• 親父ランナー、走らず飛んで現実逃避その4

    ★昨日 ▼チベット、拉薩 さようなら 朝、ガイドとドライバーさんと空港へ。 もう一生来る事は無いだろうなぁ。 行きにくい所。 体力のある時に行くべき所。 というわけで、拉薩へきました。 実は5年ほど前、申込みまで済んでたのに、 政情不安で、中止となった事もありました。 そんな中、今回、やっと実現出来ました。 当然今も、 チベットと中央政府、 チベット民族と漢民族、 いろいろある様ですが、、、。 ▼

  • うーん、あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願い致します。 昨日は、ジャニーズのカウントダウンを見てちょっとしてから寝たのですがこんな時間に目が覚めてブログを書いています。 昨日は家族とずっと紅白を見ていました。 いやー毎年の事ながらほとんど知らない歌をずっと聞いてるふしぎな時間です。 ちなみに歌手と歌それぞれ私がどれだけ知っていたかをまとめてみました。 ちなみに日頃テレビを見ない私は、曲を聞

  • カウントダウン開始😁

    今年もいよいよわずかとなりました😉 こうして振り返ってみると 様々な災害や異常気象など色々とありました。 まだまだ復興という長い道のりを歩いていらっしゃる方々もあります。 ですが 苦難の道のりも必ずゴールはあると思います。 どうぞ心折れる事なく進んで行かれますようにお祈り申し上げます。 そして今年1年のチャシロファミリーも 色々とありましたが なんとか みんな揃って新しい年を迎える事が出来そうで

  • ドバイ旅行-年越しカウントダウン編-

    チェックアウトの12時までにいそいそと支度をする私。 前日の夜に余ったお米を全て炊いたのでおにぎりにしたり、 冷蔵庫に残っていたものをすべて料理。 まるでこどもの運動会の弁当作りに勤しむ母親のような気分。 なぜかというと、今旅行の最大イベント、年越しブルジュハリファの日です!! だけどもね、私達は大事なことを見逃していることに、 この最終日まで全く気づいていなかったのです。 チェックアウトを終え、

  • ドバイ旅行−カウントダウン下見−

    主に自分たちへのお土産でいっぱいになった荷物をパッキングするのに夢中になっていたら、もう夜中の1時半。 今日はドバイモールという、ドバイの新しめの大きな商業施設に行ってきました。 ちなみに今回の旅行で3回目。 18時から30分毎に行われる噴水ショーのドバイファウンテンを見に行きました。 毎回違う音楽でショーの内容も違うので飽きもせずに通算10回見ました\( ˆoˆ )/ 年越しイベントのカウントダ

  • 温もりを感じたいよ。。。

    今日で、一年と半年が経ったね。 あっという間に時が過ぎた感じだよ。 ヒデちゃんに会えるまでのカウントダウン。 私の命が消える日が知りたいけど、それは無理だね……… 先の見えないカウントダウンだね。。 今日ね、親友くんから電話が来たよ。 明日、帰ってくるって。 ヒデちゃんの月命日だからかな? ヒデちゃんのあんなことやこんなことがあったって笑い話。 親友くんと私で、ヒデちゃんの話してほしかったんでしょ

  • カウントダウンが始まった…

    北海道らしい天気が続いてるね。 暑くもなく寒くもなく、心地イイ季節。 これぞ、北海道! で、なんで、私はこんなにも落ち着かないのかな? 寝つきはいいのに、夜、何度か目が覚める… 何をしてても、集中出来てない気がする… 人の話が、頭に入ってこない気がする… あたし、大丈夫??? 自分で自分が心配。 でも、ほんとは気づいてるんだ… ヒデちゃんの命の炎が消えた26日までのカウントダウン… いろんな後悔…

  • 今でも思い出す…生々しく甦る。。。

    去年の今頃… 今月に入ってから、特に、去年の今日は…って、毎日思う。 どんどんあの日が近づいてくる… あの日に向かってのカウントダウン… 辛い… 今日は旭川での仕事。 車での往復は、1人だから、ずーっとヒデちゃんとのことを考えてた… あの日の後のことは、記憶が定かじゃない。 あの日、親友君から連絡をもらったとき、私、意味不明な事を言ってたらしい。 頭の中が真っ白。。。 でも、 でもね、 あの時…

  • 海外ニューイヤーイベント!Happy New Year in Budapest !

    HAPPY NEW YEAR! 新年明けましておめでとうございます! Frohes Neues Jahr ! Boldog Új Évet Kívánok! 実は私、日本語以外に英語、ドイツ語、ハンガリー語を話します。 やっぱりどの言語も新年の「幸せ」や「明るい未来」をイメージさせる単語がはいっていますね~♪ 私にとって様々な言語を習得する面白さは「違う価値観」に気づけることに加え、「世界的に共通