• 【大阪天神祭 2017年7月24日】2/2 Osaka Tenjin Matsuri Festival on July 24th 2017

    【大阪天神祭 2017年7月24日】 Osaka Tenjin Matsuri Festival on July 24th 2017 大阪の「天神祭」は東京・神田祭、京都・祇園祭とともに日本三大祭りの一つと言われ、毎年130万人もの人が訪れる夏の都市大祭です。 愛染祭、住吉祭とともに大阪三大夏祭りの一つとも言われています。 天神祭は、大阪市内の天満にある大阪天満宮の氏地を中心に、毎年、宵宮が7月2

  • 【大阪天神祭 2017年7月24日】 1/2 Osaka Tenjin Matsuri Festival on July 24th 2017

    【大阪天神祭 2017年7月24日】 Osaka Tenjin Matsuri Festival on July 24th 2017 大阪の「天神祭」は東京・神田祭、京都・祇園祭とともに日本三大祭りの一つと言われ、毎年130万人もの人が訪れる夏の都市大祭です。 愛染祭、住吉祭とともに大阪三大夏祭りの一つとも言われています。 天神祭は、大阪市内の天満にある大阪天満宮の氏地を中心に、毎年、宵宮が7月2

  • 【許麻神社】(こまじんじゃ)夏祭り :2017年7月18日 八尾市

    2017年 7月18日・19日に行われた大阪府八尾市の「許麻神社夏祭り」です。写真と動画は18日の分です。 【許麻神社】(こまじんじゃ)の由緒について; 式内社で、もと牛頭天王と称され、渋川六座の一である。この地は古く巨麻荘といい、河内国諸蕃の大狛連の住地で、その祖神をまつったと伝えられる。 境内の手洗いの屋形は、むかしの宮寺久宝寺観音院の鐘楼の名残りである。この寺は、聖徳太子の建立で、戦国時代に

  • 【柏村稲荷神社】(かしむらいなりじんじゃ)大阪府八尾市

    【柏村稲荷神社】(かしむらいなりじんじゃ)大阪府八尾市 柏村稲荷神社由来:古来この辺りは旧大和川が流れていましたが、度重なる洪水により附近の人々は大へんな災害を蒙るため、当時川筋にあたる今米の庄屋中甚兵衛親子二代が50年間幕府に訴えつづけ、遂に許可を得て現在の大和川に付替えられたのが、宝永元年(1704年)のことです。そこで旧川の川床や沼地を3年がかりで開墾し24町歩余りの新田とされたのが大田村の

  • 【柏村稲荷神社夏祭り(2017年7月15、16日)】②

    八尾市柏村地区 柏村稲荷神社夏祭り(2017年7月16日)Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 16, 2017) in Yao city, Osaka 柏村稲荷神社由来:古来この辺りは旧大和川が流れていましたが、度重なる洪水により附近の人々は大へんな災害を蒙るため、当時川筋にあたる今米の庄屋中甚兵衛親子二代が50年間幕府に訴えつづけ、遂に許可を

  • 【柏村稲荷神社夏祭り(2017年7月15、16日)】①

    八尾市柏村地区 柏村稲荷神社夏祭り(2017年7月15日)Kashimura Inari Shrine Summer Festival (July 15, 2017) in Yao city, Osaka 柏村稲荷神社由来:古来この辺りは旧大和川が流れていましたが、度重なる洪水により附近の人々は大へんな災害を蒙るため、当時川筋にあたる今米の庄屋中甚兵衛親子二代が50年間幕府に訴えつづけ、遂に許可を

  • 【藤ノ木古墳】(ふじのきこふん)奈良県生駒郡斑鳩町

    【藤ノ木古墳】(ふじのきこふん) は奈良県生駒郡斑鳩町にある古墳(円墳)。「藤ノ木」の名称は所在地の字名に由来するが、法隆寺関係の古文書・古記録によれば、かつては「ミササキ」「陵山」(みささぎやま)などと呼ばれていた。 玄室内から大量に出土した土師器、須恵器の年代から古墳時代後期、6世紀第4四半期の円墳であると推定されている。この時期に畿内では前方後円墳の造営が終わりに近づいていた。古墳は法隆寺西

  • 【松尾山神社】奈良県大和郡山市

    【松尾山神社】奈良県大和郡山市 松尾山神社は松尾寺の境内、具体的には三重塔の後ろの山を更に数分登った所にある神社です。境内からは奈良時代にさかのぼる古瓦や建物跡が検出されてます。春日造り桧皮葺の三社殿が並び、これに拝殿と神楽殿が配置されています。松尾大明神を本社、清滝権現・牛頭天皇を脇社として三社斎祀しています。 住所:奈良県大和郡山市山田町683 (撮影:2017/7/3) 【松尾山神社】奈良県

  • 【松尾寺】(まつおでら)② 奈良県大和郡山市

    【松尾寺】(まつおでら)は、奈良県大和郡山市にある真言宗醍醐派の別格本山。山号は 松尾山または補陀洛山(ふだらくさん)。本尊は千手観音。開基(創立者)は舎人親王(とねりしんのう)と伝える。日本最古の厄除け寺と称され、2月・3月の初午の日の縁日には多くの参詣者でにぎわう。境内にはバラ園があり、バラの名所としても知られる。 また、【松尾寺】は室町時代以降は修験道当山派の拠点としても栄えた。「当山派」と

  • 【松尾寺】(まつおでら)① 奈良県大和郡山市

    【松尾寺】(まつおでら)は、奈良県大和郡山市にある真言宗醍醐派の別格本山。山号は松尾山または補陀洛山(ふだらくさん)。本尊は千手観音。開基(創立者)は舎人親王(とねりしんのう)と伝える。日本最古の厄除け寺と称され、2月・3月の初午の日の縁日には多くの参詣者でにぎわう。境内にはバラ園があり、バラの名所としても知られる。 また、【松尾寺】は室町時代以降は修験道当山派の拠点としても栄えた。「当山派」とは

  • 【斑鳩神社】(いかるがじんじゃ)奈良県生駒郡斑鳩町

    【斑鳩神社】(いかるがじんじゃ)は奈良県生駒郡の神社。法隆寺の北東の天満山に位置し、菅原道真を祀る。法隆寺鎮守4社の1つで寺の鬼門の守護神とされ、現在も関係が深い。天慶年間に法隆寺の管主で菅原氏の湛照が創祀し、元亨4年(1324年)に僧・慶祐が社殿を造営したとの記録がある。当初は天満山の西麓に位置し境内に如法経堂という堂があったが、寛文年間に火災で全焼した。寛文8年(1668年)に神殿が再建された

  • 【法隆寺】(ほうりゅうじ)奈良県生駒郡斑鳩町

    【法隆寺】(ほうりゅうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある寺院。聖徳宗の総本山である。法隆寺は7世紀に創建され、古代寺院の姿を現在に伝える仏教施設であり、聖徳太子ゆかりの寺院です。創建は金堂薬師如来像光背銘、『上宮聖徳法王帝説』から推古15年(607年)とされています。金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分けられます。境内の広さは約18万7千平方メートルで、西院伽藍は現存する

  • 【西円堂】(法隆寺) 奈良県生駒郡斑鳩町

    法隆寺にある八角円堂の【西円堂】です。禁を破って仏教を民衆に広める活動をしたことで知られる奈良時代の僧侶、行基が創建したと伝えられています。 住所: 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1  (撮影:2017/7/3)

  • 【亥之島弁天堂】(法隆寺内)奈良県生駒郡斑鳩町

    【亥之島弁天堂】(法隆寺内) 【亥之島弁天堂】は、法隆寺の境内にあります。「法隆寺」(ほうりゅうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある寺院。聖徳宗の総本山。法隆寺は7世紀に創建され、古代寺院の姿を現在に伝える仏教施設であり、聖徳太子ゆかりの寺院です。創建は金堂薬師如来像光背銘、『上宮聖徳法王帝説』から推古15年(607年)とされています。金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分け

  • 【龍田神社】(たつたじんじゃ)奈良県生駒郡斑鳩町

    【龍田神社】(たつたじんじゃ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある神社である。式内社で、旧社格は県社。崇神天皇の時代に創立され、法隆寺の鎮守とされていた。伝承によれば、聖徳太子が法隆寺の建設地を探し求めていたときに、白髪の老人に化身した龍田大明神に逢い、「斑鳩の里こそが仏法興隆の地である。私はその守護神となろう」と言われたので、その地に法隆寺を建立し、鎮守社として龍田大明神を祀る神社を創建したという。元々

  • 【玉勝大明神・榎大明神】( たまかつだいみょうじん・えのきだいみょうじん)大阪市中央区

    【玉勝大明神・榎大明神】( たまかつだいみょうじん・えのきだいみょうじん)大阪市中央区 この【玉勝大明神・榎大明神】( たまかつだいみょうじん・えのきだいみょうじん)を 見つけるのは困難です。グーグルでも検索できません。大阪市中央区谷町7丁目6-6に工芸関係の株式会社があります。その横の細い路地奥に赤い鳥居と小さな社が見えます。注意しないとこの細い路地自体を通り過ぎてしまいます。この路地はコの字型

  • 【出世地蔵菩薩】【花坂不動明王】大阪市生野区

    【出世地蔵菩薩】【花坂不動明王】大阪市生野区 少し大きめの地蔵堂かと思いましが、よく見ると中には不動明王も祀られています。また、横に小さな社があります。ここにはかわいい小さなお地蔵が祀られています。由緒などは不明です。 住所:大阪府大阪市生野区小路1丁目6 (撮影:2017/5/29)

  • 【常光寺】(じょうこうじ)②八尾市本町

    【常光寺】(じょうこうじ)八尾市本町 河内西国三十三箇所3番。おおさか十三仏霊場5番。臨済宗南禅寺派の寺院。南禅寺塔頭金地院の末寺で、山号は初日山。 通称は八尾地蔵尊。本尊は地蔵菩薩で、弘仁年間(810年 - 824年ごろ)、小野篁の作と伝えられている。 山門脇に大坂城の残石と「河内最古之音頭発祥地」の碑がある。また、境内に大坂の役で戦死した藤堂家の戦死者の墓がある。 奈良時代に僧行基が創建したと

  • 【常光寺】(じょうこうじ)①八尾市本町

    【常光寺】(じょうこうじ)八尾市本町 河内西国三十三箇所3番。おおさか十三仏霊場5番。臨済宗南禅寺派の寺院。南禅寺塔頭金地院の末寺で、山号は初日山。 通称は八尾地蔵尊。本尊は地蔵菩薩で、弘仁年間(810年 - 824年ごろ)、小野篁の作と伝えられている。 山門脇に大坂城の残石と「河内最古之音頭発祥地」の碑がある。また、境内に大坂の役で戦死した藤堂家の戦死者の墓がある。 奈良時代に僧行基が創建したと

  • 【西願寺】(せいがんじ)大阪府八尾市

    大阪府八尾本町筋商店街 ファミリーロードを西の方向へ歩いていくと「八尾天満宮」の鳥居が見えてきます。その手前に融通念仏宗【西願寺】(せいがんじ)があります。由緒等は不明です。 住所:大阪府八尾市桂町2-59 アクセス:近鉄八尾駅より700m (撮影:2017/5/28)

1 2 3 4 5 ... 16