• 主治医の焦りに対するアドバイス

    きょうの診察で、主治医のかたに、アドバイスをいただいた 4月までデイケアが減らせないから 焦りのようなものを感じると言ったからだ 焦りがあるのは仕方がないが やりたいゴール(就労)に、1度に近ずけようとしないで 日々、1週間、1ヶ月、できるようになったことに注目する 短い期間の変化をみる なるほど、ぼくの苦手なことだ まるで、アスリートのようだが 就労移行支援事業所で取り組んでいくことだとおもう

  • 土曜日のデイケアスタッフは過去の人⁉︎

    きょうは、診察だけ 以前は、デイケアも通っていた だから、土曜日の診察は、気分がいい まるで、デイケアを卒業したかのような、気持ちになるからだ 病院に向かって歩いていると お世話になった?女性スタッフのかたに会った 近況報告をしたが、過去の人のように感じた 待合室の通路で、お世話になった?担当女性スタッフ(臨床心理士)のかたに会った 4月までデイケアを卒業できない旨報告し、はやく卒業したいと言った

  • 診察と記事「青年主治医とタッグを組んで、ほんとうによかった」

    きょうは、診察だった あさ、記事の投稿をやめ その分、布団に入っていることは 評価された もう少し寝たいといったら クスリを増やすと過眠になるかもしれないので、処方はこのままでいくといわれた とにかく、ブログと距離をとり、生活習慣を崩さない むずかしいことだが、いまの状態を「維持」する これが、主治医のかたのアドバイス 帰りに ブログの人気記事だと 記事「青年主治医とタッグを組んで、ほんとうによか

  • 「就労移行支援」担当スタッフ決定!方向性の確認

    なんと!担当スタッフは 「音楽マニアの30代スタッフ」のかただった 就労移行支援事業所での就活は、スタッフとのかたとの信頼関係が重要だとおもっている 主治医のかたとの関係もそう 信頼関係は相手のかたを認めることからはじまると、ぼくはおもっている そして、信じること それがなければ、信頼関係はできないとおもう ぼくの就活の経歴と希望は 就労移行支援事業所を探していたときにExcelで作ったレジメを使

  • 「祈り」が叶った日

    「エアロビクスがいい」 あなたはまだ本調子ではないようだ。 それでもあなたにあえる日が、これだけ待ち遠しかったこの時がやってきた。 「頑張り過ぎなんだよ」 あなたはそう言うけれど、 「あなたもまた頑張り過ぎです」 僕はそう心の中で呟くき返す。 何よりあなたが生きている事が、僕を保つ事だから。 「有酸素運動も続けます」 あなたの代わりはやはりあなたしかいない。

  • 青年主治医とタッグを組んで、ほんとうによかった

    いまの体調安定は、主治医のかたのアドバイスがあってのことだとおもう 必要以上にクスリに頼らないご指導 状態の変化も騒ぎたてない 主治医にかたは、生活習慣を重要視している そして、診察は丁寧で、いつも20分くらいとってくださる タッグを組んで、ほんとうによかった

  • 寛解-脳科学辞典

    ぼくの目指す「社会的寛解」 https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E5%AF%9B%E8%A7%A3

  • 主治医がみる「体調安定」のわけ

    きょうは、診察だった 睡眠と気分をたずねられた 睡眠は1度覚醒はするものの 平均6時間をキープしている 気分はいい 主治医のかたに どうしてかたずねた 1.就労移行支援事業所に通いだしてモチベーションが上がり、いいリズムができてきた 2.ブログとのほどよい距離感 ニュースを見たり、読書をしたりしていることを評価してくださった 3.ストレスになる人間関係から、距離をとれていること 状態をたずねると(

  • デイケアのない診察

    きょうから、土曜日にデイケアがなくなった 診察のみだ なんと気がラクな土曜日だろう まさに、休日 診察は淡々としていた 主治医のかたは 「クスリに頼らないで、生活習慣でなんとかしましょう、運動ですね、散歩がいいとおもいます」 とアドバイスしてくださった 睡眠まえの過ごしかたについてたずねると 「本を読んで、のんびりできるなら、いいとおもいます、いぜん、よくないといったのは、あれもこれもしていたから

  • 過眠はなくなったが、日中の活動により、睡眠時間のばらつきがる

    レボトミンを50mgから25mgにしてから過眠はなくなった フルニトラゼパムも2錠にした 2週間、睡眠は安定している しかし、3時間半睡眠のときがある デイケアや就労移行支援事業所に通っていない日だ つまり、休みで活動していない日 主治医のかたは 「1日、2日覚醒したからといって、あわてないこと、クスリに頼らないで、休日の活動量(適度な運動)を増やしてほしい」 と、おっしゃる 休日は、のんびりして

  • おめでとうございます

    こんばんわ、 キスケくん無事に去勢も終わり、 めでたいことにオカマになりました あと、手術後なのに元気すぎてやんちゃしすぎてエリザベスカラーを壊してくれましたp(^-^)q 弁償するこっちの身にもなれp(^-^)q キスケくんおめでとうございます 太らないように気を付けようねp(^-^)q そして わたしの後ろでガサガサ袋の音がしたので振り向いたらこの子がいて なんか、もうわたしは笑い転げながらパ

  • ✳︎診察日

    ここ何年も、体調が良いので 診察は7週間おきに行っています! 学生の頃は3週間に一回でしたが、 社会人になってから仕事が あまり休めなくなったのもありますが、、 今日の診察のときに、前回の診察の 採血結果で抗体が高くなっていたと 言われました。 抗体の検査結果は出るのに時間がかかるため その日の診察ではわからないので、 今日は抗体が前回より良くなっているかは わかりませんが、少し不安になりました?

  • 【主治医のアドバイス「歯止め」ほんじつ最終投稿】B'z「ZERO」1曲リーピート

    せんじつの診察で、主治医のかたから 「クスリに頼ろうとしないで、ご自身で歯止めをこころがけてください」 と、アドバイスをいただいた あすから、本格的に就労移行支援事業所がはじまる ブログの投稿は程々にした 切り上げもはやくしよう 就労が最終目標、そのための、就労移行支援事業所(訓練) そろそろ、プロ意識をもたなければ 障害者雇用といえども、お金をいただいているいじょう、プロ そのためには、コンディ

  • 社交的な病院の美人医療事務員(受付)は、隠れブログファン⁉︎

    きのう、久しぶりに社交的な病院の美人医療事務員(受付)のかたとお話しをした しばらく、見かけなかった 辞めてしまったかとおもっていた ずっと、裏の仕事をしていたとのこと 就労移行支援復帰することを報告すると よろこんでくださった 彼女は、ありがたいことに ブログにnice!するため ムラゴンのアカウントを取得してくださっている ブログの感想も、ちゃんとくださり とても、うれしい しばらく、ブログを

  • ぼくが折れました、決定!「就労移行支援事業所」週3、「デイケア」週2スタート

    まずは、デイケア担当のかた(臨床心理士)に報連相 彼女もセンター長のかたの意見に賛成だった デイケアは気分転換や情報交換のつもりで、これからは通えばいいと 主治医のかたも センター長のかたの意見に賛成だった いきなり、環境を変えるとリスクがあると もともと、並行の話しになっていたとも ここは、ぼくのいきなりデイケア卒業の意見 折れるしかない ひとまず、就労移行支援事業所に通えることになったことを、

  • 「過眠」「覚醒」「安定」

    ぼくのネックは 睡眠障害だとおもう 主治医のかたにアドバイスされたように パソコン、スマホは9:00に終了 タバコ、水分も控える 就寝前の読者はよくないので テレビか音楽でリラックスする 10:00に服薬 11:00に入眠 習慣になった 服薬しているクスリは デパケン 200mg 3錠 リチウム 200mg 4錠 ペロスピロン 4mg 1錠 レボトミン 25mg 1錠 ブロチゾラム 0.25mg

  • 青年主治医は「うつ」だ「躁」だと騒ぎたてない

    いまの青年主治医のかたに 状態をたずねると 必ず 「ご自身のご病気は波があるのはとうぜん、状態に一喜一憂しないでください」 とおっしゃる クスリも使いたがらない 生活習慣を重要視する 一方 まえの主治医のかた(女医)は 状態に敏感だった そして、クスリを使いたがった 青年主治医のかたに変えて よかったとおもう 「うつ」や「躁」病識を持つことは大切かもしれない 特に「躁」だ しかし、過度な意識もどう

  • うつの期間が躁状態より長い!加藤忠史先生

    くまさんのブログより

  • 生活リズムを乱さぬよう・加藤先生

    くまさんのブログより

  • 双極性障害の根本を見る!加藤忠史先生

    くまさんのブログより

1 2 3 4