• まだまだネギは続けるつもりだが

    ある土曜日の朝、うどんを食べるのにねぎを所望した。  小ぶりだが、いい色。 今回は、 こちらの鉢から頂いた。 そしてメインの再生ネギプランターは、 昨日から新しい仲間が増えた。わかる?  左端の彼ら。 さて、これから寒くなる季節。大丈夫かな?育つかな?

  • たまに重宝する再生ネギ

    再生ねぎをリセットしてから数か月。 何だかネギが高いので、なかなか仲間が増えません。 しかし、そんな中・・・・・・。 たまに麺を食べるときには重宝するのです。  ピンボケですが、収穫です。 これはおろし蕎麦を食った時に収穫したやつかな? 詳しくは「ござるな偏り凝り食い記録帖」をご参照ください。 ぼちぼち仲間も増やしていきたいところなんだけどなあ。

  • 台風前に再生ネギ追加

    台風が来る前にシリーズの最後を飾るのはネギ。  わかるかな? そう、一番右の白いぽっつん。  根出しもせず、直接イン。 数日後、芽が伸びてきました。根が付いた証拠? 普通に生えてくるはずです。 朝の麺食のためにがんばってね。

  • この夏、再生ねぎをリセットしてみる

    再生ねぎが見るからにか細すぎる。 プランター内の全ての株がこんな細い状態。 そこでリセットするために、このプランターの全ての株を抜いてみた。 根っこもしょぼしょぼで、これじゃあ育つわけがない。 リセットだ。完全にリセットだ。 堆肥も追加して、新しい株を植える。 うん、これこそが再スタートにふさわしい光景だ。 なんせ再生ネギですから。

  • ミニ七輪で夕飯\( ˆoˆ )/

    7月9日 月曜日 西日本の大雨被害、ひどすぎて言葉もありません… 毎日、普通に暮らせることに感謝です。。。 今夜はミニ七輪で鶏モモとネギ、そして和牛サーロインを焼きました! 和牛サーロインは、わさびをつけて。 鶏モモとネギは、自家製のニンニク味噌をつけて。 後は、、、肉豆腐 山芋千切り ほうれん草 スナップエンドウ カニカマ 三つ葉とカニカマのわさび醤油和え 納豆 (青ネギ キムチ エゴマ油入り)

  • 再生ねぎは一斉強制再生処置

    タイトルは非情な雰囲気を醸し出しているが、ようはリセットするって言う事。 冬を越して春を迎えたネギたちは一斉に坊主を付け始め、肉は硬くなります。 一度硬くなった肉は元に戻ることもないため、リセットするのは仕方のないことです。 こんな風に散髪してみました。 それよりも、そもそも、根っこごとリセットする時期なのかもしれません。

  • 再生ねぎを追加してみます

    再生ねぎを追加してみました。 空いてるスペースにぽちっとな。 今回の根出しは1日のみ。でも充分でしょ。 同時に一本を収穫。 しかし、これはゲロンゲロンに硬くてとても食べられる代物ではありませんでした。 残念。 この時期は坊主ができやすく、 硬くなりやすい。 一度全部刈り取って、再再生させた方がいいかもしれない。

  • ネギとの戦い

    春を迎えて、ネギたちと坊主の成長との戦いが続いている。 そんな中、うどんを食べるために三本ほど収穫してみた。 先っちょをカットしてみたので、見た目は非常に美しい。 しかし、如何せん、固いのである。 この時期はネギ坊主が形成される前に収穫しないと、青いところがとっても硬い。 今回はうどんだったので、しばらく煮込んで食べたが、それでも硬さが残る。 つまりは、ラーメンの薬味などには硬すぎるほどなのである

  • ネギと春と坊主

    春になると、どうしてもネギが坊主を作るのだ。 我が農園の再生群でも、その兆候が始まった。  坊主第一号 もちろんカットしてやった。 これから次々と先端が丸くなるんだろうな。 そしてそれを全部ちぎっていくことになるんだろうな。

  • 例えばネギはこんな風にして食べます

    冬の間、枯れずに細々と生えていた再生ねぎ。それをカットしてみました。  わりと綺麗です。 これをどのように使っているかというと、  こげな感じです。 今回はうどんに入れてみました。 らーめんやそーめんにも使えるので、再生ねぎは便利です。

  • 再生ねぎ畑緑緑と

    今日も雨です。 従って写真は今日のモノではありません。  プランターも、  鉢も 再生ねぎは何だか春模様。 いい感じ。 新しく植えた株も芽が出てきた。 これからは朝らーが楽しみになるかも。

  • 再生ねぎの根っこを追加

    ネギの根っこを追加で植えてみました。 小さなコップに水を入れて根出しをしていましたが、根は出ずに芽が出ました。 再生ねぎ軍団はまだ枯れずに頑張っています。 オイラも今より少し頑張っていかないと。 交野マラソンまであと一か月半。 そろそろ準備をしないと間に合いません。

  • 再生ねぎの奮闘

    これはもう奮闘というしかない。 残り少なくなったネギの群れ。 再生能力は寒さのおかげでかなりの低下。 それでも先日植えた根っこは芽を出し始めていた。  なんで斜めになってるんだ? そう思って真直ぐに正した。 がんばれ、オイラの再生ねぎ。

  • 再生しにくい季節にバンバン使うネギ

    ラーメンを食べるときにネギは必須アイテムとなるのは誰もが同じだろう。 その日の朝は、「ござるな~」ではおなじみの袋らーめんを食べる事にしていた。 従って、ネギが必要になるということである。 先日植え付けた根っこもまだ伸びていない様子。 しかし、そのとなりの大きくなっている株をチョッキンする。  ぼやけてしまった 小さいので2株必要になるのだ。 春までには、伸びている株の全てを使い果たしてしまいそう

  • 再生ねぎは期待を込めて

    このプランターは再生ねぎです。 見えますか?右のプランターのほぼ中央。  期待を込めて植えてみました。 この寒い中、再生するでしょうか。 残念ながらこれはクイズではありません。

  • 再生ねぎは正月から活躍できる

    さて、昨日は夕方まで気分がすぐれなかったので、昼はカレーじゃなくてラーメンをすすった。ラーメンの話は右下の「ござるな~」で確認してくだされ。 こっちではそれに使ったねぎの話。  冬の再生ねぎ 日に日に貧弱になっていくが、まだまだ生き延びているネギ。 これをラーメンのために収穫するのである。  こげな風にね。 流石に再生頻度は低下してきたが、まだまだ枯れずに頑張っています。 オイラももう少し頑張ると

  • 今年最後の収穫はネギ

    天気はいいのだが、おかげで朝晩はとっても寒い。 そこで昨日の朝は朝食としてうどんを所望した。うどんとくれば、もちろん、  ネギである。 この寒空の下、多少の変色は見受けられるが、緑色に輝いていてくれる。 一番大きな株を収穫。 いらない部分を排除すると、こんな感じになるのだが、これがおそらく今年最後の収穫となるだろう。 これを刻んでうどんにそえて、さらにとろろこぶをかけて、オイラの朝食となりました。

  • 青いネギと青いネギ

    寒空が続きます。 なんだか心の中も寒くなりがちですが、みなさんいかがお過ごしですか。 そんな時はねぎを見ましょう。 ウチの再生ねぎはこんなに青くて元気です。 もちろん、夏のころとおんなじって言うわけにはいきません。 でも冬にしては断然に青いです。 こっちも頑張っています。 再生途中のヤツもいます。さあ、彼らのように何度でも頑張りましょう。 オイラもね。

  • ネギ畑の眺め

    再生ねぎはいまだ健在。 プランターも、 鉢植えも。 たまにうどんやそばやラーメンを食べるときに切り取っては使っている。 抜群に伸びている株はないが、そろそろ冬なので、成長が鈍化してきているかもしれない。 それでも、決して枯れることなく、頑張ってくれている。 一時期の虫害もなくなったようだ。 重宝なネギ。そろそろ、こいつも根っこを整理してやらねばイカンかな。

  • ネギも虫に注意

    朝にラーメンを食べる。 それはブログのためでもある。 そしてそのためにネギはいつも再生されている。 昨日もラーメンのために一本収穫した。 右の穂がちぎられているのがお判りか。 誰かに齧られたわけではない。オイラが自らちぎったのである。 それは中を覗くために  こうやってね。 それでは何のために覗くのか。 それは先っちょに虫がついていたからである。 虫か食っていたら、中にフンがボロボロと入っているか

1 2