• 旅行の間の多肉が心配で…

    毎年夏に東北出身の旦那の実家に帰省するついでに 東北を数日間車でうろうろ旅をするのが お決まりになっていて、 今年も先日行ってきました。 八戸のヒラメ丼♡(みなと食堂) 青森の回転寿司♡(鮨覚) 青森県民のソウルフード イギリス(砂糖とマーガリンが挟まったパン) のジャリましバージョン♡ 仙台 塩釜港のマイどんぶり♡ 自分の好きな具を買ってご飯に乗せるスタイル♪ 米沢の焼肉♡(いろり屋) 左のお米

  • 1話 始まりは壊れたゲームから【私たちのゲームウォーズ】

    ――あの頃の、私たちに  飛行機雲が走っている。それ以外何もない。ただの青空。私は人の家の2階のベランダで、大の字に横になってそれを眺めていた。コンクリートの地面は鉄板のように熱く、遮るもののない太陽は私のことを無慈悲に照らす。  私は、「このままだと、死ぬかも」なんて、茫然と考えながら、真夏の日差しを指越しに眺めていた。小高い丘の上にあるここは、横になると視界に入るものが柵しかなくて、ひとりで取

  • 私たちのゲームウォーズ 初めに

     高校2年生。与えられた夏休みは本当は長いはずなのに、私たちにはあまりにも短くて、凝縮された時間だった。主人公・宇津ナツメとその友人たち、絵上アイ、自院ミナコ、壱打リエの4人は、時間があればアニメやゲームばかり楽しんでいるいわゆるオタク友だち。  そんなある夏の日、あるゲームの起動をきっかけに、彼女たちは願わずにも異世界への扉を開いてしまう。その先にあったのは夢見ていたファンタジックな世界、そして

  • 起きたのとお休みになられたのと・・・

    カニよりエビが好き♡ でも最近、カニの美味しさが分かって来ました。 カニも美味しい♡ 春になってパワーアップした多肉植物です。 クラッスラ ファンタジー 子吹きが凄いです。 去年は1か所からしか芽吹かなかったけど、 今年は4か所。 根元にも小さい芽が2つ出てきそうです。 クラシエンライアン(クラシエライアン?ライオン?) 土の中から沢山小さな子が♡ 一方、暑くなってきて休眠期に入った多肉植物 アエ

  • ファンタジー

    「レロリン王国国王の間にて」 王様「そなた達3人が魔王を討伐するメンバーだな」 三人「はっ!」 ステータス 戦士 名前 ゴウケツ レベル53 攻撃力 98 守備力 85 特殊スキル 「皆殺し」 魔導師 名前 クリスティーン レベル48 魔力 94 賢さ 92 特殊スキル 「隕石落とし」 勇者 名前 珍宝使手 レベル99 攻撃力 1 魔力 1 運 99999 特殊スキル 「ラッキースケベ」 王様「さ

  • 未確認飛行物体⁉︎

  • 焦る母vs.マイペース息子

    迷子〜⁉︎も〜!連れてきちゃったの⁉︎おまわりさんのとこ行かなきゃ!おとーさんとおかーさん心配してるよ。えーと、サイフとケータイどこだっけ??あっ!アレルギーとか大丈夫⁉︎ドーナツ食べちゃったよ〜どうしよう、、、。 飼っていい? ダメでしょ〜! これ、おいしー。ちまちま、これすき。 でも!今日はおうちに帰らないと!きっとみんな心配してるし。 また遊びにおいで。えーと、鍵どこだっけ??

  • ファンタジー

    『レロリン王国国王の間にて』 王様「こやつか、この度『奇跡の男』に認定されたい者は?」 大臣「はいそうです、それではおぬしアピールを始めるがよい」 男「はっ、私はAVの絡みのフィニッシュのタイミングで、丁度私もフィニッシュのタイミングを毎回むかえる事が 王様「そなたを『奇跡の男』に認定する」 男「ありがたき幸せ!」

  • ファンタジー

    「レロリン王国フィールド」 スライムがあらわれた どうする? 「使う」 シコシコドピッ! スライムを使い切った 勇者は満足した

  • ファンタジー

    『レロリン王国国王の間に』 王様「この三人の男達が『勇者』にふさわしい者であるか?」 大臣「はっ!それではお前らどれだけ『勇者』にふさわしいかアピールしなさい」 男①「私は魔界の王サタンを一撃で退治する事ができます」 王様「.......却下」 大臣「次!」 男②「私は魔法で隕石を落としてモンスターを退治する事ができます」 王様「........却下」 大臣「次!」 男③「私はフル勃起の状態で、市

  • ファンタジー

    『レロリン王国国王の間に』 王様「この三人の男達が『勇者』にふさわしい者であるか?」 大臣「はっ!それではお前らどれだけ『勇者』にふさわしいかアピールしなさい」 男①「私は海の主クラーケンを一撃で退治する事ができます」 王様「.......却下」 大臣「次!」 男②「私は魔法ですべての人間を空に浮かせる事ができます」 王様「........却下」 大臣「次!」 男③「私は家族4人の実家で一台しかな

  • ファンタジー

    『レロリン王国国王の間にて』 王様「この三人の男達がこの度の『勇者』の称号にふさわしい者であるか?」 大臣「はっ!それではお前らどれだけ勇者にふさわしいかアピールしなさい」 男①「私は沼に住むオオトカゲを一撃で退治する事できます」 王様「........却下」 男②「私は伝説の召喚獣バハムートを召喚することができます」 王様「.........却下」 男③「私はアダルトビデオ20本を当日でレンタル

  • ファンタジー

    『レロリン王国国王の間にて』 大臣「王様のこの男に何か称号を与えて下さいませ」 国王「うむ」 大臣「それではそなたのアピールを始めなさい」 男「はっ!私はAVの時の絡みで正常位、騎乗位、バックまでは正座で観賞して、最後の正常位のフィニッシュしそうな時に、パンツをずらしてそこからオナニーを 王様「そなたに『ボルト』の称号を与えよう」

  • ファンタジー

    『レロリン王国国王の間にて』 王様「この三人の男がこの度の『勇者』の称号にふさわしい者であるか?」 大臣「はっ!それではお前達どれだけ勇者にふさわしいかアピールを始めなさい!」 男①「国王様、私は山の麓のドラゴンを一撃で退治する事できます」 王様「..........却下」 大臣「次!」 男②「国王様、私はすべての生物を生き返らす魔法を唱える事ができます」 王様「.........却下」 大臣「次

  • 感想『DEVILMAN crybaby』が良すぎたので感想を書く。Part2

    いやはや。初めて3ヶ月のブログがここにきて爆ぜておりましてビビっております。とは言ってもまだまだちっっっちゃいもんなんですけど。 前回出したのが 『DEVILMAN crybaby』が良すぎたので感想を書く。Part1 ということで、全部書かないのかよ詐欺みたいなことをしてしまいました。というのも、書きながら(だいたい一記事書くのに小分けにして三日くらいかけるという遅さ)「こりゃあ全部書ききらんな

  • 過去と現在と未来は同時

    バニラアイスにプレーンヨーグルトかけて、さらにジョア(味はお好み)をぶっかけ、さらにシナモンシュガーをかけたら、なかなかイケた。 お腹にもよさげ。 ここにフルーツ乗せたり、生クリーム絞ったりしたら美味しそうだと思ったけど。 普通にヨーグルトパフェですね、コレ。 さて、我が黒歴史であるブログをちょっと読み返してみました。 年寄りってさ、すぐ忘れて同じ事言ったりしちゃうじゃん? また同じ事書いたら恥ず

  • 感想『DEVILMAN crybaby』が良すぎたので感想を書く。 Part1

    こんにちは。 今日はNetflixで1月5日より配信開始されたアニメ、 『DEVILMAN crybaby』について書きたいと思います。 え?デビルマン?あの実写が有名なやつ? とかと思っているそこのあなた!違います!アニメになったんですデビルマン! この題名を聞くと、どうしても実写映画化された『デビルマン』が頭に浮かんでしまいます。自分も、アニメの配信が決定してまず初めに浮かんだのは、「デビルマ

  • ファンタジーの胴切り(2回目)☆胴切りから土に挿すまで

    一昨年?カットしたファンタジーが斜めになって来たのでカットしました。 10月5日 夏に焦げてしまった所でカット(赤い線) また障子枠に乗せて発根待ちです。 12月6日発根が見られました! ここまで2ヶ月です。 まだ土に挿しません。 前回、微根の状態で土に挿したらうまく根付かず葉がカビて来てしまったのです。 そして今日1月4日 ここまで根が出たので、 挿しました。 発根待ちの時、葉が大きく成長しない

  • ファンタジー

    レモンタルトさんが大福ちゃんを完成されて、 可愛い💕と思って見ていくと… なんと最後に…! …素敵です! レモンタルトさんの優しい想いが、嬉しいです(*´-`) 何故に(涙)かと言うと、 私の夢の世界を書いて下さってるから…。 動物写真家の岩合光昭さんが、以前の番組の中で 『今回はファンタジーを撮りたいんです』というようなお話を されていた事、思い出しました。 その時は意外に感じましたが、 番組

  • 『クボ 二本の弦の物語』 ネタバレあらすじ感想 ー瞬きするなら今のうちだ!!!ー

    今日、ピクサーアニメーションの監督脚本家でCGアニメーションの権威であるジョンラセター氏のセクハラが原因による半年の休職というニュースが。。。 何してんだジョンラセター!!! 僕が小学生だった頃に一番好きだった映画監督でした。。。お前だけはやっちゃいかんだろう!!!子供が見てんだぞその映画!!!ちなみにセクハラは常習犯だったとか。もうやめてくださいまじで笑 というやらかしてしまったラセター氏とその

1 2 3