• 婦人科卒業できず

    婦人科の定期受診。 最近は毎月生理も来ているし 副作用も無くて 前に比べれば基礎体温もマシになって来たなぁと思ってたので そろそろ卒業できるかなと期待して行きましたが、敢え無く撃沈‼︎笑 今のまま薬止めたらすぐに元どおりになるのが目に見えてると言われました…💧 基礎体温が上がりません。上がる時もあるけれど、1週間も続かないし温度差もあまりない。 ちゃんと排卵してるかをチェックしてるわけじゃないの

  • 病院 ~ スシロー ~ 病院 で一日が終わった(手術8日後)

    退院後初めての診察に行ってきた。 内診、痛くなーい。 お腹は中から押されているような張りがあるけど、 *\(^o^)/*痛くなーい! 内診しながらDr.Hは言う。 「ボルタレンの座薬もう使わなくて大丈夫だね。あの量をずっと使ってたから胃をやられるよ」 食欲はずっと変わらないw 胃はやられてない模様。 浴槽に入るのもOK! 引き続き下腹部に力を入れないようにとのこと。 次回の診察は2週間後。 病院に

  • 退院!(手術3日後)

    最後の回診。 お腹の傷に貼っていたテープが浮いてきていたので、「もう剥がしましょう」と剥がされた。 これでもうテープを貼らなくてもいいらしいが、下着で擦れて痛いので帰宅してから絆創膏で保護した。 お腹の痛みは腹圧をかけた時と腸が動く時に痛む程度。 日に日に軽くなっている。 退院後1週間は自分の身の回りの整理くらいから慣らして家事を始めてくださいとのこと。 許可が下りるまで浴槽には入らずシャワー浴の

  • 入院生活最後の夜

    この病室は回転が早く……… んー、飲食店じゃないんだから、この表現はよろしくないのかなw まぁとにかく毎日退院する人がいて、私は4泊したのだが毎日顔ぶれが違うということ。 10年程前、子宮外妊娠の疑いで入院した時も4人部屋だった。 同室のママさん達が次々とお産をして、お見舞いに来た人達に「おめでとー♪」とお祝いされている中、私は「子宮外妊娠だったら大量出血で緊急手術になるかもしれません」と言われて

  • 入院4日目(手術2日後)

    熱は下がり、腹痛も傷の痛みだけになった。 なんて快適! なんて幸せ! 朝食 ガスは出たけどお通じはまだなので歩かねば。 入院中でゆっくり自由に過ごせるのは今日だけだ! \\ ٩( 'ω' )و // 回診で予定どおり明日退院の許可が出て喜んでいたら、診察ですよ!と呼ばれて行った。 地獄の内診まだやるの?!もうイヤだー!と思っていたら、 なんと痛くない! *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚

  • 入院3日目(手術1日後)

    手術した日の夜からが本当の苦しみだった。 左手に点滴、右手と胸には心電図と呼吸と酸素飽和度を測る機械。 尿カテーテルに褥瘡予防のテープ。 ベッドの汚染を防ぐため紙オムツに防水シーツ。 両足には血栓症予防のマッサージ機が巻かれていた。 お腹と背中と腰が酷く痛い。 背中と腰はずっと仰向けになっているからだろう。 何しろ両手両足にいろんな物がくっついているし、腰周りはゴワゴワしていて気持ちが悪い。 寝返

  • 入院2日目(手術直前直後)

    圧迫ストッキングを着用し手術着に着替えた。 このストッキングは血栓症予防のため退院まで着用したほうが良いとのこと。 車椅子に乗り手術室まで連れて行ってもらう。 フルネームと、どこの手術をするのかを伝えベッドに横になる。 心電図のシールを胸などに付けられ、手早く血圧計と酸素モニターも付ける。 手術用のベッドは狭く、手足が落ちないように軽くベルトを巻いた。 「口を開けてください」と言われ、歯がグラつい

  • 入院2日目(手術当日)

    昨夜はなかなか寝付けず、6時起床とのことなので23時過ぎに軽い眠剤を貰って飲んだ。 それでも1時間ほどは意識があったが、いつの間にか眠っていた。 そのまま起床時間まで眠っていたかったが残念なことに4時過ぎにトイレに起きてしまった。 バイタル問題なし。 7時半に浣腸、固形物がないことを確認する。 少し痛みが出てきたが、この痛みとも今日でお別れだ。 その代わり他の痛みが出るのだが。 8時半、清拭用のタ

  • 入院初日(手術前日)

    11時に入院 ・バイタル測定し、看護師からオリエンテーション ・薬剤師からアレルギーなどの確認と今後使う予定の薬の説明 ・採血 Dr.の診察まで時間があるので院内のレストランで食事 Dr.の診察 ・地獄の内診 ・手術方法、合併症などの説明 ・手術同意書、輸血同意書にサイン 病室に戻る ・麻酔科医の術前診察 ・麻酔同意書にサイン ・剃毛 入浴 30分間なのでシャワー浴にした。 天井に酸素と吸引のホー

  • 掃除しないで入院準備⑥

    ボチボチ準備するつもりが、もう入院前日になってしまった。 入院時の持ち物 ・診察券 ・入院診療計画書 ・パジャマ、下着 ・洗面、入浴用具 ・コップ ・踵のある靴 ・ティッシュ ・印鑑 ・内服薬、お薬手帳 上記以外に大切なのは ・健康保険限度額適用認定証 ・現金(千円札1枚と小銭程度) ・イヤホン ・本(3冊くらい) ・綿棒 それから鏡 それとコレ! ◎(U・(×)・U)◎ モフモフちゃん達 先月末

  • 前職を思い出しながら入院準備⑤

    去年ムスコBが入院した時もそうだったが、入院するにあたっての書類の多いこと! (›´-`‹ )ゲゲー 介護保険サービスの書類も負けないくらい多いが……… 先日の入院説明の時も数枚書いて、更に入院日に持って行く書類もある。 看護問診票 (基本情報と生活状況や簡単なアセスメント) 患者さま・ご家族さまへ (本人・家族の主訴や要望) 「家族証」のご案内 入院の問い合わせについて 病衣借用確認書 この

  • 病気自慢は間に合ってます~からの入院準備④

    職場のリーダーさん♂に「2月に入院することになったので暫くお休みします」と伝えた。 「どうしたの?」と聞かれたので「子宮の病気で」と応えると、「ああー女性特有のね、お大事にね」と。 男性の反応はこんなもんだろう。 リーダーさんに伝えた日から2回目の出勤日。 普段、挨拶しかしない女性が「入院するの?筋腫?」と声をひそめて話しかけてきた。 話しが長い、と噂の女性だ。 「腺筋症らしいです」と返事をすると

  • ちょっと急いで入院準備③

    お昼頃、婦人科のDr.から直々に電話があった。 手術の器具類を揃える関係で、手術日を変更してほしいとのこと。 そんなことってあるのかー?と思ったが、私にはわからない都合があるのだろう。 聞くと、7日で調整してダメなら28日になると言う。 2時間後、再度Dr.から電話がきた。 7日に手術予定だったかたが、ちょうど風邪をひいて体調が悪いので日程をずらしてくれたとのことで、私の手術日は7日になった。 来

  • カノンコードで繋がる入院準備②

    手術日が来月のバレンタインデーに決まった。 MRI画像の私の子宮は、いびつでボコボコした形だった。 今日は内診はしないと思っていたのに、再度とのことで……… 拷問かよ!と心で泣いたw 帰宅し、気晴らしにSpotifyでプレイリストを作ることにした。 おすすめの曲にAKB48が出てきた。 女性アイドルグループには若い時から興味がなかった。 今や朝から晩までテレビ浸けだが、特に仕事をしている時期はテレ

  • 入院準備①

    自ら「子宮を取ってくれ」と言ったものの、これから自分の身に起きることを想像すると、だんだん緊張感が増してきた。 :(´◦ω◦`):プルプル 痛いから早くしたい………けど不安。 今日はMRI検査。 検査前にファミレスに行ったがイマイチ食欲がわかず……… 幸せホルモンを分泌させるにはスイーツでしょ! 水泳する元気なくてダイエットは中断中だし、ここのところ半寝たきりだから、もう~!知らん! 食べるよ

  • 改善の兆し?

    婦人科の定期検査の日。 基礎体温が2相になってきていると 先生から言われました! 先月は完全に1相だったので 今月はガタガタしているように見えるのですが… まだ完全に高温はキープ出来ないし、体温差も少ないけど ちょっとずつ改善してるのかな? 年明けから吐き気が強くなってきたので相談したら 副作用というより 胃腸障害が出てきてるかもとのこと。 体調の波をみながら過ごしていきたいと思います!

  • 勝手に休薬したら…

    お正月休みの時に、実家に婦人科の薬を持って帰るのを忘れてしまい 勝手に5日間休薬していました。 飲まなくて困ることは特にないと思ってたのですが いざ薬を再開し始めたら すごい副作用😱😱 毎日飲み続けていたので、体が慣れてしばらく忘れていた強烈な吐き気がやって来ました😰 吐かない でもずっと吐きそう そんな感じが続いてました 仕事復帰のタイミングと副作用が重なり 更に、3連休には片頭痛の発作も

  • 子宮摘出手術決定

    情報提供書にある症状を確認するため内診をした。 さすが! 大きい病院は設備が違うなー。 と思ったのも束の間、痛い痛い。 普段の痛みは陣痛並みだが、内診は拷問並み。 自然分娩経験のある女性ならわかってもらえるだろうか。 Dr.Hは言った。 「偽閉経治療が上手くいかなくてウチに来たということは手術を検討するということです。他の治療を試すのでしたら、ご近所の病院でできますからね」 ダンナ「あの~病名は何

  • 話の変化

    婦人科に情報提供書をもらいに行った。 「再度、超音波検査をしましょう」と言われた。 「あの台」に横になる。 歳を重ねても慣れることのない「あの台」 Dr.はカーテン越しに「子宮筋腫と子宮内膜症は似てるんだよねぇ」と言っている。 独り言なのか私に話しているのか「閉経まで逃げ切れればいいんだけどねぇ」とまた言っている。 なんだ? めんどくさい。 いいや。 もう今日でこの病院とは関係なくなるんだから。

  • 子宮の病気

    痛い。 生理じゃないのに痛い。 ボルタレンサポなんか効かない。 婦人科を受診すると「もう閉経する年齢だから我慢して」と。 「いや、そんな年齢ですけど私はまだ閉経してないし、今日来たのは生理じゃないのに痛いからです!」と訴えた。 「偽閉経治療がダメなんだから手術しかないよ、ハラキリだよ」とDr. 本当にそうなのか? 偽閉経治療の薬は一種類しかないのか? セカンドオピニオンを受けたい! そもそもこちら

1 2 3