• 新顔猫「ヨネクロ」/銭湯の仲良し2匹

    (【C地点】のニュー・フェイス「ヨネクロ」。性別は今のところ不明。カメラにビビって目がまん丸に…😅) こんにちは、「ねこのごんごん」です。 今日は月曜日ですが、仕事はお休み。 ここぞとばかり、ブログ更新しています。 このブログでは、最近ずっと、【C地点】の女ボス・「ブッチ」との別れについて書いてきました。 約5年間、ほぼ毎晩、顔を合わせるのが当たり前だった存在。 私にとって「彼女」は、顔馴染みの

  • 「ブッチ」よ、安らかに…(その1)

    (最後まで「野良猫」として誇り高く生きた「猛女・ブッチ」。この写真の彼女は、威厳に満ちてキリッとして、実に美しいと思います) 前回の更新から、もう2ヶ月以上の時が経ってしまいました。 きっと「このブログ、もう更新する気ないんだな」と思われたことでしょう。 しかし、決してこのブログを放棄した訳ではありません。 頭の隅にはいつもあったのですが、「更新する勇気がなかった」というのが正直なところです。 前

  • 100きんの宇宙

    100圴で買いました。宇宙の夢が見れるかな? 今日はなんだか西表山猫が心配なんやー。明日は台風やし。やけど、拾って、獣医とか、予防注射とか、餌とかウンチとか、考えれん。きみどり男は冷たいんやろか?野良猫は野良猫らしく生きてほしいなあ。 我が家のネコ。ハンドメイド。

  • 「ブッチ」、お前に何があった?

    前回の更新(6月16日)で、行方不明になっていた【F地点】の「もなか」と、約2ヶ月半ぶりに再会できた喜びを書きました。 しかし、あの後、今度は別の猫が姿を消してしまったのです。 このブログにも何度か登場しましたが、【C地点】の女ボスとして君臨し、私ともう5年近い付き合いになる「ブッチ」。 彼女は、6月27日の夜会ったのを最後に、その姿を消してしまいました😢 ( 6月27日22時、【C地点】すぐ隣

  • 「もなか」生きていました‼

    昨日、とても嬉しいことがありました! 4月の頭、最後にその姿を見て以来、忽然と消えてしまった【F地点】の常連猫「もなか」。 昨日の未明、生きて無事な姿を現してくれたのです! 実に、約2ヶ月半ぶりの再会でした! (【F地点】最後に姿を見てから、2ヶ月以上行方不明だった「もなか」、生きていました! 昨日の写真) この「もなか」については、4月4日の記事「美人猫・もなか」で紹介したばかりでした。 まさに

  • それでも、生きている子のために…

    (【B地点】6月9日夜11時過ぎ、「チビクロ」が無事な姿を現した!) 前回の更新から、また何日も経ってしまいました。 野良猫さん達の世界も、目まぐるしく色々な変化が起こっているようです。 特に、猫さん達が入れ替わり立ち替わりしているのが【B地点】です。 以前にも少し書いたかも知れませんが、この【B地点】は、奇特な協力者のお陰で、野良さん達へのエサやりを「黙認」してくれている場所です。(あまり詳しく

  • 実家に住み着くにゃん'sたち🐈💞

    2014.6.24に実家の愛犬シェル君が 虹の橋に旅立ってから、 毎日変えていた水の器… ちなみに桶(笑)を処理するのも🥣 敷いてあげてたバスマットを処理するのも🐕 シェルくんのおうち🏠を処理することも… そんな事、うちの家族に出来る訳がなくぅ🙈 母親が、毎朝水を変えてました。 シェル君ゎ中型犬で、すごく頭が良くって、 優しい男の子。 元気な頃から、シェルくんの昼寝中を狙っては、 小鳥がち

  • 生存確認

    大変ご無沙汰しております、と言うのが正しいのかよくわかりませんが…。 毎日ブログを更新している方々から見たら、やっぱり「久しぶり」ということになるのでしょう😓 3月に入る頃から、急激に持病の症状が悪化し、以前のようにコンスタントに「夜の巡回」に行けなくなってしまいました😢 「猫さん達のところに行かねば」という気持ちはあるものの、仕事から帰宅するともう動く気力もなく、そのままダウン、という日が何

  • 知らない猫 晴れの日の遊び方

    にゃんこ(=^ェ^=) 一匹は首輪してるから飼い猫かな。 もう一匹は、野良猫かな。 この二匹、性格全然違う(=^ェ^=) なのに、仲良しみたいです。 黒は人懐っこい。 茶は、控えめで。 最初に来たのは、茶でした。 猫と話してるとき、 おんは、最も 素 かも。 地面に座って。 しばし楽しい時。 元気でいるんだょぉ。 車に気をつけるんだょぉぉ。 久留米は真夏日… まだ4月なのになぁ。 あ。話すといって

  • 美人猫「もなか」

    (以前に撮影した「もなか」。毎日、私が来るのを待っています) こんにちは、3日21日以来の更新です。 年度末の〆切に追われ、さらに春の人事異動で多くの同僚達が転勤して行くなど、バタバタしているうちに日が過ぎてしまいました。 今日は、まだ1度もこのブログに登場してなかった「常連」の猫さんを紹介します。 (上と同じ日の「もなか」。決して触らせてはくれません😓) 【F地点】の常連猫さん、この子には「も

  • 久しぶりの再会!

    (【C地点】今朝、撮影。約2ヶ月ぶりに姿を見せた「パンダ」) 今朝のことです。 久しぶりに嬉しいことがありました✨ しばらく行方がわからなくなっていた【C地点】のオス猫「パンダ」が、無事な姿を見せてくれたのです。 このブログで、これまで2回ほど紹介したメス猫「猛女・ブッチ」、その息子が「パンダ」です。 今から4年前、2014年の春、「ブッチ」は7匹もの子猫を生みました。 すでに私と「ブッチ」は、毎

  • みんな、無事かい?

    こんにちは。「ねこのごんごん」です。 相変わらず、心に余裕のない毎日です😥 ずっと体調が悪く、「夜の巡回」も休みがちになっていました。 でも、2週間前に病院に行き、13年来治療を続けている持病が悪化していたことがわかったのです。 体調不良の理由がはっきりしたので、とりあえず安心した次第です。 お薬の量が一気に増えましたが、おかげで少しずつ回復しています。 とは言え、まだ脚の筋力がもどらず、階段を

  • 無事だった子、消えた子…

    約2週間ぶりの更新です。 前回の記事を書いた後、体調がさらに悪化して、ブログどころではなくなってしまいました。 それでも、力を振り絞って野良さん達のもとへ「巡回」に行こうとしましたが、仕事から帰宅するともう動けずにダウン、という日が何度もありました。 「エサやり地点」によっては、3日連続でエサを貰えなかったような猫さんもいました。 私は、発症して約13年になる持病があります。 3月3日、長年通って

  • 暗がりから呼びかける声

    ここ最近、体調が思わしくなく、「夜の巡回」に行けない日が幾度もありました。 自分も、「巡回」を始めた13年前より確実に老化が進み、体力的にもしんどくなってきています😥 あまりにキツい時は、「ああ、なぜ私はこんなこと(野良さんのエサやり)を始めちゃったんだろう…」と思うこともあります。 でも、1度始めたことを、自分の勝手な都合で突然止めてしまうのは、すごく罪なことだというのもわかっています😥 そ

  • 早く春が来ないかニャ~

    3日前くらいから、私の住む地域ではようやく寒さが緩み、朝の空気の中には、ほんの少し春の気配も感じられるようになりました。 でも、また次の寒さがやって来るので、油断は禁物ですが…。 北陸・東北地方などでは再び「大荒れ」の天気で、大雪が心配されるとのことですが…。 本当の春は、まだまだ遠いのでしょうか。 (一昨日の夜、久々に勢ぞろいした「チビクロ」一家。なぜか、いつも「オセロ」はカメラ目線😓) 人間

  • 野良さん達の「苦情」

    前回の記事でも触れましたが、とうとう金曜日から「インフルエンザB型」を発症してしまいました。 熱は土曜日がピークで、今は回復に向かっています。 しかし、職場には明日まで出勤出来ません。(周囲の人に移さないため) 今は、自宅マンションで横になりながら、これを打っています。 (【A地点】最近、また姿を見せはじめた「グリ」ちゃん。私を「カッ! カッ!」と威嚇しているところ…😅) そんな訳で、この週末は

  • 寒波襲来、必死に生きる野良さん達

    日本中が、猛烈な寒波に襲われています。 例年にない強烈な寒気が日本列島に居すわり、まだ明日も寒さが続くのだとか…。 こんな時、我々人間は暖かい室内に籠り、ぬくぬくと暖房の前で過ごせばよいかも知れません。 それは「飼い猫さん」も同じです。 しかし、どこにも身を隠す場所のない憐れな「野良さん達」は、この厳しい寒さにじっと耐えるしかないのです😢 こうした冬の寒さで、毎年、どれだけ多くの野良さん達が命を

  • 猛女「ブッチ」とその家族

    (【C地点】に生息する肝っ玉母さん「ブッチ」。これは3年ほど前の写真。鋭い眼光は今も変わりません) 他の猫さん達の話題を書くのに忙しく、まだこのブログに1度も登場してない「野良さん達」が沢山います。 私と長い付き合いの子もいれば、途中から行方不明になり、2度と会うことのなかった子もいます😢 その中で今日は、最近安否が心配な、あるメス猫について紹介したいと思います。 この猫さんのことは、「ブッチ」

  • 「ちゃっかりさん」?

    猫の「モック」が亡くなり、実家の庭に埋葬してから、早くも1週間以上が経ちました。(?という方は、良かったら前回の記事をお読みくださいね) あまりに儚かった「モック」との縁を思うと、後悔や悲しみでまだ心は重く、気持ちは晴れません😢 それでも、死んだ「モック」の分まで、今まだこの世に生きている「野良さん達」を1匹でも多く応援しなければ、と自分に言い聞かせています。 (セブンイレブンの自動ドア近くで、

  • 「モック」との別れ

    私の祈りは、残念ながら届きませんでした。 前回(1月8日)、そして前々回の記事に書いた猫の「モック」。 動物病院に入院させて治療を続けていた「モック」は、1月9日の朝亡くなりました。 正確には、9日の朝起床し、「モック」の様子を見に下に降りた先生が(先生のお宅の一角が動物病院)、すでに息をしていない「モック」に気づいた、ということですが…。 前回の記事を私が書いたあの半日後には、もう「モック」は亡

1 2 3