• ≪ネット情報は玉石混交!^_^;≫

    DeNAがキュレーションサイト、まとめサイトを再開させるようですね。 ■問題から9カ月、女性向けサイト復活へ  DeNAが著作権侵害問題などで全面閉鎖していたキュレーションメディア(まとめサイト)事業のうち、女性向けファッションサイト「MERY」を年内に再開する。小学館と組んで信頼回復に挑むが、見切り発車との指摘もある。挑戦と意思決定のスピードを失わない「永久ベンチャー」を標榜するDeNAに、リス

  • ≪小林麻央さんが教えてくれたこと。。≫

    日本人の平均寿命は、2016年度で過去最高を更新し、香港に次ぐ世界二位であると発表されました。 また、交通事故で亡くなる人の割合が年々減っているようです。(反面、高齢者の事故死亡は増えてますが。) そうなると、死ぬのは病気か寿命が要因になります。 寿命は運命のため仕方ないとして、病気の予防が出来れば長生き出来る、ということになります。 では、日本人が死につながっている病気はなんでしょうか。 はい、

  • ≪歯磨きで発症リスク低減?!≫

    皆さんは毎日歯磨きをしていると思いますが、一日に何回磨きますか? 僕は寝る前に一回だけ磨きます。 で、皆さんは歯磨きは何のためにやってますか? 虫歯や白い歯の維持、口臭予防のために。。と思ってやってますよね。 歯磨きをがん予防のためにやってる、という人はいないですよね? 実は、歯磨きはがん予防やがんの医療にも役立つ、というのです。 どういうことでしょうか。 早速、見てみましょう。 日経です。 歯磨

  • ≪国民皆保険について、医師の半数が「維持できない」と考えている!!?≫

    少子高齢化による年金制度の維持に疑念が囁かれるなか、毎年増加する医療費の膨張による保険制度も心配の声が出始めております。 そんな中、保険制度に直接関わってくる、医者自身が日本が世界に誇る国民皆保険制度の継続運営に疑念を感じてしまっているようですよ! これはいったいどういうことなのでしょうか。。 早速、チェックしてみましょう。 日経です。 国民皆保険による医療、医師の半数「持続不能」  すべての国民

  • <介護の教科書>

    書籍名~  がんばらない介護  著者~    橋中 今日子さん~ 理学療法士  出版社~  ダイヤモンド社   橋中さんは21年間にわたって認知症の祖母、重度身体障害(身障1級・要介護5の母、知的障害の弟、の家族3人を1人で介護してきた・・その体験から綴られた書籍でした。 <介護の現状> ・  要介護(要支援)の認定を受けた人608万人 ・  働きながら介護している人:290万人 ・  介護のため

  • 勉強

    昔から勉強は嫌いだったな。好きこそ物の上手なれというけど、出来るものが好きっていうタイプ。点数がいいものが好きと勘違いしてるタイプ。 今になって、器用に勉強できる人ってすごいなあと思う。羨ましいとは思わない。自分の興味を調べていければ勝手に広がるもんね知識って。 個人的には勉強を続けると知識は勝手に増えていくと思っているので、知識量がすなわち人間の底力とは思っていない。 考え方、体の使い方、頭の使

  • 自分が正しいという思い込み

    事実として自分が正しいとしても、自分以外の人が自分と考えていることを正しいと思うかどうかは別。 自分の正しさを解釈として正しいと相手にも理解してもらうにはどうすれば良いのだろうか。これを考えなければ人に考えは伝わらない。 伝わらないというのは、伝わることがあるかもしれないけどたまたま伝わっただけでいつも伝わるとは限らない。相手がどこまで認識してるのか、その波長を汲み取る。どのステップでつまずいてる

  • 今日も1日ご苦労様。

    でっかい病院で働いてると、温度管理が行き届いていて季節感がなくなる。季節を感じることがなくなる。 医師になってからも試験勉強をせねばならぬのだが、最近は病院に毎日泊まって勉強していて一ヶ月になるけれど、気がついたら外が蒸し暑い。 3月に京都に行ってから自然を愛でることができるのに気が付き、病院の裏の山の新緑のまばゆさが目にしみる。 病院から帰らないのは訳ありで。 病院には大概コンビニがあって、ベッ

  • 外来

    外来は楽しい というと語弊があるね 何が楽しいか。患者と触れ合えるから?触れ合うためならキャバクラへ行ってください 患者の訴えは実にユニーク。 「ばい菌がくっついて足が痛いんです」という患者がいた。この患者、数日前に風邪を引いて微生物が体に入って暴れまわり、その結果足が痛いのだ、と解釈している。 患者の世界は事実ではない。患者の解釈が入った世界なのです。事実でなければなんなのか。これ、意見の範疇な

  • <歯が痛くなる前に・・>

        書籍名~  <全ての病気は(口の中)から! ・・歯が痛くなる前に絶対読む本  著者~    森永 宏喜(もりなが ひろき) 森永歯科医院院長  発行所~   さくら舎  成人の約8割が<歯周病>にかかっているとされる<国民病>・・  この病気は<もの言わぬ病>と呼ばれ、自覚症状がほとんどないため、多くの人が罹患していることに気づいていない。  * すべての病気は歯から始まり腸に至る! あら

  • <認知症患者への虐待>

    書籍名~ 鼻めがねという暴力 どうすれば認知症の人への虐待を止められるか 著者~   林 田俊弘 (はやしだ としひろ)さん~NPO法人ミニケアホームきみさんち理事長ならびに有限会社自在取締役社長。  林田さんは現在都内で計6か所のグループホームを運営されている。。 タイトルにある<鼻めがね>とは、クリスマスや誕生会などで用いられるパーティーグッズです。 これを認知症のお年寄りに付けさせて、<かわ

  • ノロとかロタとか

    12月は以前は仕事が最も忙しい時期で、そこに仕事関連の忘年会、保育園ママ友クリスマスパーティー&忘年会、習い事でも発表会やクリスマスイベントがあり…。自分の年賀状作成までの道程の遠いこと。 そんな時期に子供は風邪をひいたりしていました。ノロウィルス、インフルエンザも台頭してきます。 乳児の嘔吐下痢症というと、ロタウィルスが有名です。0歳児で家庭で育つ赤ちゃんはあまりかからないのですが、ロタウィルス

  • <脊柱管狭窄症・・>

    書籍名~  <脊柱管狭窄症の9割は自分で治せる >  著者~   門間 信之 (もんま・のぶゆき)さん~ 道玄坂ヒルズ鍼灸院院長  発行所~  現代書林  <脊柱管狭窄症>の患者は、国内で、推定240万人以上とも言われる・・ 歩いている途中に突然強い痛みやしびれの症状があらわれ、整形外科を受診しても改善されないと多くの方が悩んでいます。  <門間さん>は、独自に開発した鍼灸治療 <促通中国鍼治療と

  • <足のお悩み・・>

    書籍名~  <名医が教える 足のお悩み完全解決バイブル>  著者~     高倉 義典 (たかくら よしのり) さん~ 奈良県立医科大学名誉教授、西奈良中央病院顧問、高倉整形外科クリニック顧問  発行所~   誠文堂新光社  著者の高倉さんは・・、野球界、サッカー界などのトップアスリートに人気があり・頼りにされている名医だそうです。  <裏表紙から>抜粋・・ 足についての正しい知識を身につけること

  • <夜中に異変・・>

       <命の綱・・> 昨夜は疲れがたまっていたので23時ごろ床に入りTVのニュースを聞いているうちに眠ってしまった。 時々見る定番の夢<鬼ごっこ>山道を走ったり・・息も絶え絶えで自宅に帰り着いた。 気が付くと汗びっしょり・・TVが動いている・・ 寝坊したと勘違いして飛び起きて布団を片付けだした。 今何時だろうと掛け時計を見ると<2時30分>・・止まっているのかなと思い電話の時刻を確認すると同じ時間

  • 壮絶な<がん>との闘いに勝利?

        書籍名~  <治るという前提でがんになった >・・情報戦でがんに克つ      著者~   高山 知朗 さん ~ IT企業・オーシャンブリッジ会長   出版社~   幻冬舎  著者の高山さんは、40歳の時に脳腫瘍、42歳の時に白血病と、2回の異なるがんを 経験された。  5年生存率はそれぞれ25%と40%、かけ合わせると10%だった。  <幼い娘が成人するまでは絶対に死にたくない>・・ 治

  • <病院に行く前に・・>

        書籍名~  医者に殺されない47の心得   著者~    近藤 誠 (こんどう まこと)  慶応大医学部放射線科講師を経て現在は 近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来  一般の人にもわかりやすく発表し、 啓蒙を続けてきた功績をたたえられ、  2012年、<第60回 菊池寛賞>を受賞。 がんの放射線治療を専門とし、乳房温存療法のパイオニアとして知られる。  患者本位の治療を実現するために

  • <救急病院は冷たい・・>

    小生は自宅から徒歩8分の<東京医科大学八王子医療センタ>の眼科に通院しています。  1月には<整形外科>で、脂肪の塊を除去してもらいました・・ 過去にも<泌尿器科・内科>にもお世話になっています。  23日17時ごろ診察を希望して受付に伺いました・・ 前日から<咳が止まらず・鼻水も止まらず>ゆっくり休むこともできず・腹筋が痛くなり胸も苦しく <風邪薬や咳止めクスリ>を、飲んでも効果がなくゴロゴロし

  • <なぜ開業医の医療費は高いのか・・>

    一昨日は大学病院の<眼科>・昨日は中核病院で<呼吸器科>で検査~診察を受診した。 <眼科>では、視力~眼圧・・左眼の<緑内障力>が、悪化しているので<視力検査他>が難しく時間もかかった・ 右目にも<緑内障>が微妙になってきているので<目薬調整>との指示・・ 弱ったな・・困ったな・・来月<眼底検査~視野検査他>の予約・・ 時間もかかったが・・多くの丁寧な検査~診察で・・会計は¥380円・・安いのでび

  • こむら返り(足が攣る)

    私は時々<こむら返り>で、苦しむことがある・・ 最近は症状が出るといつでも・手元に用意(携帯)している<芍薬甘草湯エキス>を服薬・・ふくらはぎを中心にマッサージして症状を改善する・・ HPで検索してみると 腓返り(こむらがえり)とは、<腓(こむら)>ふくらはぎに起こる筋痙攣の総称で、(足が)攣(つ)る」とも言われる。 特に(ふくらはぎ)に起こりやすい・・他にも指・首・肩などもこの症状と類似した状態

1 2 3 4