢田に鎮座する【澤田八幡神社】(さわだはちまんじんじゃ)です。参道の途中に踏切があり電車が横切ります。集落の中を通ることを避け、「史跡 仲津山(姫)陵」の堤に沿って走らせることにした為、陵の堤に続く斜面にあった沢田八幡神社を横切ることになったそうです。この神社は、背後の「史跡 仲津山(姫)陵」をお祭りしているようです。由緒書きはありま

  • 【弥栄神社】(やさかじんじゃ)大阪市天王寺区

    【弥栄神社】(やさかじんじゃ)大阪市天王寺区 味原本町の北側、府立高津高校の南側に御鎮座する【弥栄神社】(やさかじんじゃ)です。この神社は、桃谷二丁目にある「弥栄神社」のお旅所です。境内の片隅に、大正壬戌(1922年)に建てられた味原町の碑があります。高さ1.2メートルほどの石碑です。この一帯には味原池(あぢはらのいけ)と呼ばれる池があったといわれています。 住所: 大阪市天王寺区餌差町10-23

  • 【八王子神社御旅所】(はちおうじじんじゃおたびしょ)大阪市東成区

    【八王子神社御旅所】(はちおうじじんじゃおたびしょ)大阪市東成区  明治22年迄は、この地一帯は東成郡西今里村と称し、素盞嗚命(すさのをのみこと)、奇稲田媛命(くしなだひめのみこと)、大貴大命(おおなくにのみこと)の三柱を奉斎する八剣神社がここに在り、此の村の氏神さまでした。その歴史は大変古く、仁徳天皇が高津宮の皇居守護神としてお祀りされたと伝えられています。その後仁壽2年9月に里人産土神として社

  • 【八王子神社】(はちおうじじんじゃ)大阪市東成区

    【八王子神社】(はちおうじじんじゃ)大阪市東成区 八王子大神ほか四柱を奉斉する旧本庄村の氏神で、応神天皇3年の創建と伝え、孝徳天皇より高麗狗(こまいぬ)一対の献納があったと伝えられ、八王子稲荷社として、また“椿の宮”として知られました。明治5年(1872年)百済神社と改称、明治42年(1909年)旧西今里村の氏神八剣神社を合祀し八王子神社と改めました。八王子大神は人皇第七代孝霊天皇の第八皇子”雅武

  • お地蔵さんと神仏習合の【愛宕社】(あたごしゃ)東大阪市

    お地蔵さんと神仏習合の【愛宕社】( あたごしゃ)東大阪市 この社を一瞬見た感じは地蔵堂のように思えます。ここへは「彌榮神社」の正面鳥居前から東へ行きます。途中に大き目の地蔵堂とレトロな散髪屋さんを通り過ぎた道の角に鎮座しています。環濠集落であった中小阪村の東側入口にあたった場所で、火除けのみでなく村への災厄を防ぐ神様として祀られていたようです。歳の神・道祖神と思われます。石仏が3体います。農耕守護

1 2 3 4 5 ... 100