• ゆり園へ

    リフレッシュ休暇初日は、 ゆり園に行きました。 山の中腹にあります。 両親はここ数年毎年行っていましたが 私は去年初めて行きました。 初めて行った年の百合は それはそれは素晴らしかったそうです。 去年は、 ゆりがくたびれていて 両親は もっとすごいの見せたかったのにと残念がっていましたが 今年はさらにくたびれ具合が残念な感じでした。 自然な感じで育てているのか、 放置プレーなのかは 定かではありま

  • 「花の名前は姫女苑」

    道端に咲いていた 花の名前をあなたが訊いたから 教えてあげたあの夏の日 「ヒメジョオン」咲いていた 陽炎の先ゆらめくその先に あなたの白い影が揺れる あなたが向かったその戦場 どんな祈りの言葉さえ 届かぬ場所と知りながら 「生きて」と叫ぶ8月の朝 もう一度 もう一度 花の名前を聞いてください 小さな白い花の名前は 「ヒメジョオン」 別れの日泣いていた 私の顔をあなたが上げさせて 涙を拭いたあの夏の

  • きつねと花(イラスト)

    きつねと花のイラストです。

  • ヲタの夏休み! 學びの扉、開きまひた♪ 「縄文」ー1万年の美の鼓動

    やぁ、台風一過12号… ぢょっぱり!目指す… ヂョンダリサン 南から、参戦した♪ 「寒冷渦サン」の勢いに… たまらん・・ タマラン… と、 方向転換… 逆走・・ はぢめて… 西の道行きを・・・ (>_<)… 先日の水害の後の復旧も… まだ、思うやふに、進んでなひのに… 年々、「気性が荒く」なってゆく・・ 「気象」に… ため息… タメイキ… タメイキ…… 日ノ本の国は・・ この先、 どぉなっちまぅん

  • たまにはお花

    今月は食べ物の写真ばかり並んでいるので、このへんでお花をwww この面白い形の赤いお花はグロリオサ 炎のような花姿から「Flame Lily」と呼ばれているそう。 還暦祝いのお花のプレゼントにも選ばれるみたい。 葉先はクルリンチョ この巻きヒゲを他の植物に絡みつけて成長するらしい。 今日もバケツに入れたり出したりしてたら、いつの間にかバラやカーネーションに絡んでいた。 で、これまたなかなか離れない

  • 君の名は*ユウスゲ?Vol.133

    田舎の一軒家さんが見つけた花です。 ユウスゲの花かもと思うのですが はっきりしないのだそうです。 花の名、わかったら教えてください。 写真はここから↓ Copyright © 2018 Yoshiko Takatsuka. All rights Reserved. 無断転載を禁止致します

  • サンフラワーフェス2018 ひまわり畑

    山梨県北杜市のヒマワリ畑でサンフラワーフェスというイベントが7月21日〜8月19日まで開催されています。 帰省の帰りに寄ってみました、南アルプスの山々をバックに咲くひまわりは雄大で清々しい感じがしますが、満開にはまだ少し時間がかかるようです。 それでもやっぱり夏の花「ひまわり」は青空がよく似合います。 

  • ある日の写真

    一部が腐朽してしまったのにたくましく生きている大木    空洞の中はボロボロ... たった一輪だけ咲いている小さな小さな蓮の花 雑草に埋もれてたった一輪だけ咲いていた小さな小さな赤い花 自然界は、人間界より厳しい世界です。 それでも自然通し助け合い寄り添って生きています。 大丈夫だよ 大丈夫だよ 大丈夫だよ ねっ ねっ

  • 鮮やかな葉を持つ草花たち

    このところ一身上の都合があってこのブログへの投稿ができなかった。<br><br> それにしてもこの夏も暑い。 連日、猛暑日が続いているが 熱中症で救急車で病院へ搬送される人も多いようだ。 東京では熱中症による高齢者の死亡者もいたが 高齢になると温度センサーの感度も落ちるから要注意だ。 実際に自分でよく考えてみると  「俺は正常な感覚を持っている」 と自信ありげだが それ自体が少し老化している証拠か

  • 微笑みの国タイへ 桔梗の花を

    洞窟内でも、病院のベッドの上でも 自然と手と手を合わせる仕草が印象的でした。 酸素も薄くなり、危機的な状況だったのですね。 指揮官、ダイバー、医師、技術職の方々のチームの力。 なによりも、全員助かった。 感動を、小さな地球儀にお花を添えて。 桔梗の花は、とても縁起 のいいお花だそうです。 けれど、この花の咲く頃 亡くなったお世話になったご年配の方も思い出す、どこか切ない花。 感染症。 目に見えない

  • これからが夏本番

    活発化した前線の影響で記録破りの大雨となり 西日本ではその大雨が未曾有の被害をもたらせた。 テレビニュースで見るその被害の光景には驚くばかりだった。 特に斜面が崩れての土砂崩れによる家屋の損害により 多くの命をも奪ってしまった。 それと堤防決壊などにより 市街が水浸しになる光景も この世の現実かと、目を疑った。 遠くにいる私などは ただただ被災された皆さまに お見舞いの言葉を送るしか何もできないが

  • あけぼの山農業公園  睡蓮

    比較的近くで、四季折々の花を楽しませてくれる千葉県柏市のあけぼの山農業公園ですが、この時期は睡蓮も咲きます。 池には木道が設置されているので近くで見ることが出来ます。 鯉も亀もいてスローな時間が流れます(笑) 

  • ないと困る雨でもあり過ぎても困る 

    今回の大雨で被害に遭われた方々お見舞い申し上げます。 水がないと人は生きていけません。 ないと困る水でもあり過ぎても困る水 程ほどって難しいね~~~♪ 昨今の地球温暖化の影響でしょうか? 災害の規模が大型化しているように感じます。 自然は何も言わないのですが・・・ ここ人間が100年余りで色々地球に対してしてきたことの しっぺ返しが来ているような気になるのは私だけでしょうか? 森林伐採、フロンガス

  • 前川 と 北川

    梅雨が早めに明けたり、東京では真夏日が十日も続いたりと 自然の成り行きに為す術もありませんが 今日は朝から雨降りで、気温も下がったので 少し、過ごし易くなっています。 だが西日本では記録的な大雨で 避難されている方も多いようですが また無事にいつもの生活に戻れるといいですね。 私はある時期まで東村山駅の東側の住宅地に住んでいましたが 街中を流れる前川 (まえかわ) の氾濫が何度もあったことを憶えて

  • 季節です!

    花、花、花です。

  • 栗林公園散策

    昨日、街に出かけたついでに、栗林公園を一時間ほど歩いてきた。「一歩一景」と言われる栗林公園、いつ行っても何かが待ってくれている。 まだそんなには咲いていなかった蓮の花 この時期は葉が美しい 蓮の葉をころがる水滴 先月は見つけられなかった二色の睡蓮 水辺に咲くヤブカンゾウ(薮萱草) 重弁のものが「薮萱草」、単弁が「野萱草」で夏の季語 「忘草」(わすれぐさ)とも呼ばれる (この草を帯びていると憂いを忘

  • 私の体も改修したい

    不調続きなので近所の病院で診察してもらったら、狭心症の疑いがあるとのことで大きい病院への紹介状を渡された。 あ~ヤダヤダ。 気分転換にちょっとドライブ。 東京湾観音が改修工事をしていると聞き出かけてみた。 東京湾もなかなか綺麗 東京湾観音 平成最後の大改修工事 工事は年内で終わるらしい。 来年のお正月にはピカピカな姿が見られるね。 暑いよ~ 突然の梅雨明けにもめげない紫陽花 ちょっと休憩したら、お

  •  「サムライブルー」 の善戦に拍手です

     「サムライブルー」 のベルギー戦、惜しかったですね。 でも優勝候補のベルギーから2点先取したのは立派でした。 前評判は圧倒的に日本に不利なことばかりが ネットでも駆け巡っていましたが そのいい加減な前評判を打ち壊したのだから これまた立派でした。 素人の私もW杯ブームにあやかって予想しましたが やはりベルギーが勝つなら3-0 日本が勝つなら1-0だと勝手に思っていました。 だから日本が2点も先取

  • 暑いけれども 夏が好き

    もう今日から七月になった。 昨日、早い、速いと思いながら七月のカレンダーに替えた。 それと意外や、梅雨が早めに明けてしまった。 今年は念願だった 「梅雨に咲く紫陽花」 を撮り損ねてしまった。 まだまだチャンスがあると思っていたのに また来年の梅雨に期待するしかない。 でも関東地方では雨量も少なかったから 農家の人たちにとっては稲作には影響ないのだろうか? 梅雨が明けたのは29日だが その後は真夏日

  • 久々に前夫のことを思い出すことになった件

    せっかく人づきあいの喜びの一端を感じたところだったのに、それが元で思いがけない感情が湧き起こった。 Yさんが息子さん(Kくん)にムスコAの話しをしたところ、2年生の時に同じクラスだったということがわかった。 お宅にも遊びに行ったことがあるそうだ。 憶えてないだろうからムスコAにはまだ聞いていないが、卒アルを見ながらだったら思い出すかもしれない。 今度会う時に持って行ってみようかな。 するとYさんが

1 ... 2 3 4 5 6 ... 50