• 【〇〇〇メロス】

    はじめまして! TAIKIと申します! 本日から投稿していきたいと思いますので、皆さんよろしくお願い致します! 最初の投稿は、、、 皆さん走れメロスって知ってますか?? 国語の授業で一度は読んだことあるかなと思います! 「ある村で、人間不信になった王が悪政を行なっていることを知り暗殺を企てたメロス。しかし、見事に捕まってしまい処刑されることになるが、親友を人質に三日間だけ待ってもらい、村で行われる

  • 昔の常識と今の常識

    こんにちは! 27歳の長女が生まれた時うつぶせ寝が流行ってました。 当時欧米ではうつぶせ寝だったらしく、頭の形が良くなるとかぐっすり寝るとか 発達が早いとか言われていました。 新米ママの私は先生や看護婦さんの言うとおりに一生懸命うつぶせで育てました。 父と母が普通に上向きに寝かせたかったのを振り切って(笑) でも今ではうつぶせはとても危険とされています。 腎臓病も昔はたんぱく質をたくさん食べるよう

  • 書籍:「常識にとらわれない100の講義」

    この本も図書館で借りました。内容は、「原発は危険だけど、鉄道や旅客機の方が死者は多い」「結婚式、葬式、法事はしないし出席しない」「金儲けのために小説を書いて十億円稼いだから引退した」などテーマにして、常識にとらわれない100の講義を載せています。著者にとっては素直な考えや思いを書いていますが、文章の書き方としては意図的にか、過激な表現も多いと感じます。この本を読んで共感する人も反発する人もどちらも

  • 常識か非常識か

    ムスコAの職場は、今年大きなイベントをいくつか予定している。 「イベントラッシュになる前に、たまには顔を見せてよ」とLINEしてみると「3月に帰るよ」と返事がきた。 なんと彼女も一緒だと言う。 私は大歓迎。 ダンナと一緒に観光案内もしてあげようと思った。 その時は「楽しみだなぁ」と単純に思っていた。 「どこに連れて行ってあげようかな~」と考えていると、ふと常識が天から降ってきた。 *:..゙((ε

  • 「時間と自由」ベルクソン 白水社

    原題は「意識に直接与えられたものについての試論」という長い題です。ベルクソンは、われわれが日常感覚として持っている当たり前な自由感から決して離れません。自由が哲学者の間でどう論議の対象となろうが、この自由感からものを考えようとします。ベルクソン自身が、わたしは実在論も観念論も行き過ぎていると感じた。わたしは常識の見解をとった。そのためにわたしの著作は難解なものにならざるを得なかったと語っています。

  • 河合隼雄「こころの処方箋」 新潮文庫

    残念ながら現代は、当たり前な「感覚」がどんどん麻痺していって、何が当たり前かなのかさえ戸惑うような無秩序な混沌とした時代になっています。その当たり前なコモンセンス「常識」を取り戻し、その本当の力を発揮させること。忙しさにまぎれてしまう現代人にはなかなかむずかしいことですが、現代人に課された、最も必要な仕事のひとつと言っていいでしょう。この書は、そのための大きな一助となる優れた「常識」感覚に溢れた本

  • 日本のカレンダー - 常識 Japanese calendar - common sense

    日本のカレンダー - 常識 Japanese calendar - common sense Japanischer Kalender - gesunder Menschenverstand Calendrier japonais - bon sens I like the old meanings: February 二月 (Nigatsu) Kisaragi (如月) or Kinusarag

  • 手繋ぎ理論

    ちゃす ちゃす がんばれわたし よしがんばるぞ? とある後輩と恋バナで盛り上がっていた。 元彼との体験談の話で 元彼が手を握ってきてどうしたんやろう?ってびっくりしたそうな。 んでこっちは力入れてへんからポスッポスッて手紙落ちるわけで この人何がしたいんやろう?って思ってたっていう体験談を聞いてびつくらした。 付き合ったら手を繋ぐ概念がそもそもないって、、、!! 付き合ったら手を繋ぐってことを知ら