• 鈴木茂の歩み

    Tin Pan Alley - Sobakasu no Aru Shoujo [ソバカスのある少女]  1stアルバム「バンドワゴン」をアメリカで録音して発表した後、キャラメルママから発展的解散でティンパン・アレーに拡張した際にアルバムに収録された曲「そばかすのある少女」はミュージシャン仲間からも人気が高く多くのカバーが存在する。 TIN PAN ALLEY SUZUKI SHIGELU REHE

  • 意外とはっぴいえんど(ティンパン)っぽい曲もあり 大瀧詠一

    けいおん!×大瀧詠一「あつさのせい」 福生ストラット(パートⅡ)www  はっぴいえんど時代プレスリー張りのボーカルを聞かせていた大瀧だがソロになってもバンドのメンツは多くはなっているものの、いわゆるティンパンアレーサウンドになっているものも多い。これらは下北ロフトでよくかかっていたので想い出深い。  りんごはなるべく大きなものを齧りたい気持ちは自分も嚥下障害になって大いにわかる。大瀧もリンゴをガ

  • 70年代の混沌 細野晴臣

    Haruomi Hosono - Hong Kong Blues (1976) Haruomi Hosono - Sayonara (The Japanese Farewell Song) (1976) ソロアルバム1st「細野ハウス」からいきなり「トロピカルダンディ」の時点でファンは戸惑ったにちがいない。「泰安洋行」においては細野から離れて行ったファンも多かったはず。細野のファンなのか細野のサウ

  • 唯子さん☆探し物が見つかりません

    2018年8月5日(日) 18時頃 パパに連れられて帰ってきた 唯子さん♪ 実は 唯子さん 2・3日前から 探し物をしています ハート型のキラキラしたコンパクトみたいな ゲーム機のような おもちゃ♪ どこかで見たような気がするのですが 思い出せません 唯子さんも どこに置いたのか 全く思い出せないようです ふたりで あっちこっち探したのですが やっぱり 見つかりません 一時は  唯子さん 『おかあ

  • 細野晴臣の風景

     細野晴臣は白金の出身である。ふた昔ぐらい前、テレホンショッキングで山本コータローが細野さんああ見えて麻布の出身なんですよ、と言って場内を沸かせた。  次のゲストは細野自身でタモリに細野さんご出身は?と問われ、芝と答えた。地方出身者は芝、芝?芝ってどこだ?となる。  芝は芝區のことである。港区の南側に位置する地域は細野晴臣が生まれるころまではれっきとした芝區だったのである。つまり山本の誤解に基づく

  • 松本隆論

     作詞家の松本隆は元はっぴいえんどのドラマーだ。細野晴臣が君は本をいっぱい読んでいるから作詞を頼むと言ったのがきっかけで作詞を試みた。  はっぴいえんどのアルバム自体の売り上げは大したものではなかったが日本語ロックとして伝説に残った。  松本が当初こんな日本を代表する作詞家になるなんて誰が予想しただろうか。  親は官僚、青山生まれの西麻布育ち慶応中等部から内部進学と聞いて誰もがお坊ちゃんを想像する

  • 紫外線と熱中症

     昨今、熱中症が多くなり、紫外線対策も熱心になりました。  どうしてこんなに暑いのか誰も明言しません。  それはともかく、ひと昔前から街中を歩いていても日傘を差した女性も男性さえも多くなりました。  住宅街で角を急に曲がってくる、完全防備の人に出会うことがある。帽子、日よけターバン、マスク、サングラス、両腕にタオル地のタイ、手袋、だいたいこんな感じ。買物でもなさそう。ウォーキングのようだ。  だい

  • 三橋美智也 天才

     うちが1965年ごろ初めて買ったステレオに合わせて買ったレコードの中に三橋美智也が含まれていました。全部民謡でしたが、母の希望です。 哀愁列車 三橋 美智也  その後昭和40年代には懐メロ番組が始まり私の世代も耳に親しい音楽になりました。 リンゴ村から/三橋美智也 おんな船頭唄 三橋 美智也

  • ギターとベース、ドラムのからみが秀逸

    コミュニケーション Happy End - Happy End - 02 氷雨月のスケッチ  この曲は茂ファンにとっては必須。  ただしYouTubeでしか再生できませんので青い文字をクリック願います、 無風状態  この2曲を聴くと松本隆は作詞の合い間にドラムを叩いていたんじゃないことがお分かりと思う。

  • 西田佐知子に歌ってほしい浅川マキ

    Maki Asakawa 浅川マキ 「 少年(歌詞付) 」  1972年に発表された初のライブアルバムに収録曲。 Maki Asakawa 浅川マキ 「 それはスポットライトではない It's not the spotlight (歌詞付) 」  1978年に発表されたライブアルバム収録曲。

  • 西田佐知子、浅川マキ

     西田佐知子と浅川マキの共通点など見いだせないと感じている人は多いと思う。近いのはブルースが歌えるぐらいか。だが、ちがったアングルで見てみると共通点はある。  声は意外と似ている。ハスキーなのに、芯の部分に高音が感じられる。  西田佐知子:1939.1.9.大阪府  ●●〇〇●ー●〇●●〇  浅川マキ:1942.1.27石川県  〇〇〇〇●ー〇●●●〇  〇=男性宮、●=女性宮の意味である。  

  • 2050年までにアメリカは崩壊する?

     YMOの1stアルバムに「ファイヤー・クラッカー」というエキゾチックで中国風なメロディーにダンサブルなカバー曲がある。 YMO Fire cracker Music Clip  原曲はマーチン・デニーだが西洋人からすれば東洋の音楽はだいたいペンタトニックで構成されているように聴こえるらしい。半分は合っていると思う。  だが、あのベースラインは完全にファンキーなディスコ調である。あれは細野晴臣の面

  • 盗み癖

     「峰」というタバコをご存じだろうか。銀色のパッケージでものものしい名前に相応のそれなりの価格がしたと思う。だいたい70年代~80年代ころだ。  父は在宅の間は着物姿で文豪のようなこんな古風なタバコを悠然と吸っていた。でも暴走族が吸っていても似合う気がする。  一服吸ったことがあるがセブンスター系の淡白な味だった気がする。  「峰」はどこでも売っているタバコではないらしく、ストックは無いので切れる

  • 歴史ありそう。

    えー。またまた長い間書かなくなってしまいすみません…m(__)mこれからもちょくちょく書いていくのでよろしくお願いします♪ さて、質問。 皆さんお金好きですかーーー!!\(^o^)/ ……(^o^;) まあだいたい皆さん「そりゃ大好きって訳でもないけど別に嫌いじゃないよ」 というところですよね~。お金ないと生きてくの大変ですし。 ついこの前、文房具の棚をがっさがっさ漁っていたら、こんなもん見つけま

  • 家族

     妹よ、  さっき気づいたんだけど、家族って一番いいな。家族五人でいるときは何の変哲もないパパとママがいて女傑のおばあちゃんがいて、  ぼくはポツンと一人息子でいればよかったんだ。妹のお前は我が家のマスコット。  一家団欒で話題もなく黙って晩飯食ってるときが一番幸せだった。  この歳になってやっと気づいた。  子どものときは自分が大人になるなんて漠然としか思わなかった。何になろうなんてイメージもわ

  • 元号変わるんですよねぇ〜・・・。

    来年元号が変わるとか・・・。 父親や母親はもう他界しているけれど、彼らは大正生まれ。 ジィちゃんやバァちゃんはその前の明治。 昭和生まれの僕ら世代は、この明治と同じような感じになるってこと? 元号が変わって生まれる子供達にしてみれば、昭和?・・・?? ってことになるってことは、 これ僕らが明治のイメージに抱く、同じ感覚になるのでは? と・・・笑。 時は確実に流れているんですよねぇ〜・・・。 あ〜ぁ

  • 似ている人

     「月の法善寺横丁」で有名な藤島恒夫  放送大学精神科医石丸昌彦  パントマイマー中村ゆうじ  小松原TVディレクター

  • バチが当たった話

     お下劣な話をします。  むかーし昔、空き地で遊んでいたとき、そこは鈴木さんちが引っ越してコンクリの基礎だけになったゴツゴツした空き地だったのですが、ふと見ると  横田精肉店の娘がしゃがんでおしっこしているのです。  うぇいーい、こんなところでと思いましたがガキ大将が面白がって笑っています。  その娘は17歳ぐらいで交通事故で亡くなったと風の噂で聞きました。

  • 未明の富士そば

    藤圭子 「女のブルース」  これは音声だけに集中してください。ベースの音などよく録れているので採用した次第です。

  • 神経衰弱

     小林秀雄の講演をYouTubeで見た。  以前は、小林に対して偏見を持っていた。細面でインテリで女にモテただろうに。富永太郎や中原中也と知り合いで中也の恋人を寝取った銀流しぐらいに思った。  著作を読んだら大事なところは疑問符にして誤謬を免れる文章にしている。ちゃんとした学者じゃないし、作家でもないし評論家でもない。まして思想家でもない。  富永太郎みたいな夭折した美少年とも違う。  でもYou

1 2 3 4 5 ... 9