美術のムラゴンブログ

  • オアフ島ワイマナロビーチ(油絵)

    先週末、Markの絵画教室がワイマナロビーチで開催されました。 現在はコロナウィルスの影響で政府から外出禁止令が出ていますが、 先週末の時点では出ていなかったので開催可能でした。 雨が時々降る曇りの天気でしたが、雲の隙間から太陽の光が差しました。 コロナウィルス感染予防策として「ソーシャルディスタンス6フィート」を保つように指示されているので、それぞれ距離を開けて絵を描いたり会話したり。。。  

  • ギャラリー 一時閉店(T_T)

    私の絵を展示販売してくれていたSunshaine Arts Galleryが昨日を最後に一時閉店になりました。 コロナ感染の影響を受け、政府の指示によりアートギャラリーは営業できなくなってしまったそうです。 外出禁止令が出ている4月30日迄は閉店確実で、その後の再開日程は未定(;´-`;) このギャラリーはワイキキのマリオットホテルにあるのですが、ホテルのお客さんが激減していて閑散としています。

  • 着物姿の若い女性

    F 6 号 , 水彩画

  • エッセイ プチ・サンス <セザンヌ>

    セザンヌの言葉によると、ゴーギャンやゴッホは、私の絵から勝手にプチ・サンスを盗んで画業を成した画家たちで、セザンヌと親しくしていた人は、彼らのことに話が及ぶと、セザンヌは憤懣やる方ないという様子を見せていたという。 本家のセザンヌに言わせれば、そういう言い方になるのも、もっともかも知れないが、そのセザンヌの絵からプチ・サンスなるものを目ざとく見つけ、それを自分自身の絵の中で展開していったゴーギャン

  • 朝のカハラビーチ

    朝8時、カハラビーチに絵を描きに行きました。 海にはモヤがかかっていて、遠くの島が霞んで見えます。 水面に朝の穏やかな日差しが反射して幻想的な景色。 大きな木の下に小さな子供連れの夫婦がいます。 他には絵画メンバー以外は誰もおらず、海は波も風もなく静かな朝。 絵を描き終える昼近くになると、 朝モヤはすっかり晴れ、多くの人がビーチに集まって来て、 朝の静けさは嘘のように賑わいます。 ========

  • 幸運が舞い込んできた - ライブ ペイント

    マリオットホテル・ワイキキビーチリゾートに入っているSunshine Art Galleryで なんと!ライブペイントをすることになりました。 ギャラリーの中でイーゼルを立てて絵を描き、興味を持ってくれたお客さんとお話しし 私の絵やその他のアーティストの作品の紹介するのが私の役目です。 この度Sunshine Art Galleryがマリオットホテル内のテナントスペースを増やす事となり、新しく増設

  • 第10回東北震災遺児支援KIZUNA展

    昨年初めて参加させて頂いた「東北震災遺児支援 チャリティー展 KIZUNA展」ですが、来年3月に再び開催されます。 私も昨年に引き続き参加させて頂きます。 東日本大震災とそれに続いて起こった津波で親を亡くした子供達の為を支援するチャリティー展で、出品作品(絵画・立体・工芸・アクセサリー・DVD・CD等)の販売価格は通常より低く設定されており、その販売によって生じた収益から経費を差し引いた全額と遺児

  • パパイヤとハイビスカス(油絵)

    パイナップルとハイビスカスの絵を描いた後、 同じシリーズで他にも描いてみたくなり パパイヤとハイビスカスを描きました。  パパイヤは、コストコで4個入り6ドルで買ってきたもの。 ハイビスカスは、自宅庭に咲いていたもの。 パイナップルに比べてパパイヤはシンプルなので、背景にも少しこだわりました。 10インチ正方形の小さめキャンバスです。 パパイヤは、絵を描いていた1日だけで色が随分と黄色くなったので

  • ノスタルジー展

    今回初参加となったノスタルジー展... 12月1日から始まっていたのですが、 仕事が忙しくて、ブログの更新が出来ていませんでした。 15号をひとつ、6号をふたつ展示したかったのですが、展示スペースの関係で15号の展示は諦めました。 F 6 水彩画 「成人式の朝」 姪っ子の晴れ姿の写真を見て描きました。 F 6 水彩画 「八幡堀の春」

  • ノースショア iPhoneに認証された油絵の海(油絵)

    Markの絵画教室がハレイワ・ビーチパークで行われました。 天気は雨~曇り。  冬のノースショアの海は波が高いので、サーフィンを楽しむ人が集まります。 早朝は静かな海だったのですが、途中からは強風が吹き海が荒れました。 オアフ島の西側のワイアナエ山脈は、時折霧や雲に隠れて見えなくなり 景色は刻一刻と姿を変え、強風でイーゼルが倒れたり画材道具が吹き飛ばされそうになったりして、快適な絵画の時間ではあり

  • ワイキキ・ギャラリー 絵画の展示販売

    マリオットホテル・ワイキキビーチリゾートに入っているSunshine Art Galleryで 私の絵を展示販売させてもらえることになりました。 Sunshine Art Galleryはカネオヘとワイキキの2店舗があり、 今まで私の絵はカネオヘのみで展示販売していたのですが、 今回、3枚の私の絵がカネオヘ店からワイキキ店へ移動。 観光客が集まるワイキキ。 今までよりも多くの人に私の絵を見て貰える

  • パイナップルとハイビスカス(油絵)

    少し前にパイナップルとハイビスカスとプルメリアを描いたのですが、 また、パイナップルとハイビスカスを描きました。  前回は描いている途中から花がしおれてきて、絵もしおれた感じになってしまったので、 その点を反省点として今回は花の新鮮さを強調。 実物を写すのではなく、ある程度想像を使って理想的な花を描きました。 前回よりも新鮮な感じで良くなりました。 ================ OharuAr

  • 第43回栗東市美術展

    栗東芸術文化会館 さきら にて。11月28日から始まっていた「第43回栗東市美術展」。今日が最終日。作品講評会が行われる日で、搬出日でもありました。 昨年は応募出来なかったので、今回が二年ぶり二回目の応募となりました。 作品タイトルは「蜃気楼」〈サイズ=75cm X 100cm 〉 、透明水彩&パステルを用いて描きました。

  • オアフ島パーリー(油絵)

    Markの絵画教室がHo’omaluhia Botanical Gardenで開催されました。 Ho’omaluhia Botanical Garden:45-680 Luluku Rd, Kaneohe, HI 96744 概ね曇りで時々日が差し、時々雨が降り、 一刻一刻 姿を変える霧が立ち込める画家を悩ませる天気。 Markが選んだ場所は植物園の一番奥にあるKoʻolau Range (コオラ

  • 油絵の展示販売6点 カネオヘSunshineArtsギャラリー

    オアフ島カネオヘのSunshineArtsギャラリーで、 私の油絵6点を展示販売してもらえることになりました。 Sunset at Kahanamoku Beach, oil on canvas (20 x 16 inch) The Wizard Stones in Waikiki, oil on canvas (14 x 11)  Kualoa Ranch Horseback Riding, o

  • パイナップルとハイビスカスとプルメリア(油絵)

    自分の部屋にハワイらしい明るくて小さい絵を飾りたくて パイナップルとハイビスカスとプルメリアを油絵で描きました。 10インチ正方形の小さなキャンバス。 パイナップルはコストコで約3ドル買ったもの。 ハイビスカスとプルメリアは自宅の庭で摘んできたもの。 パイナップルは買ってきてから1週間ほどキッチンに置いてあったので、 絵を描く時には、かなり熟していて甘い香りが漂っていました。 描き上げた後は、パイ

  • 絵画展入展 ホノルル・カントリークラブ

    ホノルル・カントリークラブ・ギャラリーの絵画展  ”TIS THE SEASON TO BE GREATEFUL” に 私の2点が入展し昨日搬入しました。 Turkey Forest (oil on canvas, 16x20 inch ) 今年サンフランシスコに行った際にFolioの森 で会った七面鳥達を描きました。 アメリカでは、11月末はサンクスギビングDayで、 家族や仲間が集まり感謝祭を

  • ゴーリーとぴーなっつ最中

    久しぶりのお出かけで、エドワード・ゴーリー展に行きました。 ちょっと暗めの絵本作家で、大雑把にいうとルドンに少しユーモアが入った感じです。 ペン画の細かな線に見とれました。 けれど困ったことに、私の老眼が進んでいて、細部がぼやける! いつも老眼鏡を変えなきゃと気づくのは、美術館だったりします。 ポスターの展示があったので助かりましたけれど。(大きいので) それでも作品はとても楽しめて、あっという間

  • 11月15日 暗算能力はどうやって身につけるのか

    ルネマグリット作。 盗聴の部屋。 ルネマグリットは私の最も好きな画家だ。 中でもこの盗聴の部屋、という作品は、中学の時の美術の教科書で見て以来、惚れ込んでいる。 写真は、シュルレアリズム展に行った時購入したカレンダーのものなのだが、画家の作品は大抵バージョン違いが色々ある。 ゴッホのひまわり、モネの睡蓮然り。 別に美術に興味は無いので、詳しいことは知らないが、色々なバージョンがあるので面白い。 し

  • パパイヤ リーフ アート from Hawaii

    自宅で栽培しているパパイヤの葉を使ってアート作品を作りました。 鉢を移動させる為に泣く泣く切った葉を捨てるのがかわいそうで、 アート作品に残そうと思ったものです。 パパイヤの葉をキャンバスに載せ、油絵具で彩色し、金粉で仕上げています。 金属工芸のような重厚感のある作品になりました。 キャンバスは60センチ角。 大きめの作品です。 ================ OharuArt Photogra

  • 背景画「秋の七面鳥」(油絵/作成途中)

    今回のOharuArtのテレビ取材でインタビュー中の背景となったのは、 私の作成途中の絵でした。 思うように描けずに何度も描き直し、部屋の隅に立て掛けてあったものを 当日ダイレクターが取り上げてイーゼルに置かれてしまったのです。 私としては非常に不本意で、別の絵を使ってとお願いするも、 「ただの背景だから気にしないで。」と言われてしまい。。。 秋らしい絵を描こうと思って、紅葉と七面鳥をデザインした

  • ハワイ アーティスト紹介 TV番組「HIonART」

    先日、私の所へOharuArtのアート作品について取材に来たTV番組「HIonART」とは... ハワイのテレビ局KWHE14で毎週土曜日夜11時から30分間放送。 今年の7月から始まった新しい番組。 30分で約4名のアーティストをそれぞれ紹介。 アーティストのスピーチ、画像、それとBGMのみで構成された番組。 画家の他にウクレレなどの音楽家、陶芸家、ファッションデザイナーなどが紹介されている。

  • テレビ取材OharuArt

    先週、ハワイのテレビ番組のダイレクターから1本の電話がありました。 「ハワイのテレビ局KWHE14の番組でローカルアーティストを紹介しているのだが、あなたのアート作品を番組で紹介させて欲しい。近々あなたの仕事場にインタビューに伺いたい。」とのこと。 私の作品を多くの人に見て貰える良い機会だと思い、了承しました。 そして昨日、私の自宅の仕事場でインタビュー収録を終えました。 テレビ放映は1〜2週間後

  • もう1つのホノルル美術館(油絵)

    ホノルル美術館と言えば、ダウンタウンにある美術館(900 South Beretania Street)が一般的に知られていますが、今回、もう一つのホノルル美術館Spalding Houseに行く機会がありました。 The Honolulu Museum of Art Spalding House 2411 Makiki Heights Drive ホノルル美術館Spalding Houseの建物

  • 絵画展入展 ホノルルシティーホール

    今月ホノルル・シティーホールで開催の絵画展に 私の油絵2点の入展が決まりました。 Association of Hawaii Artistsの主催。 マノアの滝トレイルに行った際に印象的だった「木の根でできたアーチ」。 Manoa Falls Trail (oil on canvas, 16x20inch) 沖の方でイルカの群れが泳いでいた西オアフの海岸。 Kahe Point Beech Par

  • 「第34回東京都障害者総合美術展」の開催 美の中にふれあいがある

    【7月29日追記】 末尾に出品作品の写真を追加しました。 「第34回東京都障害者総合美術展」が開催されています。 「美の中にふれあいがある」というタイトルは、飾り言葉ではありません。 本当です。 私は毎年楽しみにしています。新しい発見があり、新しい勇気と希望をいただくことができるからです。 「障害者の美術展」というつもりでお出かけになった方は、大きな衝撃を受けることになるでしょう。 1 開催日時

  • マノアの滝トレイル(油絵)

    マノアの滝トレイルに行った際に撮影した写真を1枚を選び、油絵を描きました。 マノアの滝トレイルの中ほどから滝に近い場所にある「木の根でできたアーチ」。 多くの人が足を止めて記念撮影したりしているスポットです。 最終段階で思うように描けず、修正をくりかえし止められない状況に陥ったパターン。 展示会の選考の期限が来たので手を止めました。 ブログ掲載用の縮小画像で見ると雰囲気が違って見えます。 もう少し

  • 第6回あいしょう絵画展

    今回が初めての応募となる「~近江の歴史、文化遺産・景観を描く~第6回 あいしょう絵画展」に出品する水彩画の額装完了。明日、搬入します。 びわ湖浜大津駅附近の併用軌道を走る京阪電車を描きました。〈サイズ=49cmX65cm〉 〈あいしょう絵画展 会期〉 2019.7.27~8.4 〈会場〉 愛荘町立ハーティーセンター秦荘 滋賀県愛知郡愛荘町我孫子822

  • ハレイワ Art Show-ハワイ州最大アートイベント

    ハワイ州最大のアートイベントHaleiwa Art Show が7月13‐14日に開催されました。 ハレイワbeach Parkに110のアーティストが集まり、 絵画、写真、彫刻、陶器、アクセサリー、その他色々を展示販売。 私の絵画教室の先生Markも展示販売↓ 大きなオリジナル作品を一面に並べ、迫力ありました。 平面フラワーアレンジの写真家Lola Pilarも参加。 彼女の写真を収めているフレ

  • 美術展MOCA SHOW始まる

    ホノルル・シティーホールで開催の美術展MOCA SHOWが始まりました。 私は水彩画2点が入展。 公共の場がギャラリーになるので、準備期間に余裕は無く、展示会初日の朝に搬入と壁掛けでした。 出展者でボランティア可能な人が搬入と壁掛けを手伝うとのことで、私も少し早めに行って手伝いをしました。 ボランティアは全部で12人ほど集まり、ベテランも多く効率よく作業が進みました。 場所は、シティーホールのメイ

  • カネオヘ He'eia (油絵)

    Markの絵画教室が カネオヘのHe'eia State Parkで開催されました。 Markは北側に見えるハワイらしい切り立った山とチャイナマンズ・ハット(Mokolii)を選び描き始めました。 私も同じ景色を描きたかったのですが、 他のグループ(ベビーシャワーのパーティー)が公園北側を使う事となり、 絵画教室グループは移動を余儀なくされ、私は公園の南側の景色を描く事になりました。 公園南側には

  • ライアン植物園

    マノア渓谷にあるライアン植物園を油絵で描きました。 厳密に言うと、ライアン植物園の駐車場からビジターセンターに向かう途中の場所です。 時々薄日は差しましたが、雨模様で、 画材道具も自分も雨に打たれ、何度も描くのを中止しようかと思いながらも ざっくりと全体を描き終え、残りは自宅で修正したものです。 ライアン植物園は以前、野鳥観察に行き、ブログ掲載しています↓ ================ Oha

  • マノアの滝トレイル(油絵の途中経過)

    マノアの滝トレイルに行った際に撮影した写真を1枚選んで 油絵を描いています。 木の根のアーチ。 前回ブログ投稿の段階↓ 現在↓ あまり描き込まないようにと思いながらも、だんだんと細かくなってきたので そろそろ後半としなければ。 緑深い景色の油絵を描くの楽しさを新発見しました。 この絵を描き終えたら、また森の絵を描きたいと思っています。 ================ OharuArt Photo

  • 美術展入展 ホノルルシティーホール

    来月ホノルル・シティーホールで開催の美術展に 私の水彩画2点の入展が決まりました。 水彩画グループの主催ですが、油絵でも立体作品でも何でもOKとのことでしたが、私は水彩画で直球勝負。 Parade(11x14 inch) Flower(18x24 inch) 入展審査はデジタルだったので、これから額装します。 額装がいちばん悩みます(>_<) <美術展情報> 2019 MOCA SHOW 2019

  • カイルアビーチ 絵画教室(アクリル画)

    Markの絵画教室がカイルアビーチで開催されました。 この教室では、いつも私は油絵具で描くのですが、翌日に展示会選考の締め切りがあったので、多くの絵を持って行きたく、乾燥が早いアクリル絵具を持って行きました。 当日は天気が良く、カイルアの青い海が描ける~(^-^)♪と楽しみでした。 皆が集合して教室が始まると、展示会選考の締め切り日が誤報であり、正確には翌月であることを知らされました。 しかも、M

  • 過去の作品

    一昨年の甲賀市美術展覧会で佳作を頂いた水彩&パステルの作品。 タイトル:Empty Town 絵とは全く無縁だった私が、絵を描き始めたばかりの頃のもの。遠近法を無視した空想の風景画です。遠近法を無視している為、空間的広がりが無く、人間が住むことのできない 空虚な街。 東日本大震災とそれに続く福島原発の事故... 住み慣れた故郷を失った人々の心情を想像しながら制作しました。 「放射線は無味無臭の為人

  • 以前描いたパステル画

    以前描いたパステル画 タイトル:メイドと薔薇 (F 30 号)

  • 画展WAHI PANAオープニング レセプション

    画展WAHI PANAのオープニング レセプションがHonolulu Museum of Art School で開催され出席しました。 ハワイにおける有名で伝説的な場所、または特別な関心や歴史的意義のあるランドマークについて学び、広めることを目的としています。 私の絵は、油絵2点が展示されています。 レセプションはハワイ式で、ホラ貝を吹いて始まり、ハワイの歌とフラダンスがありました。 展示会場は

  • 宇宙列車の窓辺

    長い銀髪、 黒いスーツを着た美しい男。 考え事をしているような、 それとも 少しふてくされているような印象で 片肘をつき、 列車の席にひとり座っていた。 そこに、小柄な人物が話しかける。 「シラン様ですか?」 「ああ、どうぞおかけ下さい」 向かいに座った黒髪の人物が言う。 「カラスと申します」 「シラン・ルイズ」 「『蝶と虎』、楽しみですね」 「ええ。虎はおとなしいこだし、蝶が寄ってくる人体に無害

  • ハワイ絵画教室(油絵)

    Markの絵画教室。 今回はウィンワードのWaiāhole Beach Park。 ハワイらしい切り立った山の絶景が見えます。 浜辺にはマングローブ。 薄紫色のお花が2つ。その周りに黄色、白色のたくさんのお花。 前夜に降った雨の影響で海が茶色くなっていて、 茶色い海を描くのもどうかと悩みましたが素直にそのまま。 地面が湿っていて足元が泥にまみれたり、雨上がりで羽化したたくさんの蚊に刺されたり、自然

  • 近江人物画探求会 6月の開催予定

    6月30日(日) 9時30分~12時30分 〈内容〉 女性nudeクロッキー(10分ポーズ X 12 ) 〈参加費〉 3000円 〈会場〉 草津市立まちづくりセンター308会議室 滋賀県草津市西大路町9―6 〈アクセス〉 JR草津駅西口エストピアホテルの隣。草津駅西口より徒歩約5分。 〈その他〉 ・予約不要です。指導者はいません。 ・画材は各自ご持参ください。ただし会場を汚す恐れのあるもの、油彩絵

  • チャイナドレスの女性、描き始めました。

    コスプレ好きじゃないけど、チャイナドレスを着た女性を描きたくなり、モデルさんに着用して頂きました。 ぽっちゃり体型のモデルさんにはチャイナドレスの寸法が少し小さかったようで、右脇から腰にかけてのファスナーが締まらず、下着が見えてしまう方向に陣取るのは避け、左側から描いています。 チャイナドレスの柄に惑わされて、モデルさんの身体のボリュームを描写するのは難しいです。

  • カラカウア通りパレード(水彩画)

    来月の展示会選考に出展予定の水彩画が描きあがりました。 ハワイのカラカウア通りを馬に乗ってパレード。 華やかな王族の衣装に身をまとい、笑顔で観客に応える女性。 元気溢れて少々暴れ気味の馬。 華やかなパレードの熱気とハワイの強い日差しを感じてもらえたらと思って描きました。 修正に歯止めが利かなくなりそうだったので見切りをつけて、額に封じ込めました。 ================ OharuArt

  • 絵画展 最優秀賞受賞 (アクリル画)

    Association of Hawaii Artists 主催のホノルルカントリークラブギャラリー絵画展で最優秀賞を受賞しました。 昨日、絵画展のレセプションパーティーがあり、出席者による投票によって選ばれました。 絵画展のテーマはThe blast from the past. 私の絵はThe Balloon Festibal in Waikiki ↓ ホノルルカントリークラブは、ホノルル空港

  • 画展入展 Honolulu Museum of Art School

    WAHI PANAという画展に私の油絵2点の入展が決まりました。 1) The Wizard Stones in Waikiki, Oil painting on canvas (11x14in) The Wizard Stones is located in the heart of Waikiki. These Stones are said to contain the mana (powe

  • 大塚国際美術館

    どーもこんにちは、音月です。 本日4つ目の記事です。 よろしくお願いします。 子どもには芸術に触れる機会を作ってあげたいと考える私たち夫婦ですが、そのためにはまず私たちが先に下見に行こう!ということで行ってきました。 大塚国際美術館! こちらは一般の入場料が3千円と消費税となっております。 そして全てレプリカなので、記念撮影可(笑) 米津さんが歌った場所だからか、10連休だからか県外から物凄くたく

  • Wahi Pana 油絵

    Wahi Panaというアート展がホノルル美術館で6月に開催される予定で、展示会選考に油絵を提出しました。 ハワイにおける有名で伝説的な場所、または特別な関心や歴史的意義のあるランドマークについて学び、広めることを目的としている展示会だそうで、選考に提出する条件として色々と課題が多くありました。 提出したのはこの絵。「Sunset at Kahanamoku Beach」 絵を説明する文や詩を添え

  • 入展2絵画展始まる ホノルル

    私の絵が2種類の絵画展に入展し、同時に絵画展が始まりました。 昨日は、それぞれレセプションパーティーがあり行ってきました。 友達も増えて挨拶に忙しく、あまり写真が撮れませんでしたが、 軽食や飲み物も準備されており、華やかなパーティーでした。 1つ目の絵画展は水彩画展(Hawaii Watercolor Society 2019 Members Show) 入展した絵は2つ。 黄色いキマユカナリアと

  • ハワイ風景画教室 油絵

    ハワイの風景画家Mark N Brownの油絵教室に また行ってきました。 Markはハワイテレビでも番組を持っている人気のアーティスト。 しかし、全然自慢気なところはなく、自分を全て曝け出して常に自然体。 集中して描いている時もありますが、歌を歌いながら描いている時もあったりして のびのびとした、いかにもハワイらしい画風が特徴です。 先週末は再びカイルア馬場(Maunawili Farm)へ。

  • ダイヤモンドヘッド ビーチパーク(アクリル画)

    ダイヤモンドヘッド沿岸沿いに、住宅に挟まれた小さな公園があります。 「Lēʻahi Beach Park」。 観光客はもちろん、地元の人も気に留めないような公園ですが 私のジョギングのコースになっていて、海が見えるので小休憩に使ったりします。 公園の名前のLēʻahiは、ハワイ語のダイヤモンドヘッド。 Ahiは、ハワイ語のマグロ。 ハワイの女神Hiʻiakaが、ダイヤモンドヘッドの火山錐をマグロに

1 2