目黒区のムラゴンブログ

  • 目黑川の桜(3) 目黑川の桜(3)

    目黑川の桜を二日にわたって撮影した。 二日目の三日はすでに桜も散り始めていた。 だが、まだまだ壮観だったのは建物の上から見た桜だ。それと、散り始めた桜だ。

  • 目黑川の桜(2) 目黑川の桜(2)

    桜に埋もれたビルディングというのも一興かなと思って撮影した。都会の喧噪の中のビルディング、あるいはアパートメント、それらが、桜に埋もれている。これは日本的なとも思った。ベトナムでは桜が見られないという。こういう景色もまたいい。ただ、人工物との取り合わせより、やはり見たいのは、水、川、山などの自然物の中の桜だ。ふと、そう思う。

  • 目黑川の桜(1) 目黑川の桜(1)

    目黑川のソメイヨシノが満開だ。 歩きながら花見する人も増えた。 ルール無視の無頼の輩も増えた。 桜はすべての人の心を解放する。

  • カルガモ! カルガモ!

    かわいいかと思えば、 時に、獰猛な顔を見せる カルガモ! 顔を潜らせ、餌を捕る。 しかし、泳ぐ姿は優雅。

  • ベニス ゴンドラ(水彩画) ベニス ゴンドラ(水彩画)

    ハワイにも鳥にも関係ありませんが、ベニスの絵を描きました。 ヨーロッパへ行った際に写真撮影した風景を絵に描きたいと思っていて しばらく思考を練っていたものです。(ほったらかし?(^-^;)) 水彩画の展示会出品期限が近く、追い立てられたので描く事が出来ました。 重ね塗りも細かすぎる描写も何でもありの自己流です。 修正修正を繰り返して、描き込みすぎと分かっていてもやめられないスパイラルに陥ったパター

  •  日本民藝館「柳宗悦の『直感』〜美を見いだす力」展(目黒区駒場東大前) 日本民藝館「柳宗悦の『直感』〜美を見いだす力」展(目黒区駒場東大前)

    駒場東大前にある日本民藝館の、夜間開館に行ってきました。 展覧は「柳宗悦の『直感』〜美を見いだす力」展。柳宗悦の収集物を、時代も地域もごちゃまぜで、ただ美しいと思ったものを展示しているという内容です。 作品についての説明はなにも付随しません。 展示品を一つ一つ見ながら、これはどの時代のどの地域の、とは自分の中で考えるのですが、ふと振り向いて展示全体を見ると、蒐集家の美意識の中にいるような、今までに

  • 春を迎える心! 春を迎える心!

     この川べりで  桜の花が満開になるのは  まだ先のことだが、  ソメイヨシノの樹皮のその中では  きっとカウントダウンが  始まっていることだろう。  残り60日足らず。  旧暦如月の下弦のころか。  めぐろがわ  Meguro River   ひらがなと英語と中国語と韓国語が  併記してある。  外国人に親切な国だ。  川面がキラキラと光っている。  少しずつ準備をしている桜の木!  ぼくらも

  • 天空庭園の盆栽! 天空庭園の盆栽!

    冬の澄み切った青空の下、 花はあまり見られないものの、 いろいろな植物が見られる。 それに、石灯籠の梵字が気になる。

  • オーパス夢広場! オーパス夢広場!

    目黑区にあるオーパス夢広場。 ここでフットサルもできるそうだが、ちょっと狭すぎる。 市民がサッカーボールを蹴って楽しむ程度だろう。 この上には天空庭園がある。 四季折々の花を楽しませてくれる。 庭園の下にあるのは高速道路のジャンクション。 そして、その下には巨大な駐車場がある。

  • 青い川の流れ! 青い川の流れ!

    川面に映る青空と白いビルと桜の木の枝、 行く秋を見送るようにゆったり流れる川。

  • 住宅街にある一見民家の 雷王模型店に行ってみました。 住宅街にある一見民家の 雷王模型店に行ってみました。

    先日テレビで放送されたそうですが、私は見ておらず、見ていた人に教えてもらったので、某南米の大河な通販ショップでプレミア価格が付いているピットロード製のリシュリューが有ればいいなと思ってダメもとで訪ねました。 到着。 お店(家?)までは住宅街の中を進んでいくんですが、駅から道を曲がるのは1~2回のみでほぼ道なりの直進で行けるので迷いません。 来店の方はインターホンを押してくださいと書いてあったので、

  • 富士山! 富士山!

    目を覚まして、窓の外を見ると、雲一つない晴天! エアコンもつけていないが、室内気温は20度ある。 西の丹沢の上には真っ白な富士山の頭も見える。 仕事に出て、東京へ向かう。 高いところに行くとビルの向こうに富士山がくっきりと見える!

  • 贅沢DINNER ワンズはお留守番🐶 贅沢DINNER ワンズはお留守番🐶

    先週、前の職場仲間と恵比寿にある『ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション』へ Dinnerに行ってきました🍴 1か月以上前に予約入れようとすると、12月の空きが既に5日程しかなく・・・。 クリスマスシーズンだから仕方ありませんね💦 1人美味しいもの食べに行ってごめんね😣 仕事帰り、恵比寿ガーデンプレイスへ行くとイルミネーションがキレイ✨ 予約時間まであとわずかですが📷 みゅうとゆずも一緒

  • 冬の桜並木! 冬の桜並木!

    桜の名所で有名な目黒川沿いの道を歩いた。 どんよりとした空の下、桜の木々が葉を落としつつある。 季節の移りかわる中、とぼとぼと歩きながら、 それほど寒さを感じないながらも、木々に冬を感じる。

  • 紫の実! 紫の実!

    紫式部だろうか? 美しい色、高貴な色合い。 上品な女性を連想させる色だ。 目黒天空庭園で撮影!

  • 日帰りで巡る極楽→地獄→現世ツアー ①和のあかり展 日帰りで巡る極楽→地獄→現世ツアー ①和のあかり展

    和のあかり展 2017 ■─────え~…イベントというのは日にちが重なる事が多々ありましてー……… あれやこれや行くにも体力と時間は勿論の事、先立つものもそれなりに必要になってくるわけであります…。 それらを調整しました所、スケジュールが大変混みあってしまい、今回一気に3ヵ所を回るという強行軍になってしまいました……(^_^;) それぞれに時間を割り振っての移動ですから、当然のんびり浸る事が出来

  • 台風一過 台風一過

    台風一過、空は晴れている。 西の空に白い雲。 遠く連なる梅雨の雲。

  • 夏至! 夏至!

    今日は夏至。 一年でいちばん昼が長い日だ。 いよいよ本格的な夏到来と言いたいところだが、 やはり、本格的な夏は梅雨明け後だ。 今日はまた、梅雨入り後、初めて梅雨らしい一日だった。 きのうまで梅雨は眠っていたのか、突如目を覚まして 激しい雨を降らした。 傘も飛ばされそうな風もあって、服が濡れる。 目黒川はいつもと違って増水し、勢いよく流れている。 五月雨を集めてはやし目黒川などと、芭蕉の句を盗みたく

  • 広尾からのオマケの出来事 広尾からのオマケの出来事

    「広尾に来たんだから、ちょっと足を伸ばして中目黒まで行かない?」 私は外出が苦手だ。 普段から1回の外出で複数の目的を達成しようと行動を組み立て、入念に準備をする。 ↓こんな感じで。 銀行で引き出し → コンビニで荷物を送り → エコボックスにペットボトルとダンボールを出し → スーパーマーケットで買い物と書類コピーして封筒に入れ → クリーニング店で服を受け取り → ホームセンターでドッグフード

  • 00032、味噌一@中目黒、ピリ辛バター、大盛、味玉、辛メンマ、麦飯 00032、味噌一@中目黒、ピリ辛バター、大盛、味玉、辛メンマ、麦飯

    ピリ辛+バター。 20円以上で一品取れる。 麦飯サービス。 麺。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 是非、読んだら「ポチッ」とお願いしますm(_ _)m にほんブログ村

  • 水ぬるみ! 水ぬるみ!

     昨日、ゴーゴーとうなる音に驚き、ベランダを見れば、物干し竿が落ちていた。ニュースによれば、春一番が吹き荒れて、四月並みの暖かさの一日だったそうだ。  あくる今日は雨水!池や川の水が何となくあたたまってきた感じがする、水ぬるむころ!水底の水草も生え、魚も動き出し、水面の水鳥たちも心騒ぎ、活動的になる。  水ぬるみ心さわがし水鳥の水面に群れて小魚探す

  • 女性が家を買うのは有り?無し? 無しの人古くないですか?

    持ち家女子は本当に結婚できない?独女が家を買う理由と男性の評価 それなりの年齢で独身だと、自分の将来設計を考え始めますよね。そんなときテーマとして挙がってくるのが“家”。 ローンを組んだとしても定年前に完済できれば安心だし、月々の返済額が家賃と同じくらいならアリかなあ…なんて思うこともあるのでは? ただ、一方で生活に“縛り”ができるのも事実。どちらの選択がベストなのかはケースバイケースと聞きます。

  • 梅の花! 梅の花!

     今日は仕事開始二日目、体調も少しよくなってきていたし、それに、今朝、通勤途中、二子玉川の駅から富士山もきれいに見えていたので、帰りに、大きな富士山を見たいと思い、少し高いところにある天空庭園というところにのぼってみた。残念ながら、富士山は霞んでいたが、きれいに咲いた梅の花が見られた。  梅の花で、ふと思い出すことがある。奈良時代は、「花」といえば「梅の花」を指していたという。今は「花」と言えば「

  • 地下鉄のホームで

    地下鉄を待ってベンチに座って真正面をじっと見つめる。見えるのは線路の向こうの壁の広告。それを遮るかたちで次々と人が走馬灯のように、左から右へと流れ、老若男女、一人ひとりの顔も様子も目の前の一点を過ぎれば消えて過ぎさった過去のようになる。知っている人たちが通り過ぎることはないが、見たことのある人が、時折過ぎていく。まるで人生を短縮したような数分間。背後は見えないが、恐らくパラレルワールドのような世界

  • 東京都写真美術館『小さな美術館めぐり』 東京都写真美術館『小さな美術館めぐり』

    平成26年9月より2年ほど閉館していた東京都写真美術館がリニュアルオープンし広く綺麗になったと言うことをラジオで聴き見たかった世界報道写真展2016の会期もそろそろ終わに近づいたので他の予定を変更し急遽行くことにした。 ファサードの大型写真  何から何までおしゃれ度満載 ところが…… 思わぬ不便と言うバリアとリニュアルしたのにアンユニバーサル・デザインに襲われる。 読者の方が読んで気持ちの良いもの

  • ポケモンGO? ポケモンGO?

     仕事の帰り道、目黒川沿いの道を歩いていたら、橋のたもとに、スマホの画面を見ながら、立っている数人の若者たちがいた。  これが、あのポケモンGOに夢中になっている人たちなのかと思いながら、通り過ぎた。すると、前から30代くらいの男女がスマホ画面を見ながら歩いて来た。後ろからは車が一台近づいてくる。  ちょうどわたしと車と歩きスマホの男女が並んだ、その後、不安を感じた。だが、振り向いて見たが、何事も

  • 2016年都知事選 "殺害予告"された桜井誠の街頭演説(蒲田駅東口) 2016年都知事選 "殺害予告"された桜井誠の街頭演説(蒲田駅東口)

    桜井誠の選挙戦レポート(選挙運動レポート) 都知事選挙に立候補した桜井誠候補の街頭演説 平成28年(2016年) 7月21日 JR蒲田駅東口 村内伸弘撮影 支持者に囲まれる桜井誠候補 都知事選のほとぼりもだいぶ冷めてきましたので、7月21日(金)夕方、JR蒲田駅東口の桜井誠候補の街頭演説のレポートを記事にします。 民主主義/社会運動という今年の僕のテーマから "マスコミからは無視され、泡沫候補扱い

  • ほのあかきぬくもり ~和のあかり展~ ほのあかきぬくもり ~和のあかり展~

    ■蝋燭の灯り・赤提灯・灯篭……… 人は何故、この仄明るいものに心寄せるのだろうか。 まばゆいネオンや、ギラギラと真昼のような蛍光灯には見向きもせず、不安定な薄暗いものに まるで吸い寄せられるように足を向ける。 和のあかりは全てを曖昧に包み込んで、何故かしら、安らぎや温もりを感じさせる…… ■と、いう事でやって来ました目黒雅叙園リターンズ(笑)            【和のあかり展】×【百段階段】

  • 村上春樹のパン屋を襲う 村上春樹のパン屋を襲う

    今更だけど村上春樹を読んでみる。。。 自分の記録の為に書いていこうと思います💃🏻 パン屋を襲う、、、なんか伊坂幸太郎っぽいなと思ったけどこちらの方がずーっと先でした。 思わず本にでてくるワグナーを聞きながら読んでしまいました。でもそれがぴったりで、流れるような話しの流れに、次のパン屋再襲撃も読んでみたいなと思ってしまいました。。。なんでだろ、変な話しなのに。 ねじまき鳥クロニクルの夫婦に繋がっ

  • 【目黒雅叙園】は陸の【竜宮城】だった… 【目黒雅叙園】は陸の【竜宮城】だった…

    ■各地でひな祭りイベントが開催される中、目黒雅叙園で【百段雛まつり~みちのく雛紀行~】という展覧会が3月6日で終了という事を知って、慌てて駆け付けた前日5日。 雅叙園自体お初に御目通りになりますので、珍しくちょっと小綺麗にして伺いました。 なんてったって雅叙園です。叙々苑ではありません。焼肉食うぞースタイルでは行けない総合結婚式場です。身の程を知る限り、一生足を運ぶことはないだろうと思っていた場所