政府のムラゴンブログ

  • 老後に備えた貯金を蓄えられない人のケース

    政府は金融緩和などの様々な景気対策を打ち出していますが、多くの国民は「景気回復が実感できない」と言っています。皆さんはどう感じられていますか? 景気回復が実感できないということは、個人消費の伸び悩みに表れています。 長くデフレが続き、給料が上がらず、生活に不安を抱かざるを得ない現状に原因の一端があるのではないでしょうか。具体的に、老後に備えた貯金を蓄えられない人のケースを、各項目に分けて見ていきま

  • 閑話休題 五輪無観客のふしぎ <重症患者数>

    東京五輪が、ほぼ、無観客で行われることになったが、どうして、また、このような仕儀になってしまったのか不思議である。 本来、新規患者数よりも、医療が逼迫することを踏まえ、重症患者数の数値の方が重要であることは明白であるのに、政府は新規患者数の数に驚き、早々に無観客を決めてしまった。 選手にとっても気の毒なこの措置は、他の国々を見渡してみても、日本人の神経症的な細かすぎる臆病な心情を語っていると見る他

  • 政治ネタです

    みなさま、こんにちは。 今日は久しぶりに太陽が顔を出しました。 太陽の光をいっぱい浴びようと外で軽い運動を行い体内時計をリセットです。 午後になりまた雲が増え今はまた曇り空になってしまいました。 今日をもって中四国地方は梅雨明けしこれから本格的な夏がやってきます。 今年の夏は例年とは大きく違い各地でコロナウィルス感染者が増えてしまいました。 国内で唯一感染者Oであった岩手県にも二名の感染者がでてし

  • あと(アフター)でなくて いっしょ(ウイズ)にいこう

          5時起床  気温 22℃  降水量 3mm  風速 2m   本日の予定  雨の中  午前中に腰の治療に行く  大雨警報発令          雨の中  午後  買い物をする               買い物を終わり帰ってくるときも、まだどしゃ降りだった このような雨続きだと明るい写真がいいのですが、これというチャンスがなかった。 家へ帰ると、もう、何もする気が起きなくて、テレビを見

  • 拭えない不信感

    みなさま、こんばんわ。 今日もご苦労様でした! 今日東京ではコロナ感染者が120名を超えましたね。 特別事態宣言が解除されると共に都には人が溢れ懸念されていた第2派の予兆が見られ始めました。 ある程度抑え込みはできていたのですがやっぱりということでしょうね。 徳島も女性の感染者が出てこれで6人目になりました。 この女性は夜の歓楽街で働く方でした。 男好きの彼女はわざわざ大阪のホストクラブに出向き感

  • ポストに入っていたよ!

    新聞を取りに玄関を出て行った妻が、マスクも持って入ってきた。 以前から話題にしていた「アベノマスク」である。 ポストにあったマスクは、新聞の写真で見たものとすこし違って、思っていたものより小さく感じた。 というのも、最近使っているものは、大きめのものが多かったからだ。 妻は以前から花粉症で、1月ぐらいから箱入りの20枚セットのものを買って使っていたので、品薄となっていても心配をしていなかった。 こ

  • 冷えてきた

     四月に咲くつつじが散り始めた。と思ったら、少し小ぶりなサツキが咲き始めた。それにアジサイもなんだかもうすぐ咲きそうな気配だ。  先週まで、25度前後の気温が続いて、夏がぐんぐんと近づいていたように思えたが、今週に入ってからは雨続き、晴天はほとんど見られなくなった。しかも、今日は最高でも15度以下に下がった。冬に逆戻りか、あるいは梅雨の先取りかと思うほどだ。  冷たい雨に寒い気温の中、21日、関西

  • 頼れるものはあるか

    今日、続けざまに電話が来て、 予定されていた講演会と、小学校での授業がキャンセルになった。 軒並みだ。 個人事業主は、どうしようもない。 政府は給付金も休業補償も、どこへやら。 無責任国家、世界一かも。 それは別に今に始まったことではない。 9年前の原発爆発の時から、つくづく、身に染みて分かっている。 最後のセーフティネットは、天国しかない。

  • 9年前は何していた?

    今日は東日本大震災が起きた日。 あの時、3時ちょっと前(2時46分) 私は、会社のオフィスでパソコンに向かっていました。 私の近くにはウォーターサーバーが置いてあり、普段、ビクともしないものが 倒れそうになるくらい揺れていました。 でも、一人でなかったので心強かった。 営業の数名は、 移動中で会社まで帰ってくるのにも歩き・・・。 会社の代表は、全員の無事が確認できた段階で、 絶対一人にならないよう

  • 厚生労働省の《魂胆》

     厚生労働省は、かつて「日本の1日」というPDF(電子ファイル)を作成している。そこでは、平成17年から22年までの期間を対象にして、《1日あたり》生まれるのは2935人、亡くなるのは3280人という数字が示されている。亡くなる原因の内訳は①がん968人、②心疾患518人、③脳血管疾患338人、④事故111人、⑤仕事中の事故3人、老衰124人、自殺87人であった。  新型コロナウィルス感染症による

  • トイレットペーパーのこと

    人間っておかしなものですね。昨日まで何とも思ってなかったけれど、トイレットペーパーが品薄だとか在庫がないとか、いろいろと情報が飛び交っていたので、きょうは補充と確認も兼ねてホームセンターに買いに行きました。 ホームセンターの入り口には「トイレットペーパーは品切れ」と既に張り紙が! まさかと思ったけれど本当にありませんでした。 せっかく来たので、ティッシュペーパー2個とキッチンペーパーを1袋買って帰

  • 色からの差別

    これは先週の話でした。 仕事に行く前に、ちょうど引き出しから好きな黒いTシャツを見つけて、 すぐ着て出かけました。 同じく、主人も好きな白いTシャツを着て、うちと一緒に会社に行ってきました。 生徒が来ると、すぐ「黒い服だから、今日デモに行く?」と聞かれました。 また主人に「白い服なら警察を支持するでしょう」に言いました。 実は私たちはただ好きな服を着ていたのに、 また香港に住んでいる人として、 上

  • 『政府首脳の意図』

    みなさんまたまたこんにちは。先ほど安倍総理、麻生副総理、河野外務大臣、石破元防衛大臣あてに魂を込めた手紙を送りました。絶対に想いは届くと感じます。なぜそう感じるか、それをこれから説明してみようと思います。みんな心を研ぎ澄まして読んでみてください。俺は少し怒っています。では始めます。 『政府首脳の意図』 みなさんは、TVや新聞で情報を得て、今の政府にどのような印象を持っていますか?表面だけを見れば、

  • 結婚相手は抽選で

    ??????!!!!!!!! なんだそれ?!!!!! と思いますよね笑 実は今テレビで放送されてます。 野村周平さんが主演のドラマでタイトルはその名の通り 「結婚相手は抽選で」 このドラマは政府が婚約をしていない男女の結婚相手を抽選お見合いさせる事を義務づけたという物語になっております。 2回まで断って良いが3回断ると軍事テロ組織に入隊させられる事になります。 ぜひドラマ見てみてください。 さて!

  • Fineが欲しいカーディフ

    先日Fine通告書を受けとりました!Σ(×_×;) 私の旧姓で… fine=罰金ですが、初めて聞いたときはI'm fineのイメージでポジティブなものかと思う聞いてたらめっちゃ怒り狂って話してたのでよくよく聞いて罰金とわかりました(笑) 私たち夫婦は今イギリスウェールズの首都カーディフに住んでおりますが、ここカーディフ罰金ホイホイなんです!!(^^;) 平日の路駐はすぐにステッカー貼られてしまいま

  • 国は社会現象を追うことしかできない

    今回は少し頭を使って書きます。 私たちは、政府が国を動かし私たちの生活に影響を及ぼしていると考えています。 それは、ある意味ではそうかもしれません。 けれども、実際のところは、政府なんて私たちの生活に合わせて試行錯誤、よりよい政策を考えていくのがやっとです。 先に民間の方が動いて、それを追うように政策を練る。 かれこれ数十年さかのぼり考えます。私が十代の頃、音楽を聴くにはカセットテープが主流でした

  • ≪政治分野に「クオータ制」! 女性活躍 実効性を!≫

    女性活躍を推進している日本ですが、依然変わらないのが、世界ランク女性活躍順位です。 皆さんは、日本が144か国中何位かご存知でしょうか。 114位です。下から数えた方が早いです。しかも、この順位、以前より下がって過去最低なのです。。 女性活躍を推進しているにもかかわらず、この順位なわけです。 この順位の評価、何が良くないのでしょうか。。 真っ先にあげられるのが、政治家の女性割合です。 実は日本は、

  • 信!

     「兵」と「食」と「信」のうち、何が最も重要かと言えば、孔子先生は「信」だと言った。だが、某国政府は、まず、真っ先に「信」を捨てた。「信」よりも「兵」だという。  政府の支持率が、ある新聞社の調査によれば、10%下がって35%に、不支持率が逆に9%上がって44%になったとニュースで言っていた。  大企業と金持ちを優先させる政策を続け、国民を監視下において、軍隊を作ろうとする、こういう政府を支持する

  • ≪こども保険が審議される!?≫

    こども保険という言葉を聞いたことはありますでしょうか。 小泉進次郎さんが新たに提議した案件です。 簡単に言うと介護保険のこども版です。 シングルマザーや貧困でまともに教育を受けることができないこどもたちの支援から、保育所の建設費に充てるなどの内容になります。 で、どのように保険料を徴収するのか、と言いますと、介護保険と同じように、毎月の給与から控除する、というものです。 まだ広く公には出ていないで

  • マイキーくん

    マイナンバーのゆるキャラ「マイナくん」に続いて 今度はマイナンバーカードのゆるキャラ「マイキーくん」が出来たとか。^^; いいけど、先にやることあるでしょう。 つか、このゆるキャラデザインにいくらかけたのかな。。。 今、マイナンバーや申請IDの重複が判明して“マイ”キーになってない というのにねぇ。。。 で、いまだに事の重大性が騒がれてないんです。 マスコミが騒がないのは、 取材能力が無いのか、萎

  • マイナンバーカードの暗証番号入力

    やはり、マイナンバーカードの暗証番号を 職員が代理入力することが横行しているようです。 読売新聞北海道の記事に出ておりました。 システムトラブルで暗証番号設定に時間がかかるため、 待ってられなくて、  「暗証番号を記してもらって」⇒紙の処分手続きが必要  「職員が入力を代行し」⇒暗証番号を知ることができる人は明確か  「本人受取限定郵便で郵送」⇒戻り郵便になったときの手続きは という流れになってい

  • マイナンバーカードの疑念

    天下り資金になるとか、監視社会のツールになるとかいう話ではないです。 それは、最早前提の話なので。(笑) 前回ブログでも取り上げた、 「顔写真が合ってて、記載内容が別人」のカードがあった って話の件です。 これ、マスコミも、よくある他のマイナンバー関連ミスの一つ のように片づけてるんだけど、 致命的なシステムバグにしか見えないのですよ。 まずね。 PCで申請する場合、申請IDと生年月日を入力します

  • 不可解な事件

    マイナンバーカードに記載の内容と本人写真の不一致が 発生したという記事が出ていました。 ああ、これ成りすまし作成が発生したのか と思ったらどうも違うようで。 マイナンバーカードを受け取りに行ったら、 顔写真は本人なんだけど、記載内容が違ってた、 IDの誤入力によるもので、注意が必要、ていう話なんですね。 さらりと流しそうだけど、ちょっと待て。 不審点① まず、スマホなんかで申請する場合、 生年月日

  • ついに巨額詐欺

    マイナンバー制度ネタでついに巨額の詐欺被害が出たそうです。 被害額、数千万円。 マイナンバーで調査をしており、 自宅が災害時の避難所に指定されている。 変更しなければならない、って話で引っ掛ける手口。 これ、番号使われてないじゃないか、 と思うかも知れませんが、ポイントは 「マイナンバーでいろんなことがわかる」 という意識が漠然としたまま広がっていること。 「マイナンバー使えばそういうこともできる

  • マイナンバーポイントカードの怪

    総務省がマイナンバーカードのポイントカード化を 2017度を目途に検討するという記事が また出てきました。 少し考えるだけでツッコミどころ満載の話です。 ただ。。。 まあ、さすがに国民もバカではないので 誰も使わんと思いますけど。 以前にも書きましたが 「マイナンバー」とついていますが、 この話はマイナンバー制度とは全く関係のないものです。 関係あるっつたら、法令違反ですし。 マイナンバーカードに

  • あなたのマイナンバーが漏れてることに気づいたら

    横浜市の小学校でマイナンバー盗難事案(どうみても紛失ではない)が 発生しました。 運用が始まって、配布・自治体以外の初めてのケースです。 とはいうものの、教員のマイナンバーですから 大騒ぎされずになあなあで済まされるんでしょうけど。 さて、「自分の」マイナンバー漏洩が随分と現実味を帯びてきたところで。 もし、自分のマイナンバーが漏れたことがわかったら、 「自分は何をすべきか」を押さえておきましょう

  • サイバーセキュリティ月間

    本日2/1から3/18まで、「サイバーセキュリティ月間」です。 これは毎年、情報セキュリティ意識の向上のため、 政府主催で開催しているものです。 この間、様々な情報セキュリティに関するイベントが 催されます。 (「月間」といいつつ、なんで45日もあるかは謎) キャッチフレーズは「知る・守る・続ける」です。 まあ、敢えて言うなら  政府広報がいい加減なことを「知る」  自分の身は自分で「守る」  情

  • マイナンバーシステム障害

    システム障害の話も連日マスコミを賑わせていますね。 ですが、これは業者を非難するのは 酷だと思っています。 原因は、ムチャな納期を迫っているうえに ちゃんとした要件定義を期限までに出してこない 国や自治体に起因するもの。 開発を受けた現場では困っておりました。 中には、要件定義が間に合わないことを見越して マイナンバーだけでなく、 名寄せでもリンクできるような別プログラムを 同時進行させてたベンダ

  • やっぱりCCC

    やはりやってくれました。 TSUTAYAでマイナンバー「通知」カードを 本人確認として使用していたとの記事。 「住所と氏名のみ確認し、マイナンバーは見ていなかった」 ・・・ってあるけど、んなことあるかーい。(笑) 図書館業を受けていながらプライバシーマークを返上するなど 元々遵法意識が低いと言わざるを得ないことを やってきた企業でしたけど、 マイナンバーでもやってくれました。 ちなみにここ。 以前

  • サイバーセキュリティ経営ガイドライン

    少し空いてしまいました。 さて、今回は「マイナンバー」カテゴリとはちょっと違うんですが、 昨年末にこっそり出ていたガイドラインについて。 「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」 これが昨年の12月28日にひっそりと公開されました。 これは昨年より施行されたサイバーセキュリティ基本法の一角を為すものです。 これも、つい最近までのマイナンバー同様、あまり知られてませんが、 この法の施行により、省庁を

  • マイナンバー制度とマイナンバーカードの方向性の違い

    またも、わけのわからん記事が出てましたね。 「ポイントカードをマイナンバーカードに一本化検討」 ・・・もう少し考えてから記事にしなさいよ。(^_^; まあ「検討」だから間違いじゃないですけど 簡単にできる話じゃないでしょうに。 ポイントカードは「民間」の発行物です。 マイナンバーカードは「公的」発行物です。 これをごっちゃにできるわけなかろー。 どんどん全体主義というか社会主義というか 発想がキナ

  • マイナンバー元年

    あけましておめでとうございます。 愈々、マイナンバーの本格始動です。 ニュースでは連日、児童手当や雇用保険で 「知らなかった」「知ってたけど忘れた」 というような、マイナンバー上手に回ってない話が 出ておりますね。 でもま、これは「慣れ」の問題なので、 さしたる話ではありません。 問題はこれから。 「民間企業がマイナンバーを管理する」 ことが本格化してからです。 ぶっちゃけた話。 公的機関がマイナ

  • マイナンバーの専門家

    いろんなところの記事で 「マイナンバーの専門家○○氏 談」 というのをよく見かけます。 (私もその一人だったりするんですけど。。。) だけど、「マイナンバーの専門家」って いったいなんなんでしょうね。 まだ始まってもないのに。。。 「マイナンバー法の専門家」 ならいるでしょう。 「システムセキュリティの専門家」 もいるでしょう。(マイナンバーに直接関係しないでしょうけど) でも、実務上の話とはちょ

  • マイナンバー漏洩を自分で気づいたら

    状況をシミュレートしていて、 まだ、「こうすれば大丈夫」の結論が出ていないものがあります。 それは、 「自らマイナンバー漏洩に気づいたらどうするか」 ということ。 例えば、こんな状況。 ある日、電話がかかってくる。  「○○様ですか?あなたのマイナンバーが漏えいしたようです。   あなたのマイナンバーはXXXXXXXXXXXXで間違いないでしょうか?」 さらに続きます。  「マイナンバーの変更手続

  • 個人番号カードでのクレジット決済

    また、とんでもないニュースが出てますね。 個人番号カード(マイナンバーカード)を普及させることを 目的にして、国民の安全を守ることに目を瞑るという 本末転倒なことを。 マイナンバーカードをクレジットカードとしても 使えるようにすることは、大きく分けて3つの問題があります。 1つめにはセキュリティの問題。  ICチップ内の認証番号はマイナンバーではないから使っていい  て言い訳なんでしょうが、このI

  • マイナンバーの提供を求められる主なケース

    これですよ、これ。 中小企業や個人のためには、 これが「今年の初めくらい」に だして置くべきだったものなのですよ。。。 ようやく広報担当であるはずの内閣府から正式に出ました。。。。

  • マイナンバー悪用の可能性・2

    これは一般人にはあまり関係のないことですが。 「成りすまし」で懸念していることあります。 反社会的団体が、成りすましビジネスを 既に展開しているのではないかということ。 いわゆる生活保護ビジネスのように ホームレスの方に住所を提供します。 そして、マイナンバー通知カードをそこに送らせる。 次に、個人番号カード(マイナンバーカード)を 「成りすましの別人」の顔写真で発行申請します。 自治体に個人番号

  • マイナンバー悪用の可能性

    各地でマイナンバーに関連する詐欺が出てますね。 尤も、マイナンバー制度の状況を利用したものなので 「マイナンバー詐欺」というには微妙なところも あると思いますが。 それに対して、相変わらずマイナンバー「だけ」では 悪用のリスクは低い、と言う内閣府関係者。 今、発生している詐欺は「マイナンバー詐欺」ではない という立ち位置なんでしょう。 では、来年以降、本当に「マイナンバー詐欺」は発生するのかしない

  • マイナンバー違憲訴訟

    マイナンバーが憲法違反だと156人が共同で提訴した というニュースが出ておりました。 まあ、なんというか。 個人的には何でもかんでも「憲法違反」というと 憲法違反の重大性が下がる気がしてイヤなのですが。 まず“憲法違反”というのは無理があるでしょう。 行政機関が他の行政機関の管理する情報を 一元管理し自由に使用するのは確かに法令違反です。 でも、そこは既に認識があって、システムの構築段階で 分散管

  • マイナンバー制度のメリット

    今日はマイナンバー制度のメリットにも触れてみましょう。 私はマイナンバー制度導入賛成者です。 ただ、杜撰な管理しかできない現状では デメリットがメリットを上回る、と認識しているだけでして。 マイナンバーが導入されて、まずメリットがあるのは公的機関です。 税一つとってみても、国税庁の所得税、総務省の住民税、 双方がデータベースを連携できるのですから、 面倒な確認がなくなります。 例えば、住宅取得控除

  • “私の”マイナンバー

    マイナンバー安心論者の説でよくあるものに、 「マイナンバーだけでは何もできない」 というものがあります。 実はこれは間違いじゃないんですよ。 12桁の番号だけでは、悪用は難しい。 だけど、(敢えて?)論じてないけど マイナンバーが漏れるときは12桁の番号だけじゃないですね。 カードを盗まれたとき、 会社から漏れたとき、 メンテナンス作業員から漏れたとき、 全て他の個人情報を伴っているでしょう。 だ

  • マイナンバー通知カードが届きました。

    我が家にもようやくマイナンバー通知カードが届きました。 地域の郵便局搬入完了からちょうど20日です。 配達の郵便局員さんに「大変ですね」と声をかけると 苦笑いして「しょうがないですね」とおしゃってました。 さて、届いた通知カードを見ます。 まず、通知カードと個人番号カード申請書を切り離します。 切り取り線の印刷はありますが、ミシン目はありません。 はさみで丁寧に切り離します。 よくよく見ると、さら

  • 再配達タイムラグ

    ここ最近のマイナンバーに関するニュースは 通知カードに関するものが大勢を占めています。 その中で通知カードの未達率の上がる原因が判明してきました。 簡易書留の郵便局保存期間は7日。 ですが、今回の通知カードは、再配達は翌々日以降から となっています。 局員さんも忙しいですから、 気持ちはわからんでもないのですが、 だったら少なくとも保存期間を9日にしてもらわないと 困っちゃいますよね。 月~土まで

  • マイナンバー対策で急ぐべきこと(企業・2)

    昨日に引き続き。 さて、外部からの攻撃に対応しなければならない といっても、容易ではありません。 特にセキュリティに詳しい者を置くことができない 中小企業ならなおさらです。 でも、年金機構であったような 今の標的型攻撃では、大企業か中小企業かなんて 攻撃者は意識しません。 マイナンバー制度が開始され、 「売れる情報」=マイナンバー が どんな中小企業でも、それなりの件数がある ことがわかっている“

  • マイナンバー対策で急ぐべきこと(企業・1)

    ようやく(?)国かやろうとしていた マイナンバー制度とそのスケジュールが 無理過ぎなことが、理解されるようになってきました。 ですが、国立競技場問題ですら、あそこまで粘ったこの国が カードまで送り始めてしまった制度を ここで止めるはずもなく。 企業も個人も このメチャクチャな国の動きの中で 自分たちが無事に済むように 対策を立てなければなりません。 まず企業が考慮すべきは 規程類を整えるとか、そん

  • 通知カード年内配布完了は無理?

    マイナンバー通知カードの配布状況は 先週12日現在で10%だそうです。 配布開始が10月20日ですから 2日で1%。単純計算したら春までかかっちゃいますね。 ま、いくらなんでもそこまでは いかないでしょうけど、 このままでは11月どころか 年内に配布も難しいでしょう。 以前にも書きましたが、配布の要の郵便局は 11月中に終わらないと、年賀状配達の人員確保、そして年賀状配布と 更なる山がやってきます

  • マイナンバー頑張れ郵便局

    郵便の誤配問題が続いています。 でも、先日の記事で書いたように 5000万件の簡易書留が動いています。 しかも一斉に。 普通であっても100件以上の誤配があって おかしくない件数。 なのに、いまだかつてないほど 短期間に集中しているのです。 特別なフォローがなければ トラブルが発生して当たり前です。 当初政府は国から郵便局に通知カードが到着後、 20日以内に全員に送付できる、と言っておりました。

  • マイナンバー省庁の体制

    度重なる通知カードの誤配やオペミスに対して 総務省は「マイナンバー制度実施本部」を設置したそうです。 ・・・・・・・え? 今まで実施本部が無かったの? と、びっくりしてしまいました。^^; 全国1800の自治体が一斉に 5000万世帯に簡易書留で通知カードを送り 初年度1000万枚の個人番号カードの発行を目指しているのに 実施本部さえ無かったとな・・・? そりゃ、現場は混乱しますがな。 さすがに実

  • 通知カード誤配の本質

    マイナンバー通知カードの誤配の問題で 総務省から日本郵便に対し要請書を出したとのこと。 いや、まあ安全に配布されるべきものですけど、 物事に100%というものはあり得ません。 2005年12月17日の朝日新聞の記事によれば 配達証明や書留の誤配率は3億6千万件に対し1000件程度とか。 誤配率0.0002%くらいでしょうか。 かなりちゃんとしてると思います。 ただ、今回は5000万世帯に送るわけで